cartune.meさん(@cartune.me)がシェアした投稿 -

いかにも走り屋といった雰囲気のアルテッツァです。

ルーフがマットブラック化されていたり、ボンネットがブラック塗装されていたりと、コストが抑えられるところをきっちりと見極めてカスタムしています。

エアロは社外のフルバンパータイプですが、リップ部の厚みが薄いせいか、あまり派手な印象を受けません。

また、フロントグリルはメッシュタイプへと交換されている他、ヘッドライトにはイカリングが設置され、さりげなくも純正とは異なる顔つきになっています。

ホイールはブロンズカラーのAVSで、定番のスポーティーな仕様となっています。

 

tsuchiyaさん(@subaru_camera)がシェアした投稿 -

ブラックカラーのシンプル系カスタム仕様のアルテッツァです。

社外のハーフスポイラーとサイドステップを装着して、さりげなくもボリューム感をアップ。

また、純正オプションのメッシュグリルを装着して、フォグレンズをイエロー化することで、個性をアピールしています。

さらによく見ると、フロントバンパーにはスモークカラーのサイドマーカーが追加されています。ありきたりなUSオレンジマーカーではないところに、オーナーのこだわりを感じます。

ホイールはブラックの5本スポークタイプが装着され、ボディーとの統一感も高められています。

 

kiyotacompanyさん(@kiyota_company)がシェアした投稿 -

ターボ化されていそうなアルテッツァの登場です。

フロントバンパーはナンバープレートレス化されて、若干広げられた開口部からは、社外のインタークーラーが覗いており、チューニングカーの雰囲気を醸し出しています。

エアロは純正オプションのハーフエアロをベースに、フロントに社外のアンダースポイラーを組み合わせてアップグレードしています。

また、フロントフェンダーのみ、ビス留めのオーバーフェンダーを追加してワイドボディー化しています。

ホイールは前後異なる銘柄を装着していて、統一感に欠けるものの、走り屋的雰囲気が出ていて、ワイルドです。

 

kota shinozakiさん(@coo.motors)がシェアした投稿 -

クオリタートをベースにカスタムされたアルテッツァです。

ボディーもクオリタート専用のダークブルーカラーですが、フロントグリルをブラックに塗装することで、落ち着いた雰囲気の顔つきになっています。

よく見ると、フロントバンパーはナンバープレートレス化され、バンパー下にラバータイプの汎用社外リップスポイラーを追加することで、他のアルテッツァとの違いをアピールしています。

また、ホイールはホワイトのワークマイスターを前後ツライチ状態でセットし、スタイリッシュな足元に仕上げています。

 

BnDさん(@nd_tezza)がシェアした投稿 -

エンジンがVVT-i 付きの1JZ-GTEに載せ換えられたアルテッツァの登場です。

おそらくJZX100用だと思いますが、強力な心臓を手に入れています。

ただ単にエンジンを載せ換えただけでなく、補器類も強化品が装着されています。具体的には社外のラジエターや社外の大型インタークーラーなどが装着され、エンジンのパフォーマンスを最大限に活かせるよう、カスタムされています。

もちろん、外装にも抜かりはありません。袴スタイルの大型の社外フルエアロをまとい、前後フェンダーには社外のオーバーフェンダーを装着してワイルドなルックスに仕上げています。

よく見ると、ボンネットも社外の軽量タイプへと交換されていますね。

 

mura86さん(@onestroke86)がシェアした投稿 -

真っ赤なカスタム仕様のアルテッツァです。

エアロはフロントとサイド共に純正オプションをセレクト。

フェンダーは前後ともに左右に大きく張り出したオーバーフェンダーが装着され、迫力ある外観となっています。

また、ホイールは前後銘柄が異なるちぐはぐな組み合わせで、フロントはスポーティーなコンケーブタイプ、一方でリアはVIP系の深リムメッキタイプが装着されています。

よく見ると、ヘッドライトは前期型用をベースに加工され、ロービーム側にはF50シーマを彷彿とさせるバルカンタイプのプロジェクターが移植され、ハイビーム側にも1灯式のプロジェクターをインストールされています。

 

ふじ。さん(@fujitezza10520)がシェアした投稿 -

鮮やかなスカイブルーカラーへとオールペイントされたアルテッツァです。

エアロは社外のフルバンパータイプとサイドステップは純正オプションが組み合わされています。

フロントフェンダーとリアフェンダーともにワイド化されていますが、リアフェンダーはまだ製作中といった感じで、色がまだ塗られていませんね。

リアホイールは暫定的なものが装着されていますが、フロントホイールは極太なコンケーブタイプがセレクトされています。

 

やまとさん(@_ymtoooo_12)がシェアした投稿 -

ガンメタカラーに黒いオーバーフェンダーが組み合わされたアルテッツァの登場です。

よく見ると、フロントバンパーは純正をそのまま使用しており、フロントのオーバーフェンダーに合わせた形状の大型のリップスポイラーが組み合わされています。

ホイールをおそらくワーク マイスターだと思いますが、オーバーフェンダーの恩恵を受けて、深リムサイズがセレクトされています。

ボンネットも社外のダクト付きタイプへと交換され、ヘッドライトも社外のプロジェクター式へと変更されるなど、独特なフロントフェイスに仕上げています。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

