レクサスLSの試乗レビュー・感想!乗り心地はいかに?!

「レクサスのLSって、乗り心地はどんな感じ? 走行性能とか車内の広さは?」

「LSを買おうか迷ってるんだけど、実際に乗ったひとの意見が聞きたい!」

車を購入するかどうか決めるときに、すでにその車に乗っているひとの意見を参考にしたいですよね。

そこで、レクサス・LSの試乗をしてきました。

実際に乗ってみた感想から、LSの乗り心地や走行性能について、写真つきでわかりやすく解説します。

レクサスLSのフロント

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

LSの乗り心地

それではさっそく、LSの車内空間について解説していきます。

運転席は豪華な内装で乗った瞬間に高級車とわかる

まずは運転席に乗ってみます。

レクサスLSの乗り降り

車高が少し低いですが、乗り降りはしやすいです。

レクサスLSの運転姿勢

シートやハンドルといった内装が全体的に豪華で、乗った瞬間に高級車であることがわかります。

レクサスLSの運転姿勢でのスペース

頭から天井までのスペースには写真だと余裕がないように見えますが、実際に乗ってみるとせまさはまったく感じません。

腕からドアまでの間にもある程度の距離があり、圧迫感というよりはすっぽり包まれるような運転席です。

レクサスLSのハンドル

足元も広々としていて、ヒザやつま先になにかが当たるようなこともありません。非常に快適です。

後部座席は王様がすわる席のような最高の空間

つづいて後部座席に乗ってみます。

レクサスLSの後部座席乗り降り

後部座席もヒンジドア(外側に向かって開くドア)になっていて、車高は低いですが乗り降りしやすいです。

レクサスLSの後部座席のスペース

後部座席はめちゃくちゃ広いです。運転席の位置を身長177cmの私にちょうどいい位置にした状態でも、ヒザが前のシートにぶつからないどころか、脚を組めるぐらいの余裕があります。

レクサスLSの後部座席のスペース

まんなかにヒジ掛けがついていますが、じつはこのように窓側にもヒジ掛けがついているんです。

レクサスLSのひじ掛けの操作パネル

まんなかのヒジ掛けには、オーディオ操作やエアコンの設定変更ができるパネルがついています。

すわり心地もとても良く、王様がすわる席のような最高の後部座席です。私はふだん車に乗るときは運転席にばかりすわっているんですが、「好きな車の後部座席に乗っていいよ」といわれたら、LSの後部座席に乗りたいです。

乗車定員は5人なので、定員いっぱい乗る場合は後部座席に3人乗ることになりますが、まんなかのヒジ掛けを収納すれば大人3人でも快適にすわれるだけのスペースがあります。

車体の大きさ

LSの車体の大きさは、以下のようになっています。

  • 全長5,235mm
  • 全幅1,900mm
  • 全高1,450mm(グレードによっては1,460mm)
  • 乗車定員5人

全長がかなり長いですが、実際に運転してみると長さはそこまで気になりませんでした。

全幅も大きいものの、車内が広くて快適になっていることは感じますが、街中で走るのに車線をはみ出してしまうようなことはなかったです。

全高は運転しやすい程度に低く、運転中に気になることはありません。

乗車定員の5人いっぱい乗る場合でも、幅と長さがあるので車内空間が非常に広く、全員が快適に乗っていられます。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

