1分で車を60万円値引きする裏技

レガシィは速いのか?加速性能から0-100km/h加速タイムまで解説!

「レガシィ B4」といえば、スバルの人気車種として30年販売されているモデル。

「スポーツセダン」として、高い運動性能が男心をくすぐる一台でしたね。

ところが、現行モデルへのモデルチェンジでターボが廃止され、キャラクター変更が話題となりました。

そんなレガシィですが、実際どれくらい走れる車なのか気になりませんか?

そこで今回はスバルの上級セダン「レガシィ B4」について、「加速性能」に焦点を当てて解説しましょう。

SNSへの投稿や、0-100km/h加速タイムを参考にしながら、ライバル車と比較していきたいと思います。

レガシィの加速性能

スバル レガシィ

2014年に登場した現行のBN型モデルですが、セダンの「B4」とクロスオーバーSUVの「アウトバック」という、2種類のラインナップが用意されています。

人気だった「ツーリングワゴン」は「レヴォーグ」として生まれ変わりましたね。

と、ラインナップについての説明を終えたところで、「レガシィ B4」について加速性能を解説してきたいと思います。

0-100km/h加速タイムからわかるレガシィの加速性能

まずは、単純に「どれくらい速いのか?」紹介しましょう。

加速性能をイメージするのに役立つのが、発進から100km/h加速に達するタイム、通称「0-100加速タイム」です。実用性のある数字ではありませんが、性能を考えるうえでは有効といえます。

気になるレガシィの加速タイムですが、オーナーさんが実測によると…「9.6秒」という意見がありました。アクセルを全開で踏み込めば、スタートから9.6秒で100km/hに達するということですね。

イメージしやすいように、トヨタブランドのタイムを並べてみたので、ご覧ください。

車種0-100km/h加速タイム
レクサス GS300h8.0秒
SAI8.8秒
カローラフィールダー9.0秒
アルファード10.2秒
プリウス11.0秒
ヴォクシー/ノア11.6秒
シエンタ12.2秒

さて、レガシィの加速性能ですが、この一覧でもわかるとおり「中の上」といったところですね。「速いか?」と聞かれると正直微妙なところです…。

歴代とは「趣」が違うエンジン

レガシィ エンジン

これまでのレガシィは、ハイパワーなターボを搭載していたため、エンジンは強力でしたね。NAモデルなども展開し、ラインナップも複数ありました。

しかし、現行モデルには「2.5L NA」モデル一種類のみとなっております。エンジン性能はこちらを参考にしてください。

項目諸元
種類水平対向4気筒DOHC16バルブ
排気量2,498cc
最高出力175PS/5,800rpm
最大トルク24.0kgf・m/4,000rpm

このクラスのセダンとしては標準的な性能ですが、これまでのスポーティな印象から考えると、ギャップがありますね。

先代モデルは「280PS」「35.7kgf・m」だったので、かなり落ち着いた数値です。

PWR・TWRで見てみると?

駆動方式などにもよりますが、加速性能は「パワーウェイトレシオ(以下、PWR)」「トルクウェイトレシオ(以下、TWR)」によって、ほとんど左右されます。

これは「出力」「トルク」が負担するボディ重量を示す指標ですね。エンジン性能に対する軽量性ということなので、数値が低いほど加速には有利。

レガシィB4は車重1,540kgなので、PWR・TWRを計算するとこのようになります。

  • PWR:8.8kg/PS
  • TWR:64.2kg/kgf・m

このクラスのセダンとしては標準的な数値です。ただし、先代モデルの5代目(BM型)は「5.28kg/PS」「42.2kg/kgf・m」だったので、レガシィシリーズとしてはかなり低いんです。

3代目(BE型)から先代モデルまでは、PWR・TWRがほとんど同じ数値でした。ゆえに、この時代のモデルは0-100km/h加速でも6秒台を計測しており、スポーツセダンとしての地位を確立していましたね。

この頃のキャラクターを考えると、やはりギャップの大きさは否めません…。

実際の加速感

数字やメカニズムを解説しただけでは、いまいちピンときませんよね?

というわけで、実際のオーナーさんの投稿をご覧いただきたいと思います。TwitterやYouTubeからいくつかピックアップしてみたので、紹介しましょう。

Twitterで加速感をチェック

こちらのレガシィオーナーさんは、仕事で軽自動車に乗ったときに違和感を感じたようです。

モデルチェンジを経て、加速がおとなしくなったレガシィではありますが、そうはいっても排気量は2.5Lクラス。

1L以下の車と比較したら、加速性能は雲泥の差ですよね。軽自動車やファミリーカーよりはずっと速いです。

ガツンと加速することはありませんが、中間加速はなかなかのものです。一定に伸びていくので、「気が付いたらスピードが出過ぎてた」なんてこともしばしば…。

これは上級セダンによくみられる特徴です。この手の車は、エンジン自体が滑らかな出力特性を持ちます。

加えて、ボディの静粛性や制振性が高いことから、ドライバーとしては加速感が掴みにくいでしょう。

乗り心地を向上させた結果が今のモデルということですね。従来のモデルとは趣が違いますが、上級セダンとしてより高みへ上ったのです。

いっぽうで、このような厳しい意見も見られます。加速性能を落としたせいで、中途半端なモデルになってしまったとのこと…。

元をたどれば「インプレッサ」「フォレスター」「レヴォーグ」は、すべてレガシィの派生モデルです。どうしたって「ハイパワーターボ」「4WD(AWD)」といった、硬派なイメージがありますよね?

