1分で車を60万円値引きする裏技

ライトエースのキャンピングカー内装や値段【キャブコン】アレン

「キャンピングカーに興味があるんだけど、種類がいっぱいありすぎてよくわからない…」

「最新のキャンピングカーってどんな設備がついてるの?」

車1台で複数の大人が寝泊まりできる、遊びに便利なキャンピングカー。

タイプがいろいろありますが、コスト・広さ・車体の大きさといったように、何を重要視するかによってえらぶ車が変わってきます。

そこで、東京キャンピングカーショー2018で展示されていた、最新モデルのキャンピングカー・アレンを紹介します。

内装や設備について写真つきで解説しますので、キャンピングカーえらびの参考にしてください。

キャンピングカーの8つのタイプ

まず、キャンピングカーには以下の8つのタイプがあります。

  • 「バンコン」
  • 「キャブコン」
  • 「軽キャンパー」
  • 「フルコン」
  • 「セミフルコン」
  • 「バスコン」
  • 「トラキャン」
  • 「キャンピングトレーラー」

この記事で紹介するエートゥゼット社のアレンは、キャブコンタイプです。

キャブコンとは、トラックやワンボックス車にキャンピングシェルを搭載した車のことです。

車体が大きいキャンピングカーなので、中がとても広くて快適に過ごせるというメリットがあります。

断熱性や防音性に優れていて、どんな場所でもまるで家にいるかのような感覚で車中泊ができます。

荷物もたくさん積めて、長期での旅行にもピッタリです。

アレン(メーカー:エートゥゼット)の内装写真

ライトエース アレンのフロントから

エートゥゼット社のアレンです。トヨタ・ライトエースをベースにしたキャンピングカーで、主要スペックは以下のようになっています。

アレン主要スペック
  • 乗車定員:6人
  • 就寝定員:大人2人+子ども3人
  • 全長:4,620mm
  • 全幅:1,840mm
  • 全高:2,500mm
  • ベース車:ライトエース
  • 排気量:1,500cc
  • 燃料:ガソリン
  • 最高出力:97ps
  • 駆動方式:2WD FR
  • ミッション:4AT
  • 燃費:10km/l

乗車定員は6人ですが、就寝定員は大人2人+子ども3人までです。大人6人でキャンプに行ってしまうと4人は車内で寝られなくなってしまうので、注意してください。

ライトエース アレンの後ろから

キャブコンにしては小さめですが、やはり乗用車とくらべると大きいですね。

「キャンピングカー」と聞いてイメージするそのままのルックスです。キャンピングカーらしいキャンピングカーが欲しいひとは、間違いなく満足できる外装デザインじゃないでしょうか。

