1分で車を60万円値引きする裏技

アテンザの燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!

魂動・クリーンディーゼル・スカイアクティブなど色々なテーマで技術革新をしているマツダ。

そのフラッグシップセダンがアテンザです。

躍動的なデザインや欧州譲りの高い走行性能、積載性の高さなど様々な魅力を持っています。

そんなアテンザの燃費性能はどうでしょうか。

ここではアテンザの燃費性能について解説していきます。

アテンザの燃費・実燃費

マツダ アテンザ

まずはカタログ燃費と実燃費の差をチェックしていきます。

アテンザにはディーゼルモデルとガソリンモデルの2つのモデルがあるのでそれぞれの数値を検証です。

ガソリンモデルの燃費・実燃費

アテンザのカタログ燃費は20Sが16.6km/L、25Sが14.8km/Lです。では実燃費はどうでしょうか。

燃費の種類20S25S
カタログ燃費16.6km/L14.8km/L
街乗り燃費10~13km/L8~12km/L
高速燃費14~18km/L14~17km/L

燃費性能は20Sはカタログ燃費の7割以上を達成、25Sは6割以上を達成しています。

ディーゼルモデルの燃費・実燃費

ディーゼルモデルのカタログ燃費は17.8km/Lです。こちらの実燃費はどうでしょうか。

燃費の種類数値
カタログ燃費17.8km/L
街乗り燃費13~16km/L
高速燃費15~18km/L

燃費達成率はなんと8割を超えます。高速走行では平均燃費でカタログ値を超えていますが、運転の上手い人であれば20km/Lを超える人もいます。

実燃費はカタログ燃費の6~7割程度が普通といわれていますが、ガソリンモデルは7割を超え、ディーゼルは8割をこえる達成率なので、とても優秀な燃費性能だと言えるでしょう。

アテンザの燃費の口コミ

アテンザの燃費性能についてユーザーはどう感じているのでしょうか。

ここではツイッターからアテンザユーザーの実際の声を紹介していきます。

軽自動車のバモスとミドルクラスセダンのアテンザが燃費が変わらないとは驚きです。アテンザの燃費向上技術の高さが伺えます。

一般道を走っていながらも20km/Lという驚異的な燃費数値を記録しています。ディーゼルエンジンは走り方によって大きく燃費が変わってきますね。

なんとこちらもカタログ燃費超えの18.3km/Lという数値を叩き出しております。ここまで燃費がいいとディーゼルに心惹かれてしまいます。

アテンザの歴代の燃費・実燃費

優秀な燃費のアテンザですが、歴代のアテンザの燃費はどうだったのでしょうか。ここでは歴代アテンザの燃費を確認してみます。

GG型の燃費・実燃費

 

View this post on Instagram

 

Cresencio Cameroさん(@cr3motorsports)がシェアした投稿


それまでファミリアと並びマツダの主力だったカペラに変わり、新しい世界戦略車として登場したアテンザ。

そんなアテンザの2,300ccモデルは、10・15モードのカタログ数値で12.6km/Lという数値です。実燃費は8~10km/Lとまずまずな燃費性能でした。

燃費の種類数値
カタログ燃費12.6km/L
街乗り燃費8~10km/L
高速燃費9~12km/L

GH型の燃費・実燃費

 

View this post on Instagram

 

Josh Klingerさん(@josh_klinger)がシェアした投稿


2008年に登場した2代目アテンザ。これまでハイオク仕様だった2,300ccエンジンはレギュラー仕様の2,500ccと扱いやすいエンジンになりました。

カタログ燃費は、JC08モードでは11.4km/Lでした。実燃費は8~10km/L、高速燃費で9~12km/Lでした。排気量アップをしながらも初代とほとんど変わりません。

