1分で車を60万円値引きする裏技

【画像】ロードスターはかっこいいのか?デザインについて徹底分析!

現在マツダのスポーツカーと言えばロードスターが出てきます。

小排気量でFRという貴重なパッケージングをもち、さらにオープンカーというもはや絶滅危惧種の車です。

歴史も非常に長い車で、ヨーロッパでも非常人気の高い車です。

そんなロードスターですがかっこいいと言えるのでしょうか。

ここではロードスターのデザインについて解説していきます。

ロードスターのデザインの特徴

マツダ ロードスター

ロードスターは車としての基本性能やFRレイアウト、さらにオープンカーであったりと一台でさまざまな特徴をもっています。

これらすべてが相まって唯一無二の存在感を作っているのですが、ここではそんなロードスターのデザインの特徴を解説していきます。

鼓動デザインとコンバーチブル

ロードスター デザイン

ひと目見た瞬間に思うのが”あれ?マツダのデザインと違う”です。

アクセラやCX-5のような特徴的なフロントフェイスとプレスラインとは違うデザインを持っています。

ポイント

ロードスターはコンバーチブルのボディで、その他のラインナップとは異なるスタイルをしています。

そのため現在のマツダのような大きなアクセラ小さなアクセラといったものではなく、特別感を出しているのでしょう。

こんなコンパクトなボディながらフェンダーアーチはリア・フロントともに盛り上がっています。

4隅が出っ張ったデザインではなく、張り出したフェンダーからホイールデザインがしっかり見えるデザインです。

ですから前から見ても後ろから見てもホイールデザインが映えますし、ボディにくびれがありとてもスタイリッシュにみえます。

そしてリアデザインは近年の低重心をやたら演出するスポーツカーとは違い、きゅっと上にあがるラインでとてもセクシー。

MEMO

しかしそれだけでなくブラック・アウトされたアンダーバンパーや左右のブラケットによって張り出し感もしっかり演出されており、地に足の着いたスマートなデザインです。

鼓動デザインが表す躍動感のあるデザインが、プレスラインという技ではなく車のスタイルとして、魅力として表現されています。

とても魅力的なボディスタイルで色気があり、見るものを魅了するスタイルです。

統一デザインではないフロントフェイス

フロントマスクも近年のマツダフェイスとは違います。

これは運転手を中心にいかに運転しやすく、最低限のサイズでスタイリッシュにボディを作るかという考えで、無駄を徹底的に削ぎ落とした結果です。

グリルはサイズを他の車と同じ大きさでボディ先端のバンパー内に埋め込み、しっかりと冷却効果が高い状態にしています。

ただこれを他の車と同じデザインにしようとすると、せっかく低く仕上げたノーズのラインが上がってしまいますし、開口部が小さくなり運動性能が下がってしまったりと、実はギリギリのデザインになっています。

ヘッドライトもこのギリギリのデザインの中でLEDならば入る、というくらいにまで無駄が削がれています。

ロードスターには初代から人馬一体という考えから、スポーツカーらしいデザインを作り上げたのがこのフロントデザインなのです。

スタイリッシュで運転しやすい車内

ロードスター インテリア

マツダは運転手を中心においた車作りをしています。それはボディのデザインだけでなくインテリアの配置や操作パネルにまでデザインが作り込まれています。

メーターやナビパネルは高い位置にあり、運転中の視線の移動が少なくて住むような配置、サイドブレーキも近年は海外用に配置されたものがそのまま日本に入っている場合が多いですが、しっかりとそこも右ハンドル用に最適化されています。

デザインの造形も横のラインを基調としたクラシカルでありながらもダイナミックにデザインされています。

ボディカラーがそのままインテリアに入っている部分なども含め操作性もよく、華やかな色使いと造形で、非常に完成度の高いインテリアデザインです。

日本車らしいスポーツカー

90年代の日本車がまだまだ元気だった頃、車好きがこぞって選んでいた小排気量で小回りのきくFRマシン。そういったクラシカルな要素を今でもしっかりと残すデザインです。

