1分で車を60万円値引きする裏技

レクサスが欲しい場合、貯金はいくら必要か?計算して解説!

「レクサスの車がどうしても欲しいんだけど、いくら貯金しておけば買える?」

「レクサスに乗れるなら貯金全部つかってもいい。新車でも中古車でもいいからとにかく欲しい!」 

レクサスの車、魅力的ですよね。

高級車だけあって高いですが、人気があるぶん中古車もたくさん出回っているので、新車よりはるかに安い値段で買うこともできます。

レクサスの車を買うためにはいくら貯金しておけばいいでしょうか?

新車で買う場合と中古車で買う場合とに分けて、具体的な金額を解説します。 

レクサスの車を購入して乗り続けるにはいくらかかるか

それではさっそく解説していきます。

レクサスの新車はいちばん安くて3,662,000

まずは新車で購入する場合の価格についてです。レクサスのそれぞれの車種の新車価格を下の表にまとめましたので、見てください。

車種タイプ車両価格(消費税込み)
GSFセダン11,110,000
LSセダン8,548,000円~15,954,000
GSセダン5,770,000円~8,463,000
ISセダン4,700,000円~6,385,000
HSセダン4,347,000円~5,705,000
LCクーペ13,000,000円~14,500,000
RCFクーペ9,670,000円~10,440,000
RCクーペ5,210,000円~6,812,000
LXSUV11,000,000
RXSUV4,950,000円~7,425,000
NXSUV4,280,000円~5,820,000
CTコンパクト3,662,000円~4,608,000

 レクサスの車種のなかでいちばん安いのはCT3,662,000円で、いちばん売れているRX4,950,000円です。

おなじ車種でも価格に幅があるのは、グレードのちがいによるものです。とくにこだわりがなければ表の中の最安値を参考にしてください。

ただし、レクサスは会社の方針として「値引きは一切してくれない」ので、上の表の価格より安くなることはありません。

新車購入というと値引きしてくれるイメージがありますが、この点注意しましょう。

レクサスの中古車は1,000,000円以下で買えるものも多い

次は中古車で購入する場合です。下の表にレクサス各車種の中古車価格の相場を載せましたので、見てください。

車種中古車市場でもっとも多い価格
GSF7,900,000円~9,300,000
LS(最新モデル)5,000,000円~7,900,000
LS(旧モデル)1,200,000円~1,900,000
GS(最新モデル)2,700,000円~4,500,000
GS(旧モデル)700,000円~1,100,000
IS(最新モデル)2,800,000円~4,500,000
IS(旧モデル)700,000円~1,300,000
HS1,400,000円~1,900,000
LC新車として発売したばかりで、
まだ中古車市場に出回っていません)
RCF6,500,000円~9,000,000
RC4,300,000円~5,500,000
LX10,900,000円~12,000,000
RX(最新モデル)5,500,000円~8,000,000
RX(旧モデル)2,000,000円~3,400,000
NX3,900,000円~5,600,000
CT1,600,000円~3,900,000

レクサスの中古車は、最新モデルでも新車とくらべると1,000,000円~4,000,000円安く売られています。

LXRXNX3つは新車価格とあまり変わりませんが、RXは旧モデルでよければ新車より約3,000,000円安く買えます。

中古車同士をくらべても、モデルチェンジしている車種は最新モデルと旧モデルで3,800,000円~6,700,000円の差が出ているので、レクサスを安く買うなら旧モデルの中古車が狙い目です。

なお、正しいやり方で値引き交渉をすればもう少し安い価格で購入できます。

このやり方を知っているだけで数十万円は違います。詳しく知りたい方は下記のたった1分で車を60万円値引きできる裏技のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

レクサスは購入後の費用が高い

車を購入したあとにかかるのが、自動車税や車検代といった費用です。

レクサスの車はどれも排気量が多いので、自動車税が高くつきます。いちばん排気量の少ないCTでも39,500円、いちばん多いGSFだと88,000円です。

車検代は約200,000円と、ほかの国産車の2倍程度の額がかかります。

そのほか、半年に1度エンジンオイルの交換で約12,000円。タイヤを4つ交換すると約200,000円かかります。

このようにレクサスは購入後もかなりの金額が必要です。とくに次の車検が近い中古車を購入する場合は、購入してすぐに大きな出費があることを覚悟しておきましょう。

レクサスを買うためにいくら貯金すればいいか

それではレクサスの車を買うために最低いくら貯金が必要か、余裕を持つならいくら貯金しておくべきか、計算して解説します。  

新車で買うなら最低でも購入価格+264,000

レクサス CT

レクサスを新車で購入する場合、いちばん安いCTを買うとしても車両価格だけで3,662,000円です。

自賠責保険料や登録費用といった諸費用をあわせて足すと、購入価格は約3,750,000円。

購入後はガソリン代・駐車場代・任意保険代が月に20,000円程度かかり、この3つがはらえなくなると車に乗れないので、1年分は用意するとして240,000円。

エンジンオイルの交換費用も1年分用意して24,000円。

全部あわせると4,014,000円です。レクサスを新車で購入するなら、最低でもこの額を貯金しておく必要があります。

余裕を持つなら維持費を2年分用意して、合計4,278,000円貯金しておきましょう。 

中古車で買うなら最低でも購入価格+464,000

レクサスを中古車で購入する場合、相場としてもっとも安いのはISGSの旧モデルで、諸費用込みで700,000円程度のものが多く出回っています。

仮に700,000円でISの旧モデルを購入したとして、ガソリン代・駐車場代・任意保険代とエンジンオイル交換費用の1年分を足して、964,000円。

次の車検費用の200,000円も用意しておいて、1,164,000円。最低でもこの金額は貯金しておく必要があります。

中古車の場合は新車とちがってタイヤの消耗も気になるので、できればあと200,000円用意しておきたいところです。

さらに余裕を持つなら維持費を2年分用意して、合計1,628,000円貯金しておきましょう。

ここまで書いてきましたが、レクサスの車種は燃費の悪いものが多いので、ガソリン代はなるべく多めに用意しておいてください。

この記事を読んだことで、レクサス購入計画のお役に立てることを願っています。