クラウンといえば日本が誇るプレミアムセダンであり、日本でのネームバリューは不動の地位といえます。

しかしいろいろな日本車が海外で販売されている中、なぜか海外でのクラウンの評判はありません。

実はクラウンは日本専売のモデルで、海外ではほとんど販売されていないのです。

なぜ日本が誇るプレミアムセダンであるクラウンを、海外では積極的に販売しないのでしょうか。

ここではその理由を解説していきます。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

クラウンの海外販売状況

トヨタ クラウンアスリート

クラウンのレビューは海外からはほとんど来ません。それもそのはず、車に対する要求が大きい欧米・欧州にはクラウンは販売されていないのです。

なぜその様なことになってしまったのでしょうか。クラウンの海外販売の状況を解説していきます。

実はクラウンはアメリカでの販売に一度失敗しているのです。

クラウンの海外戦略の失敗

実はクラウンは初期の頃は欧米で販売されていました。

それは1957年。トヨタはアメリカにディーラーを構えアメリカ販売に力を入れようとしていた時期でした。

しかし日本とはぜんぜん違うアメリカの道路事情にはクラウンは合わず、まともに走ることもできないという状態で、パワー不足という角印を押されてしまいました。

その後、排気量を増やし出力向上の改良を施しましたが、今度は連続高速走行によってオーバーヒートを起こしてしまったり、車自体の構造が弱く、操縦安定性が不安定で危険な車という風に言われてしまいました。

その他にもエンジンがかからなくなるなど電装系の面でも不安定さが目立ち、車としての技術レベルの差がひどく、結局アメリカでの使用に合わないため一旦輸出を停止してしまったのです。

しかしその後もクラウンの対米輸出はうまくいかず、4代目の終了に合わせてクラウンの海外販売は終了しました。

その後の海外販売の状況

その後、中東やアジア諸国など、経済事情が日本ほど進んでいない国で大排気量タイプのエンジンを積んだクラウンが販売されるようになりました。

しかしどちらかというと後進国への市場を開くためのものであり、トヨタのブランド力を強める積極的な販売とは言い難いところはあります。

ただそのおかげで現在中国ではクラウンは高級車として捉えられるようになっており、クラウンマジェスタをベースに開発した、大きめのクラウンが中国で製造販売されており、好調な販売を続けています。

クラウンが海外で販売されていない理由

一度欧米での販売戦略に失敗し撤退を余儀なくされたクラウンですが、現在の車はかなり進化しており海外でも十分戦える性能を持っていると言えます。

それでもなぜトヨタはクラウンを海外市場に出向かせないのでしょうか?

それには5つのクラウン特有の車格と販売戦略があったのです。

国内の道路事情に合わせた車両

クラウンは他の大型セダンと違い、日本国内の道路事情に合わせて開発されています。

そのため車両の全幅はこのクラスの大型車に比べ、小さめにできています。

そのおかげで狭い道路にもこのクラスの車にしては入りやすく、日本国内の立体駐車場などにも入りやすいサイズとなっています。

さらにクラウン独特のふわふわした乗り心地は、日本国内の道路の制限速度で気持ちよく乗ることができるように最適な調整がされています。

そのため、欧州や欧米での高速走行を想定しておらず、海外の道路では安定性が足りなかったりと不安定となります。

したがって体格の良い外国人にとってはクラウンは狭く感じたり、ハイスピードで走る道路では安定感に欠けるなど良いとこ取りはできていないのが現状です。

日本人が好む味付け

クラウンというネームバリューは日本人のDNAに組み込まれているかのように良くも悪くも響きます。

その乗り心地もフワフワした柔らかい足回りとすばらしい静粛性、取り回しのしやすい小回りの良さと必要以上に大きくない車幅とすべてが日本人が好むように開発されています。

つまり日本人が日本国内で運転するのに最適な車に仕上がっているため、海外市場ではどうしても中途半端な車となっており使い勝手が悪く感じられてしまうのです。

中途半端な車格

日本でも販売されているハイブリッド搭載で低燃費が売りのトヨタカムリ。日本ではクラウンより下の車格として販売されていますが、実はクラウンより車体が大きく中が広くできています。

そのため海外では車内の広くて大きなカムリのほうが需要が呼び込めます。さらにカムリの上にはアヴァロンというフラッグシップセダンがいるためクラウンの入り込む場所がありません。

そしてクラウンはプレミアムセダンという位置づけのため、FR特有のスポーツセダンというジャンル分けで持っていくこともできませんし、高級感を売りにするにはトヨタの上位ブランドであるレクサスがいるためそこも厳しいのです。

さらに車体のサイズとしてもそれなりに長い全長を持ちながらも日本国内に合わせた狭い全幅は、車のスタイルとしても中途半端です。

つまりこの中途半端な車格は日本ならではの仕様になっているのです。

レクサスブランドの存在

先ほどお話したとおりで、海外では完全にトヨタの上位ブランドとなっているレクサスがあります。そのためトヨタブランドでプレミアム路線を追求するのは難しいという現状があります。

