「トヨタのヴェルファイアを買おうと思ってるんだけど、内装はどんな感じ?」

「ヴェルファイアの内装を、メーカーサイトに載ってないような細かいところまで見たい!」

車を購入するとき、見た目や走行性能も大事ですが、内装がかっこいいかどうかも気になりますよね。

そこで、トヨタ・ヴェルファイアのすみずみまで写した内装写真を紹介します。

ヴェルファイアのフロント

ハンドルやメーターまわりはもちろん、乗車口ドアやシートの質感といった細かいところまで、徹底的にお見せします。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

ヴェルファイアの内装写真

それではさっそく紹介していきます。グレードはガソリンエンジンモデルのXです。

ヴェルファイアのコックピット

コックピットの全体の様子です。内装色はフラクセン。この写真で見ると黒い部分が目立っていますが、シートやドアトリムが白いので、車内のイメージは白い印象が強くなっています。

まずは運転席から見ていきましょう。

ヴェルファイアの運転席から見えるコックピット

運転席から見えるコックピットの全体です。シフトレバーまわりは木目調になっています。

ヴェルファイアのハンドル

ハンドルは、本革巻き4本スポークステアリングホイールです。まわりの○の部分から、まんなかのクラクションの部分に4ヶ所でつながっているのが4本スポークステアリングホイールの特徴です。

Xグレードにはついていませんが、グレードによってはハンドルにメタルウッドを使用していて、見た目、さわり心地ともに最高でした。

もしヴェルファイアを購入するなら、メタルウッドを使用しているグレードをえらぶことを強くおすすめします。

メタルウッドを使用しているグレードは、

  • V(ハイブリッド)
  • ZR(ハイブリッド)
  • VL(ガソリンエンジン)
  • V(ガソリンエンジン)
  • ZG(ガソリンエンジン)
  • Z ”Gエディション”(ガソリンエンジン)

の6種類です。

ヴェルファイアのハンドル右側のステアリングスイッチ

ハンドル右側の、ステアリングスイッチです。

マルチインフォメーションディスプレイの表示内容や、レーンディパーチャーアラート(ウィンカーを出さずに車線をはみ出してしまいそうなときに鳴る警告)のON・OFFをこれで切り替えます。

レーダークルーズコントロール(先行車と適切な車間距離をたもってくれる機能)の希望車間距離の設定も、このスイッチで切り替えます。

ヴェルファイアのレーダークルーズコントロールのON・OFFスイッチ

CANCEL・RES・HOLD・SETと書いてあるのが、レーダークルーズコントロールのON・OFFスイッチです。右側のステアリングスイッチのすぐ下についています。

ヴェルファイアのハンドル左側のステアリングスイッチ

ハンドル左側の、ステアリングスイッチです。オーディオの音量変更や、ハンズフリーで電話をかけたり受けたりするのに、この左側のスイッチをつかいます。

ヴェルファイアのウィンカーレバー

ウィンカーレバーです。ウィンカー点滅のほか、フォグライトの点灯・ヘッドライトの点灯・ハイビーム・ロービームの切り替えを行います。

オートモードにすると、対向車のヘッドライトを検知して、ハイビームとロービームを自動で切り替えてくれます。

ヴェルファイアのワイパーコントロールスイッチ

ワイパーのコントロールスイッチです。ウィンドーウォッシャー液による窓清掃も、このレバーで行います。

奥に見えるのは、「インストルメントパネル照度スイッチ」・「オドメーター/トリップメーター表示切り替えスイッチ」です。

インストルメントパネル照度スイッチとは、メーター照明の明るさを調節するスイッチです。

オドメーター/トリップメーター表示切り替えスイッチとは、マルチインフォメーションディスプレイの表示内容を切り替えるスイッチで、「外気温」や「航続可能距離」、「平均燃費」といった様々な内容に変更できます。

