1分で車を60万円値引きする裏技

プリウスは高級車じゃない?大衆車?世間的にはどうなのか解説!

もはやトヨタの代名詞となったハイブリッド。

そしてそのハイブリッドの申し子であるプリウスは1997年に発売され、当初は時期早々すぎるとかバッテリーの耐久性が悪いなど散々な言われようでした。

しかし2代目で爆発的なヒットを飛ばしたと同時にトヨタの環境イメージを大きく作り上げた功績のある車で、現行は4代目になります。

今ではステーションワゴンタイプやコンパクトタイプ、そして家庭で充電できるプラグインハイブリッドであったりと非常にバリエーションが多くなったプリウスですが、この車は高級車なのでしょうか。

海外ではセレブが乗っていたり国内でも比較的富裕層がのっていたりと、さまざまな説がありますがここでは高級車と言えるかどうかを解説していきます。

プリウスは高級車なのか

トヨタ プリウス

実は発売から20年と歴史の長いプリウスですが、その過程で小型プリウスのアクアやプラグインハイブリッドなども登場し、気がつけば高額な車となってきました。

そんなプリウスはトヨタにとっては高級車なのでしょうか。歴史やコンセプトなども交え解説していきます。

世界初の量産ハイブリッド

現在日本国内ではさまざまなハイブリッドカーが走っていますが、プリウスはトヨタが世界で初めて量産化に成功したハイブリッドカーなのです。

”21世紀に間に合いました”というキャッチコピーが表すように、未来的なボディデザインを車体に施しています。さらにパワートレインには当時珍しかったミラーサイクルを採用したエンジンに電気モーターを組み合わせています。

ミッションには無段変速機のCVTを採用。10・15モード燃費が28km/lという当時の同程度のガソリン車と比べると驚異的な燃費でした。(燃費の詳細は以下の記事をご参照ください。)

トヨタ プリウスプリウスの燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!

初代は実際の走行性能が軽自動車並みであったりトヨタも初の試みということもあって、そこまで大きなヒットにはなりませんでしたが、2代目にモデルチェンジすると非常に人気が出て爆発的なヒットとなりました。

そして現在ではトヨタの代名詞のような存在にまで成長し、一つのブランドとなりました。

ビューティフルハイブリッド

4代目プリウスはそれまでの”燃費性能だけ”というイメージをかえるために、”beautiful hybrid”というコンセプトのもと、フラットなデザインや弱点と言われた走行性能を改善してきました。

トヨタが近年使い始めたTNGAコンセプトから新しいプラットフォームを採用することで、剛性の強化や軽量化を測りました。

TNGAトヨタのTNGAとは?読み方は?エンジンの種類から採用車種までわかりやすく解説!

パワートレインは3代目のエンジンを元にさらに高効率化。もともと持っているクラストップの燃費というブランドをさらに向上させつつも、車体の剛性感やエンジン出力の改善などにより、今までたるいと言われていた走行性能を改善させてきました。

デザインもそれまでフラットで保守的なデザインから一気にぶっとんだデザインに仕上げました。トヨタとしてはこれで”美しい地球を走る美しい車”を実現させたのです。(デザインの詳細は以下の記事をご参照ください。)

トヨタ プリウス【画像】プリウスはかっこいいのか?デザインについて徹底分析!

意外と普通な価格帯

プリウスは通常の車と違い、エンジン+モーターというハイブリッドカーです。

そのため価格はアリオンなどといった同サイズのガソリン車よりも高い設定になっており、242万円から339万円という価格設定になっています。

アリオンは195万円から265万円なので、比べると50万円ほど高い計算になります。とはいえどプリウスと同価格帯の車にはノア/ヴォクシーや86などといった一般大衆向けの車が多い価格帯となっています。

高級車であればもっと高額でしょうし価格からは高級車的なイメージは見られません。

なおプリウスの価格については以下の記事でもまとめています。こちらもあわせて参考にしてみてください。

プリウス グレードプリウスは高いのか?安いのか?コスパを徹底分析しました!

