老若男女問わず人気のエコカーと言えばトヨタのプリウスでしょう。

ハイブリッドカーのパイオニアとして新しいジャンルを切り開いてきたプリウスは、どれくらいの加速性能があるのでしょうか。

現行プリウスだけでなく、現行プリウス PHVや先代プリウスも含めて詳しく解説していきます。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

プリウスの加速性能

トヨタ プリウス

停車状態から100km/h出るまでに掛かるタイムは、加速性能を比較するのによく用いられます。

このタイムを元にプリウスの加速性能を解説していきましょう。

プリウスの3つのドライブモード

タイムを解説する前に知っておきたいのが、プリウスには現行モデル、先代モデルどちらにも以下の3つのドライブモードがあるという点です。

  • エコドライブモード
  • ノーマルモード
  • パワーモード

エコドライブモードはアクセル操作に応じた車の反応が緩やかで、冷暖房の効き具合も抑えられた文字通りエコを意識したドライブモードです。

ノーマルモードは通常走行時のドライブモードです。

パワーモードは、スポーティーな走りを楽しみたい時に使うドライブモードです。

アクセル操作に対しての反応も良く、ドライビング情報を検知して、鋭い加速や減速時のエンジンブレーキを制御しています。

これらドライブモードはスイッチを操作することで変更が可能で、今どのモードなのかはマルチインフォメーションディスプレイに表示され、一目で分かるようになってます。

鈍感な人であってもその走りの違いは体感できるでしょう。

また、厳密にはモーターのみで走行できるEVモードもありますが、推奨使用状況は深夜の住宅街などの静かに走行したい時です。加速性能を語る上では必要ないので今回は敢えて触れていません。

現行プリウス(50系)の0-100km/hの加速タイム

では実際にプリウスの加速性能はどれほどのものなのでしょうか。

エコドライブモードのタイムはデーターが見つけられなかったので、ノーマルモードとパワーモードの2つを紹介します。

  • ノーマルモード…10.7〜11.0秒
  • パワーモード…9.4〜10.0秒

いずれも2WDモデルのタイムで、ノーマルモードとパワーモードの差はおよそ1秒です。

具体的なタイムは分かりませんでしたが、同様の理由でエコドライブモードはノーマルモードよりさらに遅いタイムになるでしょう。

一方で、アクセルを全開状態で加速タイムを計測する0-100km/hの加速は、プリウスに限らず他の車でもドライブモードによるタイム差は発生しないという意見もありますし、実際にそれを証明している動画もあります。

確かにドライブモードの違いは、アクセルレスポンスや、アクセル開度に対するスロットル開度を変えたりするのが主で、単純にエンジンパワーがアップするものではありません。

よって、0-100km/h加速のスタート直後の全開までのアクセルの踏み込み加減によるスロットル開度の反応の良し悪しが、結果的にタイムが前後することに関係していると推測されます。

先代プリウス(30系)の0-100km/hの加速タイム

実はモーターとエンジンを合わせた最高出力は、現行の50系プリウスが122PSであるのに対して先代の30系プリウスは136PSとなっています。

燃費性能を高めるために現行モデルは敢えて出力が抑えられたという話もありますが、加速性能に違いはあるのでしょうか。

0-100km/hの加速タイムは以下の通りです。

  • ノーマルモード…9.5〜10.7秒
  • パワーモード8.6〜9.7秒

いずれも2WDモデルでのタイムです。

現行モデルよりテスト動画が多い分、タイムに幅が出ていますが、現行モデルより僅かに速いことが分かります。

出力の差がそのままタイムに現れましたね。

現行プリウス PHV(52系)のドライブモード

プリウス PHVにはプリウスと同様の3つのドライブモードに加えて、EVモードとHVモードを切り替えることのできるスイッチもついています。

ただ、PHVの場合も加速性能を比較する上で必要となってくるのは、パワーモードとノーマルモードの2つです。

現行プリウス PHV(52系)の0-100km/hの加速タイム

プリウス PHVの加速タイムは

  • ノーマルモード…11.0〜11.3秒
  • パワーモード…9.5〜10.0秒

となっています。

ノーマルモードは若干PHVの加速性能の方が劣るものの、パワーモードではほとんどプリウスと変わらない加速タイムですね。

モーター出力はプリウスの方が僅に大きい数値となっていますが、同じエンジンを搭載している両者の加速性能はほぼ同じという認識で間違いないでしょう。

タイムから分かるプリウスの加速性能の差

ここまで0-100km/hの加速タイムを解説してきましたが、改めて紹介した3車種を速い順番に並べてみます。

先代プリウス(30系) > 現行プリウス(50系) ≧ 現行プリウスPHV(52系)

