1分で車を60万円値引きする裏技

トヨタ86(ハチロク)の試乗レビュー・感想!乗り心地はいかに?!

「トヨタの86って、乗り心地はどんな感じ? 走行性能とか車内の広さは?」

86を買おうか迷ってるんだけど、実際に乗ったひとの意見が聞きたい!」

車を購入するかどうか決めるときに、すでにその車に乗っているひとの意見を参考にしたいですよね。

そこで、トヨタ・86AT)の試乗をしてきました。

実際に乗ってみた感想から、86の乗り心地や走行性能について、写真つきでわかりやすく解説します。

86の外観

86の乗り心地

それではさっそく、86の車内空間について解説していきます。 

運転席はせまい

まずは運転席に乗ってみます。

86の運転席に乗るところ

車高がかなり低いので、身長177cmの私だとかなり身体を折り曲げて乗らないといけません。

86の運転席

運転席のシートの位置をいちばん後ろまで下げている状態ですが、ヒザが前にぶつかって、足元はせまく感じます。

ドアを閉めると、右腕からドアまでの距離がかなり近いです。

天井も低いので、運転席の前後左右上下から包み込まれるような圧迫感があります。

86のセンターコンソール部分

センターコンソール(運転席と助手席を隔てる部分)の位置が高く、左脚に圧迫感があります。

86のフロントガラス

フロントガラス越しに見える視界もせまいです。車高の低さの影響がここにも出ています。

86のハンドル

ハンドルにつかわれているレザーはつるつるで、にぎってみた印象は「固い」です。

内側を縫いとめている糸が荒い感触で、スポーティな86のイメージにしっくりきます。

触ってみるとすぐにわかりますが、ほかのトヨタ車とはまったく違う、好き嫌いの大きく分かれそうなハンドルです。 

後部座席は成人男性は乗っていられないほどせまい

つぎは後部座席に乗ってみます。86は前の席にしかドアがないので、後部座席に乗るためには運転席か助手席をたおして、すき間から乗り込まなければいけません。

86の運転席の移動

まず、運転席を前に動かします。

86の後部座席への乗車

すき間から脚を入れて後部座席へ。天井が低いので頭をぶつけないように気を付けます。

86の後部座席後のシートの移動

すわったら、乗るときにたおした運転席のシートを引っ張って起こします。

86の後部座席

着席完了。後部座席に乗るのはけっこう大変です。

最後の写真を見ると、それほどせまいようには見えないかもしれませんが、これは運転席をいちばん前の位置で固定した状態です。

この状態では運転席にだれもすわれないので、86でドライブするためには、前のシートをここからさらにグッと後ろに下げる必要があります。

身長177cmの私が後部座席にすわっていると、これ以上は下げられず、車を動かすことはできません。

864人乗りの車ですが、ほんとうに大人4人で乗ろうと思ったら、前の席のひとか後ろの席のひとのどちらかが相当ガマンする必要があります。

車体の大きさ

86の車体の大きさは、以下のようになっています。 

  • 全長4,240mm
  • 全幅1,775mm
  • 全高1,320mm
それほど大きいほうの車ではなく、試乗で急カーブやクランクを走行しても、こすりそうになった場面は一度もありませんでした。

さきほど車内空間について「せまい」と書きましたが、そのぶん車体が小さいというメリットがあり、車が通ってはいけないような極端にせまい道じゃなければふつうに通れます。

もし86の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記のたった1分で車を60万円値引きできる裏技のページをご覧ください。

裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

走ってて疲れる86AT)に乗った感想

それでは、86AT)に試乗した感想を解説していきます。

86の試乗前

さきほどとボディーカラーが違いますが、おなじ86です)

ブレーキをかけると「キーッ」という金属音が鳴る

86の試乗でいちばん印象にのこっているのは、ブレーキをかけると「キーッ」というかん高い金属音が鳴ることです。

これが私的にはかなり不快で、ブレーキを1回踏むたびに疲労度がどんどん増していきました。

故障してるのかな? と思って係員に聞いてみると、「86はこういう仕様になっていて、整備ではどうしようもない部分なんです」とのこと。

「キーッ」という金属音が鳴るのは、むしろ効きの良いブレーキパッドをつかっている証拠で、良いブレーキパッドはみんなこういう音がするものなんだそうです。

たしかに86は高速走行を楽しむ車なので、必要なことなのかもしれませんが、この音はもう少しどうにかならないのかな、と思いました。

地面に段差があるとガックンガックン揺れる

86に乗っていてもうひとつ印象にのこったのは、地面から伝わってくる振動です。

ほかの車で通ってもなんとも思わなかったデコボコ道を通ると、ガックンガックン揺れて、道の悪さが運転席にダイレクトに伝わってきます。

静粛性や快適な乗り心地とは正反対の、なんだか一生懸命運転しなければいけない車でした。

「走りを楽しむ車」というより、「走ってて疲れる車」だと私は思ってしまいました。

試乗はたった15分程度でしたが、長時間乗ったら酔ってしまいそうです。

加速はダントツで良い

86のウリである加速はものすごく良く、ちょっとアクセルを踏んだだけであっという間に40km/hを超えます。

試乗した道の制限速度が40km/hだったので、大幅に超えないようにするのにかなり気をつかいました。

私のレビューではここまでマイナス面ばかりが目立っていましたが、さすがメインの部分はほかの車種とくらべてダントツに良いです。

ステアリングは軽い 

86の試乗中

86のステアリングは、軽いです。

ステアリングも加速と同様、高速走行をする際に大きく関わってくる86のメインの部分なので、しっかりしています。

ハンドルを切ると自然に曲がっていきます。

視界のせまさは走ってみると気にならない

さきほど車内空間の解説で、「フロントガラス越しに見える視界がせまい」と書きましたが、実際に走行してみると視界のせまさは気になりませんでした。 

86の価格は、金属音や振動を醍醐味だと思えるなら妥当

さて、86は価格に見合った車なんでしょうか? それぞれのグレードの価格は下の表のようになっています。 

 車種グレード価格
86(AT)GT”Limited

Black Package”

3,423,600
GT”Limited”3,250,800
GT3,048,840
G2,647,080
86(MT)GT”Limited

Black Package”

3,356,640
GT”Limited”3,183,840
GT2,981,880
G2,623,320
GR4,968,000

GR以外のそれぞれのグレードにAT車とMT車が用意されており、私が今回試乗したのはAT車のGT”Limited”です。 

AT車のGT”Limited”3,250,800円ですが、乗ってみた印象としてはこの価格は高いと思います。

ただ、高い安いという問題以前に私の場合は車自体を気に入っておらず、たとえこれが半額であっても買うことはないので、価格について私がどうこういってもあまり意味はないかもしれません。

「あの振動や効きの良いブレーキパッドこそが86の醍醐味だ」と思えるひとにとっては、この価格をはらってでも買う価値のある、素晴らしい車です。

試乗しないで購入してからあの金属音を聞いて、購入を後悔しているひともネット上では見られたので、自分が平気かどうか乗ってみてから購入することをおすすめします。 

ここまで書いてきましたが、86は好き嫌いが大きく分かれる車だな、と乗ってみて感じました。確かにかっこいい車ではあるので、86の方向性が自分に合っているかどうか、購入前に試乗してみてくださいね。