1分で車を60万円値引きする裏技

レクサスISの試乗レビュー!乗り心地の感想・インプレッション!

「レクサスのISって、乗り心地はどんな感じ? 走行性能とか車内の広さは?」

「ISを買おうか迷ってるんだけど、実際に乗ったひとの意見が聞きたい!」

車を購入するかどうか決めるときに、すでにその車に乗っているひとの意見を参考にしたいですよね。

そこで、レクサス・ISの試乗をしてきました。

実際に乗ってみた感想から、ISの乗り心地や走行性能について、写真つきでわかりやすく解説します。

レクサスISのフロント

ISの乗り心地

それではさっそく、ISの車内空間について解説していきます。

運転席は上下のせまさを感じる

まずは運転席に乗ってみます。

レクサスISの運転席乗り降り

車高が低いため、身長177cmの私では少し乗り降りしにくいです。

レクサスISの運転席スペース

すわってみると、腕からドアまでの距離には余裕があり、幅はせまく感じません。しかし、天井が低いので、上下からの圧迫感があります。

レクサスISの運転姿勢

ヘッドレストが前傾していて、頭をしっかり支えてくれます。

レクサスISのハンドル

足元は、ヒザやつま先になにかが当たるようなことはなく、圧迫感はありません。

後部座席は頭がついてしまうほど天井が低い

つづいて後部座席に乗ってみます。

レクサスISの後部席乗り降り

後部座席も天井が低く、乗り降りは少ししにくいです。

レクサスISの後部席姿勢

運転席の位置を身長177cmの私にちょうどいい位置にした状態でも、ヒザが前のシートにぶつからず、前後からの圧迫感はありません。

レクサスISの後部席姿勢

問題なのはやはり天井の低さです。車体が後ろに行くごとにだんだん低くなっていく形をしているため、姿勢を前傾気味にしていないと、頭のてっぺんが天井についてしまいます。

前傾姿勢をたもったまま乗り続けているとつかれてしまうので、長時間のドライブはキツそうな後部座席です。

ISは5人乗りなので、定員いっぱい乗る場合は後部座席に3人すわることになりますが、大人3人で乗るにはややせまいです。

車体の大きさ

ISの車体の大きさは、以下のようになっています。

  • 全長4,680mm
  • 全幅1,810mm
  • 全高1,430mm
  • 乗車定員5人
全長が長いですが、実際に運転してみるとそこまで長くは感じませんでした。街中で走るのに「大きすぎて運転できない」ということはまずないと思います。

全幅は大きくもなく小さくもなくといった感じで、これも街中で乗るぶんには問題ないサイズです。

全高は1,430mmとかなり低く、上下からの圧迫感があります。

乗車定員は5人ですが、天井の低さを考えると、「身長の高いひとは前部座席にすわり、低いひとが後部座席にすわる」といった工夫が必要です。

後部座席は、身長が低ければ幅的には大人3人でもなんとか乗れるぐらいのスペースはあります。

MEMO

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知らないと最大60万円以上も損します。

詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。

裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

ウィンカーレバーとワイパーが残念。レクサスISに乗った感想

それでは、ISに試乗した感想を解説していきます。

レクサスISの運転席乗り降り

加速はやや物足りない

レクサスISを運転

加速はやや物足りない印象です。エコモード・ノーマルモードだと遅く、スポーツ+モードにすると多少速くなりますが、劇的に変わるというほどではありませんでした。

ステアリングは重くもなく軽くもない自然な操作感

ステアリングは、重くもなく軽くもなくといった感じです。「次の交差点でステアリングの感触をチェックしよう」と思っていても交差点を過ぎるころには忘れてしまうほど、違和感のない操作感でした。

エンジン音や振動はまったく気にならない

静粛性は優秀です。ハイブリッドカーだけあって、エンジン音や振動はまったく気になりません。

シートから冷風が出てくる

レクサスISのシート

シートの背もたれと座面から冷風が出てくる、シートヒーターの冷房版のような機能がついていました。

「運転席だけ」もしくは「助手席だけ」という使いかたもでき、寒がりの女性を乗せる際にも調節しやすくなっています。

涼しくて非常に快適です。

ウィンカーレバーがハンドルを切る前にもどってくる

レクサスISのウインカーレバー

ISに試乗していてもっとも残念だったのは、ウィンカーレバーです。ふつうの車と以下のような違いがあります。

  • ふつうの車…レバーを下げたら下がりっぱなしで、ハンドルを切って曲がり終わると自動的にもどってくる。
  • IS…レバーを下げてもその場でもどってくる。二段階式になっていて、軽く操作すると3回点滅したあとに消える。強めに操作するとレバー自体はすぐもどってくるけど、ウィンカーは点滅しつづけて、ハンドルを切って曲がり終わると消える。
たぶん、「車線変更では軽く操作すると消し忘れを防げて便利だよ」という理由でこうなってるんじゃないかと思うんですが、操作していて違和感がすごいので、この機能は必要ありません。