燃費の種類数値
カタログ燃費11.4km/L
街乗り燃費8~10km/L
高速燃費9~12km/L

アテンザは新世代のスポーツセダンとして排気量の大きなエンジンで登場します。そのためか走行性能の高さは優秀ですが燃費はあまりよろしくありませんでした。

現行の3代目になるとマツダのフラッグシップとしての看板を背負い、走行性能だけでなく燃費性能などさまざまな部分が向上しています。

アテンザの燃費の理由

アテンザ エンジン

アテンザはこのクラスではトップクラスの燃費性能をもっています。ではその燃費性能を作り上げているのはどういったものなのか。

ここではアテンザの燃費が良い理由と悪くなる理由を解説していきます。

スカイアクティブ技術

今やマツダの代名詞となっているスカイアクティブ技術。これはエンジン内の無駄を減らし高効率な燃焼を実現する技術です。

まずは無駄を減らす技術です。車はアイドリングや一定速度で走行する時などはそれほどパワーが必要ありません。

そこで吸気バルブの閉じるタイミングを少しずらし、ピストン内に吸気した混合気をインマニに戻し、必要な分だけでエンジンを回しています。

これにより無駄な燃料の消費を減らすことができ、さらにポンピングロスも低減できます。これがミラーサイクルです。

そして直噴技術によって高い圧縮率を実現し、燃焼効率も上げています。これもただ圧縮率を上げるだけの簡単なものではありません。

MEMO

レギュラーガソリンはある一定の温度で自然発火してしまうため、圧縮しすぎるとノッキングを起こしてしまいます。

以前は燃えにくいハイオクを使うことで圧縮比を上げていましたが、ピストン内に直接燃料を噴射することでピストン内の温度を下げることができます。

これにより圧縮率を上げても自然発火せず、高効率な加速のできるエンジンになります。

さらに2,500ccエンジンには気筒休止システムを搭載し、パワーの必要のないときは半分の気筒でエンジンを回しています。

これらの技術により無駄のない燃料消費と高い圧縮率によって効率化を図り、低燃費を実現しています。

クリーンディーゼル

アテンザはガソリンエンジンのスカイアクティブ技術だけでなく、クリーンディーゼル技術でも最新の技術で燃費性能を高めています。

MEMO

ディーゼルエンジンは故障も少なくて燃料価格も安く、さらに燃費もよくパワフルなエンジンです。

しかし黒煙などの排ガスや独特のガラガラといったノイズのせいで日本では良いイメージがありません。

ところがマツダのディーゼルはその騒音を減らし、ガソリン車並みの静粛性にすることに成功しました。

音の原因がピストンの共振であると発見した技術者が、ナチュラルサウンドスムーザーといって音の原因であるピストンの共振を抑える技術で、特有のノイズを抑えることができたのです。

そして排ガスの有害物質はディーゼルエンジンの圧縮比を下げることで低減することがわかりました。

そこでピストン内の圧縮率を下げることで効率の良い燃焼を行い、DPF再生によってカーボンを焼くことで、クリーンな排ガスになっているのです。

ディーゼルエンジンの弱点を入念に観察し、原因を突き止め解決策を施し、実用化したマツダの開発陣には脱帽です。

では次に悪くなる原因を見てみましょう。

パワーがないのでつい踏んでしまう

アテンザの車重では2,000ccのガソリンエンジンは若干パワー不足です。そのため気持ちよく加速サせようとするとアクセルを踏みすぎてしまい、燃料の消費が多くなります。

これではせっかく燃費の良い車も台無しです。ふんわりとした出だしを心がけ、必要に応じた加速をしましょう。

DPFの再生頻度が高い

ディーゼルエンジンはある程度走ると、溜まったカーボンや有害物質を焼くために定期的にDPF再生を行います。

これはエンジンの回転を上げ、フィルターをヒーターで高温にし燃焼させるものです。

アテンザは普通に運転していても200~300km程度の距離で再生がかかります。ちょい乗りが多い人はエンジンが温まりきらないことが多く、カーボンが溜まりやすいので燃料の消費が多くなる傾向があります。

ちょい乗りが多い人にはクリーンディーゼルはあまり向かないかもしれません。

アテンザの燃費改善・向上方法

アテンザ 運転

もともと燃費の良いアテンザですが、もっと燃費を良くする方法はないでしょうか。

ここではアテンザの燃費を向上する3つの方法をご紹介します。

出だしはふんわり、加速はしっかり

さきほど燃費の悪くなる理由でも話しましたが、車は停車状態から走り出すときが一番燃料を消費します。そのときにアクセルを踏み込んでも無駄が多く、燃料を多く消費するだけで非常にもったいないです。

発進時はクリープ現象でやんわりと発進しましょう。

進み出してからはふんわりとアクセルを踏むのではなく、アクセルを3分の1から半分ほどぐっと踏み込のがポイントです。

実はこのときに燃費が良くなると思ってアクセルをふんわりと踏んでいると、ポンピングロスによってエンジンの内部抵抗が発生し逆に燃費が悪いのです。

そして目的の速度まで加速が終わったらアクセルを緩め、そこからはできるだけ一定の速度で走行することを心がけましょう。

減速する時にはエンジンブレーキを積極的に使いましょう。車のエンジンはおおよそ1,500回転以上でアクセルが離された状態であればエンジンブレーキがかかります。実はこのときエンジンへの燃料供給がカットされているので燃料の消費がありません。

