1分で車を60万円値引きする裏技

アルファードの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

ミニバンを高級車にしてしまったアルファード。

迫力のあるエクステリア、ゴージャスで広い室内はまるでリムジンのような車です。

さらに乗用ミニバン最大級の車内空間は積載性も高く、実用性も抜群です。

そんなアルファードですが実際の評判はどうでしょうか。

ここではアルファードの評判や口コミをあらゆる角度から解説していきます。

目次

アルファードの外装(エクステリア)の口コミ/評判

評価
外装(エクステリア)
(4.0)

アルファードの外装(エクステリア)の特徴

アルファード 外装

アルファードはフラッグシップミニバンらしく非常に大きく迫力のあるエクステリアをしています。

運転しやすさをしっかり考えられたなかでの最大限の大きさでミニバンらしいスクエアな形をしています。造形的なかっこよさはありませんがシンプルな大きさがそのまま迫力になっています。

アルファードには標準的なボディとエアロボディの二種類のデザインがあります。

標準ボディ

アルファードは標準ボディだからといって迫力がないわけではありません。面長なフロントマスクにはメッキでしっかり囲まれた縦長の大きなグリルが鎮座しています。

そこにキリッとしたヘッドライト相まり、相手をにらみつける土佐犬のような表情をしています。

面長でボテッとした締まりのないデザインになりがちなミニバンのフロントマスク。そのウィークポイントをうまく利用し、逆に迫力のあるデザインにしています。

エアロボディ

標準ボディのフロントマスクの迫力をそのままに、メッキを再度グリルを囲むように使っています。

エアロボディらしいワイドな雰囲気を出し標準ボディとは違う力強さが感じられます。

その他にもサイドスカートやリアのエアロバンパーなども装着されており、全体的にスポーティなボディに仕上がっています。

アルファードの外装(エクステリア)に対する口コミ/評判の傾向

前期型より後期型がかっこいい

アルファードの前期型はブサイクだったから後期型になって購入した、という意見もありました。

フロントグリルのデザイン変更が主ですが、だいぶ違う顔になりましたね。ちなみにグリルが立体的で豪華になったとのことです。

だんだん見慣れてくる

最初は迫力がありすぎたり厳つすぎるなどやりすぎな雰囲気の漂う外観ですが、そのうち慣れてくるとのことです。

フロントフェイスがいやでこの車を悩んでいる人も、使っているうちに慣れてくることでしょう。

人気のカラーランキング

順位色/カラー
1位ホワイトパールクリスタルシャイン
2位ブラック
3位ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャイン

アルファードの人気カラーはこの様になっています。実はこのあともスパークリングブラックパールと黒色が続いており、定番の白黒ばかりが人気です。

白黒はリセールバリューも高く、車体に迫力の出しやすいカラーです。それら以外の色の選択肢はほとんどないでしょう。

アルファードユーザーの実際の口コミ

共通点の多いアルファードとヴェルファイア。違いは外側だけなので、角ばったデザインが好きならばヴェルファイアという選択肢もあります。

ただグレードによっては全長が大きく違ったりするので注意が必要です。

アルファードのデザインは発表に躊躇しそうなほど個性的に感じているそうです。ちなみに今はヴェルファイアよりアルファードのほうが人気があるそうですよ。

20系のアルファードは初代の面影がありましたが、30系には全く感じられないそうです。

車体デザインは20と30はほぼ同じなのにフロントマスクには初代のアルファードっぽさはありませんね。初代デザインが好きな人にとっては残念なようです。

アルファードの内装(インテリア)の口コミ/評判

評価
内装(インテリア)
(4.0)

アルファードの内装(インテリア)の特徴

アルファード シート

アルファードはトヨタ自身が高級車を謳うだけあってインテリアはとても高級感があります。

運転席周りはダッシュボードやドアトリムが高い位置にあり、高級車らしく運転手をしっかりと包み込むようなデザインです。

そのほかにもシートも大きくできており、乗員をしっかりとサポートしており疲れないようなものになっています。

インテリアパネルにも体の触れやすい部分にはちゃんとソフトパッドを使用し、目のつきやすい部分には木目調のパネルをしっかりと採用するなど、確実に高級感を演出しています。

