1分で車を60万円値引きする裏技

アルファードの燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!

トヨタのフラッグシップミニバン、アルファード。

その広くて高級感のある車内は使い勝手がよく、リラックスした移動の両方に最適です。

お子様のいる親御さんから著名人の送迎車にまでさまざまな用途に使われているとても人気があるミニバンです。

そんなアルファードの燃費性能ですが、実際はどうなのでしょうか。

ここではアルファードの燃費について解説していきます。

アルファードの燃費・実燃費

トヨタ アルファード

まずはアルファードの燃費を見ていきます。ガソリンモデル、ハイブリッドモデルそれぞれのカタログ燃費と街乗り・高速燃費をチェックしていきます。

ガソリンモデルの燃費・実燃費

ガソリンモデルはカタログ数値は2.5Lモデルで12.8km/L、3.5Lモデルで10.8km/LとLLクラスミニバンらしい数値です。では実燃費を確認してみます。

燃費の種類3.5L2.5L
カタログ燃費10.8km/L12.8km/L
街乗り燃費6~9km/L7~10km/L
高速燃費10~12km/L10~13km/L

おおよそこのような数値になりました。カタログ燃費達成率は60%前後なのでぼちぼちな結果です。しかし高速燃費は最大でカタログ燃費を超える数値を出しており優秀です。

ハイブリッドモデル

ハイブリッドモデルはカタログ数値で19.4km/Lです。車体の割に非常に燃費の数値が良いですが、実燃費はどうでしょうか。

燃費の種類数値
カタログ燃費19.4km/L
街乗り燃費11~13km/L
高速燃費13~16km/L

実燃費はこの様になりました。こちらのカタログ燃費達成率も約60%前後とぼちぼちの数値です。

ガソリンモデル・ハイブリッドモデルともにカタログ燃費の60%を記録しています。

一般的に実燃費はカタログ燃費の6~7割ほどだと言われていますので、アルファードの燃費性能はそこそこだと言えます。

とはいえどもともと燃費の良い車ではないので絶対的な数値としては低いです。ただ高速燃費ではカタログ数値を超えることが多いので、燃費が気になる人は高速専用機にするのも一つの手です。

アルファードの燃費の口コミ

では実際にアルファードに乗っている人は燃費についてどう感じているのでしょうか。

ツイッター上から実際のユーザーの声をご紹介していきます。

アルファードやヴェルファイアでの移動が楽とわかっていても、燃費のことを考えてしまうと躊躇してしまうのがこのクラスです。アルファードで燃費は気にしてはいけません。

ハイブリッドでなくても平均燃費が12km/Lを超えているようです。高速道路をよく乗る方であれば燃費はよく伸びるようですね。

なんとアルファードハイブリッドで16km/Lという非常に高い数値を出しています。アルファードは乗り方によっては燃費が大きく変わってきます。

アルファードの歴代の燃費・実燃費

高速走行でやっと二桁台の燃費性能のアルファードですが、歴代のアルファードの燃費はどうだったのでしょうか。ここでは歴代アルファードの燃費を確認してみます。

10系の燃費・実燃費

 

View this post on Instagram

 

竹葉将志さん(@t.masashi20)がシェアした投稿


発売後爆発的人気を博し、高級ミニバンとしての地位を築き上げた初代モデル。そんな10系のアルファードには当時すでにハイブリッドモデルもありました。

10・15モードのカタログ数値は2.4Lモデルで9.7km/L、3.0Lモデルで8.9km/Lです。ハイブリッドでは17.2km/Lという数値です。

しかし実燃費は2.4Lモデルで5~9km/L、3.0Lモデルで5~8km/Lです。ハイブリッドでは7~10km/Lとなかなか厳しい燃費性能でした。

燃費の種類ハイブリッド2.4Lガソリン3.0Lガソリン
カタログ燃費17.2km/L9.7km/L8.9km/L
街乗り燃費7~10km/L5~9km/L5~8km/L
高速燃費10~14km/L8~10km/L8~10km/L

20系の燃費・実燃費

 

View this post on Instagram

 

