「キャンピングカーに興味があるんだけど、種類がいっぱいありすぎてよくわからない 

「最新のキャンピングカーってどんな設備がついてるの?」

1台で複数の大人が寝泊まりできる、遊びに便利なキャンピングカー。

タイプがいろいろありますが、コスト・広さ・車体の大きさといったように、何を重要視するかによってえらぶ車が変わってきます。

そこで、JAPANキャンピングカーショー2018で展示されていた、最新モデルのキャンピングカー・アンタレススタイル470 Vエディションプレミアムを紹介します。

内装や設備について写真つきで解説しますので、キャンピングカーえらびの参考にしてください。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

キャンピングカーの8つのタイプ

まず、キャンピングカーには以下の8つのタイプがあります。

  • 「バンコン」
  • 「キャブコン」
  • 「軽キャンパー」
  • 「フルコン」
  • 「セミフルコン」
  • 「バスコン」
  • 「トラキャン」
  • 「キャンピングトレーラー」

この記事で紹介するトリガノ社のアンタレススタイル470 Vエディションプレミアムは、キャンピングトレーラータイプです。

キャンピングトレーラーとは、けん引用のシャシーに居住用のキャビンを架装した車のことです。

けん引免許が必要なものもありますが、不要なものもあります。この記事で紹介するのは、けん引免許が必要なキャンピングトレーラーです。

広くて断熱性も良いので、まるで家を車で引っ張っているような感覚です。

ただ、そのぶんコンビニに寄りたいときなんかは大きすぎて駐車に困ります。

アンタレススタイル470 Vエディションプレミアム(メーカー:トリガノ)の内装 

アンタレススタイルの入り口

キャンピングトレーラータイプの最新モデル、トリガノ社のアンタレススタイル470 Vエディションプレミアムです。

自走する車両ではないので、主要スペックは以下のようになっています。

    アンタレススタイル470 Vエディションプレミアム主要スペック

  • 乗車定員:-
  • 就寝定員:4
  • 全長:6,700mm
  • 全幅:2,300mm
  • 全高:2,580mm
  • ベース車:-
  • 排気量:-
  • 燃料:-
  • 最高出力:-
  • 駆動方式:-
  • ミッション:-

全長が6,700mmとかなり大きいですが、就寝人数は4人までと、意外と少ないです。

それでは内装の写真を紹介していきます。

アンタレススタイル470 Vエディションプレミアムは車内入場禁止だったため、入り口や窓から撮影した写真を紹介します)

アンタレススタイルのテーブル

入り口は右側の真ん中あたりにあり、はいって左手はテーブル席、正面の茶色い扉はクローゼット、すぐ右手はシンクです。

シンクを通り越した奥にはベッドが見えます。

アンタレススタイルのソファ

車内入場禁止なので実際にやってみることはできませんでしたが、テーブル席はダブルベッドとしてもつかえます。 

アンタレススタイルのキッチン

シンクのとなりはガス台です。どちらもフタがついていて、つかわないときは閉めておけば邪魔になりません。

アンタレススタイルのベッド

ベッドはツイン式になっていますが、つなげてキングベッドとしてつかうこともできます。

アンタレススタイルの窓

ベッドの後ろはカーテンつきの大きな窓。

アンタレススタイルの収納

大きな窓の上、天井付近は収納スペースです。

アンタレススタイルのトイレと洗面台

ベッドの足元(シンクの正面)の扉を開けるとトイレと洗面台があります。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

アンタレススタイル470Vエディションプレミアムの価格と標準装備・オプション

アンタレススタイル470 Vエディションプレミアムの車両本体価格は、税込みで3,963,600円です。

標準装備として以下のものが架装されています。 

    アンタレススタイル470 Vエディションプレミアム標準装備

  • グラスファイバー外装パネル
  • ポリスチレンフォーム寒冷地対応断熱(屋根30mm/横壁24mm/42mm
  • グラスファイバールーフ
  • 2分割出入り口ドア
  • アクリル2重窓(各窓)
  • 出入り口ドアセキュリティハンドル
  • 収納式アルミ出入り口ステップ
  • サンルーフ(700×500mm/アクリル2重窓/網戸ブラインド付き)
  • 天井換気口(400×400mm/網戸ブラインド付き)
  • 外部ストレージドア(1,000×400mm
  • フロントロッカー
  • LEDポーチライト
  • ワードローブ
  • 灯油式FFファンヒーター(灯油タンク脱着式)
  • 電気温水器
  • LED室内照明(スポット間接照明をふくむ)
  • 一酸化炭素警報器
  • 網戸&ブラインド(各窓)
  • カーテン(キッチン窓以外の各窓)
  • ダブルベッド部パーテーション(カーテン)
  • 出入り口ドア フル網戸
  • 各種キャビネット
  • フロント常設ダブルベッド
  • リヤU字型テーブルセット(ダブルベッドに展開可能)
  • 13ピントレーラープラグ
  • 100V電源入力用外部ソケット
  • 100V電源入力用ケーブル(5M
  • 155Wソーラーパネル(バッテリー充電用)
  • バッテリー充電機能付き12Vコンバーター(100V外部電源入力時)
  • 100Ah高性能AGMバッテリー(ON/OFFスイッチ付き)
  • 250Wインバーター(専用コンセント付き)
  • バッテリー管理モニター(電圧/電流デジタル表示)
  • 100Vコンセント(100V電源入力時に使用可能)
  • 3WAY冷蔵庫(100V12V・カセットガス/80L容量)
  • 3バーナーコンロ(カセットガス)
  • カセットガス供給器ユニット
  • シャワー付き混合水栓 洗面台
  • シャワートレイ
  • 25L給水タンク
  • 床下設置 排水タンク
  • カセット式電動水栓トイレ
  • トイレ/洗面ルーム天井換気口(400×400mm/網戸ブラインド付き)

