1分で車を60万円値引きする裏技

一番高いのはこれだ!レクサスを価格が高い順に紹介!

日本の自動車メーカーで最高級のブランドといえばレクサスが真っ先に挙がりますが、レクサスのラインナップは高級の名に恥じない高額車ぞろいです。

今回はレクサスの車を価格が高い順に車種をご紹介しましょう。

価格の高いレクサスランキング

レクサスの車が高額なのは車に詳しくない人でもわかりますが、高額とは言っても10,000,000円程度だと思っていませんか?

ところがレクサスの最高級車はそんなレベルではありません! 堂々たる最高額の車はコレです!

第1位レクサスLFA 37,500,000円


レクサスの歴代車種を見ても、また日本のメーカーが販売した車種としても、レクサスLFAの37,500,000円という金額は堂々1位です。

レクサスLFAは高級車といってもラグジュアリーカーではなく、2人乗りのスーパースポーツカーで、レクサスの威信をかけて10年もの歳月をかけて開発されました。

LFAがライバルとしている車種は、フェラーリやランボルギーニ、ポルシェといった世界に名だたるスーパースポーツカーたち。

ライバルの価格が数千万円数億円ということを考えれば、LFAの値段はリーズナブルにも見えてきてしまいます。

車体は専用設計のカーボンモノコックシャーシ

そんなLFAですが、車の作りはまさにスペシャルのてんこ盛りといった感じで、車体は専用設計のカーボンモノコックシャーシです。

これはレーシングカーのシャーシに使われている技術そのものであり、LFAがスーパーカーとして開発されている証です。

エンジンも最高級のヤマハのエンジン

またエンジンはこちらも専用設計のヤマハ発動機製4.8L V10エンジンが登載されており、他車種では使われないLFA専用の最高級エンジンです。

ウラカン V10エンジンV10エンジンの特徴!どんな音?搭載車を日本車/外車の車種からそれぞれ紹介!

このエンジンで最高出力560PSを発揮し、最高トルクも470N·mと後輪駆動車ながらすさまじいトルクを発揮します。

またこのエンジンの最大の特徴ともいえるのが、その官能的なエキゾーストノートでしょう。

さすが楽器製造のヤマハのエンジンだけあって、そのどこまでも吹け上がっていきそうな響きは楽器のようで、「天使の咆哮」と呼ばれるのもうなずけます。

内装も豪華すぎる本革シート

内装はレクサスの名に恥じない本革シートをはじめとする豪華なものですが、スポーツカーだけあって体をしっかりホールドできるセミバケットシートになっています。

レクサスLFAは現在は新車のラインナップにはありませんが、当初より世界限定500台の限定販売でしたので、今後も手に入れようとするなら中古車しかありません。

しかし中古車市場でもプレミア価格の付く車ですので、日本の中古車市場では60,000,000円という驚きの金額になっています。到底手がでるものではありませんね…。

第2位レクサスLS 9,063,000円〜15,954,000円

LEXUS LS500の横側

レクサスの高級車のフラッグシップモデルがLSシリーズですが、その最高級仕様はLS600hLの15,954,000円です。

名前の「h」はハイブリッドモデルであることを示し、「L」はロングボディのことです。

ロングボディになることで、車体全長が通常のLS600の5,090mmから5,210mmに延長されており、より室内空間が広く最高のラグジュアリーカーになっています。

本革のドイツ車に負けない内装

LS600hLの最大の特徴はやはり内装で、広々とした車内空間にはシートだけでなくインストルメントパネルにまで本革が使用されており、ドイツの高級車にも引けを取らないできです。

本革は一つ一つ職人が手作業で張り込みや裁縫をしており、機械では生み出せない最高の精度でできています。

またシフトノブなど一部には本物の木材を使用してあり、素材にもこだわりにこだわった最高の内装となっています。内装の詳細は以下の記事をご覧ください。

レクサスISのフロント【画像/写真】レクサスLSの内装/インテリア!運転席周りや後部座席から荷室/トランクまで紹介!

