「キャンピングカーに興味があるんだけど、種類がいっぱいありすぎてよくわからない 

「最新のキャンピングカーってどんな設備がついてるの?」

1台で複数の大人が寝泊まりできる、遊びに便利なキャンピングカー。

タイプがいろいろありますが、コスト・広さ・車体の大きさといったように、何を重要視するかによってえらぶ車が変わってきます。

そこで、JAPANキャンピングカーショー2018で展示されていた、最新モデルのキャンピングカー・ファミリーモーターホームCタイプを紹介します。

内装や設備について写真つきで解説しますので、キャンピングカーえらびの参考にしてください。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

キャンピングカーの8つのタイプ

まず、キャンピングカーには以下の8つのタイプがあります。 

  • 「バンコン」
  • 「キャブコン」
  • 「軽キャンパー」
  • 「フルコン」
  • 「セミフルコン」
  • 「バスコン」
  • 「トラキャン」
  • 「キャンピングトレーラー」

この記事で紹介するナッツRV社のファミリーモーターホームCタイプは、バンコンタイプです。

バンコンとは、ワンボックスタイプのバンやワゴン、ミニバンにキャンパー架装をした車のことです。

車体が比較的小さめのキャンピングカーなので、高さ制限のある駐車場にも入ることができ、街中でも乗りやすいというメリットがあります。

キャンピングカーをキャンプ専用ではなく、普段用の車としてもつかいたい場合はバンコンタイプがオススメです。

また、小さいだけに就寝人数が少なめなので、少人数でキャンプに行きたい場合に適しています。

ファミリーモーターホームCタイプ(メーカー:ナッツRV)の内装

ナッツファミモのフロント

バンコンタイプの最新モデル、ナッツRV社のファミリーモーターホームCタイプです。

トヨタ・ハイエースワゴンをベースにしたキャンピングカーで、主要スペックは以下のようになっています。

    ファミリーモーターホームCタイプ主要スペック

  • 乗車定員:8
  • 就寝定員:3
  • 全長:4,840mm
  • 全幅:1,880mm
  • 全高:2,105mm
  • ベース車:トヨタ・ハイエースワゴン
  • 排気量:2,700cc
  • 燃料:ガソリン
  • 最高出力:160ps
  • 駆動方式:2WD FR
  • ミッション:6AT

乗車定員は8人ですが、8人でキャンプに行ってしまうと5人は車内で寝られなくなってしまいますので、注意してください。

それでは内装の写真を紹介していきます。

ナッツRVファミモのインテリア

入り口は左側の真ん中にあります。スライドドアから入ると右側がテーブル席、左側が運転席です。

ナッツファミモのリアシート

小さめのテーブルをソファーで囲んだ、シンプルな内装です。

ナッツファミモの後部座席

バックドアから入ることもできます。ソファーには3人ずつ向かい合ってすわり、助手席に1人と運転席に1人すわれば、大人でも合計8人乗れそうです。

ナッツファミモのTV

助手席の後ろにテレビがあります。ソファーにすわってみんなで見れる、ちょうどいい位置です。

ナッツファミモの床下収納

バックドア付近に床下収納。

ナッツファミモの床下収納の中

床下収納を開けるとこのようになります。

ナッツファミモのシート下

ファミリーモーターホームCタイプのいちばんのサプライズ。シートの下にシンクがあるんです。

これならつかわないときも邪魔になりませんね。

ナッツファミモのシャワー

シンクの側面には外に向かって伸ばせるシャワーがついていて、たとえば海で遊んだ場合に足についた砂を外で洗い流してから車に乗れます。

ナッツファミモのシート下収納

シンクがあった反対側のシートの下は、収納になっています。

ナッツファミモのシート下収納内

その下もさらに収納スペースです。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

ファミリーモーターホームCタイプの価格と標準装備・オプション

ファミリーモーターホームCタイプの車両本体価格は、税込みで4,155,084円です。

標準装備として以下のものが架装されています。

    ファミリーモーターホームCタイプ標準装備

  • ディープサイクルサブバッテリー(110A
  • 走行充電(60A)システム
  • デジタルサブバッテリー残量計+集中スイッチ
  • カーテン6
  • 重歩行クッションフロア
  • 天井及びサイド断熱材
  • テーブルセット
  • 室内照明2ヶ所
  • 地デジ対応テレビ+DVDプレーヤー
  • DCソケット(12V
  • 400Wインバーター(疑似サイン波)インバーター本体コンセントのみ
  • 簡易シャワー付きシンク
  • スペアタイヤBOX兼床下収納庫

テレビだけではなく、DVDプレーヤーまで標準装備されているんです。キャンプのときはあまり必要ないかもしれませんが、冬の車中泊ではソファーにすわってDVDが楽しめます。 

サブバッテリーには現在主流のリチウムイオンバッテリーではなく、古典的なディープサイクルバッテリーがつかわれています。

また、オプションでは以下のものもつけられます。

    ファミリーモーターホームCタイプオプション

  • FFヒーター(216,200円)
  • FFヒーター高標高用ポンプ(40,200円)
  • 横開き冷蔵庫40L90,800円)
  • 流し台KIT43,700円)
  • 外部電源(室内コンセント1ヶ所付き)(23,000円)
  • 外部充電システム(22.5A)(52,000円)外部電源装着車のみ
  • CDデッキ(32,200円)
  • 液晶テレビ用フリップダウン金具取り付け料(46,000円)
  • リアテレビ用地デジチューナー(49,000円)
  • 追加バッテリー(39,100円)
  • マックスファンベンチレーター(65,500円)
  • インバーター1,500W(正弦波、専用コンセント1ヶ所付き)(118,400円)
  • フルトリム(230,000円)
  • 2段ベッド(1,600mm×1,000mm)(115,000後付けの場合は165,000円)
  • カップホルダー追加(1個につき2,300円)
  • サイドオーニング3M(手動)(124,200円)
  • サイドオーニング3M(電動)(181,700円)
  • 100Wクラスソーラーチャージャー(MPPTコントローラーを含む)(120,000円)
  • 200Wクラスソーラーチャージャー(MPPTコントローラーを含む)(177,500円)
  • 網戸(1枚につき13,800円)

マックスファンベンチレーターとは換気扇のことで、夏に車中泊する際にエンジンを切ってエアコンが止まっても、車内の暑さを軽減してくれる便利なアイテムです。 

フルトリムとは室内にレザー生地を貼ることで、遮音性が高くなり、断熱材の役割も果たすので、車内の温度を快適に保てます。

サイドオーニングとは、キャンプ場で車の横に張れる大きな布幕のことです。ファミリーモーターホームCタイプでは、手動で張るものと電動で張ってくれるものの2パターンからえらべます 

ここまで書いてきましたが、JAPANキャンピングカーショーにはファミリーモーターホームCタイプのほかにも様々なキャンピングカーがあり、私が写真つきで紹介しています。

この記事を読んだうえで、ぜひほかの車とも比べてみてくださいね。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

パワーボム
パワーボム
元パチスロライター。車とゲームとプロレス観戦(ノアファン)が大好き。21歳で免許を取ってから、車を乗り尽くす。家から700km、四国のなかを1400km移動し、また700kmの距離を帰るツアーで、四国八十八ヶ所巡りを車で成し遂げる。