Y.Takiさん(@taki.alphard)がシェアした投稿


2008年に登場した2代目アルファード。このモデルから兄弟車のヴェルファイアが登場し、アルファードと高級ミニバン2本立ての車となりました。

カタログ燃費は2.4Lモデルで11.6km/L、3.5Lモデルで9.5km/L。ハイブリッドは16.2km/Lでした。

実燃費は2.4Lモデルで6~9km/L、3.5Lモデルで5~8km/Lです。ハイブリッドで8~11km/Lです。ガソリンモデルはほとんど燃費は変わりませんが、ハイブリッドモデルは若干伸びています。

燃費の種類ハイブリッド2.4Lガソリン3.5Lガソリン
カタログ燃費16.2km/L11.6km/L9.5km/L
街乗り燃費8~11km/L6~9km/L5~8km/L
高速燃費11~15km/L10~12km/L10~12km/L

発売当初からハイブリッドモデルをラインナップし、燃費性能の高さでも他車との差別化を行い高級ミニバンとしての強力な礎を築いたアルファード。

今でもアルファードが高級ミニバンとして市場を牛耳っているのは当初からのこういった戦略によるものでしょう。

アルファードの燃費の理由

アルファードは運転する人によっては燃費が伸びたり、思った以上に落ちたりとさまざまです。アルファードの燃費を左右させるのは一体どんな理由があるのでしょうか。

効率の良い変速

アルファードはパワートレインに合わせて一番効率のいいギアで変速できるようになっています。

2.5Lエンジン、ハイブリッドシステムはCVTで走行するため、エンジンパワーが多少足りなくても効率のよい変速で走行できます。

3.5Lエンジンは8速の多段ATなのでエンジンの効率の良いパワーバンドを使えるので、燃費の良い効率的な加速からダイレクトでパワフルな走りまでさまざまな走りができます。

これらのミッションによってエンジンの効率の良いところが使えるので、燃費の良い走りができるようになっています。

ハイブリッドモデルにアトキンソンサイクルエンジンの導入

現行モデルからハイブリッドシステムのエンジンには無駄な燃料消費を抑えるアトキンソンサイクルが採用されました。

吸気バルブの閉じるタイミングをずらすことで混合気をインマニに戻し、少ない燃料でエンジンを回すことができます。

そのかわり本来の排気量よりも使用する燃料が減っているのでパワーは落ちてしまいます。

しかしハイブリッドであればもともとモーターというアシストもあるのでそこまで問題になりません。とても効率の良いシステムになりました。

では次に悪い理由を見ていきます。

車重の重さ

アルファードの燃費の悪い原因のダントツは車重の重さです。本来1.5tほどの車体を動かすための2.5Lエンジンで2tものボディを動かそうとしているのでかなりムリがあります。

しかもミニバンなので乗車人数も多く、フル乗車の状態と慣れば最大440kgもの重量が増えます。

これだけの重量ではエンジンをぶん回すことになるので燃費の悪化は免れないでしょう。

空気抵抗の強いボディ

ミニバンではどうしても避けられないのがこの空気抵抗です。真四角のボディでは空気の抵抗を受ける面積が非常に大きくなります。空気抵抗は速度の二乗で強くなります。

高速走行などで時速100km以上で走っている場合は空気抵抗は時速60キロの倍ほどになるので、燃費の悪化は免れないでしょう。

アルファードの燃費改善・向上方法

走っているアルファード

構造上燃費の伸びにくいアルファード。なんとか燃費を良くする方法はないでしょうか。ここではアルファードの燃費を向上する方法をご紹介します。

パワーが足りないからとアクセルを踏み込まない

アルファードの2.5Lモデルはいくら十分なパワーだと言われても、車体重量に対しエンジンパワーが足りません。

なので普通の車のように加速させようと思うとアクセルを踏み込まないといけません。これでは当然燃費が悪くなります。

ですのでこの車は速く走るためのものではなく、燃費良く移動するための車だというふうに認識を変えましょう。

勢いのある加速をせずにゆっくりと、タコメーターで2,000回転ぐらいを目安に走ることで効率良く走れます。

レーダークルーズコントロールシステムを使う

アルファードには速度を一定で前車に追従走行できるレーダークルーズコントロールがついています。車の不要な加減速は燃料消費を促進します。

高速道路やバイパスのような速度一定で走れるような環境では、レーダークルーズコントロールを積極的に使用することで、燃料消費を抑えることができます。

出だしはモーターで走らせる

アルファードハイブリッドに限らず車は走り出しが一番燃料を消費します。ところがアルファードハイブリッドはその一番燃焼効率の悪い部分をモーターで走らせることができます。

