マツダ車の中でも、非常に人気の高いCX-5。

SUVながら、ユーザーのほとんどは、街乗り中心の普段の生活の足として利用しています。

もちろん休日のお出かけや、キャンプ、スキー&スノボなどのレジャーにも使用されていますが、クロカンなどのオフロード走行に使われる事は皆無です。

そんなCX-5はSUVでありながら、用途はミニバンとして使用されていると言ってもいいでしょう。

ファミリーカーとして最も重要な要素は、「利便性」「経済性」「静粛性」の3点が挙げられます。

今回はその中でも「静粛性」について、詳しく解説していきたいと思います。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

CX-5の優れた静粛性の秘密、更に他車との徹底比較

マツダ CX-5

新型CX-5の静粛性は、多くの自動車評論家が絶賛しています。旧型に比べ、格段に進化していると称賛しています。

その主な要因は、エンジンの静粛性に徹底的にこだわった点に尽きます。では、そのエンジン技術をご紹介しましょう。

ノッキングを極限まで抑えたエンジン

マツダ エンジン

CX-5にはガソリン・ディーゼルの2種類のエンジンがラインアップされています。それぞれの静粛性対策をご紹介します。

ガソリン(SKYACTIV-G)

ノッキングによるエンジンの騒音・振動対策として、燃焼時間の短縮と4-2-1排気システムを導入。

燃焼時間短縮するために、空気流動の強化、噴射圧力の強化、混合気の噴霧特性改善などの技術が盛り込まれています。

また、4-2-1排気システムにより、従来の4-1排気システムで発生していた残留ガスの逆流を抑制し、ノッキング低減に貢献しています。

ディーゼル(SKYACTIV-D)

ディーゼル特有の騒音・振動を抑制する、ナチュラルサウンドスムーザーを採用。

ピストンとコンロッドを繋ぐピストンピン内に、振動吸収効果のあるダンパーを組み込み、大幅な振動軽減を実現しました。

室内の静粛性

エンジンにここまでこだわっているのですから、当然室内の遮音性にも最大限の工夫が施されています。

遮音・吸音材を最も効果的な場所に配置し、走行中のロードノイズ低減を実現。高い室内静粛性を誇ります。

ライバル車との静粛性比較

ここからは、CX-5と競合することの多いライバル車との静粛性を比較していきましょう。

日産 エクストレイル

日産 エクストレイル

初代モデルから徹底して、“ラフに使えるSUV”をコンセプトにしているので、静粛性よりも、使い勝手や、悪路の走破性にこだわって造られたクルマです。

ある意味、同じSUVでも、CX-5とは対照的な存在であるといえます。

ディーゼルエンジンの設定は無く、ガソリンエンジンとハイブリッドが設定されています。

トヨタ C-HR

トヨタ C-HR

サイズ的には若干小さくなりますが、価格がCX-5に近いので、競合する方が多いと思います。

こちらもディーゼルエンジンの設定は無く、ガソリンとハイブリッドのラインアップになります。

静粛性対策として、ドアウインドウを高遮音性合わせガラスを採用しています。主に外部からの風切り音への対策です。

CX-5同様、街乗りをコンセプトに造られていますので、静粛性に関しては高い水準を誇っります。

スバル フォレスター

スバル フォレスター

スポーツカー顔負けのハイパワーエンジンを搭載し、本格的な走りを楽しむユーザーに、非常に人気のあるクルマです。

エンジンは、スバル伝統のボクサー(水平対向)エンジンのみの設定です。

静粛性対策としてドアガラスの厚み増し、各部の遮音・防音材を先代モデルよりも増量した点が挙げられます。

ボクサーエンジン独特の音と、走りを楽しむユーザー向けのクルマであることから、エンジン音は若干室内に聞こえますが、不快なレベルではありません。

ホンダ ヴェゼル

ホンダ ヴェゼル

“手頃なサイズのSUV”の先駆けとして、現在も高い人気を誇ります。

走りのホンダらしく、走行性能と操縦性に重きを置いて造られているので、静粛性に関しては、特筆する点はありません。

エンジンは、ガソリンとハイブリッドの2種類が設定されています。

三菱 アウトランダー

三菱 アウトランダー

PHVで注目されているアウトランダーですが、比較するのは標準車です。

エンジンはガソリン2.4Lと2.0Lの2種類が設定されており、いずれもMIVEC(可変バルブタイミング機構)を備え、燃費と出力向上に貢献しています。

静粛性に関しては、特筆する点はありません。

ライバル車との比較・まとめ

同タイプ・価格帯の他車には、ディーゼルエンジン車が存在しませんので、あくまでガソリン車同士の比較になりました。

CX-5の静粛性で高評価を得ているのはディーゼルエンジンですが、あくまで“ガソリン車と変わらない程の静粛性”という評価です。

静粛性の観点からは、やはりガソリン車の優位は否めません。

しかし、他車のガソリン車に比べ、CX-5のエンジン静粛性への取り組みには、マツダの並々ならぬ意気込みを感じます。

現代のクルマは、全体的に高い静粛性を有していますので、その差は軽微なものですが、そこにこだわるCX-5は、ライバルより一歩リードしているといえます。

もしCX-5の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。

このやり方を知っているだけで数十万円は違います。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

オーナーズ・ボイス:CX-5の静粛性の真実

メーカーや専門家の情報だけですと、どうしても称賛ばかりが目立つCX-5ですが、実際はどうなのでしょう?

ここからはオーナーさんや、試乗した方の感想を、いくつかご紹介していきます。

代車で乗ったディーゼル、期待外れなうるささ

世間の高評価のおかげで、ハードルが高くなったのかもしれませんね(笑)。

運転しやすくて静か!おまけに加速もハンパない!

静粛性が高くなるのも同じ事が言えますが、かなりクルマが大きくなったにもかかわらず、運転のしやすさを感じるのは特筆すべき点でしょう。

ロードノイズが凄く小さい!

試乗しての感想になりますが、走行時のロードノイズが、かなり静かなようです。

走行時の動画

室内からの撮影になりますので、実際の静粛性が最も分かる動画です。

生音ではないのでリアルには分かりませんが、走行音はほとんど聞こえないレベルになっています。

雪道走行とエンジン音を、車内と車外から撮影

車内と車外から撮影しており、雪道の走行音の参考になる動画です。

雪国にお住まいの方には、非常に参考になると思います。

オーナーズボイスのまとめ

以上、twitterから抜粋して、オーナーさんや試乗体験の感想をご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか?

一部、批判的な意見もありましたが、全体的には“静か”という評価が圧倒的に多く見られました。

一般的には、それまでに乗っていたクルマとの比較での評価が主になりますので、CX-5の前の愛車次第な部分も多分にあります。

例えば、クラウンやフーガなどの高級セダンと比べると、やはりうるさく感じてしまうでしょうし、ヴィッツやマーチと比べると、静かに感じるでしょう。

特に、ハイエースなどのディーゼル車からの乗り換えですと、静粛性は比べものにならないでしょう。

先にご紹介したツイートでもお分かりになるかと思いますが、感じ方には個人差があり、今まで乗ってきたクルマによっても変わります。

百聞は一見に如かず、ご自身はどう感じるのか?マツダ・ディーラーで是非、試乗して体感してみる事をおススメします。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

ヒロト氏
ヒロト氏
幼少期のスーパーカー・ブームからのクルマ好き。それが興じて、某自動車ディーラー販売員〜某自動車メーカー製造業と自動車関連の仕事を転々とし、現在に至る。自動車のメカニズム、市場動向調査が得意。現在の愛車はAE86レビンGTV。