白一色で余計な柄が入っていないのも好感が持てますね。

それではさっそく内装を見てみましょう。

ライトエース アレン 出入口

アレン、居住スペースへの出入り口です。天井が高くて乗り降りしやすい。

ライトエース アレン 出入り口ステップ

出入り口のステップです。灰色の部分はつるつるしていますが、すべり止めがしっかりついているので、足をすべらせる心配はありません。

ライトエース アレン シューズボックス

出入り口はいってすぐのシューズボックス。展示車なのでつかいませんでしたが、購入後は、脱いだくつはここに入れておけます。

ライトエース アレン 見取り図

車内全体の見取り図です。入り口から入って左手がバンクべッド、正面がテーブル席、右手にシンクがあって、いちばん右手奥がベッドになっています。

通路がちゃんとあって、車内を歩いて移動できるのが良いですね。天井が高いから腰を曲げずに立って歩けるのが嬉しい。

ライトエース アレン バンクドア

まずは入って左手のバンクベッドから。寸法は幅1,370mm×長さ1,600mmと、長さがみじかいので、ここは子ども2人用のベッドですね。

実際に寝てみることはできませんでしたが、ベッドマットのさわり心地は薄くて硬いです。寝心地はあまりよくなさそう。

ライトエース アレン テーブル シート

こちらはテーブル席。ダイネットシートにすわってみると、ヘッドレストが低すぎて頭ではなく背中に当たります…。

ヘッドレストは高さ調節もできるんですが、最大の高さでも当たるのは肩甲骨のあたり。

座面や背もたれも薄くて硬い感触で、正直、すわり心地が悪いです。

ライトエース アレン シート

反対側の席の様子。ヘッドレストはこちらも低いですね。

このダイネットシートは、展開させると幅1,225mm×長さ1,880mmのベッドになります。

長さ的には成人男性でも足を伸ばして寝られますが、幅的には大人2人で少しせまいぐらいの広さです。

ライトエース アレン 窓

テーブル席には窓がついています。外の景色を見ながら食事できるのは楽しそうですね。

窓はコストの安い2重ガラスです。アクリル2重窓をつかっている車種とくらべてしまうと、断熱性が悪く、冬は結露がつきやすいでしょう。

窓には両側にカーテンがついています。アレンは誰が見てもキャンピングカーとわかる外装デザインなので、街中では目立ちやすいですが、そんな興味本位の視線はカーテンを閉めることでシャットアウト。

寝るときも外から覗かれる心配がなく、安心して寝られますね。

ライトエース アレン 収納

ライトエース アレン 収納

窓の上の収納スペース。フタを閉めようとすると「バンッ!」とすごい音を立てて勢いよく閉まります。

かなりうるさく、乱暴な感じがしました。

MEMO

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知らないと最大60万円以上も損します。

詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。

裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

ライトエース アレン シンク

ライトエース アレン シンク

入り口はいって右手のシンクです。つかわないときはフタをしておけば邪魔になりません。

シャワーは車外に伸ばして使用することもできます。海や山で遊んで汚れてしまっても、車外で足を洗ってから車内にはいれますね。

ライトエース アレン タンク

シンクの下の、清水タンクと排水タンクです。容量はそれぞれ20L。1回の給水で2分ぐらいシャワーを連続使用できます。

ライトエース アレン キッチン

ライトエース アレン 収納

シンクの下の引き出し。このようにアレンは内装がほとんど木製なので、木製家具の独特のニオイが車内に漂っています。

ほんの数分乗っただけでもニオイが気になったので、夏の暑いなか長距離移動したら酔ってしまいそう。

ライトエース アレン 電源ソケット

シンクの下の100Vコンセント。家から持ってきた電気製品もこのコンセントに差せばつかえます。

ライトエース アレン 冷蔵庫

49L冷蔵庫です。車内の外側に向かって扉が開くので、食材や飲み物を取り出しやすそうですね。

ライトエース アレン 収納

ライトエース アレン 収納

シンクの上の収納スペース。ここも閉めるとき「バンッ!」と大きな音がします。

ライトエース アレン ベッド

車内最奥のベッドです。写真はサブベッドマットが積み上げられた状態で、この状態だと幅760mm×長さ1,740mmとかなり小さなベッド。

サブベッドマットを広げて敷き詰めれば、幅1,170mm×長さ1,740mmのベッドになります。

どちらにしろ大人が寝られるベッドではありませんね。ここも子ども用でしょう。

ライトエース アレン 収納

ベッドの上も収納スペースです。

ライトエース アレン 電子レンジ

ベッドの上、収納スペースの横の電子レンジ。ちょっと高い位置にあってつかいにくいかもしれません。

ライトエース アレン バゲッジドア

車体後部のバゲッジドアです。このなかはトランクルームになっていて、位置としてはベッドの下になります。

荷物置き場としてもつかえますし、キャンプで出たゴミをここに入れておけば、車内が汚くならずに済むでしょう。

扉を開ければ、車内からトランクルームにアクセスすることも可能ですよ。

ライトエース アレン 電源スイッチ

車内全体の電源スイッチ。出入り口の上の天井付近についています。

アレンの価格と標準装備・オプション

アレンの車両本体価格は、税込みで4,104,000円です。種類が4つあるので、下の表に価格をまとめました。見てください。

車種駆動価格
アレン タイプ12WD4,104,000円
4WD4,352,400円
アレン タイプ22WD4,104,000円
4WD4,352,400円

アレンにはタイプ1とタイプ2があり、両者の違いは車内最奥が2段ベッドになっているか、トランクルームになっているかということです。

この記事で紹介したのはタイプ2なので、ベッドの下がトランクルームになっていましたね。

価格はタイプごとに違いはなく、2WDモデルよりも4WDモデルのほうが高くなっています。

キャブコンにしては安いですね。

標準装備として以下のものが架装されています。

アレン標準装備
  • FRP高断熱ボディ
  • 網戸つきウィンドウ/ドア
  • サブバッテリー(105D)
  • 走行充電システム
  • 100V電子レンジ
  • 清/排水タンク(各20L)
  • カセットコンロ
  • AC外部入力コンセント
  • 室内カーテン
  • 床クッションフロア仕上げ
  • 49L冷蔵庫(12V)
  • リアCCDカメラ
  • 集中スイッチパネル
  • リア大型バゲッジドア
  • 伸縮式シンクシャワーヘッド
  • ガラス2重ウィンドウ