プリウスの上位モデルのSAI

E T Iさん(@eurasia_trade_import)がシェアした投稿

実はトヨタにはプリウスの上位車種が存在しました。それがハイブリッドセダンのSAIです。

現在では生産終了となっていますが、もともとはプリウスの上位車種として発売されている上級ハイブリッドカーでした。

今ではその人気の無さから販売は終了してしまいましたが、トヨタがもともとプリウスを高級車として販売していないということが伺い知れる事例でしょう。

MEMO

もしプリウスを買おうと考えているなら、あわせて正しい値引き交渉のやり方も覚えておくといいですよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

プリウスはイメージでは高級車なのか

トヨタとしては自社のハイブリッド技術を広めるための大衆的な車として販売していたプリウス。ただ近年は小型ハイブリッドのアクアが登場したり、さまざまな車にハイブリッドを展開しており、プリウスの立ち位置がよくわからない状態になっています。

現在プリウスはどのようなイメージとして見られているのでしょうか。ツイッターから実際の意見をピックアップして一般的なイメージをご紹介し、国内での立ち位置を解説していきます。

ツイッター上では

一般的に考えてもプリウスは高級車ではないようです。

私もプリウスに高級車的なイメージはないのでプリウス=高級車と言われるとなんともいえない気持ちになります。

一方プリウスを高級車として考える人もいるようです。

富裕層の人が運転しているから高級だ、というイメージがあるようです。たしかにプリウスはある程度余裕のある人が乗っているイメージがありますがやはり高級車とは言いにくい気がします。

プリウスのイメージを一番表しているツイートです。プリウスは安い車でもなければ高級車でもない。

しかしハイブリッドというある程度の付加価値がついているので”どこに行っても恥をかかない車”といえます。

日本国内ではフォーマルな車という位置づけというのがわかりやすい表現です。

なおプリウスの口コミ・評判については、以下の記事でも詳しくまとめています。詳細まで知りたい方は、こちらもあわせて参考にしてみてください。

トヨタ プリウスプリウスの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

プリウスは高級車ではなくフォーマル車

高級車や大衆車というイメージは非常に曖昧なもので、高額な車を高級車だと言ったりただの高額車だと言われたりし、高級感のあるデザインをもった車を高級車だと言ったりただのデザイン重視の大衆車だと言われたりします。

そんな中、高級車かどうかの一つの判断基準としてブランド化されているかどうかというものがあります。

レクサスやベンツ、これらはブランド名だけで一般的には高級車だと言われるでしょう。

ベンツGクラスベンツは高級車じゃない?大衆車?ドイツでの価格は意外すぎた?!

プリウスが高級車と思われている理由はいくつかあると思いますが、その中でも大きく占めるのが”プリウスブランド”がしっかり構築されている点です。

プリウス=ハイブリッドカーのスタンダードというイメージ、つまりある程度の車格を持ち、環境やエコを意識した所謂意識の高い系の良質な車というイメージができています。

会社の社長がクラウンやベンツのCクラスなどのような高級車に乗っていると、悪いことして儲けてるとか、良い車に乗りやがってというような嫌味なイメージを持たれることがあります。

クラウンマジェスタクラウンは高級車じゃない?大衆車?世間のイメージを元に解説!

プリウスであればそういったイメージを持たれないのはもちろんですが、それらの車に見劣りするということもありませんし、クリーンなイメージを持たれます。

実はハイブリッドカーという意識高い系のイメージを大衆に持たせており、どこに乗っていっても恥をかかないフォーマルな車でもあります。

ですので変なイメージを持たれたくない富裕層に人気があり、そういった場を見かける機会が多いとプリウス=高級車という観念ができていると言えるでしょう。

プリウスの海外での位置付け

国内ではどんな人が乗ってもフォーマルな場に乗っていっても問題のないスタンダードカーであるプリウスですが、海外ではどのような位置づけをされているのでしょうか。

海外での状況を解説していきます。

海外セレブも乗る車

Leonardo DiCaprioさん(@dicaprihoes)がシェアした投稿

プリウスは海外でも燃費が良い車として非常に人気のある車です。発売当初は5ナンバーであったプリウスも2代目から海外販売に対応するため一気に大きくなって3ナンバーボディに変更されています。(ナンバーの詳細は以下の記事をご参照ください。)

トヨタ プリウスプリウスは3ナンバーか5ナンバーのどっち?なぜかの理由も解説!

