トヨタ アルファード/ヴェルファイアは高級ミニバンのベストセラーカーで、ファミリーカーとして幅広い世代に人気があります。

トヨタを代表する車に成長したアルファード/ヴェルファイアですが、その故障率っていったいどの程度なのでしょうか。

今回はアルファード/ヴェルファイアの故障率についてご説明します。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

アルファード/ヴェルファイアの故障率

トヨタ アルファード

アルファード/ヴェルファイアは2002年に登場したミニバンで、それまで高級ミニバン市場で圧倒的な人気を誇っていた日産 エルグランドに対抗するために投入されました。

そのもくろみは初代アルファード/ヴェルファイアで達成され、以降高級ミニバンというとアルファード/ヴェルファイアという構図が完成しました。

現在は3代目アルファードとなってさらに魅力が増しており、かなり高額の車であるにも関わらず販売は好調です。

以前はファミリーカーの頂点はトヨタ クラウンだったものが現在ではアルファード/ヴェルファイアとなっているほど人気が高く、トヨタの実質的なフラッグシップモデルと呼んでも差し支えないでしょう。(実際にはトヨタのフラッグシップはセンチュリーですが)

またトヨタといえば信頼性が高く故障率が少ないことで有名で、日本のみならず世界的に信頼のおける車と認識されています。

そんなトヨタの最上級車種のひとつであるアルファード/ヴェルファイアですから、故障率は少ないことが期待できますね。

今回は実際の故障率のデータをもとにアルファード/ヴェルファイアの故障率を見てみましょう。

なおアルファードの兄弟車であるヴェルファイアについても基本的な構造は全く同等ですので、本記事の説明で補完します。

アルファード/ヴェルファイアの故障率調査

車の正確な故障率は各メーカーが独自に調査してデータを所持していますが、そのデータはすべて社外秘のデータとなっており公開されません。

しかしそれ以外に民間の調査会社が調査した信頼性調査があり、こちらは公開されていて参考になります。

米国のJ.D. パワー社が毎年実施している自動車耐久品質調査では各国市場の実際のユーザーから故障件数を聞き取り調査してランキング形式で発表しています。

新車購入から3年~5年の間に起こったトラブルが対象なので、それなりに年数を経過した時点での故障率がわかります。

2017年 日本自動車耐久品質調査

ランキング メーカー スコア
1 トヨタ 59
2 レクサス 63
3 ホンダ 74
業界平均 74
4 メルセデス・
ベンツ
75
5 スズキ 79
6 三菱 80
6 日産 80
8 ダイハツ 82
8 スバル 82
10 MINI 88
11 マツダ 93

参考:2017年 日本自動車耐久品質調査

2017年の調査でトヨタは日本メーカーのなかでトップの故障率の少なさとなっており、2位は同メーカーのブランドなので除外するとして、3位のホンダよりも結構スコアで上回っています。

これを見てもトヨタ車は全般的に故障が少ないことがわかります。

またこの調査では各セグメントごとに故障率の少ない車を発表しているのですが、2017年はアルファードの属するラージクラスの台数が少なかったために対象外となっています。

しかし2015年の調査にはラージクラスのランキングがあり、アルファード/ヴェルファイアはここでもセグメントトップを記録しました。

2位もトヨタですので、トヨタのミニバンがいかに信頼性が高いかがわかります。

参考:2015年 日本自動車耐久品質調査(VDS) J.D. Power

アルファード/ヴェルファイアの故障率はミニバン系ではもっとも低いといえるでしょう。

アルファード/ヴェルファイアの耐久性

Shinichi Aさん(@yorozuya_shinchan)がシェアした投稿 -

アルファード/ヴェルファイアはミニバン随一の信頼性の高さを持ちますが、耐久性についてもかなりのものがあります。

一般的な車の耐久性の指標とされているのは新車から10年経過、もしくは走行距離100,000km経過ですが、故障率の高い車ではこれより早い時期にさまざまなトラブルが発生します。