ヴェルファイアのメーター

ヴェルファイアのメーターです。左側がエンジンの回転数を表すタコメーターと水温計、右側がスピードメーターとガソリンメーターです。

2つのメーターの間には、マルチインフォメーションディスプレイがついています。

ヴェルファイアのエンジン稼働中のメーター

遠くてわかりにくいですが、エンジン稼働中はこのようになります(※この写真は私が運転しているときに同乗者が撮影したものです)。

文字盤が白くくっきり光っているので、暗い道でも見やすいです。デザインもヴェルファイアの高級感を損なわない、かっこいいメーターだと思います。

ヴェルファイアのカーナビ

標準装備のカーナビです。高精細9.2型TFTワイドタッチディスプレイを搭載していて、スマホのように指をスライドさせて操作します。

T-Connectというサービスも利用でき、エンジンをかけてボタンを押すだけで、最新の地図に更新できます。地図更新は初度登録日から3年間無料です。

ヴェルファイアのカーナビ右側のエアコン吹き出し口

カーナビ右側の、エアコン吹き出し口です。

ヴェルファイアのカーナビ左側のエアコン吹き出し口

カーナビ左側の、エアコン吹き出し口。DUALスイッチをオンにしていると、運転席側と助手席側で別々の設定温度の風を出すことができます。

ヴェルファイアのオーディオ操作パネルとエアコン操作パネル

カーナビの下の、オーディオ操作パネルとエアコン操作パネルです。

地上デジタルTVやラジオのほか、ブルーレイディスクの再生もできます。

エアコン操作パネルでは、設定温度の変更や、フロントガラス・リヤガラスのくもり止めのON・OFFを切り替えたり、内気循環モードと外気導入モードの切り替えも行います。

ヴェルファイアのエンジン稼働中のオーディオ操作パネルとエアコン操作パネル

エンジン稼働中はこんな感じです(※写真はZGグレード)。

青い照明がとてもきれいでかっこよく、先ほどのメーター同様、ヴェルファイアの高級感を演出している重要な部分だと思います。

ヴェルファイアのシフトレバー

エアコン操作パネルから手前に下がると、シフトレバーがあります。

木目調の部分が少しヤンキーっぽい感じがしますが、さわり心地はつるつるしていて気持ちよく、シフトレバー自体もしっかりにぎり込める形をしているので、操作しやすいです。

ヴェルファイアのシフトレバーの横のスイッチ

シフトレバーの右横には、

  • 「パーキングブレーキスイッチ」
  • 「ブレーキホールドスイッチ」
  • 「VSCオフスイッチ」
  • 「ドライブモード切り替えスイッチ(エコモード)」

