1分で車を60万円値引きする裏技

トヨタ エスティマがキャンプに不向きな理由4つ

トヨタ エスティマはミニバンブームの火付け役になった車のひとつで、バンなのに流線型の車体デザインが革新的で大好評となりました。

そんなエスティマですが、ミニバンの見せ場のひとつであるキャンプではその使い勝手などはどうなのでしょうか?

今回はトヨタ エスティマがキャンプに向いているかどうかについてご説明しましょう。

エスティマがキャンプに不向きな点

エスティマに荷物を積む

エスティマが登場したのはなんと1990年とけっこう昔で、当時はその丸みを帯びた流線型デザインが珍しく非常に好評でした。

しかしその後ミニバンの主流は背の高いトールサイズミニバンとなっていき、エスティマのような背の低いミニバンは人気に陰りが出てきています。

それもあってか、現行型の3代目エスティマは2006年登場と割と古い車で、10年以上経過してもフルモデルチェンジの兆しはありません。

それでもエスティマのもつスポーティでスタイリッシュなデザインは人気は健在で、台数こそ出ないものの常にトヨタのラインナップには上がり続けています。

エスティマをキャンプで活用する場合一番気になるのはその積載性ですが、これに関しては背の高いトールサイズミニバンには及ばず、キャンプに向いているかと言えば少々微妙な立ち位置の車です。

8人乗りミニバンですので、当然SUVやセダン、コンパクトカーなどよりは積載量はあるものの、キャンプ用として考えるとどうしてもトールサイズミニバンとの差が気になってきます。

そこでまずは、エスティマがキャンプに向いていない点をご説明しましょう。

キャンプ用にはコスパがいまいち

エスティマをキャンプ用の車として考えたときに一番気になるのはトールサイズミニバンとのスペック差、および価格差です。

次の表にエスティマ、エスティマハイブリッドと、同じトヨタのトールサイズミニバンであるノア/ヴォクシー/エスクァイア ファミリー、アルファード/ヴェルファイア ファミリーを比較してみましょう。

項目エスティマノア/ヴォクシー/エスクァイアアルファード/ヴェルファイア
ガソリン車ハイブリッドガソリン車ハイブリッドガソリン車ハイブリッド
乗車定員7人~8人
エンジン・2AZ-FE型2.4L
直列4気筒DOHC
・2GR-FE型3.5L
V型6気筒DOHC
2AZ-FXE型2.4L
直列4気筒DOHC
3ZR-FAE型 2.0L
直4 DOHC
2ZR-FXE型 1.8L
直4 DOHC
・2GR-FKS 3.5L
V6 DOHC
・2AR-FE 2.5L
直4 DOHC
2AR-FXE 2.5L
直4 DOHC
全長4,795-4,820mm4,695mm-4,710mm4,915-4,935mm
全幅1,800-1,810mm1,695mm-1,730mm1,850mm
全高1,730-1,760mm1,825mm-1,870mm1,880-1,950mm
カタログ
燃費
・2AZ-FE型:
11.2km/L~
11.4 km/L
・2GR-FE型:
9.4 km/L~
9.8 km/L
17.0km/L~
18.0 km/L
14.0km/L~
16.0 km/L
23.8 km/L・2GR-FKS :
9.1km/L~
9.3 km/L
・2AR-FE :
11.4km/L~
12.4 km/L
18.4km/L~
19.4 km/L
価格3,312,655円〜
3,700,473円
4,352,400円〜
4,928,727円
2,466,720円〜
3,257,280円
3,014,280円〜
3,363,120円
3,354,480円〜
7,183,080円
4,363,200円〜
7,508,160円

※直列4気筒、V6、エンジンの詳細は以下の記事をご参照ください。

BMW 直4エンジン直列4気筒エンジンの特徴!どんな音?搭載車を日本車/外車の車種からそれぞれ紹介! フェアレディZ V6 エンジンV6エンジンの特徴!どんな音?搭載車を日本車/外車の車種からそれぞれ紹介!

さてエスティマの価格帯は、ミドルサイズミニバンのノア/ヴォクシー/エスクァイアと高級ミニバンのアルファード/ヴェルファイアの間です。

とはいっても最低価格を見ればアルファード/ヴェルファイアと近い価格帯になっており、ガソリン車もハイブリッドも同様です。

加えてエンジンスペックや燃費の面でもアルファード/ヴェルファイアとほぼ同等であるにもかかわらず、車のサイズ、特に全高には大きな差があります。

この価格差でキャンプでの利便性を求めるのならエスティマよりもアルファード/ヴェルファイアがよいのは確かですし、普段の使い勝手も良いでしょう。

トヨタアルファードアルファード(ヴェルファイア)がキャンプに最適な理由7つ

また価格を優先するのであれば、全長、全幅の面ではわずかに劣るものの全高が大きなノア/ヴォクシー/エスクァイアがベストでしょうし、燃費の面でも大きな差があります。

キャンプ中のヴォクシートヨタ ヴォクシー/ノアがキャンプに最適な理由4つ

こうして比較してみるとエスティマは価格でもスペックでも中途半端な立ち位置にあり、利便性を考えるとエスティマは選択肢からはずれがちになるでしょう。

カッコいいエスティマですが、ミニバンでキャンプに向いている車はトヨタにも他にありますし、他車のトールサイズミニバンも対象となるので、エスティマの出番が少ないです。

なおエスティマの燃費については以下の記事でさらに詳しく解説しています。詳細まで知りたい方はこちらもご参照ください。

トヨタ エスティマエスティマの燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!

