「キャンピングカーに興味があるんだけど、種類がいっぱいありすぎてよくわからない 

「最新のキャンピングカーってどんな設備がついてるの?」

1台で複数の大人が寝泊まりできる、遊びに便利なキャンピングカー。

タイプがいろいろありますが、コスト・広さ・車体の大きさといったように、何を重要視するかによってえらぶ車が変わってきます。

そこで、JAPANキャンピングカーショー2018で展示されていた、最新モデルのキャンピングカー・Sunlight CLIFF 540を紹介します。

内装や設備について写真つきで解説しますので、キャンピングカーえらびの参考にしてください。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

キャンピングカーの8つのタイプ

まず、キャンピングカーには以下の8つのタイプがあります。 

  • 「バンコン」
  • 「キャブコン」
  • 「軽キャンパー」
  • 「フルコン」
  • 「セミフルコン」
  • 「バスコン」
  • 「トラキャン」
  • 「キャンピングトレーラー」

この記事で紹介するDethleffs Japan 社の Sunlight CLIFF 540 は、バンコンタイプです。

バンコンとは、ワンボックスタイプのバンやワゴン、ミニバンにキャンパー架装をした車のことです。 

車体が比較的小さめのキャンピングカーなので、高さ制限のある駐車場にも入ることができ、街中でも乗りやすいというメリットがあります。

キャンピングカーをキャンプ専用ではなく、普段用の車としてもつかいたい場合はバンコンタイプがオススメです。

また、小さいだけに就寝人数が少なめなので、少人数でキャンプに行きたい場合に適しています。 

Sunlight CLIFF 540(メーカー:Dethleffs Japan)の内装

SunlightCLIFF540のフロント

バンコンタイプの最新モデル、Dethleffs Japan社のSunlight CLIFF 540です。 

フィアット・デュカトをベースにしたキャンピングカーで、主要スペックは以下のようになっています。

    Sunlight CLIFF 540主要スペック

  • 乗車定員:4
  • 就寝定員:3
  • 全長:5,410mm
  • 全幅:2,050mm
  • 全高:2,650mm
  • ベース車:フィアット・デュカト
  • 排気量:2,300cc
  • 燃料:軽油
  • 最高出力:150ps
  • 駆動方式:2WD
  • ミッション:6AT

乗車定員は4人とやや少ないので、少人数でのキャンプ向けです。燃料は軽油で走ります。

それでは内装の写真を紹介していきます。

SunlightCLIFF540のドア

入り口は右側の真ん中、スライドドアです。

SunlightCLIFF540のテーブル

入り口をはいるとすぐ目の前がテーブル席になっていて、大人1人がすわれるソファーがついています。

ソファーにすわって見ると、正面が助手席です。

SunlightCLIFF540の助手席

助手席シートはこのように回転するので、テーブルに向かい合ってすわることができます。

SunlightCLIFF540のシンク

テーブルからスペースを空けて、入り口のほうを向くかたちでガス台とシンクがあります。ガスコンロは2台です。

SunlightCLIFF540の冷蔵庫

ガス台の下は冷蔵庫になっています。

SunlightCLIFF540の収納

ガス台の上は収納スペース。

SunlightCLIFF540のトイレ

テーブル席の後ろはトイレです。シャワーと鏡がついています。

SunlightCLIFF540のベッド

バックドアを開いた様子。ベッドは車の後方にあり、この写真に写っている白い板のようなものがベッドです。

SunlightCLIFF540のベッド下の収納

ベッドの下は収納スペースになっています。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

Sunlight CLIFF 540の価格と標準装備・オプション

Sunlight CLIFF 540の車両本体価格は、税込みで7,538,400円です。

標準装備として以下のものが架装されています。

    Sunlight CLIFF540標準装備

  • 運転席&助手席回転シート
  • ダイネット補助ベッド
  • リア常設ベッド(ダブルベッド)
  • LED室内照明
  • キッチン拡張テーブル
  • 電動エントランスステップ
  • トイレルーム窓
  • リア観音扉(押し出し式アクリル二重窓付き)
  • オーディオレス4スピーカー
  • Truma Combi4(温水ボイラー&FFヒーター)容量10リットル
  • カセットトイレ
  • LPGガスボンベ(5kg×2
  • LPGガス安全コック
  • ガラス蓋付きガスコンロ
  • シャワー設備
  • コンプレッサー式冷蔵庫(DC12V
  • 給排水タンク残量ゲージ
  • バッテリー残量ゲージ

FFヒーターがついているので、冬の車中泊でエンジンを切った状態でも暖房がつかえて、暖かく寝られます。

温水ボイラーでお湯が出てくるのも嬉しいですね。冷蔵庫はコンプレッサー式で、家庭用とおなじ電気を利用して冷やすタイプです。

また、オプションでは以下のものもつけられます。

    Sunlight CLIFF 540オプション

  • ソーラーシステム(フレキシブル188W相当)(250,000円)
  • 追加サブバッテリー(50,000円)
  • インバーター1,500W138,000円)
  • インバーター3,000W210,000円)
  • サイドオーニング3.25m160,000円)
  • 19インチ液晶テレビ(55,000円)
  • 地デジ用テレビアンテナ(48,000円)
  • 自動追尾BSアンテナ(全国)(250,000円)

サイドオーニングとは、キャンプ場で車の横に張れる大きな布幕です。夏のキャンプでは日よけとして活躍します。

インバーターとは電気の変換機のことで、炊飯器やノートパソコンといった家電を車内のコンセントにつないでつかいたい場合は必要です。

テレビは標準装備されていませんが、オプションでつけられます。

ここまで書いてきましたが、JAPANキャンピングカーショーにはSunlight CLIFF 540のほかにも様々なキャンピングカーがあり、私が写真つきで紹介しています。この記事を読んだうえで、ぜひほかの車とも比べてみてくださいね。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

パワーボム
パワーボム
元パチスロライター。車とゲームとプロレス観戦(ノアファン)が大好き。21歳で免許を取ってから、車を乗り尽くす。家から700km、四国のなかを1400km移動し、また700kmの距離を帰るツアーで、四国八十八ヶ所巡りを車で成し遂げる。