それが、NA一本に絞りったり、ボディを大型化したりなど…スバルファンとしては少し寂しく思うのはよくわかります。

You Tubeで加速感をチェック


こちらはメーターを撮影した動画ですね。前述のとおり、およそ9秒で100km/hに達しています。

実際に視聴してみて、私は「少し鈍い感じ」ような印象を受けまた。過去のモデルは「ターボラグ」こそ顕著ですが、過給が始まれば鋭く加速しますからね。

YouTubeで「レガシィ 加速」と検索して、上位に出たのは3代目、4代目、5代目など、どれも過去のモデルばかりでした。

現行モデルが上位にヒットしないのは、やはり加速に定評がないからなのでしょう…。


こちらは、スバルから公式にリリースされている動画です。レガシィについて簡単な紹介がされていますが、動画の雰囲気から、どことなく落ち着いた印象を受けますね。

他の車と比較すると

加速感についてご覧いただいたところで、続きましてライバルと呼ばれる国産車と、その実力を比較してみたいと思います。

今回、レガシィと同じく2.5LクラスのNAモデル、日産「ティアナ」、マツダ「アテンザ セダン」、トヨタ「マークX」の3台です。

日産 ティアナ

日産 ティアナ

日産から販売されるミドルクラスセダンといえば「ティアナ」。2.5LクラスのNAということで、同じ土俵で戦うライバルです。

加速性能について比較してみると、どのような結果になるのでしょうか?まずは、ティアナの諸元をご覧いただきましょう。

項目諸元
種類直列4気筒DOHC
排気量2,488cc
最高出力173PS/6,000rpm
最大トルク23.9kgf・m/4,000rpm
車両重量1,470-1,480kg
PWR8.50-8.55kg/PS
TWR61.5-61.9kg/kgf・m
0-100km/h9.3秒

エンジン性能は数値も特性も、かなり酷似していますね。見比べると、出力はレガシィ、トルクはティアナといった具合。

しかし、車重はレガシィのほうが100kg近く重いため、PWRはティアナに劣ってしまいます。

よって0-100km/hの加速は、わずかにティアナのほうが勝る結果に…。しかし、タイムで見ると0.3秒ということで、ほとんど差はないように思えます。

4WDに定評のあるレガシィですから、雨や雪など、悪路においてはレガシィのほうが上手でしょう。

マツダ アテンザ セダン

マツダ アテンザ セダン

マツダのセダンで、フラッグシップモデルといえば「アテンザ」ですよね。

加速性能としては、クリーンディーゼルを搭載したモデルのほうが強力ですが、ここは同じNAモデルと比較したいと思います。

以下、アテンザの諸元です。

項目諸元
種類水冷直列4気筒DOHC16バルブ
排気量2,488cc
最高出力190PS/6,000rpm
最大トルク25.7kgf・m/4,000rpm
車両重量1,540kg
PWR8.11kg/PS
TWR59.9kg/kgf・m
0-100km/h9.2秒

ざっと見た感じ、出力・トルクともにアテンザのほうが優れた性能ですね。

それでいて車重は同じなので、PWR・TWRもアテンザの勝利。したがって、0-100の加速タイムもアテンザのほうが速いのです。

とはいえ、こちらもティアナの場合と同様、ほとんど変わらない性能と考えることができます。

また、アテンザも駆動はFFなので状況によってはレガシィのほうが速いケースも十分あるうるでしょう。

トヨタ マークX

トヨタ マークX

最後に比較するのは、トヨタの走れる上級セダン「マークX」です。先代のレガシィとは、走れるセダンということで、バチバチのライバル関係にありましたね。

マークXも3.5Lモデルのほうが加速は速いですが、今回は2.5Lモデルを比較対象にしてみたいと思います。それでは見ていきましょう。

項目諸元
種類 V型6気筒DOHC
排気量2,499cc
最高出力203PS/6,400rpm
最大トルク24.8kgf・m/4,800rpm
車両重量1,500kg
PWR7.53kg/PS
TWR61.7kg/kgf・m
0-100km/h6.8秒

同じ2.5Lモデルではあるものの、6気筒であるがゆえに高回転型、かつ出力が高いです。

トルクはレガシィと互角の性能ではありますが…0-100km/h加速で見ると、かなりの差がありますね。

よって、加速性能はマークXに軍配が上がります。モデルチェンジのたびにスポーティさを欠いていくレガシィとは異なり、マークXは初めからスポーツ要素を意識して作られていますからね。仕方のない結果です。

上級セダンとして質感や乗り心地で勝負

というわけで、レガシィB4の加速性能についての解説は以上になります。

従来のモデルは「走れるセダン」の代名詞的なモデルでしたが、現行型は落ち着いた「上品なセダン」というキャラクターとなりました。

スバルファンとしては少し寂しいですが、これも時代なのでしょう。

とはいえ、4WDを駆使した安定性・走行性能は健在しており、上級セダンとして「並」の加速性能を備えていることはわかりましたね。