ミニバンとして標準的な積載量

エスティマの車体サイズは前述したようにトールサイズミニバンより小さいのですが、それに比例して積載量も少ないです。

ミニバンとしては十分な積載量があるエスティマですが、キャンプとなると少々手狭です。こちらも荷室寸法を表にまとめてみましょう。

部位エスティマノア/
ヴォクシー/
エスクァイア
アルファード/
ヴェルファイア
荷室幅1,265mm985mm920mm
荷室高さ1,075mm1,240mm1,150mm
荷室長さ3列目シートあり565mm420mm240mm
2列目シート最後端820mm900mm1,250mm
2列目シート最前端1,640mm1,710mm1,955mm

このようにエスティマの荷室はトールサイズミニバンより高さでも奥行きでもすこし劣っており、容量が少な目です。

一点、荷室幅だけはエスティマが勝っており、これはトールサイズミニバンがどちらも3列シートが跳ね上げ式であるのに対し、エスティマは床下に仕舞えるためです。

とはいえ荷室全体から見ればやはりエスティマは小さめで、キャンプ用品の量と大きさにはよりますが、荷物は少な目にせざるをえないでしょう。

キャンプが不可能なほどではないものの、価格を考えるとやはりトールサイズミニバンのほうが便利でしょう。

ルーフキャリアの設置も視野に

エスティマでキャンプ用品をしっかりのせようと思ったら、ルーフキャリアはあったほうがよいでしょう。

ルーフキャリアは屋根の上に荷物をのせることができる装備で、荷物をくくりつけるキャリアやルーフコンテナがあります。

これがあればトールサイズミニバン並みの荷物を載せることができるのですが、エスティマの魅力であるスポーティなデザインをいくぶんかそこなってしまいます。

また車重が重くなることや、空力的に邪魔なものが屋根の上に乗るので、燃費も悪化傾向となり、日常使いでは邪魔になってしまいます。

ルーフキャリアぜひともほしい装備ですが、デメリットも考えなくてはいけません。

車中泊には少々手狭

エスティマのシートアレンジ

エスティマはシートアレンジによって2列目と3列目シートでフルフラットにすることができ車中泊ができるのですが、やはり車高が低い分手狭です。

エスティマで車中泊をするときにはシートアレンジに加えて車中泊用のマットを使うことで快適に過ごせるのですが、シートの上にさらにマットを敷くので天井までの高さが狭くなります。

また奥行きも170cm~180cmといったところなので、男性ではちょっと窮屈に感じるでしょう。

最近は荷物を減らして車中泊でキャンプするのが流行っていますが、エスティマでも不可能ではないとはいえもう少し高さがほしいところです。

MEMO

なお正しいやり方で値引き交渉をすればもう少し安い価格で購入できます。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

エスティマがキャンプに向いている点

街中のエスティマ

エスティマは決してキャンプに向いていないわけではありませんが、現在ではもっと便利な車があるのも事実です。

しかしエスティマがほかのトールサイズミニバンよりキャンプに向いている点といえば、そのデザインの良さに他なりません。

ポイント

エスティマのデザインははじめて登場した時から先進的でしたが、現在でも通用する非常に優秀なデザインです。

スポーティさとバンとしてのファミリーカーとしてのデザインがうまく融合しており、ほとんどの人が見てカッコいいと感じるものです。

年に数度のキャンプにはできるだけカッコいい車でいきたいもので、ステーションワゴンやSUVなどがキャンプ場にはピッタリです。

トールサイズミニバンは便利なのですが、どうしてもデザイン的にはファミリーカーの雰囲気が強く、キャンプのもつ非日常的な雰囲気には馴染みません。

その点エスティマは持ち前のスタイルのよさがキャンプにはぴったりであり、トールサイズミニバンでは実現できない点でしょう。

あとはこれはエスティマに限らず日本車ならほとんどの車に当てはまることではありますが、故障をしにくいのも非常に良い点でしょう。トヨタ車の車なので品質が高く安心して乗れるので、キャンプにはまさに最適。

エスティマの故障率については以下の記事でも解説しているので、こちらも参考にしてみてください。

3台のエスティマエスティマは故障が多い?壊れやすいのか故障率をもとに解説!

エスティマをキャンプで使用した人の評判

エスティマでキャンプをした人の実際の評判がTwitterに投稿されており、今回はその中から3件ご紹介します。

荷物がぎゅうぎゅう

この方はエスティマにキャンプ用品を満載した画像を投稿されていますが、けっこうぎゅうぎゅう積めになってしまっています。

何人でのキャンプなのかはわかりませんが、エスティマでは高さがないので荷物がけっこう積み上がってしまうのは仕方ありません。

こうなるとトールサイズミニバンがほしくなってしまいますね。

4人家族でも1台でこなせる?

キャンプ場でエスティマで来ている人の目撃談ですが、4人家族でエスティマ1台でこなすこともできるようです。

荷物が信じられないほど少ないとのことなのできっとキャンプ慣れした家族なのでしょうが、うまくキャンプ用品を選定しないとそうはいかないでしょう。

エスティマでキャンプをこなすにはキャンプ用品の選別が特に重要です。

エスティマはやっぱり狭い

エスティマからミドルサイズのトールミニバンである日産 セレナに乗り換えると、やはり室内がかなり広く感じるようです。

セレナも前述したヴォクシーなどと同サイズの車ですが、現在のミニバンの主流は日常使いもキャンプのようなイベントもこなせるトールサイズミニバンなのです。

エスティマは非常によい車ではありますが、スタイルはともかく利便性で劣っているのがキャンプにイマイチなのです。

エスティマの口コミ・評判は以下の記事でもまとめているので、詳細まで知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

トヨタ エスティマエスティマの口コミ評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

キャンプに向いている車は他にもございますので、こちらの記事も参考にしてみてください。

エルグランドの室内日産エルグランドがキャンプに最適な理由3つ カングーの後部座席ルノーカングーがキャンプに最適な理由5つ