基本的に同じエンジン、同じハイブリッドシステムを使っているので、最高出力がタイム差にそのまま現れたものの、加速性能に極端に大きな違いはないことが分かります。

また、プリウスPHVはデュアルモーターシステムを採用しています。

これは走行シーンに応じて駆動用のモーターに加えて、発電用のモーターも駆動用として使って加速性能をアシストするというものです。

実は同等レベルの加速性能を持つプリウスとプリウス PHVですが、車両重量は以下のように最大で200kgもプリウス PHVの方が重くなっています。

  • プリウスPHV…1510〜1530kg
  • プリウス…1310〜1400kg

プリウス PHVはこの重量差によってアクセルを踏み込んだ時の加速性能が劣ってしまうことがないように、デュアルモーターシステムを採用して、優れた加速性能を実現しています。

プリウスが採用するシリーズパラレル式ハイブリッドシステムとは?

ハイブリッドシステムにはいくつかの種類があり、プリウスが採用しているのはシリーズパラレル式です。

これはエンジンとモーターの両方でタイヤを駆動するもので、発進時や高速走行時といった走行状況に応じて、それぞれの得意領域を踏まえた効率の良い状態でシステム全体を制御しています。

それぞれの強みをそれぞれの持ち場で最大限に活かすことが低燃費性能に繋がり、なおかつパワーが欲しい時にはエンジンとモーターの双方から出力を得ることが可能です。

また、走行中モーターは発電を行いながら駆動力を伝えることもできるのがこのシステムのメリットです。

実際の加速感

プリウスの数値上での加速性能が分かったところで、実際にプリウスを運転している人はどのように感じているのでしょうか。

Twitterでのツイートを参考に解説します。また、YouTubeからプリウスの加速感の分かる動画を紹介します。

加速性能は良いが、運転には注意が必要

.

加速性能は確かに良いが、他の性能がイマイチという声が多く聞かれます。

年々改良されてきているので今は言われなければ分からないレベルにまでなってきていますが、ハイブリッド車特有のブレーキシステムはブレーキタッチに少し癖があるので注意が必要です。

ハイブリッド特有の滑らかな加速感が◎

AT車のような変速ショックとは無縁のプリウスは、シリーズパラレル式のハイブリッド車ならではのスムーズな加速が乗り心地の良さにも繋がっていることから、ユーザーからの評判が良いようです。

一方で、「プリウスを運転していて気が付いたらスピードが出過ぎていた…!」という声も多く聞かれるので注意が必要ですね。

現行プリウス(50系)と先代プリウス(30系)の加速比較動画

両モデルの簡単な車両情報も比較できる分かりやすい動画ですね。

モーターの力が最も重要となる低速での速度差が、速度が上がった後もそのまま埋まることなく加速していってることが分かります。

現行プリウス(50系)と現行プリウス PHV(52系)の加速比較動画

今度は現行プリウスとプリウス PHVの比較動画です。

まさかの同タイムに驚きですね!この結果からも、両モデルの加速性能に優劣がないことが分かります。

他の車と比較すると

プリウスの各モデルの加速性能の差について分かったところで、プリウスを選ぶ際のライバルとなる車種の加速力はどれくらいのものなのでしょうか。

ここでは、「ノート e-power」「アクセラ」「フィット ハイブリッド」という、日産・マツダ・ホンダの売れ筋コンパクトカー及びCセグメントの国産車と比較してみましょう。

ノート e-powerの加速力と特徴

日産 ノート e-power

ノート e-powerの加速力が優れていることは度々、新車試乗記やネットの口コミでも触れらています。

そんなノート e-powerの0-100km/hの加速タイムは以下の通りです。

  • ノーマルモード…8.1〜8.5秒
  • Sモード…7.5秒〜8.0秒

100km/hに達するのにプリウスより2秒も速いタイムとなりました。

ノート e-powerの特徴はエンジンを発電専用として使う、シリーズ式のハイブリッドシステムを採用した点です。

その為、タイヤに伝える駆動力はモーターからの力のみですが、モーターは発進時から一気に最大トルクに達し、そのトルクを維持できるというメリットがあります。

一気に最大トルクに達するということはアクセルを踏み込んで車が動き出す瞬発力も高く、結果的に優れた0-100km/hの加速タイムを実現することができたのです。

ノートは1.2Lの自然吸気エンジンを搭載していますが、モーターが発生するトルク性能は2Lターボエンジン、または3L自然吸気エンジン並みのトルクを実現しています。

コンパクトカーには必要十分過ぎるパワーを備えており、加速が速いことも納得の数値ですね。

アクセラの加速性能と特徴

マツダ アクセラ

アクセラのパワートレインは以下の4種類です。

  • 1.5Lガソリンエンジン
  • 1.5Lディーゼルエンジン
  • 2.2Lディーゼルエンジン
  • 2.0Lガソリンエンジンのハイブリッド

この中でも、トヨタからシステムの供給を受けているハイブリッドモデルと、燃費と走行性能を両立した経済的に優れた1.5Lディーゼルエンジンモデルの2つのモデルの加速性能に注目してみましょう。

