1分で車を60万円値引きする裏技

セレナのキャンピングカー内装や値段【バンコン】セレナP-SV

「キャンピングカーに興味があるんだけど、種類がいっぱいありすぎてよくわからない…」

「最新のキャンピングカーってどんな設備がついてるの?」

車1台で複数の大人が寝泊まりできる、遊びに便利なキャンピングカー。

タイプがいろいろありますが、コスト・広さ・車体の大きさといったように、何を重要視するかによって選ぶ車が変わってきます。

そこで最新モデルのキャンピングカー・セレナP-SVを紹介します。内装や設備について写真つきで解説しますので、キャンピングカー選びの参考にしてください。

なおこの車種については東京キャンピングカーショー2018で展示されていたのを取材しました。展示の様子は以下の記事でまとめているので、詳細が知りたい方はこちらもご参照ください。

東京キャンピングカーショー2018 会場東京キャンピングカーショー2018レポート!最新車種イベントで取材してきた!

キャンピングカーの8つのタイプ

まず、キャンピングカーには以下の8つのタイプがあります。

  • 「バンコン」
  • 「キャブコン」
  • 「軽キャンパー」
  • 「フルコン」
  • 「セミフルコン」
  • 「バスコン」
  • 「トラキャン」
  • 「キャンピングトレーラー」

※種類の詳細は以下の記事をご参照ください。

キャブコンのフロントキャンピングカーの全ての種類8つを解説!特徴から価格まで!

この記事で紹介する日産ピーズフィールドクラフト社のセレナP-SVは、バンコンタイプです。

バンコンとは、ワンボックスタイプのバンやワゴン、ミニバンにキャンパー架装をした車のことです。

車体が比較的小さめのキャンピングカーなので、高さ制限のある駐車場にも入ることができ、街中でも乗りやすいというメリットがあります。

キャンピングカーをキャンプ専用ではなく、普段用の車としても使いたい場合はバンコンタイプがおすすめです。

また、小さいだけに就寝人数が少なめなので、少人数でキャンプに行きたい場合に適しています。

なおバンコンタイプのキャンピングカーは以下の記事でも紹介しているので、こちらもあわせてご参照いただき比較してみてください。

デリカD:5クルーズ フロントからデリカD:5のキャンピングカー内装や値段【バンコン】デリカD:5クルーズ SunlightCLIFF540のフロントフィアットデュカトのキャンピングカー内装や値段【バンコン】デスレフSunlight CLIFF540

セレナP-SV(メーカー:日産ピーズフィールドクラフト)の内装写真

セレナP-SVのフロント

日産ピーズフィールドクラフト社のセレナP-SVです。日産・セレナをベースにしたキャンピングカーで、主要スペックは以下のようになっています。

セレナP-SV主要スペック
  • 乗車定員:8人
  • 就寝定員:4人
  • 全長:4,690mm
  • 全幅:1,695mm
  • 全高:1,980mm
  • ベース車:セレナ X
  • 排気量:1,997cc
  • 燃料:ガソリン
  • 最高出力:150ps
  • 駆動方式:2WD FF
  • ミッション:エクストロニックCVT
  • 燃費:10km/l前後

乗車定員は8人ですが、就寝人数は4人だけです。8人でキャンプに行ってしまうと4人は車内で寝られなくなってしまうので、注意してください。

セレナP-SVのサイドから

ベース車がセレナなので、ポップアップルーフを閉じてしまえば見た目はふつうのミニバンです。(※写真は開いた状態です)

キャブコンやフルコン・バスコンにくらべて、街中で目立ちにくくていいですね。

それではさっそく内装を見てみましょう。

セレナP-SVのベッド

居住スペースの全体の様子です。大人2人寝られる広さのベッド(アンダーベッド)があります。

車内は歩くのは無理ですが、寝るだけだったら天井もそこそこ高いです。

セレナP-SVのベッド

セレナP-SVのベッド

ベッドはこのように、ベース車の後部座席を倒して、背もたれと座面の狭間が凹んでしまわないように、小さな板と大きな板をうまくしきつめることでできています。

車内は入場禁止だったので実際に横になってみることはできず、さわってみただけですが、この板がかなり硬い…。

これだったら板なしでシートに横になって寝たほうが寝心地がいいんじゃないか、と思ってしまうほどです。

なおキャンピングカーでの車中泊の方法や注意点については、以下の記事で詳しく解説しています。興味のある方はこちらもご参照ください。

ボーダーバンクスエボリューションのベッドキャンピングカーで車中泊はどうやる?宿泊場所についても解説!

