1分で車を60万円値引きする裏技

ハイエースのキャンピングカー内装や値段【バンコン】アルヴェルエース プレミアムラウンジ

「キャンピングカーに興味があるんだけど、種類がいっぱいありすぎてよくわからない…」

「最新のキャンピングカーってどんな設備がついてるの?」

車1台で複数の大人が寝泊まりできる、遊びに便利なキャンピングカー。

タイプがいろいろありますが、コスト・広さ・車体の大きさといったように、何を重要視するかによってえらぶ車が変わってきます。

そこで、東京キャンピングカーショー2018で展示されていた、最新モデルのキャンピングカー・アルヴェルエース プレミアムラウンジを紹介します。

内装や設備について写真つきで解説しますので、キャンピングカーえらびの参考にしてください。

キャンピングカーの8つのタイプ

まず、キャンピングカーには以下の8つのタイプがあります。

  • 「バンコン」
  • 「キャブコン」
  • 「軽キャンパー」
  • 「フルコン」
  • 「セミフルコン」
  • 「バスコン」
  • 「トラキャン」
  • 「キャンピングトレーラー」

この記事で紹介するダイレクトカーズ社のアルヴェルエース プレミアムラウンジは、バンコンタイプです。

バンコンとは、ワンボックスタイプのバンやワゴン、ミニバンにキャンパー架装をした車のことです。

車体が比較的小さめのキャンピングカーなので、高さ制限のある駐車場にも入ることができ、街中でも乗りやすいというメリットがあります。

キャンピングカーをキャンプ専用ではなく、普段用の車としてもつかいたい場合はバンコンタイプがオススメです。

また、小さいだけに就寝人数が少なめなので、少人数でキャンプに行きたい場合に適しています。

アルヴェルエース プレミアムラウンジ(メーカー:ダイレクトカーズ)の内装写真

アルヴェルエース プレミアムラウンジ フロント

ダイレクトカーズ社のアルヴェルエース プレミアムラウンジです。トヨタ・ハイエースをベースにしたキャンピングカーで、主要スペックは以下のようになっています。

アルヴェルエース プレミアムラウンジ主要スペック
  • 乗車定員:4人
  • 就寝定員:4人
  • 全長:5,380mm
  • 全幅:1,950mm
  • 全高:2,285mm
  • ベース車:ハイエース キャンパー特装車
  • 排気量:2,700cc
  • 燃料:ガソリン
  • 最高出力:不明
  • 駆動方式:2WD FR
  • ミッション:6AT
  • 燃費:7km/l~8km/l

乗車定員・就寝定員ともに4人なので、乗車定員いっぱいでキャンプに出掛けても全員が車内で寝られます。

ふつうはキャンピングカーというと乗車定員よりも就寝定員が少ない車種が多いですが、このようなタイプはめずらしいですね。わかりやすくて良いです。

ハイエースベースのバンコンということで、見た目はハイエースそのまま。外装を見ただけではキャンピングカーであることはわかりにくく、街中を走っていても目立たなくて良いですね。