グラスファイバーとはガラスを繊維状にしたもので、断熱効果や防音効果があります。

ワードローブは、服を入れておくタンスのことです。

灯油式FFファンヒーターが標準装備されてるので、冬の車中泊でエンジンを切ったあとも車内で暖かく過ごせます。

13ピントレーラープラグは、キャンピングトレーラー本体と車を接続するためのプラグです。これをつなぐことで、ウィンカーやブレーキランプの電気信号がキャンピングトレーラーに送られます。

シャワートレイとは、洗面台のシャワーヘッドを引っかけておくための板です。板状なのでシャワーヘッドといっしょに洗顔フォームや歯磨き粉なんかを置いておけます。

また、オプションでは以下のものがつけられます。

    アンタレススタイル470 Vエディションプレミアムオプション

  • ルーフトップエアコン(453,900円)
  • 100Ah AGMドライバッテリーを190Ah AGMドライバッテリーへ変更する(63,000円)
  • 24V 175Wソーラーパネル&MPPTコントローラー(185,800円)
  • 24V 200Wソーラーパネル&MPPTコントローラー(215,800円)
  • 1,500Wインバーター(正弦波。コンダクタリレーをふくむ)(186,700円)
  • スカイライトルーフファン(20,000円)
  • ルーフファン「マックスファンDX」&リモコン(85,000円)
  • 冷蔵庫ウィンターカバー(上下)(4,600円)
  • Bluetoothムーバー(280,000円)
  • サイドオーニング(3.5M)(168,000円)
  • サイドテント SAMOA390135,000円)
  • 自転車キャリア(2台積み。背面取り付け)(75,500円)
  • シューズケース(7,000円)
  • 有線式バックカメラ&ミラーモニターセット(130,000円)
  • 有線式バックカメラ&5インチモニターセット(124,800円)
  • 無線式バックカメラ&ミラーモニターセット(105,000円)
  • 無線式バックカメラ&5インチモニターセット(99,800円)
  • バックブザー(4,800円)
  • ブースター走行充電システム(50,000円)
  • 無指向性テレビアンテナ(ブースター付き)(50,000円)
  • 16インチ液晶テレビ・テレビモニターアーム・テレビ用インバーター・無指向性テレビアンテナの4点セット(140,000円)
  • 室内外温度計(7,800円)
  • 増設LED間接照明(14,000円~)
  • 40L給水タンク(63,800円)
  • LPGアラーム(14,100円)
  • セーフティコンパクト(35,700円)
  • ジャッキパッド(3,800円)
  • インディアナステッカー(100×80)(30,000円)

ルーフトップエアコンとは、屋根の上にクーラーユニットを載せるエアコンのことで、通常の車用エアコンよりも冷房の効きが良いのが特徴です。

無指向性テレビアンテナは、全方向におなじ感度の電波の送受信ができるアンテナです。送信局の位置を気にする必要がなく、また大がかりな工事をしなくても比較的かんたんに設置できます。

ブースターとはこの場合、テレビの受信電波を増幅させるための機械で、これがついていることで、「キャンプに行った先で電波が悪くてテレビが映らない」という問題が起こる可能性を減らします。

LPGアラームは、車内でガス漏れしているときに鳴る警報機です。

ここまで書いてきましたが、JAPANキャンピングカーショーにはアンタレススタイル470 Vエディションプレミアムのほかにも様々なキャンピングカーがあり、私が写真つきで紹介しています。

この記事を読んだうえで、ぜひほかの車とも比べてみてくださいね。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

パワーボム
パワーボム
元パチスロライター。車とゲームとプロレス観戦(ノアファン)が大好き。21歳で免許を取ってから、車を乗り尽くす。家から700km、四国のなかを1400km移動し、また700kmの距離を帰るツアーで、四国八十八ヶ所巡りを車で成し遂げる。