アルファードの内装(インテリア)に対する口コミ/評判の傾向

とにかく高級感がある

質感はかなり高くシートもホールド性が高くとにかく高級感があるという意見が多くありました。

ソフトパットや木目調パネル、色の塗り分けなどさすがはトヨタと言いたくなるくらいの内装ですね。

スイッチ類がタッチパネルで指紋が気になる

エアコンパネルなどの操作スイッチがタッチパネルなので指紋が気になるとの意見がありました。

タッチパネル式は最近のはやりで、とてもきれいな見た目ですがきれいを維持するのは大変です。

収納が意外と少ない

ミニバンなのに意外と収納が少ないという意見がありました。どちらかというと多人数で乗車できる高級セダンのようなコンセプトなので、実用性はちょっと抑えてあるのかもしれませんね。

アルファードユーザーの実際の口コミ

アルファードのインテリアのこだわりに感服されているようです。これだけの車内空間で高級感をしっかり出すには相当気を使わなくてはなりません。やはり内装はトヨタですね。

ただ豪華すぎてまるでキャバクラのインテリアのようだという意見もあるようです。確かにこのインテリアのなかで接客されても文句はないかもしれませんね。

アルファードはグレードによっては3列全てに本革を採用しており、静粛性も高く非常に高級感があります。ただ感動のあまり日本語がおかしくなっていますね。

【アルファードの走行性能(走破性・安全性)の口コミ/評判】

評価
走行性能(走破性・安全性)
(4.0)

アルファードの走行性能(走破性・安全性)の特徴

アルファード 安全

十分な走行性能

アルファードには直列4気筒2.5Lエンジンとそこにモーターを追加したハイブリッド、そしてV型6気筒3.5Lエンジンの3種類のパワートレインを採用しています。

2.5Lエンジンは直列4気筒なので低回転からでも十分なトルクが有り、街なかで走る分には十分なパワーがあります。

ただこの2トン超えのボディを思い通りに動かそうと思うとやはり3.5Lのほうが余裕があります。

さらに今回は足回りもこれまでのトーションビーム式サスペンションからダブルウィッシュボーンに変更され、のり味が非常に良くなりました。

4WDで雪道も安心

アルファードにはガソリンモデルにもハイブリッドにも4WD設定があります。どちらもスタンバイ式の4WDなので、普通の雪道などであれば十分に走破性はあります。

ただ豪雪地帯や山道のような場所は車高も低く、駆動力もないのであまりお薦めはできません。

アルファードの雪道性能については、以下の記事でさらに詳しく解説しています。詳細を知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

トヨタ アルファードアルファード/ヴェルファイアは雪道に弱い?雪道走行の性能について徹底分析しました!

安心の予防安全装備

アルファードには最新の安全装備であるトヨタセーフティーセンスPが搭載されています。

レーザーレーダーやカメラ、ソナーなどで周りの状況を判断し、車両や歩行者に対する衝突予防、踏み間違いの防止アシストなどさまざまなサポートが付いています。

アルファードの走行性能(走破性・安全性)に対する口コミ/評判の傾向

2.5Lでも十分なパワー

2.5Lのエンジンでも十分なパワーが有り、快適だという意見もありました。

ただやはり上り坂であったり普通に乗っててもパワーが足りないという人もいます。ここは絶対に試乗で確認するべきポイントと言えます。

先進安全装備で運転がとても楽

自動でハイビームとロービームを切り替えてくれたり前車追従システムなど、安全装備のおかげで運転がとても楽だという意見が多くありました。

事故を予防するだけでなく積極的に運転に活用できれば便利なシステムですね。

アルファードユーザーの実際の口コミ

アルファードの車高の高さと重量の重さによって車の性能の基本を再確認されているようです。しかしこれだけ走行に不利な車体をしっかり動かせるアルファードの性能はすごいですね。

有名人の方の事故によって評判が悪くなっているようです。

しかしこれは性能限界を超えた使い方をしているから起こった事故なので、アルファードの安全装備の性能が悪いわけではありません。

アルファードの燃費の口コミ/評判

評価
燃費
(2.0)