とくに輸入車の場合は50,000kmを超えた辺りでトラブル発生が多くなる辺り、日本車と輸入車の故障に対する考え方が大きく違うといえるでしょう。

アルファード/ヴェルファイアの場合、オイル交換やバッテリー交換などの基本的なメンテナンスをしっかり行っておけば、100,000kmあたりまでノートラブルで走行できるのも珍しくありません。

車の設計自体がしっかりしているので消耗品以外の部品の耐久性も高いのです。

しかし100,000km付近ではさすがに定期交換部品がいくつも交換時期となるので、ノートラブルとはいきません。

定期交換部品さえかえてしまえば、まだまだ車自体は十分な耐久性を持っています。

中古車などで走行距離の多い車では注意しておいた方がよいでしょう。

中古のアルファード/ヴェルファイアの故障しやすさ

アルファード/ヴェルファイアの車自体の故障率の低さは中古車となっても変わりません。

中古のアルファード/ヴェルファイアでも5年落ち、50,000km走行ぐらいではほとんどノートラブルな中古車であり、故障の心配はほとんどないでしょう。

100,000kmに近づけば前述した定期交換部品の交換が出てきますが、それ以外には目立った問題は少ないと思います。

ただ後程ご説明するハイブリッドについては、100,000kmあたりで別のトラブルが出てきますので、中古車の場合でアルファードハイブリッドの高走行車には注意する必要があります。

アルファード/ヴェルファイアオーナーの評判

アルファード/ヴェルファイアの故障に関しては所有しているオーナーさんが一番ご存じです。

今回はTwitterからそういった評判を集めてみました。

270,000km走っても大きなトラブルなし

この方は270,000kmも乗り続けたアルファードとお別れされることになったようですが、その間大きな故障がなかったというのはすごいものです。

270,000kmとなるとなにもしない訳にはいかず定期交換部品をしっかり交換した上での距離でしょうが、それでもここまで無事にこれたのはオーナーさんの愛情あってこそでしょう。

これこそアルファードの耐久性を証明していることであり、適切なメンテナンスを行っていればこれほどの走行距離まで乗れる車なのです。

パワースライドドアの故障

この方のアルファードはパワースライドドアが故障してドアが開けっぱなしになってしまっているようです。

故障すると手動でも閉められなくなるので、防犯を考えるとシートでもなんでもふさいでしまわないといけません。

10年経過ということで車のさまざまな部品が経年劣化で交換が必要な時期ですので、パワースライドドアの部品もそうだったのでしょう。

10年越えると交換部品が増える

アルファードがいくら故障が少ないといっても先程のパワースライドドアとおなじく10年以上経過すると故障が出てきます。

この方のアルファードも12年落ちで、エンジンやポンプ系の部品にトラブルが出てきていますね。

ただ10年超えたからといって故障がすぐ増えるというわけではなく、走行距離もそれなりに多くなければ起こりません。

私ののっているアルファードも10年以上越えていますが、走行距離がまだ70,000kmでトラブルはでていませんね。

トヨタ車はわりと100,000km前後できっちりトラブルの有無がはっきり別れることが多いです。

もしアルファードの購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。

このやり方を知っているだけで数十万円は違います。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

アルファード/ヴェルファイアの故障事例

それではいくつかアルファード/ヴェルファイアの実際の故障事例をご紹介しましょう。

とはいってもほとんどが走行距離100,000km以上走ったあとに起こるようなトラブルばかりで、そこまでいかなければ故障はほとんど起こらないのがアルファード/ヴェルファイアです。