がついています。

ブレーキホールドスイッチを押すと、停車中にブレーキペダルから足を離しても、ブレーキ状態が維持されます。長時間の運転で足がつかれてきたときに使用する機能です。

VSCとは、車両の挙動を安定させるシステムのことで、オンにしているとカーブを曲がるときや右左折時にスムーズなステアリング操作をアシストしてくれます。

ドライブモード切り替えスイッチを押せば、通常走行モードからエコモードへと切り替えることができ、燃費向上に役立ちます。

ヴェルファイアのドリンクホルダー

シフトレバーから手前に下がると、ドリンクホルダーです。

ヴェルファイアのIPA2スイッチ

ハンドルの裏に、「IPA2スイッチ」があります(写真まんなかのPと書いてあるスイッチです)。

IPA2とは、車庫入れや縦列駐車・出庫のときに、周囲の障害物を検知して、ステアリング操作を自動アシストしてくれる機能のことです。

ヴェルファイアのIPA2は車の前後だけではなく、側面の障害物も警告してくれるので、歩行者の巻き込み防止に役立ちます。

ヴェルファイアの運転席窓側のエアコン吹き出し口

運転席窓側の、エアコン吹き出し口です。ナノイーが出る機能つきです。

ヴェルファイアのパワードアオフ、オートマチックハイビーム、イグニッションスイッチ

エアコン吹き出し口から下に下がると、

  • 「パワードアオフスイッチ」
  • 「オートマチックハイビームスイッチ」
  • 「イグニッションスイッチ(スタートボタン)」

がついています。

パワードアオフスイッチとは、スライドドアの自動開閉機能をオフにするスイッチで、これを押すとスライドドアを手動で開け閉めすることになります。

オートマチックハイビームスイッチとは、対向車のライトを検知してハイビーム・ロービームを自動的に切り替えるスイッチです。

先ほどのウィンカーレバーでオートモード(もしくはハイビーム)にした状態でオンにすれば機能します。

ヴェルファイアのボンネット、給油口のスイッチ

3つのスイッチから下に下がると、ボンネットのロック解除スイッチと、給油口のオープンスイッチ。

ヴェルファイアのブレーキペダルとアクセルペダル

ブレーキペダルとアクセルペダルです。

ヴェルファイアの運転席のドアトリム

運転席のドアトリムです。

ヴェルファイアの運転席ドアトリムのアップ

運転席ドアトリムのアップ。木目調のメタルウッド部分はつるつるしています。黒い部分と白い部分は合成皮革です。

ヴェルファイアの運転席ドアのインナーハンドル

運転席ドアの、インナーハンドルです。

ヴェルファイアの運転席ドアのドアロック、パワーウィンドウスイッチ

運転席ドアの、ドアロックスイッチとパワーウィンドウスイッチ。

ヴェルファイアの運転席ドアのドアポケット

スイッチの手前には、ドアポケットがついています。

ヴェルファイアの運転席ドアのスピーカー

運転席ドアのスピーカー。

ヴェルファイアの助手席のドアトリム

助手席のドアトリムです。

ヴェルファイアの助手席ドアのインナーハンドル

助手席ドアの、インナーハンドルです。

ヴェルファイアの助手席ドアのパワーウィンドウスイッチ

助手席ドアの、パワーウィンドウスイッチ。

ヴェルファイアの助手席ドアのドアポケット

助手席ドアにも、パワーウィンドウスイッチの手前にドアポケットがついています。

ヴェルファイアの助手席ドアのスピーカー

助手席ドアのスピーカー。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

ヴェルファイアの助手席ドア側から見たコックピット

助手席ドア側から見たコックピット全体です。

写真の内装色はフラクセンですが、ほかにも「ブラック」・「ブラック&ホワイト」があり、えらんだ内装色によって、写真に写っている白い部分と木目調の部分の色が変わります。

ヴェルファイアの助手席から見たダッシュボード

助手席から見たダッシュボードです。

ヴェルファイアのダッシュボードのアップ

ダッシュボードのアップ。メタルブラウンウッドがつかわれている木目調部分は、つるつるしています。

ヴェルファイアの運転席ドア側から見た前部座席

運転席ドア側から見た、前部座席の様子です。ほかの内装色をえらぶと、シートの色が変わります。

写真のシート表皮はファブリックですが、グレードによっては「プレミアムナッパ本革」や「本革」、もしくは「合成皮革」になります。

ヴェルファイアの助手席ドア側から見た前部座席

助手席ドア側から見た、前部座席の様子です。

ヴェルファイアの助手席シートのアップ

助手席シートのアップ。

ヴェルファイアの助手席シートのさらにアップ

さらにアップ。ファブリック素材なので、すわり心地はやわらかいです。

ヴェルファイアの前部座席のヘッドレスト

前部座席のヘッドレスト。

ヴェルファイアの前部座席の室内灯

前部座席の室内灯です。ついているスイッチは上から、

  • 「ヘルプネットスイッチパネル」
  • 「パワースライドドアメインスイッチ」
  • 「リヤムーンルーフ開閉スイッチ」
  • 「室内灯のON・OFFスイッチ」