アルファードの燃費の特徴

アルファードの燃費は以下のようになっています。

エンジンの種類燃費
2.5Lモデル12.8km/L
3.5Lモデル10.8km/L
ハイブリッドモデル19.4km/L

アルファードのパワートレインには燃費向上の目新しいものは採用されておらず、従来の機能を高めることで高い燃費性能と走行性能、そして信頼性を持っています。

アルファードの燃費に対する口コミ/評判の傾向

アルファードの実燃費は以下のようになっています。

エンジンの種類燃費
2.5Lモデル7~10km/L
3.5Lモデル6~9km/L
ハイブリッドモデル11~13km/L

それぞれカタログ燃費を60%程達成しており普通な燃費性能をしています。

カタログ燃費の達成率は60~70%ほどと言われているので十分な燃費性能を持っていると言って良いでしょう。

アルファードユーザーの実際の口コミ

アルファードやヴェルファイアでの移動が楽とわかっていても、燃費のことを考えてしまうと躊躇してしまうのがこのクラスです。アルファードで燃費は気にしてはいけません。

ハイブリッドでなくても平均燃費が12km/Lを超えているようです。高速道路をよく乗る方であれば燃費はよく伸びるようですね。

なんとアルファードハイブリッドで16km/Lという非常に高い数値を出しています。アルファードは乗り方によっては燃費が大きく変わってきます。

アルファードの乗り心地の口コミ/評判

評価
乗り心地
(3.0)

アルファードの乗り心地の特徴

アルファード フレーム

アルファードは背の高いミニバンなので視線が高く、見下ろすような体制で運転が楽なのが特徴です。シートのホールド性も高く、ドライビングポジションも最適に取れますので長時間の運転でも疲れにくいでしょう。

そしてミニバンは車体剛性が出にくいですが、スポット溶接の増加や接着剤の性能の向上がなされており、とてもしっかりとした剛性感があります。

そして足回りにはダブルウィッシュボーンサスペンションが採用されており、ハンドリングもミニバンにしてはキリッとしており、乗り心地は良いです。

車体剛性の増加とともに制震剤や防音材などの追加により車内の静粛性も向上し、アルファードの乗り心地は新しい次元に入ったといっても過言ではないでしょう。

アルファードの乗り心地に対する口コミ/評判の傾向

足回りがふわふわしている

全体的に足回りが柔らかく、ラグジュアリー感を感じるとの意見がありました。

硬めの足回りでしっかり走ってくれる車もいいですが、柔らかさを感じる乗り心地の車もいいですね。

18インチはゴツゴツしている。

アルファードの18インチモデルは突き上げを拾いやすく、ゴツゴツした印象があるとのことです。乗り心地優先ならば17インチのほうが乗り心地は良かったという声もあります。

アルファードユーザーの実際の口コミ

車体のでかいアルファードは乗り心地が良いようです。同乗者も快適というのはポイントが高いですよね。

現行アルファードは静粛性も高く、素晴らしい乗り心地だとのことです。前期型に比べ足回りも静音性も大きく向上しているので乗り心地は最高でしょうね。

乗り心地は最高なようですが、高速ではその柔らかい足回りが仇となり、ふわふわして気持ち悪いようです。しかも細かい振動を拾ってくれるためふわふわ具合が更に強まっているようです。

この辺にシビアな人はアフターパーツで足回りを固めたほうが良いかもしれません。

アルファードの広さ・居住性の口コミ/評判

評価
広さ・居住性
(5.0)

アルファードの広さ・居住性の特徴

アルファードの車内の広さは乗用車の中ではトップクラスの空間をしています。その空間を利用して最大8人乗車のタイプから豪華仕様で4人乗りのタイプまでさまざまな使い方があります。

8人フル乗車でも全席で十分な居住空間がありますし、3列目が必要ないときには2列めをロングスライドさせることで非常に広い空間を作り上げることができます。

搭乗車に不満を与えないさまざまなシートアレンジをしており、居住性は非常に高いです。

もちろんシートを格納することで床には非常に広い空間ができますし、シートはリクライニングすることでフラットにすることも可能です。座席をそのままベッドにすることができるので車内泊には十分な広さがあります。

アルファードの広さ・居住性に対する口コミ/評判の傾向

家族旅行でベッド代わりに使える

家族旅行の際に車中泊できるようになり宿泊代が浮いたとの意見がありました。それまで宿泊施設に使っていたお金が遊びに使えてうれしいとのことです。

3列目も十分に使えるシート

アルファードの3列目は普通の車のシートのように座れるという意見もありました。

3列目はほとんどの車がおまけのようなものですが、アルファードはアームレストもついており、座面も大きくとても快適です。このクラスになるとやはり居住性は強いですね。

アルファードユーザーの実際の口コミ

アルファードは2,3列目だけでなく運転席の広さも十分にあります。小柄な人から大柄な人まで十分に満足できる空間ですね。

アルファードはとても広い車内なのですが、3列目までフル乗車をしてしまうと荷室が意外と狭く、旅行には不便だったりします。

フル乗車が多い人はルーフキャリアなどの対策が必要かもしれませんね。

2列目の超ロングスライドをすると運転席との間が開きすぎて落ち着きません。車は広さも必要ですが適度な距離感も大切ですね。

アルファードの実用性の口コミ/評判

評価
実用性
(3.0)