エンジンは静粛性が最高レベル

エンジンは5.0L V8エンジンにハイブリッドシステムが組み合わされて、パワー、トルクと環境性能を両立しています。

レクサスLC V8エンジンV8エンジンの特徴!どんな音?搭載車を日本車/外車の車種からそれぞれ紹介!

大型のエンジンが登載されているにもかかわらず、車内での静粛性は最高レベルで、外からやエンジンからの騒音をほとんど感じさせません。

車のデザインも重苦しい感じではなく、重厚感と品の良さが両立しています。

LS600シリーズはステータスの高い企業の社長や投資家、または政治家の方まで、広く財界人に認められており、日本のみならず海外での評価も高いです。

日本では首相の政府専用車にもなっているほか、ヨーロッパのモナコ公国の王室でも使われています。まさに日本を代表する高級車といえる1台でしょう。

LSについては試乗レポートもございますので、あわせて参考にしてみてください。

レクサスLSのフロントレクサスLSの試乗レビュー!乗り心地の感想・インプレッション!

第3位レクサスLC 13,000,000円〜14,500,000円


レクサスLCは2017年3月に発売された最新型で、レクサスのクーペのフラッグシップモデルです。

LCには3.5L V6ハイブリッドのLC500hと、5.0L V8エンジン搭載のLC500があり、LC500hのほうが高価です

LC500hの最初の印象は、「シャープで細身に見えてカッコイイ」ということです。

実際には結構大きな車なのですが、ロングノーズショートデッキ風のデザインとフロントからリアに流れる流線形でかなりすらっと見えてきます。

エンジンはパワーと燃費を両立

エンジンは3.L V6エンジンと車格に対して少々小型ですが、ハイブリッドシステムが組み合わされることで、パワーと燃費を両立したエンジンとなっています。

フェアレディZ V6 エンジンV6エンジンの特徴!どんな音?搭載車を日本車/外車の車種からそれぞれ紹介!

なおエンジン駆動のみのモデルもあり、そちらには5.0L V8のパワフルなエンジンが登載されています。

このエンジンにレクサス初となる10速ATが採用され、多段化による加速の良さと燃費を両立できています。

内装は本革を使いシャープでカッコイイ

内装は、スポーツカーとは言いながらレクサスですので、本革をふんだんに使った豪華な内装が用意されています。

メーター類などがシャープでカッコイイデザインになっており、スポーツカーのワクワクさは決して失われてはいません。

LC500hはスポーツカーでは珍しく4人乗車ができるのですが、リアシートはくつろげるだけの広さはなく、荷物置きとして使うのが正解でしょう。

後席には頑張れば4人乗れるかな程度の感じでしかありません。LC500hは今までのレクサスらしからぬ繊細なデザインが大人気となっており、世界的にも販売が伸びているモデルです。

LFAのように限定販売ではないので、手に入れられるチャンスはこれからまだまだありそうです。

第4位レクサス GS 5,770,000円〜11,100,000円


レクサスのセダンの中級クラスにあたる車種がGSですが、GSシリーズの中で最高額のモデルはハイパフォーマンスモデルのGS Fです。

価格は11,100,000円と、GSの最廉価グレードGS200tの2倍近い値段がします。

GSはシャープなデザインで走りも楽しめるスポーツセダンですが、GS Fではもとの3.5L V6エンジンに代わって、5.0L V8自然吸気エンジンを搭載したハイパフォーマンスモデルとなっています。

レクサス エンジンNAエンジン(自然吸気エンジン)とは?メリット5つ!音が最強の魅力?!

GS Fの特徴としては、一般的なセダンであったGSにサーキット走行も可能な性能を付与したことです。

前述のエンジンを筆頭に、車体の剛性強化、サスペンション変更、大型ブレーキ登載など、高速走行に主眼を置かれた改修がされています。

そのおかげか最高出力は477PSと4ドアセダンとは思えないパワーを得ており、日常使いからサーキット走行まで幅広く使える1台です。

しかし一方でスポーツ走行に特化した影響が各所に表れており、GSに比べて乗り心地の硬さや運転性の悪化が多少出てきています。

レクサスの高級セダンとして乗ると違和感があるかもしれませんが、レクサスのスポーツカーとしてみれば、かなりの性能を持った車です。

レクサスGSについては以下の記事もございますので、興味のある方はこちらもご覧ください。

レクサスGSのフロントレクサスGSの試乗レビュー!乗り心地の感想・インプレッション! レクサスGSのフロント【画像/写真】レクサスGSの内装/インテリア!運転席周りや後部座席から荷室/トランクまで紹介!

