「キャンピングカーを買おうと思ってるんだけど、エアコン・クーラーって必要?」

「最初からついてない車種もあるみたいだけど、夏の車中泊ではエアコン・クーラーがないとつらいの?」

キャンピングカーの車内を見てみると、家庭用とおなじエアコンがついているのを見かけますよね。

結論からいって、キャンピングカーにエアコン・クーラーは必要です。

設置する場合、室外機はどうするんでしょうか?

また、電源はどこから取るんでしょうか?

そもそもキャンピングカーのエアコン・クーラーはどんなものがついているのかというところから、画像つきでわかりやすく解説します。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

キャンピングカー3車種のエアコン・クーラー画像

まず、キャンピングカーのエアコン・クーラーはどのようになっているのか、画像を紹介します。

アンソニーLE 朱夏

(車種:アンソニーLE 朱夏)

キャブコンについているエアコン・クーラーです。居住スペースのまんなかに位置して、ソファーベッドからバンクベッドまでしっかり冷やしてくれます。

機能は冷房のみで、暖房は出ません。また、走行中は使用できず、つかえるのは停車時のみです。

スティングエボリューション 5.0XX

(車種:スティングエボリューション 5.0XX)

こちらもキャブコンについている家庭用エアコン・クーラーです。先ほどの車種と違って車内の最後部・リヤウィンドウの上に位置して、ダブルベッドをしっかり冷やしてくれます。

スティングエボリューション 5.0XXの家庭用エアコン・クーラーは、走行中は冷風が出てきません。つかえるのは停車時のみです。

ボーダーバンクスエボリューション タイプT

(車種:ボーダーバンクスエボリューション タイプT)

こちらはフルコンについている家庭用エアコン・クーラーです。画像では見切れてしまっていますが、ツインベッドの上に位置して、就寝スペースをしっかり冷やしてくれます。

ボーダーバンクスエボリューション タイプTの家庭用エアコンは、冷房と暖房の両方つかえます。ただし走行中はつかえません。

このようにキャンピングカーのエアコン・クーラーは、車種によってついている位置が様々で、冷房機能しかないものと暖房機能もついているものの2つに分かれます。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

キャンピングカーのエアコン・クーラーの仕組み

では、これらのエアコン・クーラーはどんな仕組みで動いているんでしょうか? 解説していきます。

室外機は収納スペースに設置する

まずはエアコン・クーラーの室外機についてです。キャンピングカーのエアコン・クーラーには家庭用のエアコンとおなじように、大きな室外機がついています。

室外機を置く場所はひとによって様々ですが、たとえば下の画像のようなところに設置します。

スティングエボリューション 5.0XX 後ろから

(車種:スティングエボリューション 5.0XX)

キャブコンやフルコンといった大型のキャンピングカーの外側には、こういうフタつきの収納スペースがあるので、室外機はここに入れておくのが一般的です。

このほか、屋根の上に載せたり、室外機を横向きにして車体の底に取り付けているひとも多いです。

ただ、横向きにすると悪路を走行したときに泥水や小石が入ってしまい、故障の原因になるので、あまりおすすめしません。

実際にそれで故障して車両自体を買い替えるハメになった、という報告もネット上にはあり、収納スペースに入れておいたほうが安全であることがわかります。

エアコン・クーラーは外部電源がないと4~5時間しか使用できない

キャンピングカーの家庭用エアコン・クーラーの電源は、サブバッテリーから取ります。

サブバッテリーは走行すると充電されていきますが、エンジンを停止した状態でエアコン・クーラーを使用していると、短時間でバッテリー切れを起こしてしまうので注意が必要です。

夏の夜の車中泊ではエアコン・クーラーをつけていないと暑くて寝られませんが、サブバッテリーの電力が切れてしまわないように余裕を持つなら、4~5時間の連続使用が限界です。

ただ、キャンプ場やRVパークでは外部電源がつかえるサービスがあり、サブバッテリーではなく外部電源を利用してエアコン・クーラーを稼働させるなら、一晩中でもつけていられます。

発電機を搭載してそこから電源を取る方法もありますが、音が非常にうるさいので、あまり実用的ではありません。

アイドリングしながらエアコンをつけっぱなしで寝ているキャンピングカーオーナーも多いようですが、これも発電機ほどの音量ではないもののまわりの迷惑になるので、夜中に実行するのは避けましょう。

キャンピングカーのエアコン・クーラーはぜったいに必要(私の意見)

ここからは私の意見です。キャンピングカーのエアコン・クーラーはぜったいに必要です。

夏の車内は、家のなかとは比べ物にならないほど暑くなります。キャンプというと夏のイメージがありますが、エアコンなしで悠々と寝られるような環境ではありません。

下手にやせ我慢すると熱中症になり、エアコンのあるところに移動したくても運転することもできず、最悪の場合誰にも気づかれずに死んでしまう危険性もあります。

夏の車中泊ではエアコン・クーラーは最低限必要なアイテムと考えて、なるべく外部電源の利用できるところに泊まるようにしてください。

キャンピングカーのエアコン・クーラーは必要(キャンピングカーオーナーの意見)

では、キャンピングカーのエアコン・クーラーの一般的な評判はどうなんでしょうか? ツイッターを見ると、以下のようなツイートがあります。

このツイート主さんは、エアコン・クーラーをつかって車内を適温に保ち、ペットのセキセイインコを連れてキャンピングカーの旅を楽しんでいるようです。

人間だけの旅でもエアコン・クーラーなしの車内は危険ですが、このようにペットを連れて車中泊する場合はとくに温度調節を緻密に行う必要があります。

ペットがいない場合でも、子供がいればおなじことです。小さな子供が車内放置されて暑さで死んでしまった事件はたくさんあるので、やはりキャンピングカーにエアコン・クーラーは必須アイテムです。

このツイートでも、エアコンは24時間必須という意見が出ています。

キャンピングカーの車内は家と比べると断熱性が悪く、エアコン・クーラーをつけていても家ほどは居心地が良くないんです。

このように、ツイッターを調査していく上でエアコン・クーラーが「必要ない」といっている意見はなく、子供がいる場合はもちろん、いなくても車中泊にエアコン・クーラーは必要です。

キャンピングカーのエアコン・クーラーは車種によっては後付けできる

エアコン・クーラーが装備されていないキャンピングカーを買い、後から必要性に気づくこともありますよね。

車種によっては、エアコン・クーラーはオプションで後付けできます。

たとえばアンソニーLE 朱夏というキャブコンを例に挙げると、216,000円で先ほど紹介した1枚目の画像のエアコン・クーラーがつけられます。

このように、オプションで用意されている車種の場合は、つけたいと思ったらキャンピングカーを購入したメーカーに問い合わせればOKです。

新車購入時に取り付けると194,400円のオプションなので、後付けすると21,600円ほど高くなってしまいます。

これから新車でキャンピングカーを購入する場合は、エアコン・クーラーが標準装備されている車種をえらぶか、オプションで最初からつけておきましょう。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

パワーボム
パワーボム
元パチスロライター。車とゲームとプロレス観戦(ノアファン)が大好き。21歳で免許を取ってから、車を乗り尽くす。家から700km、四国のなかを1400km移動し、また700kmの距離を帰るツアーで、四国八十八ヶ所巡りを車で成し遂げる。