アルファードの実用性の特徴

アルファード ラゲッジ

アルファードはミニバンらしくとても広い車内をしています。ですので車内空間の使い方は多彩です。

3列目を跳ね上げ収納することで広いラゲッジスペースが現れます。4,5人で出かける場合には十分な荷室と空間があります。

ただフル乗車の場合ラゲッジスペースは狭く荷物はほとんど載せられません。しかし実はラゲッジアンダーボックスがあるので底に収納が可能なのです。

そのほかにもシートアレンジによって2,3列目の片側だけを収納して、4人乗車+自転車を乗せるといった使い方ができるのもアルファードならではです。

もちろんスライドドア搭載のミニバンなのでお子様の乗せおろしはとても楽です。

ベビーカーなども立てたまま収納できますし、2列目のロングスライドモードであればそのまま乗せることができるので非常に便利です。

ただ地上高が高いのでお年寄りなど足腰が弱っている人の送迎には向かないでしょう。

アルファードの実用性に対する口コミ/評判の傾向

思ったほど荷物が詰めない

フル乗車した状態ではラゲッジスペースが少なく、積載性はよろしくないとのことです。

大人数で移動することが目的の車で人数分の荷物が詰めないのはちょっと考えものですね。5人乗車が前提なのでしょうか。

中型のバイクなら積載できる

シートを全格納することで中型のバイクを積載することができるようです。

ただ毛足の長い絨毯であったり高級感のあるインテリアなのに、汚れが目立ったり油臭いとかは嫌ですね。もしバイクを乗せることがある人はしっかり養生して載せましょう。

アルファードユーザーの実際の口コミ

助手席でリラックスできるスーパーロングスライドシートはガソリン車の一部のグレードのみに設定があります。

エアバッグの関係で助手席にお子様を乗せるのは怖いですが、これだけ距離があれば大丈夫かもしれません。それに2列めにお子様を乗せるよりも手が届きやすくて良いかもしれませんね。

なんと原付バイクをセカンドシートに積んでしまっています。荷物を運ぶ車として考えると非常に広くて実用性がありますね。

アルファードの故障・メンテナンスの口コミ/評判

評価
故障・メンテナンス
(4.0)

アルファードの故障・メンテナンスの特徴

メンテナンス

整備性について

アルファードは消耗品が少ないため、ほとんど自分でできるメンテナンスできる部分がありません。

オイル交換ぐらいしかありませんが車重も重くジャッキアップも大変なため、ご自身でオイル交換なども難しいです。整備工場などに任せたほうが良いでしょう。

オートスライドドアが壊れやすい

アルファードのオートスライドドアが重いせいか、ドアを引っ張るモーターがだめになりやすいようです。

開閉ができなくなったり最悪ワイヤーが切れたりということもあるようなので予兆が見えたら気をつけましょう。

ハイブリッドシステムのエラー

モーターとエンジンで走るハイブリッドはバッテリーの電圧やシステムの故障で動けなくなります。

駆動用のバッテリーは消耗していくもので長く使っていれば起こってしまうものです。ハイブリッドを購入される方はそのへんは割り切る必要があります。

とはいえどアルファードの故障・トラブルといった話はいうほどたくさん出てきません。それだけ故障の少ない車だと言えるでしょう。

アルファードの故障・メンテナンスに対する口コミ/評判の傾向

オイルが減ってしまう

アルファードの2.4Lエンジンはオイルが自然に減ってしまうことがあるそうです。

エンジンオイルが減ってしまうということは、エンジンの潤滑ができなくなるのでオーバーヒートなどの原因になり、非常に危険です。すぐにメンテナンスに出しましょう。

故障がほとんどない

なかには10万キロ以上走ってもほとんど故障らしい故障はなかったという意見も多くあります。しっかり作り込まれているようで安心の車ですね。

アルファードユーザーの実際の口コミ

どうやらパワースライドドアが何度か故障しているようです。初期不良であれば保証が効きますのですぐに購入ディーラーに持っていきましょう。

O2センサーは常に高温にさらされており故障のしやすい部品です。致命的な故障ではないようで良かったですね。

地球二周分ということで約9万キロでしょうか。故障無しでここまで走ることができるのはやはり品質がいいからですね。

アルファードの価格・値段の口コミ/評判

評価
価格・値段
(3.0)