せめて強めに操作したときだけでも、レバーが下がりっぱなしになっていて欲しかったです。

ワイパーもウィンカーレバーとおなじ仕様で不便

レクサスISのワイパーコントロールスイッチ

ワイパーのコントロールスイッチも、ウィンカーレバーとおなじようにもどってきます。

ふつうの車とおなじ感覚でレバーを動かすと、かなりのハイペース(ふつうの車の第二段階のペース)で動いてしまいます。

かるーくレバーを動かせばふつうの車の第一段階と第二段階の間ぐらいのペースで動きますが、それでも小雨が降っている程度の状況では速すぎです。

それ以上ペースを落とすには、レバーを上に操作して、手動でワイパーを動かすしかありません。不便です。

カーナビの操作スイッチが操作しにくい

レクサスISのカーナビ操作スイッチ

ISのカーナビの操作は、画面に直接さわるのではなく、この写真に写っているMENUボタンの下の四角いスイッチでします。

前後左右にスライドさせて操作するんですが、これが性能の悪いマウスを操作しているような感覚で、思ったところになかなかカーソルが移動してくれません。

ようやくカーソルを合わせると、今度はこのスイッチを押すことで決定ボタンの役割を果たします。

「押したつもりがスライドしてしまって、またカーソルがズレる」という事態になり、少しじれったい気持ちになってしまいました。

メーターのスピード表示がアナログに切り替えられないのが残念

レクサスISのメーター

ISのメーターは液晶画面になっていて、スピードは針で表示されるアナログ式ではなく、まんなかの数字で表示されます。

これをアナログ表示に切り替える手段はなく、切り替えられるのは、まわりに「ハイブリッドインジケーターを表示する」か、「タコメーターを表示する」か、「それら2つを自動で切り替わるようにする」かの3種類のみです。

個人的にアナログメーターが好きなので、ここは残念なポイントです。

実燃費は13.1km/l

1時間程度の試乗でしたが、実燃費は13.1km/lでした。

今回試乗したISの燃費はメーカー発表で23.2km/lなので、実際は56%程度しか走れていないことになります。

エアコンを中ぐらいの風量でつけ、おもにスポーツ+モードを使用し、信号待ちもあって平均30km/h程度で走行した実燃費です。

都心の一般道路を走行しての数値なので、参考にしてください。

ISの価格は高い

さて、ISは価格に見合った車なんでしょうか? それぞれのグレードの価格は下の表のようになっています。

グレード価格
ISIS350 “version L”6,207,000円
IS350 “F SPORT”6,303,000円
IS3505,599,000円
IS300h “version L”5,788,000円
IS300h “F SPORT”5,680,000円
IS300h5,150,000円
IS300h “version L”(AWD)6,192,000円
IS300h “F SPORT”(AWD)6,385,000円
IS300h(AWD)5,554,000円
IS300 “version L”5,308,000円
IS300 ”F SPORT”5,204,000円
IS3004,700,000円

ISにはぜんぶで12種類のグレードが用意されていて、私が試乗したのはIS300h “F SPORT”です。

5,680,000円という価格ですが、実際乗ってみた感想としては、この金額は高いと思います。

走行性能は物足りず、なにより致命的なのがウィンカーレバーです。試乗開始早々にウィンカーレバーに気づいた時点で、「金額に見合った車ではないな」と感じてしまいました。

天井が低いのもマイナスポイントで、頭が天井についてしまうほど低いというのは、誰かを乗せるときにどうしてもきゅうくつになります。

良かった点は、シートから冷房が出てくる機能です。ただ、そのほかのマイナスポイントを補えるほどの感動はありませんでした。

ここまで書いてきましたが、ウィンカーレバーやワイパーの使いにくさをイヤだと思わないのであれば、燃費はそこそこ良くてエンジン音も静かなので、気に入る可能性はあります。

これはあくまで私が試乗した感想なので、おなじ感想を持つかどうか、購入前に試乗してみてくださいね。