アルファード/ヴェルファイア ハイブリッドのトラブル

アルファードのハイブリッド

アルファード/ヴェルファイアには初代から現行の3代目に至るまで、バリエーション車種としてハイブリッドが設定されてきました。

ハイブリッドシステムはトヨタ プリウスなどと同じシステムですが、エンジンは車の大きさに合わせて2.4L~2.5Lまで大型化されています。

トヨタはハイブリッドカーも高い信頼性を持っており、プリウスをはじめとするハイブリッドシステムも簡単に故障するものではありません。

しかしハイブリッドシステムにも経年劣化による寿命があり、走行距離100,000kmを超えると部品の故障と部品交換が必要なトラブルが起きてきます。

アルファードハイブリッドも同様であり高走行の車に起こりますが、ハイブリッドシステムの中核であるインバータの故障と、駆動用の大型バッテリーの劣化が起こります。

インバータの故障

インバータはハイブリッドのモーターを制御する部品で、高電圧かつ高温を扱う負荷の高い部品です。

内部は精密な電子部品で構成されており、内部部品が100,000kmを目処に寿命設計されているのでそれを超えると基盤の破損やセンサーの劣化などが起こります。

そうなるとハイブリッドシステムのエラーとなり警告灯が灯るとともに、車は自走できなくなってしまうので別の手段で修理工場へ持っていく必要も出てきます。

インバータの修理は内部部品の交換では行われておらず、基本的にはインバータ全体のASSY交換となります。

そうなると部品代が高額で150,000円近く必要となることから、修理はせずに車を手放すか乗り換える人も珍しくありません。

注意しなければならないのは中古車であり、走行距離が増えて値段が下がったアルファード/ヴェルファイアはお買い得なのですが、ハイブリッドの場合は購入後に高額修理の可能性があります。

駆動用バッテリーの劣化

もうひとつハイブリッドシステムで寿命がくるのが駆動用バッテリーで、バッテリーは充電と放電を繰り返すと次第に容量と電圧が下がっていき、あるところまで来るとシステム的にバッテリー寿命と判断されて警告灯が点灯します。

そうなるとインバータと同様車は自走不可能な状態となります。

駆動用バッテリーの寿命は他の部品と違って走り続けていれば必ずいつかはくるもので、長く乗り続ければ続けるほどその可能性は高まります。

やはり中古車で注意が必要なポイントであり、高走行のアルファードハイブリッドには常に高額修理の可能性が付きまといます。

こちらも駆動用バッテリー全体の交換で修理できますが、部品代が非常に高額であり、200,000円〜300,000円ぐらいが相場です。

中古で出てきた高走行のアルファードハイブリッドは、前のオーナーがこの事を見越して手放した可能性もあり、中古車価格は当然ながらかなりさがります。

アルファードハイブリッドは大きなミニバンながら環境にも優しいイメージがありますが、長く乗り続けるには維持費がかなりかかる車でもあるのです。

パワースライドドアの故障

こちらの故障も走行距離が多いアルファード/ヴェルファイアに起こりがちですが、左右の電動パワースライドドアが故障してスライドドアが動かない、もしくは開きっぱなしで閉じない、全部開かず途中で止まる、などのトラブルが発生します。

この原因のほとんどは電気系統の経年劣化による故障であり、いくらトヨタといっても高走行車では故障が起こります。

パワースライドドアは使う頻度の多い箇所ですし、可動部分も多くもっていますので、電気系統の部品にいろいろな負荷がかかる箇所でもあります。

故障の原因はさまざまな箇所にあり、パワースライドドアのモーターや開閉を検知するセンサー、開閉動作を行う部品の破損まで多岐にわたります。

修理費用もそれに応じて変わってきますが、パワースライドドアの修理は結構高額であり、50,000円〜100,000円ぐらいは必要となってきます。

最悪パワースライドドア関連の部品をすべて交換という事態になると150,000円以上かかることも。

また注意しなければならないのは、パワースライドドアが故障した状態ではスライドドアの安全制御が働かないことがあるので、重たいドアに挟まれたりすることのないよう気を付けなければいけません。