静かで快適、それでいて車に乗っている感じがちゃんとする。レクサスLSに乗った感想

それでは、LSに試乗した感想を解説していきます。

レクサスLSの乗り降り

心地よいモーター音とエンジン音

音がものすごく静かです。アクセルを踏むと、出だしはハイブリッドカー特有のモーター音がして、そのすぐあとに心地よいエンジン音がします。

エンジン音の音量が絶妙で、「うるささは感じないけど車に乗っている実感がわく」ぐらいの音量です。

振動もおなじく、心地よい程度にします。

遮音性が超優秀

ドアを開け閉めするとわかるんですが、遮音性が優秀で、ドアを閉めると外の雑音がほとんど聞こえません。このあたりに高級感を感じます。

加速は街中では活かしきれないほど速い

レクサスLSを運転

加速は、ノーマルモードだと少し遅いですが、スポーツ+モードにしたらめちゃくちゃ速いです。ちょっとアクセルを踏むと、あっという間に40km/hを超えます。

街中でこの走行性能を活かす機会はあまりなさそうですが、高速道路で試したら気持ちいいんじゃないかと思います。

ふつうのスポーツモードにすると、ノーマルモードよりは多少速くなりますが、スポーツ+モードほどの圧倒的な速さはありませんでした。

ステアリングは軽い

ステアリングは、軽いです。ハンドルのさわり心地がとても気持ちよく、意味もなくさわっていたくなります。

シートにマッサージ機能がついている

レクサスLSのシート

驚くことに、LSの運転席と助手席のシートにはマッサージ機能がついていました。市販のマッサージチェアーのように強弱や揉む範囲が細かくえらべて、つかってみたら非常に快適でした。

長時間の運転でも、これなら腰や背中がつかれにくいかもしれません。

メーターがアナログ表示ではあるものの残念

レクサスLSのメーター

LSのメーターは液晶画面になっていて、針でスピードを表すアナログメーターを表示しています。

スピードがアナログ表示されること自体はかっこいいと思いますが、そのまんなかにでかでかとデジタル表示されているのは、あまりかっこいいとは思えません。

アナログメーターならアナログ表示だけのほうがいいと思います。ここは残念なポイントです。

実燃費は8.8km/l

1時間程度の試乗でしたが、実燃費は8.8km/lでした。

今回試乗したLSの燃費はメーカー発表で15.6km/lなので、実際は56%程度しか走れていないことになります。

エアコンを中ぐらいの風量でつけ、おもにスポーツ+モードを使用し、信号待ちもあって平均30km/h程度で走行した実燃費です。

都心の一般道路を走行しての数値なので、参考にしてください。

LSの価格は妥当

さて、LSは価格に見合った車なんでしょうか?それぞれのグレードの価格は下の表のようになっています。

グレード 価格
LS LS500h “EXECUTIVE” 16,400,000円
LS500h “version L” 14,600,000円
LS500h “F SPORT” 13,100,000円
LS500h “I package” 11,800,000円
LS500h 11,200,000円
LS500h “EXECUTIVE”(AWD) 16,800,000円
LS500h “version L”(AWD) 15,000,000円
LS500h “F SPORT”(AWD) 13,500,000円
LS500h “I package”(AWD) 12,200,000円
LS500h(AWD) 11,600,000円
LS500 “EXECUTIVE” 15,000,000円
LS500 “version L” 13,200,000円
LS500 “F SPORT” 12,000,000円
LS500 “I package” 10,420,000円
LS500 9,800,000円
LS500 “EXECUTIVE”(AWD) 15,400,000円
LS500 “version L”(AWD) 13,600,000円
LS500 “F SPORT”(AWD) 12,100,000円
LS500 ”I package”(AWD) 10,820,000円
LS500(AWD) 10,200,000円

LSにはぜんぶで20種類のグレードが用意されていて、私が試乗したのはLS500h “version L”です。

14,600,000円という価格だけ見ると高いですが、あれだけの装備や走行性能・車内空間を考えると、妥当だと思います。

とくに感動したのが後部座席の快適さです。

スペースが広いことはもちろんですが、窓側にもヒジ掛けがついていることで、まんなかのヒジ掛けを収納して定員いっぱい乗ることになっても、ゆったりとすわれるようになっています。

エアコン操作用のタッチパネルもついていて、暑さ寒さの問題なく乗っていられます。

乗った瞬間に高級車とわかるだけの雰囲気もあって、誰を乗せても恥ずかしくない車です。レクサスのブランドも込みで、金額が10,000,000円を超えてしまうのは仕方ないと思います。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

パワーボム
パワーボム
元パチスロライター。車とゲームとプロレス観戦(ノアファン)が大好き。21歳で免許を取ってから、車を乗り尽くす。家から700km、四国のなかを1400km移動し、また700kmの距離を帰るツアーで、四国八十八ヶ所巡りを車で成し遂げる。