第5位レクサスLX570 11,000,000円


レクサスといえばセダンタイプの車を思い浮かべますが、そんなラインナップの中で異彩を放っているんがLX570です。

LX570はいわゆるSUVのカテゴリに入っている車で、トヨタのランドクルーザーの姉妹車に当たります。

この車はSUVとはいってもクロカンの部類に入っており、ランドクルーザーゆずりの強固なラダーフレームを採用しています。

その恩恵でかなりの悪路や山岳部、果ては砂漠地帯まで、どんなところでも問題なく走破できます。

※ランドクルーザーの走破性については以下の記事で解説しているので、興味のある方はこちらも目を通してみてください。

トヨタ ランドクルーザーランクルの走破性を徹底解剖!クロカン・オフロード性能はいかに?!

デザインはSUVなのに豪華で高級

ランドクルーザーの姉妹車とはいえ、そこはレクサスバッジの車ですので、内装は本革を多用した高級感あふれるものとなっています。

決して山岳地で使われる泥臭いイメージではなく、非常にオシャレな内装がいい意味でイメージを裏切られます。(内装の詳細は以下の記事をご参照ください。)

レクサスLXのフロント【画像/写真】レクサスLXの内装/インテリア!運転席周りや後部座席から荷室/トランクまで紹介!

またエクステリアデザインもランドクルーザーとは全然違い、レクサス伝統のスピンドルグリルをまとった姿は、とても本格的なクロカンだとは思えません。ヘッドライトもシャープで都会的な印象を受けます。

エンジンはパワフルな5.7L V8エンジン

エンジンもランドクルーザーよりかなりパワフルな、5.7L V8エンジンが登載されています。

またクロカンでありながら8速ATが組み合わされており、高トルクでも使えるATが完成したことで採用されました

駆動方式はクロカン譲りのフルタイム4WDで、どんな悪路走行でもヘッチャラです。

日本のランドクルーザーのファンからも支持を集めていますが、それ以上に海外での人気が高く、中東のセレブに大人気です。

ランドクルーザーゆずりの信頼性と、レクサスのデザインを身にまとったLX570は、中東の厳しい環境とステータスの高いセレブにもってこいの1台というわけです。

レクサスLX570はまさに最高のプレミアムSUVと言える1台です。

LXについてはこちらの記事もございますので、あわせて参考にしてみてください。

レクサスLXのフロントレクサスLXの試乗レビュー!乗り心地の感想・インプレッション!

第6位レクサスRC 5,210,000円〜10,440,000円


レクサスRCはLCと同じような2ドアクーペですが、車体はLCより一回り小さく、レクサスのクーペのエントリーモデルとなっています。

エントリーモデルとはいっても最高級グレードのRC Fまでいくと10,000,000円を超えていますが、この車種はハイパフォーマンスモデルとなっています。

RCは第4位のGSをベースに開発されており、車体の大きさやエンジンラインナップ、またヘッドライトのデザインなどがGSとほぼ同じです。

GSのクーペ版といった位置づけですね。

ノーマルのRC350でも十分高性能なのですが、RC Fには5.0L V8エンジンが登載されており、LCにも引けを取らないパワーを有しています

またボンネット等にレーシングカーでも使われるカーボンCFRPを採用しており、高額ながら大幅な軽量化を果たしています。

MEMO

高額といっても、このあたりのモデルからは正しい値引き交渉のやり方を知っていれば、購入も視野に入ってきます。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