それぞれの0-100km/h加速性能は以下の通りです。

  • ハイブリッドモデル…10.2〜10.5秒
  • 1.5Lディーゼルモデル…13秒前後

アクセラ ハイブリッドにはプリウスにあるパワーモードはありません。

また、エンジンは0.2L排気量が大きいですが出力は同じに抑えられています。

タイムもほぼプリウスと同等レベルですね。

一方で1.5Lディーゼルはよく走ると評判が良いですが、0-100km/hのタイムだけ見るとかなり遅い部類に入ります。

これは、ディーゼルエンジンはレスポンスが悪いという特性があり、停車状態からの出足の加速力(瞬発力)が苦手であることが原因の一つとして挙げられます。

また、低〜中回転で太いトルクを発生する特性から、アクセル全開で高回転まで回すよりもアクセルの踏み加減はそこそこの方が、加速感を感じるという声も多く聞かれます。

ですので、実際にドライブしていて0-100km/hのタイムそのままに加速力が悪いと感じることはまず無いでしょう。

ちなみにディーゼルモデルにも、パワーモードやスポーツモードのようなドライブモードを選択できる装備はありません。

フィット ハイブリッドの加速性能と特徴

ホンダ フィット ハイブリッド

ハイブリッドが世の中に今ほど出回っておらず、まだまだガソリンエンジンが主力だった時代から、燃費の良さとコンパクトカーとは思えない居住空間の広さが定評だったのがホンダ フィットです。

今は以下の3つのパワートレインを搭載しています。

  • 1.5Lガソリンエンジンのハイブリッド
  • 1.3Lガソリンエンジン
  • 1.5Lガソリンエンジン

この中でプリウスと直接的なライバルとなるのはハイブリッドモデルでしょう。

そのハイブリッドモデルの0-100km/hの加速タイムは以下の通りです。

  • ハイブリッドモデル…7.6〜8.4秒

日産ノート e-powerと同じくらいのタイムで、一般的なコンパクトカーの中で加速性能の実力は十分過ぎるレベルですね。

ホンダのハイブリッドシステムはあくまでエンジンが主役で、モーターはそのサポートをするというのが根本的な考え方で、パラレル式のハイブリッドシステムを採用しています。

よって、プリウスのモーター出力が82PSなのに対してフィットハイブリッドのモーター出力は29.5PSしかありません。

それでもトータルのシステム出力は137PSと、先代プリウスの136PS、現行プリウスの122PSよりも高いパワーを実現しています。

パワーが必要な時は、エンジンとモーターの双方からフルに出力を得ることができるというのが、パラレル式のハイブリッドシステムの強みですね。

また、フィット ハイブリッドではデュアルクラッチトランスミッションを採用することで、ダイレクト感のある加速が魅力です。

アクセル操作に対する駆動力を大きくし、スポーティーな走りをサポートするSモードスイッチも備えています。

プリウスの加速力は今や特別速い訳ではない⁉︎

ハイブリッドカーの先駆けとして、日本の自動車市場を席巻してきたプリウスは燃費が良いだけではなく、一般的な乗用車らしからぬ加速感の良さが話題になることも少なくありませんでした。

しかし、その後各社から様々なハイブリッドカーが続々と誕生し、それぞれライバルとは差別化を図ってきました。

その中で、特に日産のe-powerやホンダのSPORT HYBRIDを搭載した車は、エコというイメージしかなかったハイブリッドカーに、走る楽しさという付加価値を付けてユーザーにアピールしています。

それは実際の走行性能においても数値で分かりやすく証明されています。

ノート e-powerもフィット ハイブリッドも、0-100km/hの加速タイムが示す、7秒台という優れた加速性能がそのひとつです。

このように加速性能は上を見ればキリはありませんが、プリウスの加速性能は決して悪い訳ではありません。

それは、Twitterなどで実際に運転した人の多くが、プリウスの加速力に対して「速い」という印象を受けツイートしていることからも分かります。

4代目の現行型で新世代プラットホーム「TNGA」を採用したプリウスは、加速力はもちろんのこと燃費性能からコーナリング性能や安全性能まで、高い次元でユーザーを満足させてくれる為に、これからも進化を続けていくことでしょう!

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

神戸一朗
神戸一朗
某国産自動車ディーラーで自動車整備士として働く。整備士の技術力と知識を競う某メーカーの全国大会に、販売会社代表の選手として地区予選を勝ち抜き出場した経験あり。例年、合格率3%とも言われている某メーカーの最上位資格も整備士8年目で習得。20代前半はジムカーナやサーキットトライアルなどのモータースポーツにも打ち込んだ。車の運転から、高度な故障診断、日常整備まで全てをこなす根っからのクルマ好き。