アルファードの価格・値段

標準ボディ

グレード価格
2.5L X335.4万円
2.5L G418.5万円
3.5L GF463.2万円
3.5L ExecutiveLounge703.4万円
ハイブリッドX436.3万円
ハイブリッドG497.5万円
ハイブリッドGFパッケージ552.9万円
ハイブリッドExecutiveLounge735.8万円

アルファードには2.5Lと3.5Lのガソリンモデルとハイブリッドモデルがあります。ガソリンモデルとハイブリッドのおおよその価格差は100万円近くあります。

しかしエグゼクティブラウンジとなると価格差は30万円ほどに縮まります。

エアロボディ

グレード価格
2.5L S369.2万円
2.5L SAパッケージ390.5万円
2.5L SCパッケージ436.2万円
3.5L SC494.7万円
3.5L ExecutiveLoungeS718.3万円
ハイブリッドS461.0万円
ハイブリッドSR511.9万円
ハイブリッドSRCパッケージ567.4万円
ハイブリッドExecutiveLoungeS750.8万円

アルファードのエアロボディは基準車に比べ30万円ほど高い価格設定になっています。特にどれがお買い得ということもなく、価格相応の装備です。

歴代アルファードの中古相場

初代アルファードは発売が2002年からで16年が経っていますがいい値段で取引されています。

安いものでも15万円から、高いものでは160万円ほどと10年以上経過している車とは思えない価格をしています。相場として30万~70万円の個体が多く取引されています。

2代目のアルファードは2008年に発売し古いもので9年ほど経ちますが、中古価格はとても強気です。

安くても70万円からですし高いものでは430万円ほどと、新車が買えるほどの中古車価格をしています。こちらは相場として120万~300万円で取引されています。

現行モデルは2015年に発売され発売から3年ほどしか経過していません。ですので価格はまだまだしっかりしており、下は約280万円ぐらいからです。

高いものではなんと1200万円程のものもありますです。流通量が多い価格は300万円から600万円程度となっています。

アルファードの価格・値段に対する口コミ/評判の傾向

価格は高い

予想はしていたけど価格は高かったという意見が多くありました。好みの装備をつけていくと価格が予算を上回ってしまい、奥さんと喧嘩をしたという人もいました。

せっかくの高額の買い物なので仲良く相談しましょう。

かなり高額だけど下取りが高い

下取り時にはとても高額で下取りしてもらえるので、乗り換え前提の人には意外とお得だという意見もありました。

中古相場でもご紹介しましたがアルファードの中古価格は非常に高いです。将来乗り換える時の下取り額を考えると、そんなに高額ではないかもしれませんね。

奥様を説得するときの文句に使ってみてください。

アルファードユーザーの実際の口コミ

アルファードにはカタログにはないロイヤルラウンジという特別モデルも存在します。

そちらになるとマッサージ機能までシートに付いているそうです。この車は一体何になろうとしているのでしょうか。

アルファードの価格帯は最低335万円からです。アルファードの快適な車内を体感するならばやはりベンチシートの8人乗りよりも7人乗りのキャプテンシートのほうが快適ですね。

アルファードの維持費・税金の口コミ/評判

評価
維持費・税金
(2.0)

アルファードの維持費・税金の特徴

車 維持費

アルファードの維持費を下記の条件で計算します。

  • 年間走行距離約1万キロ程度
  • 旅行で1,000キロほど高速を使う
  • 車検及び整備の見込み費用として18万円

アルファードは排気量2,500cc、重量2.5トン未満のコンパクトカーです。自動車税、重量税、自賠責などかかる税金を年計算でだしてみると毎年82,915円が税金として請求されます。

税金以外でかかる費用はガソリン代、高速代や整備費そして任意保険を計算すると341,400円ほどになります。

先程の税金と合わせると年間維持費は424,315円です。ここに駐車場やローンの場合は車両の価格が上乗せされる形になります。ハイブリッドSRグレードは、60回ローンで月々102,000円程となります。