出だしはできるだけクリープ現象や軽いアクセルで操作をし、そこからは必要に応じて加速させます。これを意識するだけでかなりの燃料消費を抑えることができます。

アルファードの燃費を他の車と比較

アルファードの燃費はそれなりの性能ですが、ライバル車たちの燃費はどうでしょうか。

ここでは比較に上がりやすい日産のエルグランド、ホンダのオデッセイ、ベンツのV220と比較していきます。

メルセデス・ベンツ V220

メルセデス・ベンツ Vクラス

V220はメルセデス・ベンツの販売する車で、ドイツで作られたミニバンで車内の高級感やデザインは国産車とは一線を画する出来の車です。

さらに欧州らしく搭載しているエンジンは2.2Lディーゼルエンジンでとてもパワフルな走りです。

V220dのカタログ値は15.3km/Lです。2.5tもの重量を動かしていると思うと驚異的な数値です。しかしハイブリッドシステムを積んだのアルファードにはかないません。

燃費の種類数値
カタログ燃費15.3km/L
街乗り燃費10~12km/L
高速燃費11~14km/L

実燃費を見ていくとやはりハイブリッドのアルファードのほうが燃費性能が良いという結果です。

ただディーゼルとハイブリッドでは燃料代の差額もでますのでその辺りの考慮が必要です。

走行性能ではV220のほうがパワーやダイレクト感があるため運転が楽しく、その辺りでどっちを優先させるかが分かれ目になるでしょう。

ホンダ オデッセイ

ホンダ オデッセイ

オデッセイはホンダの販売するスポーティな走行性能が自慢の大型ミニバンです。ハイブリッドモデルやスポーツタイプなどアルファードと似たようなラインナップです。

カタログ燃費の数値はアルファードよりも数値が高くガソリンモデルで14.0km/L、ハイブリッドで26.0km/Lです。では実燃費を見ていきます。

燃費の種類ハイブリッドガソリン
カタログ燃費26.0km/L14.0km/L
街乗り燃費12~16km/L8~10km/L
高速燃費17~21km/L10~13km/L

燃費性能ではオデッセイの圧勝です。このクラスのミニバンでこれだけの数値を出す車はそうそういません。

経済性と走行性能で考えればオデッセイの勝ちです。ただ圧倒的な車内の広さが欲しい場合にはアルファードとなるでしょう。

日産 エルグランド

日産 エルグランド

実は高級ミニバン市場を最初に開拓したのが日産のエルグランドです。2代目にモデルチェンジしたときに市場のニーズに答えられず、アルファードに販売台数で大きく引き離されてしまいました。

それ以来ひっそりと販売されており、最近ではモデルチェンジはおろか仕様向上などもなく、完全に差がつけられてしまいました。

燃費を見ていくとカタログ値が2.5Lで11.6km/L、3.5Lは9.8km/Lです。実燃費を見ていきます。

燃費の種類2.5L3.5L
カタログ燃費11.6km/L9.8km/L
街乗り燃費8~10km/L6~8km/L
高速燃費10~13km/L8~12km/L

実燃費ではどちらのモデルもそこまで変わりませんが、やはりアルファードに若干負けている感じはあります。

ボディデザインや走行性能はエルグランドのほうが良くできていますが、このクラスのアイデンティティである迫力と中の広さではどちらもアルファードに譲ってしまいます。あえてエルグランドを選ぶ理由はないでしょう。

燃費を気にするならアルファードには乗らないほうが良い

アルファードは大空間高級サルーンとして登場しました。

迫力のある大きな車体、高級感のあるインテリア、大排気量と燃費の良い要素がほとんどありません。

燃費を気にした安全運転をすることで多少の燃費の改善は期待できますが、絶対的な数値はそれほど高くありません。燃費を気にして乗っているとそのうち生活に負担が来るのでやめたほうが良いでしょう。

燃費性能は車に合わせた走り方をすることによって大きく変わってきます。こちらで紹介した方法などを参考にして、燃費の良い走りを研究してみてください。