もし回転数が低ければ必要に応じてギアを一つ落とすなど適時調整し、エンジンブレーキをかけます。

これらの運転法は、道路状況をしっかり把握し、周りの車の流れを妨害したりあおり運転にならないように周りへの配慮が非常に大事です。車の特性をしっかり掴み低燃費な運転をしましょう。

アイドリングストップの活用

アテンザは停車したからと言ってアイドリングストップはかかりません。ブレーキペダルを強く踏み、車に対して”エンジンを止めたい”という意思表示をしないと止まらないようになっています。

そのため信号などで長時間停車するようなときはブレーキペダルをしっかり踏み込み、信号の変わり目や右折時などアイドリングストップが不要なときは踏み込まないで、アイドリグストップをうまく操作して燃料消費を抑えることができます。

ちょい乗りは極力避ける

先ほど燃費の理由で述べましたが、ディーゼルはフィルターでカーボンや有害物質を濾し取っています。

そしてDPF再生で焼くのですが、ちょい乗りが多い環境ではディーゼルはカーボンが溜まりやすくなります。

カーボンが溜まるとDPF再生でカーボンを焼きはじめるため、もちろん燃料の消費が多くなります。エンジンへの負担も多くなるので、できるだけちょい乗りでは乗らない工夫も必要です。

アテンザの燃費を他の車と比較

アテンザの燃費はなかなか優秀でした。ではアテンザのライバル車たちの燃費はどうでしょうか。

ここでは比較に上がりやすいトヨタのカムリ、スバルのレガシィB4、日産のティアナと比較していきます。

日産 ティアナ

日産 ティアナ

ティアナは日産のミドルセダンです。現行モデルはそれまでの落ち着いた大人のセダンから走って楽しいといった車に変化しています。

そんなティアナのカタログ燃費は14.4km/Lです。では実燃費を見ていきましょう。

燃費の種類数値
カタログ燃費14.4km/L
街乗り燃費10~14km/L
高速燃費14~18km/L

ティアナは2,500ccモデルのアテンザとほぼ同じような燃費性能です。トランクの広さなども十分にあり車としてはどちらも十分に満足できる作りです。

ただデザイン性やダイレクトな走行性能、安全装備などといった付加価値を見ていくとアテンザのほうが満足度は高いでしょう。

トヨタ カムリ

トヨタ カムリ

カムリはトヨタが販売する世界戦略ミドルセダンです。アテンザとは日本だけでなく海外でも激戦を繰り広げています。

そんなオーリスのカタログ燃費はガソリンモデルが19.6km/L、ハイブリッドモデルが34.2km/Lです。実燃費を見ていきます。

燃費の種類数値
カタログ燃費33.4km/L
街乗り燃費17~19km/L
高速燃費18~21km/L

カムリはハイブリッド専売モデルなので非常に燃費が良いのが特徴です。アテンザと同じように室内も非常に広く使い勝手もよいのが特徴です。

カタログ燃費の数値は非常に良いですが、アテンザのディーゼルもかなり近い数値を出しており、カムリが絶対に優勢とは言い切れません。

トヨタらしい静粛性の高い走りが好みならカムリ、走って楽しい車ならアテンザでしょう。

スバル レガシィB4

スバル レガシィB4

レガシィB4はスバルのフラッグシップモデルで、アテンザとよく比較される直接ライバルのような存在です。

カタログ燃費は14.8km/Lと25Sグレードのアテンザと同じような数値です。では実燃費を見ていきましょう。

燃費の種類数値
カタログ燃費14.8km/L
街乗り燃費10~14km/L
高速燃費14~16km/L

アテンザの2,500ccガソリンモデルと比較すると、ほぼ同じような結果です。

アテンザはATなのでダイレクト感のある走りが、レガシィはCVTでスマートな走りでキャラクターが結構違います。どちらを購入しても燃費では大差がつかないでしょう。

アテンザは燃費も優秀な大型セダン

アテンザはこのクラスではとても優秀な燃費性能と走行性能で海外からも非常に高い評価を得ています。

国産車で燃費性能だけでなく走行性能やデザイン性すべてを満たしてくれる貴重な車です。

燃費は車に合わせた走り方をすることによって大きく変わってきます。こちらで紹介した方法などを参考にして、燃費の良い走りを研究してみてください。