そして一般的な人気だけでなくレオナルド・ディカプリオやジュリア・ロバーツと言ったハリウッドスターも実は愛用している非常に優秀な車なのです。

ただこういった方々はきっとメインとなる車があって、セカンドカーとして街乗りに使うのにプリウスを使っているのでしょう。

とはいってもこうやって海外セレブに愛用されているプリウスは海外では高級車とわれているのでしょうか。

燃費の良い車

海外セレブにも愛用されているプリウスですが、実はプリウスは燃費が良いハイブリッドカーというイメージが浸透しているため、環境を意識していることを表現しやすい車なのです。

そのためハリウッドスター達にとってはプリウスに乗ることで環境を意識してますよというメッセージにもなりますし、環境活動家やそういった人たちも環境イメージとしてわかりやすいアイコンとして乗ります。

海外でのプリウスの立ち位置は、環境を意識していることを表すアイコン的な存在のようです。

販売価格

プリウスの販売価格は25,000ドルから31,000ドルと日本円にすると278万円から345万円と、日本より若干高めの価格設定になっています。

アメリカ国内の自動車メーカーのシボレーで比較すると、カマロが25,000ドルから販売されておりちょうどプリウスの価格帯と似ています。

日本ではプリウスとスポーツモデルの86が同価格であるように、アメリカでも同車格の中でもスポーティな車と価格帯が近いです。(86の詳細は以下の記事をご参照ください。)

86の外観トヨタ86(ハチロク)の試乗レビュー・感想!乗り心地はいかに?!

なので通常よりすこしプレミアム感のある価格帯の車といった位置づけと言えるでしょう。

中国では

クラウンやマークXなども販売されている中国では、プリウスはほとんど売れていないそうです。

その理由は価格が高すぎるからで、燃費がよく環境のことを考えると欲しい車には上がるそうですが、販売価格が日本円で約370万円にもなってしまうため売れてないそうです。

クラウンなどはこれより高くても売れていますし、こういったことから考えると中国でもプリウスは高級車としては見られていないことがわかります。

クラウンの海外販売については以下の記事でもまとめています。興味がある方はこちらも目を通してみてください。

クラウンのタクシークラウンの海外販売が積極的でない5つの理由!なぜ輸出されないのか解明!

イメージの良い大衆車

プリウスは環境を意識しているクリーンなイメージを表現してくれる車として、海外でも意識高い系の人たちに人気があるようです。

自己ブランドのイメージアップに使えてさらに燃費がいいなんて最高の車ですね。

プリウスは高級車なのか

プリウスは高級車なのでしょうか。答えははっきりNOと言えます。

価格帯的にもミドルクラスのミニバンほどの価格帯であり、インテリアの素材などもプラスチックを多用しており高級さは全く感じられません。エクステリアデザインも高級車というようなどっしりとした印象は感じられません。

というわけでばっちり大衆車と言えるプリウスですが、ハイブリッドカーのスタンダードモデルとしてクリーンな車という”プリウスブランド”がしっかり構築されてはいます。黒のスーツのようにどこに着ていっても間違いない服のような”フォーマルな車”だと言えるでしょう。

プリウスについては、以下の記事でも取り上げています。もっと詳しく知りたい方はこちらもあわせてご参照ください。

トヨタ プリウスプリウスの月、年間の維持費を計算!高いのか安いのか比較して解説! タイヤのないプリウス壊れやすい?プリウスは故障が多いのか故障率の実態とは?!