第7位レクサスRX 4,950,000円〜7,285,000円

レクサスRXはいわゆるクロスオーバーSUVという種類の車で、スポーティなデザインと大径タイヤが特徴の車です。

SUVではありますが、オフロードを走るよりはオンロード向きの車であり、高級クロスオーバーSUVと呼ばれています。

旧モデルはデザインを変更してトヨタ ハリアーとしても販売されました。

RXではハイブリッドモデルのRX450hが最高級モデルとなっており、3.5L V6エンジンにハイブリッドシステムが組み合わされています。

RXはモノコックボディの乗用車なので、同じSUVでも第5位のLX570ほどハードな用途には向きません。

しかしその分乗心地や運転性能はRXのほうが上ですので、この2モデルでさまざまな需要に対応できるわけです。

RXについては他の記事もございますので、こちらも参考にしてみてください。

レクサスRXのフロント【画像/写真】レクサスRXの内装/インテリア!運転席周りや後部座席から荷室/トランクまで紹介! レクサスRXのフロントレクサスRXの試乗レビュー・感想!乗り心地はいかに?!

第8位レクサスIS 4,700,000円〜6,385,000円


レクサスISはレクサスの中型セダンのエントリーモデルとなっており、レクサスでは珍しく現行で3代目となる長寿車種です。

4ドアの中型セダンとして標準的なサイズの車であり、レクサスと言えばこの車種を思い出す人も少なくありません。

価格もレクサスとしてはそこまで高額ではなく、ISシリーズはレクサスの稼ぎ頭といって良いでしょう。

3代目の現行ISからハイブリッドモデルが追加され、2.5L 直4エンジンにモーターを組み合わせたIS300hが最高級モデルになっています。

BMW 直4エンジン直列4気筒エンジンの特徴!どんな音?搭載車を日本車/外車の車種からそれぞれ紹介!

ISシリーズはレクサスの掲げる高品質、低価格を体現した車種といえるでしょう。十分購入できるレベルですね。

ISについては以下の記事もございます。あわせて参考にしてみてください。

レクサスISのフロント【画像/写真】レクサスISの内装/インテリア!運転席周りや後部座席から荷室/トランクまで紹介! レクサスISのフロントレクサスISの試乗レビュー!乗り心地の感想・インプレッション!

第9位レクサスNX 4,280,000円〜5,820,000円


NXはRXと同じクロスオーバーSUVですが、RXより一回り小さく、レクサスSUVのエントリーモデルに位置づけられる車種です。

NXにはISと同様のエンジンラインナップがあり、2.5L 直4のハイブリッドモデルも用意されています。

RXと比べるとパワーやトルクは劣りますが、その分コンパクトで取り回しの良さが売りの一つです。

また価格もISよりも安いので、レクサスにしては購入しやすい車となっています。中古車では庶民でも買えるレベルです。

LEXUS LS500のフロントなぜこんなに安い?!レクサスの中古が安い6つの理由

第10位レクサスHS 4,347,000円〜5,705,000円


HSはレクサスのセダンの中で最安価モデルとなっており、レクサスのエントリーカーの一つです。

HSはこれまでのご説明した車種と違い、前輪駆動のハイブリッドセダンです。

この車種はハイブリッド専用モデルとなっており、2.4L 直4モーターの構成のみとなっています。

車格としてはトヨタ カローラと同じ車種ですが、そこは高級車のレクサスですのでインテリアデザインは高級感があります。

価格的にはNXとほぼ同等ですので、セダンがよいかSUVがよいかで選ぶと良いでしょう。

第11位レクサスCT 3,662,000円〜4,608,000円


レクサスのラインナップの中での最廉価モデルが、コンパクトハッチバックのCTです。

CTもHSと同じく前輪駆動のハイブリッド専用車ですが、CTは5ドアハッチバックのモデルとなっており、トヨタ プリウスのレクサス版といった感じです。

実際エンジンとモーターはプリウスと同等ですし、車体プラットフォームも共通です。

しかしインテリアの完成度はレクサスCTのほうが良く、豪華で上質な空間となっています。

3,000,000円台から購入できるリーズナブルさと取り回しのよいコンパクトさが売りですが、それでもきちんとレクサスのアイデンティティーを持っている1台です。

これからレクサスを買おうと思っている方は、以下の記事もぜひご覧ください。購入の参考になりますよ。

貯金レクサスが欲しい場合、貯金はいくら必要か?計算して解説! LEXUS LS500のフロントグリル2レクサスは故障しない?逆に多い?故障率を徹底解明!