それではさっそく内装を見てみましょう。

アルヴェルエース プレミアムラウンジ 見取り図

車内の見取り図です(上が前方)。運転席と助手席がいちばん前にあり、その後ろにキャプテンシートが2つ。車両後部はマットを敷けば2段ベッドになります。

アルヴェルエース プレミアムラウンジ シート

こちらがキャプテンシート。実際にすわってみましたが、すわり心地がすごく良いですね。

硬すぎずやわらかすぎず、ちょうどいい。レクサスの最高級モデルであるLSの後部座席に乗ったときのような感覚でした。

メーカーのひとに話を聞いてみたところ、このキャプテンシートはダイレクトカーズが独自につくったもので、車内設備のなかでもっともこだわっている部分だそう。

そのこだわりから生まれたメインテーマは、「運転したくなくなる車」。キャプテンシートが快適すぎて、そっちにすわりたいから運転席にすわりたくない、という意味です。

確かにすわってみるとそれがよくわかりますね。私も「この車内でどこにすわりたいか」と聞かれれば、間違いなく「キャプテンシート」と答えます。

アルヴェルエース プレミアムラウンジ シート調整

アルヴェルエース プレミアムラウンジ シート調整

キャプテンシートには位置調節機能がついていて、好きな角度に細かく調節可能です。そのほか、マッサージ機能やシートヒーターもついています。

展示車は電源を切ってあったので、残念ながらどの機能も試していません。それでもすわり心地の良さだけで、メーカーのこだわりがヒシヒシと伝わってきました。

USBポートがついているのも嬉しいポイントですね。

アルヴェルエース プレミアムラウンジ ひじ掛け

アルヴェルエース プレミアムラウンジ ドリンクホルダー

反対側のヒジ掛けにはドリンクホルダーもついています。つかわないときはフタをしておけるのも、邪魔にならなくて良いですね。

アルヴェルエース プレミアムラウンジ テーブル

キャプテンシートの前のテーブル。ドリンクホルダーが4つついています。

車内のど真ん中にテーブルが立っているので、足元がせまく、席から席への移動は大変です。

アルヴェルエース プレミアムラウンジ シート

運転席と助手席はこのように反転させて、テーブルをはさんでキャプテンシートと対面する形にさせられます。テーブルにドリンクホルダーが4つもあるのはこのためです。

こちらの席は天井が低くなっているので、身長の高いひとはキャプテンシート側にすわるべき。

アルヴェルエース プレミアムラウンジ ドリンクホルダー

運転席と助手席のあいだには、ドリンクホルダーがさらにもう2つ。ペットボトルだけでなく、こんなふうにワイングラスを入れるつかいかたもできます。おしゃれですね。

アルヴェルエース プレミアムラウンジ テレビ

キャプテンシートから見られる位置にテレビがついています。

席を移動するときは、足元にばかり気を付けているとテレビに頭をぶつけてしまうので、注意してください。私は実際にぶつけました(苦笑)壊れなくてよかった…。

アルヴェルエース プレミアムラウンジ エアコンスイッチ

テレビの手前、後部座席用のエアコン操作スイッチです。この写真には写っていませんが、両側にもう2つ、計3つのエアコン吹き出し口がついています。

アルヴェルエース プレミアムラウンジ エアコン吹き出し口

アルヴェルエース プレミアムラウンジ エアコン吹き出し口

エアコン操作スイッチの、左側と右側のエアコン吹き出し口です。これだけついていればエンジン稼働中は後部座席も涼しそうですね。

アルヴェルエース プレミアムラウンジ 収納

キャプテンシートの上の収納スペースです。木製ですが、木の独特の嫌なニオイはしません。

席を移動するときは、ここにも頭をぶつけないように注意してください。私は実際にぶつけてしまいました…。

アルヴェルエース プレミアムラウンジ シンク

キャプテンシートの後ろのシンクです。つかわないときはフタをしておけば、邪魔になりません。

アルヴェルエース プレミアムラウンジ シャワー

シンクについているシャワーは、このように窓から車外に出してつかうこともできます。海や山で遊んで足が汚れているときに、外で洗い流してから車内に入れますね。

MEMO

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知らないと最大60万円以上も損します。

詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。

裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

アルヴェルエース プレミアムラウンジ ベッド

車内後方の、2段ベッドです。写真はベッドマットを敷いている状態ですが、外せば広いリビングルームとしてつかうこともできます。

2段ベッド下段の寸法は、幅1,000mm×長さ1,800mm。幅がシングルベッドサイズなので、寝られるのは大人1人まででしょう。

成人男性でもしっかり足を伸ばして寝られる長さですね。

ただ、上段ベッドのマットを敷いた状態で下段ベッドに仰向けに寝ると、顔の目の前にベッドマットが来る形になり、かなりきゅうくつに感じるかもしれません。

実際に寝てみることはできませんでしたが、さわり心地は硬めでした。

アルヴェルエース プレミアムラウンジ ベッド

2段ベッドの上段です。寸法は幅1,820mm×長さ1,400mm。下段ベッドよりも幅が広いですが、長さは短くなっています。

大人が寝る場合は、車の進行方向に対して横向きに寝る形ですね。寸法だけ見るとかなり広く見えるものの、冷蔵庫がある部分は短くなっているので、大人2人寝るにはせまいかもしれません。