もしくは開きっぱなしの場合には前述のツイートにあったように、暫定的にも閉めておかなければ防犯上危険でしょう。

2.4Lエンジンのオイル消費問題

外山哲也さん(@t_sotoyama)がシェアした投稿 -

アルファード/ヴェルファイアのエンジンは大きく分けて2種類設定されており、高性能の3.0L~3.5L V6エンジンと、一般仕様の2.4L~2.5L 直4エンジンにわけられます。

初代から現行に至るまでこの傾向は続いており、当然ながら価格の安い一般仕様のエンジンが人気です。

しかし2代目アルファードに搭載された2.4L 直4エンジンである2AZ-FEエンジンには固有のトラブルがあり、特定の運転条件を続けるとエンジンオイル消費が激しくなる不具合が発生し、最悪オイル切れでエンジンの焼き付きなどエンジン全体が破損するトラブルに繋がります。

どうやらピストンからのオイル漏れを防ぐピストンリングがシリンダーとわずかに隙間をもってしまい、それがエンジンの燃焼室にオイルを吸い上げてしまう原因となるようです。

数多く発生するのは中国のトヨタ工場で生産されたエンジンを搭載した車のようで、日本製のエンジンを搭載した方にはあまり起こらないようです。

エンジン自体は同じはずですが、設計段階でなにか違いがあるのか、生産段階で差が出たのかは不明です。

このトラブルはトヨタのHPでも対応が発表されており、リコールではないですが症状の起こった車は無償修理となるようです。

そこに発表されている運転条件とは、「中低速域から停止直前までブレーキを踏まずに減速するような運転」となっており、一般道路を走行する時にはよく行う運転です。

つまり普通に運転していてもこのトラブルは発生する可能性が高く、運行前点検やオイル交換の際などにオイルの量がどのぐらい減っているかを確認しておかなければ危ないということです。

リコールではないためすべての車が対象にはなっていませんが、可能性のある対象車種については通常の保証年数である5年を9年まで延長する措置がとられています。

アルファードと、その兄弟車のヴェルファイアでは以下の年式の車種が該当しますので、中古で購入される場合には一度確認しておいた方がよいでしょう。

対象車種 型式 車台番号 製作期間
アルファード

ヴェルファイア

DBA-
ANH20W
ANH20-8000000~
ANH20-8292717
平成20年4月~
平成25年7月
DBA-
ANH25W
ANH25-8000005~
ANH25-8047472
平成20年4月~
平成25年7月
DAA-
ATH20W
ATH20-8000001~
ATH20-8046302
平成23年7月~
平成26年10月

初期に製作されたアルファードやヴェルファイアだとそろそろ保証期間の9年を超えてしまう車も出ていますので、その後に同様のトラブルを抱えると有償修理となり100,000円以上の高額修理となるでしょう。

2代目アルファードの中古車購入の際にはしっかり気を付けておくべき点です。

参考:toyota.jp アフターサービス リコール等情報

アルファード/ヴェルファイアは買っても大丈夫か?

アルファード/ヴェルファイアはその高級さと快適さもさることながら、信頼性の高さはミニバン随一の性能を誇っており、古くならなければそうそう故障する車ではありません。

台数もかなりでていて中古車市場ではお手頃な車も増えてきているので、それなりにお買い得な車を買っても安心して乗っていられるくるまでしょう。

しかしハイブリッドだけは経年劣化による駆動用バッテリー交換がいつか必ず来ますので、長年乗り続けたり中古で購入する場合には、部品交換のことも把握しておかなければなりません。

それ以外の点ではほんとうに頼りになる車です。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

佐藤茂道
佐藤茂道
某自動車メーカーのエンジン部門で開発経験あり。子供の頃から車雑誌を切り抜きし、高校ではオートバイ・車にどハマりする。就職する際に、某自動車メーカーを選び、仕事でもプライベートでも車漬けに。今は日産スカイラインR33が愛車。