セレナP-SVのUSBポート

ベッドの横には、USBポートとシガーソケットがついています。スマホを充電しながら寝るのにピッタリです。

セレナP-SVの100V

USBポートとシガーソケットの側には、100Vコンセントが2つついています。家から持ってきた家電もこのコンセントに差せば使えます。

セレナP-SVの電圧計

ベッドの横の、電圧計です。

セレナP-SVのドリンクホルダー

ベッドの横の、ドリンクホルダー。ベッドの左右に2つずつです。

セレナP-SVのポップアップルーフ

天井のハッチを開けると、ポップアップルーフの裏側につながります。ハッチを開けると天井が高くなるので、開放感が高まります。

見た目以上に広くていい感じです。秘密基地みたいで子どもが喜びそうですね。

セレナP-SVのポップアップルーフ

セレナP-SVのポップアップルーフ

ポップアップルーフを外から見た様子。定員いっぱいの4人で寝る場合は、ポップアップルーフの内部で2人寝ることになります。

ポップアップルーフ内部も車内ベッドと変わらない広さなので、大人2人でもそれほどきゅうくつにならずに寝られそうです。

天井のLED照明は、ポップアップルーフを閉じているときは室内灯として使えます。

なおセレナP-SVでは標準でテレビはありませんが、見たい方は以下の記事で導入の仕方を解説しているので、こちらも参考にしてみてください。

ファミリーモーターホーム Cタイプキャンピングカーでテレビを見る方法!アンテナ取り付けはどうする?

セレナP-SVの価格と標準装備・オプション

セレナP-SVの車両本体価格は、税込みで3,299,400円です。装備がシンプルなので、価格はキャンピングカーにしては安いですね。

MEMO

もっと安く購入したいなら、あわせて正しい値引き交渉のやり方も覚えておくといいですよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

標準装備として以下のものが架装されています。

セレナP-SV標準装備
  • 断熱ポップアップルーフ
  • レインカバー(ポップアップルーフテント部分)
  • LED照明(ポップアップルーフ部分)

標準装備はポップアップルーフとそのカバー、そしてLED照明の3つのみです。価格が安いとはいえ、これしかないというのは少し寂しいところ。

また、オプションでは以下のものがつけられます。

セレナP-SVオプション
  • アンダーベッド 就寝定員大人2名プラス(86,400円)
  • 走行充電式サブバッテリー+電圧計+2連ソケット(132,840円)
  • FFヒーター(183,600円)
  • 外部電源&オートチャージャー&室内コンセント(86,400円)
  • 1,500Wインバーター(リモコン制御)(162,000円)
  • ポータブル冷蔵庫 18L(82,080円)
  • 冷蔵庫用電源ソケット(フロント)(5,400円)
  • サイドオーニング(長さ2.6M、出巾2.0M)(138,240円)
  • マルチシェード フロントセット(12,960円)
  • マルチシェード リヤセット(18,900円)
  • ウィンドウバグネット(セカンドガラス用網戸)(10,800円)
  • 遮光カーテン(社外品)(108,000円)

先ほど写真を紹介したアンダーベッドは、標準装備ではなくオプションです。基本的にはポップアップルーフのなかで寝る仕様なんですね。

FFヒーターがオプションでつけられるということで、冬の寒さ対策はバッチリ!ただ、家庭用エアコンがつけられないので、夏の車中泊はやめたほうが良さそうです。(エアコンの必要性については、以下の記事をご参照ください。)

アンソニーLE 朱夏 エアコンキャンピングカーのエアコン・クーラーは必要か考察!夏はないと無理?!

ポータブル冷蔵庫を車内に置いた場合、ベッドが狭くなるので、就寝人数は実質1人減ると思っておきましょう。

総評:「家族で寝られればいい」というひと向けのキャンピングカー

セレナP-SVの内装全体を見た総評としては、「『家族で寝られればいい』というひと向けのキャンピングカー」だと思います。

ポイント

とくべつ装備が充実しているわけではなく、ふつうのセレナのなかに寝るスペースだけをつくったような形です。

キャンピングカーを買うというよりは、まず前提としてセレナが欲しくて、ついでに車中泊がしたい場合に買う車、という印象を受けました。

アンダーベッドはさわった感じかなり硬いので、車中泊するのが2人以下ならつけなくてもいいんじゃないかな、と思います。

家族で乗る場合、ポップアップルーフのなかで寝られるのは子どもが喜びそうです。

セレナP-SVを購入するかどうかの判断は、まずセレナが欲しいかどうかで決めましょう。冬に車中泊する予定なら、オプションのFFヒーターは必須アイテムですよ。

ここまで書いてきましたが、天井が高いと車内で立つことができて、体感上の広さがグッと増します。

この記事を読んだことで、セレナP-SVを購入するかどうかの判断材料のひとつになれることを願っています。

なおバンコンタイプのキャンピングカーは以下の記事でも紹介しているので、こちらもあわせてご参照いただき比較してみてください。

ナッツファミモのフロントハイエースワゴンのキャンピングカー内装や値段【バンコン】ナッツRVファミリーモーターホームCタイプ アルヴェルエース プレミアムラウンジ フロントハイエースのキャンピングカー内装や値段【バンコン】アルヴェルエース プレミアムラウンジ