下段ベッドに大人1人、上段ベッドに大人1人と子ども1人寝るのが現実的なところじゃないでしょうか。

ちなみに先ほど紹介したキャプテンシートはリクライニングさせればベッドとしてもつかえるので、車内には就寝定員である大人4人ちゃんと寝られますよ。

アルヴェルエース プレミアムラウンジ 電子レンジ

下段ベッドの横に電子レンジがついています。ベッドマットを外してリビングルームとしてつかうときに、かんたんな調理ができますね。

アルヴェルエース プレミアムラウンジ 収納

電子レンジのとなりは収納スペースです。

アルヴェルエース プレミアムラウンジ 収納

アルヴェルエース プレミアムラウンジ 収納

こちらは下段ベッドのさらにもう1段下、リビングルームの足元の部分です。ここにも収納スペースがあります。

アルヴェルエース プレミアムラウンジ 冷蔵庫

上段ベッドの横の、冷蔵庫です。シンクのとなりなので、取り出した食材をすぐに洗えるようになっています。

容量は40Lとそれほど大きくありませんが、標準装備されているのは嬉しいですね。

アルヴェルエース プレミアムラウンジ 収納

2段ベッドの上の、収納スペース。

アルヴェルエース プレミアムラウンジ 換気扇

天井のマックスファン(換気扇)です。涼しい季節であれば、これを回しているだけでもある程度暑さはしのげますよ。

アルヴェルエース プレミアムラウンジ 網戸

2段ベッドの横の窓には、網戸がついていて、開けていても虫が入ってきません。写真は上半分だけ網戸を閉めている状態です。

アルヴェルエース プレミアムラウンジ カーテン

車内の各窓にはこのようなカーテンがついています。就寝中も外から覗かれる心配がなく、安心して寝られますね。

アルヴェルエース プレミアムラウンジ 電源スイッチ

車内全体の電源スイッチ。シンクの手前についています。

アルヴェルエース プレミアムラウンジ AC電源

電源スイッチの横の100Vコンセント。家から持ってきた電気製品も、このコンセントに差せばつかえます。

アルヴェルエース プレミアムラウンジの価格と標準装備・オプション

アルヴェルエース プレミアムラウンジの車両本体価格は、税込みで5,810,400円です。種類が4つあるので、下の表に価格をまとめました。見てください。

燃料駆動価格
ガソリン2WD5,810,400円
ガソリン4WD6,134,400円
ディーゼル2WD6,134,400円
ディーゼル4WD6,458,400円

ガソリンエンジンモデルよりもディーゼルエンジンモデルのほうが高く、2WDモデルよりも4WDモデルのほうが高くなっています。

ガソリンエンジンモデルの4WDと、ディーゼルエンジンモデルの2WDはおなじ6,134,400円です。

バンコンにしては価格が高いですね。標準装備として以下のものが架装されています。

アルヴェルエース プレミアムラウンジ標準装備
  • 電動キャプテンシート×2
  • 回転シート
  • フローリング加工
  • オリジナル収納家具
  • フルトリム
  • カーテン
  • 2段ベッドマット
  • 天井照明
  • LEDスポットライト×6
  • シンク
  • 40L冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • サブバッテリー
  • 走行充電システム
  • 外部電源
  • 1,500Wインバーター
  • ボルトメーター
  • オーディオ切り替えスイッチ
  • 昇降式センターテーブル
  • エクステンションBOX

メインであるキャプテンシートはもちろん標準装備。アルヴェルエース プレミアムラウンジを購入すれば、かならずあのすわり心地の良さを味わえます。

シンクや冷蔵庫・電子レンジも標準装備です。かんたんな調理ができるので、テーブル席を囲んで食事したら楽しそうですね。

エクステンションBOXとは、出窓のことです。これがついていることで、車内の幅がベース車のハイエースよりも少し広くなっています。

また、オプションでは以下のものがつけられます。

アルヴェルエース プレミアムラウンジオプション
  • オススメナビゲーションシステムセット(15.6インチBLUMEオリジナルフリップダウンモニター・フルセグナビ・ETC・バックカメラ変換)(162,000円)
  • BLUME パネル3点(74,520円)
  • BLUME シートカバー(42,984円)
  • BLUME プレミアムヘッドレスト×2(17,064円)
  • BLUME 3D エアロバイザー(10,584円)
  • FFヒーター(216,000円)
  • MAXファン(138,240円)

BLUMEとは、ハイエースのカスタムパーツを取り扱っている専門店の名前です。シートカバーやヘッドレストといったさまざまなオプションが用意されています。

FFヒーターとは、エンジン停止状態でつかえる暖房装置のことです。216,000円とかなり高額ですが、冬の車中泊では必須アイテムですよ。

アルヴェルエース プレミアムラウンジのオプションはこれ以外にもあるそうなので、購入検討しているなら直接メーカーに問い合わせてみてください。

総評:バンコンのなかの高級車

アルヴェルエース プレミアムラウンジの内装はズバリいえば、「バンコンのなかの高級車」。

メインであるキャプテンシートは機能満載で、これに乗れば優雅な旅ができることは間違いありません。

展示車は電源が切ってあったのでどの機能も試してみることはできませんでしたが、すわり心地だけでもたしかに素晴らしいものがありました。

まるでレクサスの最高級車であるLSに乗ったときのような感覚で、これまで見てきたバンコンのなかでいちばん高級感のある内装でした。

パワーボム(著者)

メーカーがかかげているメインテーマどおり、私もこの車は「運転したくない」ですね。お客さんとしてキャプテンシートに乗りたい。

強いて難点を挙げるとしたら、家庭用エアコンがつけられないことでしょうか。マックスファンだけでは暑さ対策としては完璧じゃないので、夏の車中泊はつらそうです。

ここまで書いてきましたが、バンコンといえばシンプルな内装のイメージだったので、こんなに高級感のある車種があったことに驚かされました。

この記事を読んだことで、アルヴェルエース プレミアムラウンジを購入するかどうかの判断材料のひとつになれることを願っています。