冷蔵庫とカセットコンロがついているので、車内で料理ができますね。

電子レンジも標準装備されていることで、ガスボンベを切らしてしまってもかんたんな調理が可能です。

家庭用エアコンやFFヒーターは残念ながら標準装備されていません。価格が安いから仕方ないですが、このままでは夏や冬の車中泊はキツいでしょう。

また、オプションでは以下のものがつけられます。

アレンオプション(外装オプション)
  • フロントリップスポイラー(37,800円)
  • ショックアブソーバー(フロント)(72,360円)
  • ショックアブソーバー(リア)(41,040円)
  • アルミホイール(43,200円)
  • サイドオーニング(2.6M)(115,560円)
  • リアラダー(48,600円)
  • サイクルキャリア(3台積み)(61,560円)
  • MAXファン(69,120円)
  • ソーラーパネル145W(127,440円)
アレンオプション(内装オプション)
  • FFヒーター(216,000円)
  • リアヒーター(86,400円)
  • TV・地デジチューナー・アンテナ&コンセント(19インチ)(97,200円)
  • 地デジチューナー&コンセント(51,840円)
  • リアスピーカー(サテライト式)(30,240円)
  • バックアイカメラ用モニター(27,000円)
  • インバーター350W(矩形波)(10,800円)
  • インバーター1,500W(矩形波)(86,400円)
  • インバーター1,500W(正弦波)(162,000円)
  • バッテリーチャージャー(外部電源からサブバッテリーに充電)(51,840円)
  • バッテリー増設(105A)(33,480円)
  • ポータブルトイレ(Porta Potti エクセレンス)(21,384円)
  • ポータブルトイレ(BI-POT 30)(11,880円)
  • テーブルカップホルダー(1ヶ所につき)(2,160円)
  • 運転席助手席シートカバー(73,440円)
  • 運転席助手席シートリクライニング(199,757円)
  • フロントリクライニングシート(エートゥゼットオリジナル)(149,040円)
  • リアカーペットセット(51,840円)
  • 発電機Eu 9i(105,840円)
  • 発電機Eu 16i(181,440円)

ショックアブソーバーとは車体の揺れを軽減するパーツのことで、これがついているとブレーキ性能が向上したり、曲がるときにふらつきにくくなります。

サイドオーニングとは、キャンプ場で車の横に張れる大きな布幕のことです。

家庭用エアコンはオプションでも用意されておらず、夏の車中泊はアレンでは厳しそう。FFヒーターは216,000円でつけられるので、冬の車中泊は可能ですね。

インバーターとは電気の変換機のことで、炊飯器やノートパソコンといった家電を車内のコンセントにつないでつかいたい場合に必要です。

インバーターには正弦波と矩形波があり、アレンのオプションでは両方えらべます。

矩形波は電気の安定感が悪く、一部の家電や医療機器のような精密機械は電源が入らないこともあるので、持病がある場合はとくに注意してください。

総評:小さな子どもがいるファミリー向けのキャンピングカー

アレンの内装はズバリいえば、「小さな子どもがいるファミリー向けのキャンピングカー」。

5人ぶん用意されたベッドは、テーブル席のベッド以外はどう見ても子ども用でした。

夫婦2人と子ども1人~3人で車中泊することを想定して、つくられているんでしょう。

全体的に広くて快適ですが、たとえばシートのすわり心地や、収納スペースの乱暴な閉まりかたといったひとつひとつの装備を細かく見ていくと、高級感は感じません。

キャブコンにしては安い価格設定を見てもわかるように、まだ子どもが小さい若い夫婦をターゲットにしていると思われます。

家庭用エアコンがつけられないのも、高級感を感じないポイントです。もし夏の車中泊を想定して購入するなら、アレンは避けたほうがいいですよ。

こまで書いてきましたが、乗った感じはおなじエートゥゼット社のアミティとほぼ一緒だったので、アレンの購入を検討しているなら装備内容を比較してみてください。

この記事を読んだことで、アレンを購入するかどうかの判断材料のひとつになれることを願っています。