国内でトヨタがセルシオという名前で売っていたLSも、今では完全に海外で運転するための仕様になっています。それと同様にクラウンをレクサスブランドにして販売するという手もあるかもしれません。

しかしそれも難しいのです。例えば、レクサスで販売されているクラウンサイズのセダンにGSがあります。この車とクラウンを比較してみると車幅がGSの方が40mmも広くなっており、体格の大柄な欧米人からするとクラウンでは狭く感じてしまいますし、対応できるスピードレンジも全く違うため、安定感のない走りにレクサスブランドの名前を落としてしまう可能性があります。

国内仕様でできているクラウンをレクサスでプレミアムセダンで売ることも無理なのです。

車両価格

中低速域での走行に適した車体にチューニングされたクラウンは、同じ価格帯の車と比べるとどうしても高速走行での性能で劣ってしまいます。

それなりのお金を出しているのに高速道路ではコンパクトカー程度の安定しかないクラウンではこの価格帯ではその他のメーカーにどうしても負けてしまいます。

海外で人気のある日本車とその理由

日本国内に合わせて開発されたクラウンは海外では戦っていけない理由を解説していきました。

では海外でも通用している国産メーカーの車はどんな車なのでしょうか。

ここでは海外でも売れており、日本国内でも販売されている車をピックアップしていきます。

トヨタ カムリ

トヨタ カムリ

先ほど紹介したトヨタ カムリです。カムリは国内ではミドルクラスセダンとして販売されています。海外でも同様にミドルセダンとして展開されています。

国内では2.5lエンジンと2.5lハイブリッドが売られていますが、海外ではそこに3.5lのV6エンジンが追加されています。やはり大排気量はアメリカ市場には重要なようです。

駆動方式がFFのため、非常に広い車内となっています。シートも大きくできており、ゆったりできる車内は海外でも人気が出るのがわかります。

乗り心地は市街地ではちょっと硬めですが、そこまで気になるほどではなく、高速道路での運転だと安定して走りそうな乗り心地です。

日産 スカイライン

日産 スカイライン

スカイラインは国内では日産ブランドで販売されているスポーツセダンです。海外では日産の上位ブランドであるインフィニティで取扱がされている車です。

国内では2lターボと3.5lハイブリッドが展開されていますが、アメリカでは2lターボと3lターボエンジンが搭載されています。ちなみに3lターボエンジンは300馬力のタイプと400馬力のタイプがあります。

駆動方式はFRのスポーティセダンで、現在世界一速いハイブリッドとして有名です。車内空間は前列は十分な広さを持っていますが後席は狭さを感じる作りです。

低速走行時は硬めのセッティングのためか路面の状態を結構拾いますが、高速道路などでは非常に安定感のある走りです。

しかし、アダプティブステアリング(ハンドルと問屋が直接つながってないステアリング)のおかげでハンドルに余計な振動が伝わってこないため、低速時の振動は多少改善されているようです。

マツダ アテンザ

マツダ アテンザ

アテンザはマツダのフラッグシップセダンとして展開されているセダンです。海外ではMATSUDA6というネーミングで販売されています。

アメリカではディーゼルではなく、2.5lのガソリン車とターボ車の2種類のエンジンが搭載されており、加速力などパワーを重視している欧米らしいラインナップになっています。

駆動方式はFFで車内もある程度広く、マツダならではのデザイン性も含め人気があるようです。

国内ではゴツゴツした乗り心地が不満という声が多いですが、やはり高速走行が必要な海外の道路事情にはそれが安定感があり、適しているのかもしれません。

スバル レガシー

スバル レガシー

レガシーは国内ではスバルのフラッグシップセダンとして展開されている車です。海外でもレガシーという名前で販売されています。

アメリカでは2.5lエンジンの他に3.6lエンジンも選ぶことができます。エンジンのパワーを重視しているアメリカ市場にはしっかりと適応しています。

その他にもスバルの4WDやアイサイトと言った装備は海外でも定評があり、非常に人気のあるメーカーとなっています。

クラウンは日本人による日本人のための車

クラウンが海外で販売されていないのは日本の道路事情に特化した高級車であり、海外ではイレギュラーな車なのです。

トヨタ以外のメーカーは海外販売のために作った車を日本に持ってきて売るため足回りがゴツゴツして感じたり、車幅が広く取り回しが難しいなど、日本人の感覚に合わない車になりがちです。

つまりトヨタのクラウンは日本人が日本の道路を走るために開発した高級車だったのです。クラウンが海外で販売されている他の車に比べて劣っているわけではなく、日本の車文化に合わせた専用の珍しい高級車だったのです。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

佐藤茂道
佐藤茂道
某自動車メーカーのエンジン部門で開発経験あり。子供の頃から車雑誌を切り抜きし、高校ではオートバイ・車にどハマりする。就職する際に、某自動車メーカーを選び、仕事でもプライベートでも車漬けに。今は日産スカイラインR33が愛車。