 

コタ君さん(@kotacel)がシェアした投稿 -

ピンクにオールペイントされた、ど派手なアルテッツァの登場です。

うねるような形状のフロントリップやサイドステップが特徴的なフルエアロをまとい、ボリューム感のあるエクステリアに仕上がっています。

前後オーバーフェンダーが装着されてワイド化されたボディーには、メッキのCR kiwamiが組み合わされて、スポーティーかつエレガントな印象の足元となっています。

また、ヘッドライトが社外のプロジェクター式へと交換されている他、ボンネット中央部が黒く塗り分けられているなど、オリジナリティーが強調されたフロントマスクになっています。

 

SPIRITWORKSさん(@spiritworks_81)がシェアした投稿 -

USDM化されたワインレッドカラーのアルテッツァです。

フロントは純正USオレンジマーカーが備わったIS300用純正バンパーへと交換され、グリルもIS300用純正をブラック化して装着しています。

ホイールはワインレッドのボディーカラーと相性が良い、ゴールドのメッシュホイールをセレクトし、社外のゴールドカラーのホイールナットと組み合わせて装着しています。

USDMを意識しているのか、ドアミラーカバーがマットブラックへと塗装されているのが個性的です。

 

Michiyoshiさん(@micchi530)がシェアした投稿 -

アルテッツァ本来のボディーデザインを最大限に活かしてカスタムされた一台の登場です。

装着されるエアロは純正オプションのハーフタイプです。

ホイールはエンケイのRPF1で前後ツライチ状態でセットされています。フロントホイールのネガティブキャンバーがつけられている様子がカッコイイです。

車高も低く、外装はバッチリ決まっていますが、唯一残念なのはヘッドライトレンズが曇ってしまっている点です。

アルテッツァのヘッドライトは経年劣化でどうしても黄ばんで曇ってしまうので仕方がないことではありますが、ドレスアップをする以上は、レンズをきれいな状態にしないと、せっかくカッコよくカスタムしても台無しになってしまいます。

今後は新品に交換するか、専門の業者に磨いてもらって、クリアでコーティングしてもらうなど、何らかしらの改善が必要だと思います。

 

Sチューンさん(@s_tune51)がシェアした投稿 -

真っ赤なUSDM仕様のアルテッツァです。

フロントバンパーとグリルはUSスペック純正へと交換され、他のアルテッツァとの差別化を図っています。

バンパー開口部から社外のインタークーラーが覗いていますので、この車はターボ化されているのだと思います。

また、よく見るとフォグランプがキャンセルされ、純正のフォグランプレス用カバーが装着されています。USバンパーとフォグランプレスカバーの組み合わせは、意外と珍しいので新鮮に感じます。

ホイールはブラックカラーをチョイスすることで、車全体を引き締まった印象へ変えています。

 

Hi-Tec Autoさん(@hi_tec_auto)がシェアした投稿 -

ブラックカラーの車高短アルテッツァをご紹介します。

フロントは純正USバンパーとUSグリルを装着し、さらに社外のフロントハーフスポイラーとサイドステップを組み合わせてドレスアップしています。

また、フロントボンネットも社外のダクト付きタイプへと交換され、その先端にはバグガードを追加するなど、シンプルながらも個性的なルックスに仕上げています。

ホイールはポリッシュカラーの螺旋状のメッシュスポークデザインで、今時のスタンスに使われそうな、新しいデザインのものをチョイスしています。

 

watanabeさん(@nabe_d2127)がシェアした投稿 -

Jラグ的な雰囲気でカスタムされたアルテッツァです。

グレーにオールペイントされたボディーに大口径のメッキホイールを組み合わせてラグジュアリーな印象にしています。

フロントバンパーはUSバンパーのようなロングタイプで、フォグランプ部がスムージングされた、ワンオフものが装着されています。

よく見ると、サイドウインカーレンズ、サイドモール、そしてドアノブまでスムージングされて、すっきりとしたサイドビューとなっています。

一体、どのようにしてドアを開けるのでしょうか?

 

massakieditionさん(@massaki221.jp)がシェアした投稿 -

スタンス仕様のアルテッツァの登場です。

純正オプションのフロントハーフスポイラーとサイドステップでさりげなく外装をアレンジ。

あえてのフォグランプレスに、オーナーのこだわりを感じます。

ホイールはメッキカラーのメッシュタイプをほぼツライチ状態でセットして、さらに車高を低くすることで、スタイリッシュなローフォルムを実現しています。

前後ホイールのネガティブキャンバー具合も、カッコイイですね。

また、ヘッドライトはインナーブラック化とスモーク化されていて、目力もアップしています。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

Nobupu
Nobupu
JDMスポーツカーやUS系並行輸入車の中古車販売店と、HIDやLEDなどの社外灯火類を扱うカー用品店での勤務経験有り。仕事上、旧車から現行車、国産車から輸入車、軽自動車からミニバン、SUV、トラック(24V車)など、ほぼ全てのジャンルのカスタムパーツを取り扱ったことで、オールジャンルのカスタムに対応できる幅広い知識を習得。プライベートでは、R32スカイラインGTS、10ソアラ後期、A31セフィーロ、C33ローレル、AE86×3台を乗り継ぐなど、FRのMT車を信条とした車選びを貫き通している。