車幅も1700mmは超えていますがそれでも非常に小さく、運転してもとても楽しいパッケージでありながらも非常にダイナミックなデザインで所有者を満足させてくれる

軽快で楽しいという日本流のスポーツカーらしいデザインです。

ロードスターのかっこいい色

躍動的で色気のあるデザインが特徴のロードスターですが、どんなカラーが似合うのでしょうか。

ここではロードスターにおすすめのカラーをご紹介していきます。

ソウルレッドクリスタルメタリック

ロードスター ソウルレッドクリスタルメタリック

近年のマツダのテーマカラーと言えるソウルレッドクリスタルメタリックです。

マツダのダイナミックな鼓動デザインを色の明暗でしっかりと見せてくれるカラーになっています。

ソフトトップのブラックカラーと相まって、クラシカルでとてもかっこよく映ります。

マシングレープレミアムメタリック

ロードスター マシングレープレミアムメタリック

軽快で躍動的なデザインのロードスターに機械的な重厚さを演出してくれるのがのこマシングレープレミアムメタリックです。

鉄のような質感のグレーが車という枠を超えて、鉄製の生き物のような雰囲気を出し、相棒のような愛着が湧くでしょう。

スノーフレイクホワイトパールマイカ

ロードスター スノーフレイクホワイトパールマイカ

ロードスターを白と黒のコントラストでメリハリのあるボディを強調できるのがこのスノーフレイクホワイトパールマイカです。

実物を見ることが大事

昔から言われることですが、色は現物を見ないと絶対に後悔します。特にこういったデザインが命の車は色の見え方によって印象は大きく違います。

ベタ塗りの色、メタリックカラー、パールカラー、色の深み、色合いなど、細かく違ってきますのでイメージだけで色はきめてはいけません。

ロードスターの古いモデルと比較

ロードスターは長い歴史でさまざまにモデルチェンジをしてファンを魅了してきました。

ここではロードスターの歴代のモデルをご紹介し、デザインの変化を解説していきます。

初代NA型

Shou Inoueさん(@ishou3)がシェアした投稿

パカっと開くリトラクタブルヘッドライトが特徴的なのが初代ロードスターです。

とてもスタイリッシュでヨーロピアンな雰囲気が漂いますが、デザインモチーフには日本の伝統が多数使われています。

例えばボディデザインには能面が、シートの表皮には畳状のデザインがモチーフにされているそうです。

ロードスター好きはこの初代が至高という人が多いのも頷けます。

2代目NB型

駿之介さん(@nosuke.nb)がシェアした投稿

突如として普通の車のようなデザインになってしまったのが2代目のNB型です。

ただボディは曲面を強調した先代に比べ、張り出し感のあるデザインになっています。

現在の車と比較しても十分戦えるかっこよさを持っていますが、初代ほどの衝撃がないのも本音です。

3代目NC型

鈴木雅也さん(@masaya19940122)がシェアした投稿

ロードスター初の3ナンバーサイズになった3代目NC型です。

リアデザインはロードスターらしく、張り出し感のあるフェンダーが良い感じです。

しかし抑揚の少ないデザインで横幅が広く、色気が全く感じられないスタイルと、ポカーンと口のあいたようなバンパーグリルが締まりがなく、かっこいいとは言いにくいでしょう。

しかしグリル形状やリアデザインなど、現行のロードスターに通じる雰囲気が若干ですが感じ取れます。

ロードスターは世間的にかっこいいのか?

スタイリッシュなロードスターですが、世間的にはどう見られているのでしょうか。

ここではロードスターに対する意見をツイッター上からピックアップしご紹介していきます。

ロードスターはただ格好いいだけでなく、どんな車だったか記憶に残るほどの魅力を持っているようです。なかなか走っていませんからね。

ロードスターがダサいと感じる人はなにかのパクリに感じていたり、リアデザインが悪いと感じる人が多いようです。

テールランプの形状がダメだという意見もありました。

デザインの感じ方は人それぞれですが、客観的な事実として日本車として初めてWCDOTYを受賞した車です。

ロードスターは世界的にデザインを認められた車です。

他の車と比較

ロードスターは日本でも数少ないスタイルの車であるというお話をしました。そんなロードスターのライバル車にはどういったものがいるでしょうか。

ここでは日産のフェアレディZ、ホンダのS660、スバルのBRZとデザインの比較をしていきます。

日産 フェアレディZ

日産 フェアレディZ

日本の2ドアクーペの代表格、日産のフェアレディZです。3.7LのNAエンジンで価格も400万円を超えるため直接ぶつかることはありませんが、スタイルの似た車ということで比較していきます。