になっています。

ヘルプネットスイッチパネルを事故や急病といった緊急時に押すと、ヘルプネットセンターに電話がつながり、警察や消防に通報してもらえます。

パワースライドドアメインスイッチとは、後部座席のスライドドアを自動開閉するスイッチです。

リヤムーンルーフ開閉スイッチとは、リヤムーンルーフを後方に動かして開けるスイッチです。上方向に押すと自動で開き、下方向に押すと自動で閉じます。

室内灯は「運転席側のみ点灯」・「助手席側のみ点灯」・「両方点灯」・「ドアオープン時のみ点灯」・「消灯」の5パターンつかえます。

ヴェルファイアのルームミラー

ヴェルファイアのルームミラーです。

ヴェルファイアのデジタルインナーミラー

ヴェルファイアのルームミラーには、メーカーオプションで「デジタルインナーミラー」という機能をつけられます。

ミラーで直接後ろを見るのではなく、車体後部につけられたカメラで真後ろの交通状況を撮影し、ミラーについている液晶画面に表示するんです。

これがついていることで、後部座席にひとが乗っていたり、大きな荷物を積んでいても、真後ろの交通状況がクリアに確認できます。

写真では白黒で表示されているように見えますが、実際はカラーです(※この写真も私が運転しているときに同乗者が撮影したものです)。

ヴェルファイアの助手席のサンバイザー

助手席のサンバイザー(日よけ)です。

ヴェルファイアの助手席のサンバイザーのミラー

ふたを開けると、ミラーがついています。

ヴェルファイアの運転席のサンバイザー

運転席のサンバイザーです。

ヴェルファイアの運転席のサンバイザーのミラー

運転席側も、ふたを開けるとミラーがついています。

ヴェルファイアの後部座席のドアトリム

後部座席に行ってみましょう。こちらは後部座席のドアトリムです。

ヴェルファイアの後部座席ドアのインナーハンドル

後部座席ドアの、インナーハンドル。ヴェルファイアの後部座席ドアは電動式スライドドアなので、軽く引っ張っただけで自動的に開閉します。

ヴェルファイアの後部座席ドアのスピーカー

後部座席ドアのスピーカー。

ヴェルファイアの後部座席ドアのパワーウィンドウスイッチ

後部座席ドアの、パワーウィンドウスイッチ。

ヴェルファイアの後部座席ドアのドリンクホルダー

後部座席ドアの足元には、ドリンクホルダーがついています。

ヴェルファイアの後部座席ドアのもうひとつのスピーカー

ドリンクホルダーの手前に、もうひとつスピーカー。

ヴェルファイアの後部ドア側から見たセカンドシート

後部ドア側から見た、セカンドシートの全体です。

ヴェルファイアの後部座席ドアのエアコン吹き出し口

後部座席ドアの上、天井付近には、セカンドシート用のエアコン吹き出し口がついています。これのおかげで、広い車内でも暑さ・寒さの問題が起きにくくなっています。

エアコン吹き出し口の横についているのは読書灯です。

ヴェルファイアのセカンドシートのエアコン操作パネル

セカンドシートの天井の、エアコン操作パネルです。1つ前の写真で紹介した、セカンドシート用のエアコン吹き出し口から出てくる風の設定をこれで行います。

リヤムーンルーフ開閉スイッチがここにもついていて、セカンドシートにすわっているひとでも操作できるようになっています。

左側についているのはルーフカラーイルミネーション(天井に走る光のライン)のスイッチで、16色のカラーバリエーションと4段階の明るさのなかから好きなように設定可能です。こういう遊び心は、子供を乗せるときにとくに喜ばれそうです。

ヴェルファイアのリヤムーンルーフ

天井のリヤムーンルーフ。写真に写っているのは閉じた状態で、サンシェード(日よけ)だけが開いています。

ヴェルファイアのセカンドシートにすわって見た風景

セカンドシートにすわって見た風景です。

ヴェルファイアの後部ドア側から見たサードシート

サードシートに行ってみましょう。こちらは後部ドア側から見た、サードシートの全体です。

ヴェルファイアのサードシートの窓

サードシートにも窓がついています。

ヴェルファイアのサードシート左側のドリンクホルダー

サードシートの窓の下には、ドリンクホルダー。こちらは車両の左側の席です。

ヴェルファイアのサードシート右側のドリンクホルダー

車両右側のサードシートには、ドリンクホルダーが2つついています。

ヴェルファイアのサードシートのエアコン吹き出し口

サードシートの窓の上の、エアコン吹き出し口と読書灯です。

ヴェルファイアのサードシートにすわって見た風景

サードシートにすわって見た風景です。運転席はかなり遠くに感じます。

ヴェルファイアの荷室

最後は荷室を見てみましょう。ヴェルファイアはハッチバック式なので、バックドアがこのように開きます。

ヴェルファイアのサードシートを折りたたんだ状態の荷室

サードシートをこのように折りたたむと、サードシートがあった部分がそのまま荷室としてつかえるんです。

ヴェルファイアの右側サードシートを折りたたんだ状態

 

ヴェルファイアの左側サードシートを折りたたんだ状態

サードシートの折りたたみは、それほど力のない女性でもかんたんにできます。実際にこれを目の前でやってくれたのは、女性の係員でした。

ヴェルファイアの床下収納スペース

この床下も収納スペースになっています。

ヴェルファイアの内装全体を見た総評としては、ドアを開けて乗り込んだ瞬間から「これは高級車だわ」とうなってしまうような、高級感あふれる内装です。

とくに夜間はエアコン操作パネルの青を基調とした照明がきれいに映えて、イルミネーションを見ているような感覚になれます。

デジタルインナーミラーなんかは初めて見ると感動するレベルで、「見た目だけではなく機能的にも高級車なんだ」ということが乗ってみるとよくわかります。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

パワーボム
パワーボム
元パチスロライター。車とゲームとプロレス観戦(ノアファン)が大好き。21歳で免許を取ってから、車を乗り尽くす。家から700km、四国のなかを1400km移動し、また700kmの距離を帰るツアーで、四国八十八ヶ所巡りを車で成し遂げる。