ですから維持費と合わせると月々が約138,000円で維持することが可能です。

アルファードは税金や燃料代が高額になる車種なので、たとえ一括購入したとしても維持をしていくだけでも結構な金額になります。

ミニバンを購入される方はお子様のこともあるので、ご家族と相談して購入を決めたほうが良いでしょう。

アルファードの維持費・税金に対する口コミ/評判の傾向

燃料代が高い

とにかく燃料代がきついという声を目にします。大型ミニバンなので燃費が悪いのは当然ですがお子様などにお金がかかるご家族にとってはとても大変なことと思います。

整備費が高額になる

高額な車なので故障したときにかかるお金はでかいとの意見もあります。

大掛かりな電子制御や複雑に張り巡らされたエアコンの配管など、アルファードは高級車でありながら大きな空間を持つ車です。

修理となると大掛かりになり、金額もそれなりにかかってきます。それが嫌になって手放したという人もいました。

アルファードユーザーの実際の口コミ

アルファードを購入に躊躇する理由の大部分がこの維持費のようです。もともと維持費などを気にして乗るクラスの車ではないので、維持費を気にする時点でこの車はやめたほうが良いでしょう。

維持費がやばくてゲームを売ってお金を作ろうとしているようです。車が大事なのであれば仕方がありませんが、こうなる前に手を打ちたいものです。

アルファードのグレード・仕様の口コミ/評判

評価
グレード・仕様
(4.0)

アルファードのグレード・仕様の特徴

アルファード フロント

アルファードはパワートレインにガソリンモデルとハイブリッドモデルの2つがあります。さらにそれぞれに標準ボディとエアロボディの2つから選べます。

張り出し感が強くスポーティなデザインが好みであればエアロボディを、高級な雰囲気で落ち着いたデザインが好みであれば標準ボディがおすすめです。

グレードは購入しやすい車両価格と維持費の安さであれば2.5Lのモデルを、アルファード本来の走行性能や高級感を感じたいなら3.5Lのガソリンモデルがおすすめです。とにかく燃料代を少しでも抑えたいということであればハイブリッドが良いでしょう。

ガソリンモデルはFFと4WDの両方から選ぶこととなりますが、ハイブリッドは最初から4WDです。

乗員定数でも選択肢が出ます。ベンチシートの8人乗りはSグレードやXグレードなど各モデルのベースグレードにしか設定はありません。7人乗りのシートは一般的なキャプテンシートの他に飛行機のファーストクラスのようなシートもあります。

グレード体系は非常に複雑なのでしっかり相談して確認したほうが間違いがありません。

アルファードのグレード・仕様に対する口コミ/評判の傾向

アルファードの人気グレードは標準ボディのXの8人乗りかエアロボディのSCパッケージが人気が高いようです。

8人乗りのシートが選べるのはXとSだけですので、8人乗車という実用性を優先する人にとってはそんなに高いグレードは必要ないのかもしれません。

SCパッケージはほとんどの装備が標準でついており、外観もエアロボディなので非常にお買い得感の高いモデルです。売れ筋はほぼこの2つだと考えて良いでしょう。

ExecutiveLoungeは価格が高額なせいか、それほど売れていないようです。

アルファードユーザーの実際の口コミ

ExecutiveLoungeは後席の広さと快適性は目を見張る者があります。しかし助手席は本当に助手が乗るような席で完全に忘れられています。これは運転手付きで乗る車ですね。

ロイヤルラウンジの後ろに乗ることができるなんて最高の送迎です。自分が偉くなったように錯覚できそうなので一度乗ってみたいです。

総評

ではここでアルファードの総評をしていきます。

アルファードの評価
外装(エクステリア)
(4.0)
内装(インテリア)
(4.0)
走行性能(走破性・安全性)
(4.0)
燃費
(2.0)
乗り心地
(3.0)
広さ・居住性
(5.0)
実用性
(3.0)
故障・メンテナンス
(4.0)
価格・値段
(3.0)
維持費・税金
(2.0)
グレード・仕様
(4.0)
総合評価
(4.0)

アルファードはミニバンを高級車といえるまでしっかりブランド力を磨き上げました。

内外装の迫力と高級感、居住性と実用性はまさにミニバンの高級車です。そして今まで高級車らしくないと言われてきた走行性能や車の構造面はしっかり進化し続けています。

迫力のある外観、高級感のあるインテリアは国産車の中ではなかなか右に出るものはいません。

ただやはりミニバンなので走行性能には限界がありますし車重の重さから燃費も悪く、このクラスの中でも維持費は高い部類になります。

迫力のある外観や周りへの威圧感が欲しい人や、とりあえずミニバンがほしいけど高級感もほしいという人にはおすすめでしょう。

ただミニバンなので燃費も悪く、走行性能も限界が低いため車としての魅力はありません。車の維持費で悩む人や運転して楽しみたいという人にはおすすめできない車です。