Zはスポーツクーペらしいロングノーズショートデッキなスタイルをしています。そして張り出し感のあるフェンダーやV型のヘッドライト、リアコンビネーションランプが特徴的な外観です。

インテリアは非常にシンプルです。しかし目に見えて素材がプラスチックばかりですし、造形も優れているとは言い難く、400万円を超える価格の車としてはお粗末なインテリアじゃないでしょうか。

コストがエンジンやパワートレインにすべて持っていかれ、走るために作られて車というような車です。

ポイント

フェアレディZはクーペらしいスタイルはしていますが、ロードスターのような色気がほとんど感じられません。

どちらかというとアスリートのような無骨さを感じます。スタイリッシュさを考えるとロードスターのほうが美しいデザインではないでしょうか。

ホンダ S660

ホンダ S660

S660は軽自動車ですが、RRのレイアウトとコンバーチブルという、まるでスーパーカーかのようなレイアウトが特徴的な車です。

こちらも価格が違いますが、スタイルが似たような車なので比較していきます。

軽自動車という限られた規格内で、精一杯張り出し感やプレスラインを使ってデザインされています。

リアデザインはスーパーカーさながらで非常にかっこよくできています。フロントデザインはホンダらしい顔になっており、フィットなどのコンパクトカーを連想させ、ちょっとアンマッチです。

インテリアは質感やパネルなどがチープな雰囲気を出しています。しかし造形が非常に凝られており、軽自動車の少ないコストの中でいかによく見せるかということが考えられたインテリアです。

ポイント

ロードスターもS660も運転しやすい限られた規格内でここまで仕上げており、素晴らしいデザインです。

甲乙つけがたい車ですが、S660のフロントがどうしてもプレミアム感を薄くしてしまうデザインにみえます。

スバル BRZ

スバル BRZ

ロードスターと直接のライバルになり得るのがスバルBRZです。ミドルクラスのスポーツクーペは現在では2台しかいないのが残念でなりません。

BRZはロングノーズショートデッキのスポーツクーペらしいスタイルで、タイヤが張り出して見えるボディスタイルはメリハリが感じられます。ミドルクラスクーペの割に軽快さより重厚感が感じられるデザインです。

インテリアは黒をベースに赤の装飾が入っており、走りを感じさせるスポーティな配色になっています。

ポイント

凝ったデザインや独立したキレイなエアコンパネルや装置類が、スポーティな機械感を感じられるインテリアです。サイドブレーキもしっかり運転席側にあり、海外車の流用感もありません。

BRZとロードスターを比較するとどちらもいいデザインですが、無駄のないデザインのスポーティさとおしゃれな雰囲気を両立させているロードスターのほうが、優れていると言えるでしょう。

ロードスターのカスタムはかっこいいか?

デザインが優れているロードスターですが、カスタムするとどうなのでしょうか。

ここではロードスターのカスタム画像をインスタグラム上からピックアップしご紹介していきます。

yutoさん(@yuto_7737)がシェアした投稿

ローダウンしスポイラーを組み込んだスポーティなロードスターです。

写真の写り方のせいか、とても色気のあるショットです。

Ara moriさん(@ara_mori)がシェアした投稿

迷彩カラーのようなグリーンがとてもきれいなNA型ロードスターです。

リップスポイラーやサイドスカート、太さを感じるシルバーのホイールがロードスターのデザインをさらに完成させています。

とても美しい車です。

オリオン-ND7さん(@orionnd7)がシェアした投稿

全身ブラックのボディに2眼のヘッドライトが迫力の存在感を放つロードスターです。

BBSらしいホイールデザインとリップスポイラーが迫力だけでなく、実も伴っていると訴えかけてくるカスタムです。

現行のロードスターならではの迫力のカスタムです。

ロードスターは世界も認めるデザイン

初代からデザインへのこだわりが感じられるロードスター。

初代のNA型に関してはメーカーがレストアキャンペーンとして20年以上経過した車の、部品の供給を続けるという異例の事態も起きています。

現行のロードスターも日本車初のWCDOTYに選ばれるなど、世界中から支持されるデザインなのです。