1分で車を60万円値引きする裏技

【画像】ヴェルファイアはかっこいいのか?デザインについて徹底分析!

トヨタのフラッグシップミニバンであるヴェルファイア。

子供のいる親御さん世帯から著名人の送迎車までさまざまな用途に使われる非常に人気があるミニバンです。

それなりの高額車であるにもかかわらず、このクラスでは他を圧倒するセールスを記録しています。

国産車最大級の広さと高級感のある車内インテリア、そして威圧感のあるデザインが特徴的ですが、はたしてヴェルファイアのデザインはかっこいいのでしょうか。

ここではヴェルファイアのデザインについて解説していきます。

ヴェルファイアのデザインの特徴

トヨタ ヴェルファイア

近年のトヨタのデザインはやりすぎと言われるくらい派手で突拍子もないデザインを採用することがあります。

このヴェルファイアもご多分に漏れず所謂”やりすぎ”なデザインと評価されることが多いです。

ではそんなヴェルファイアのデザインの特徴について解説していきます。

スクエアなボディ

ヴェルファイア 後ろから

ヴェルファイアは大型ミニバンであり高級感などと言った付加価値もありますが、まずは中の広さが非常に重要です。

ポイント

ヴェルファイアの場合は車内空間をできるだけ大きく取るために、大きな箱型のスタイルになっています。そのためスタイリッシュなボディを作るのは容易ではありません。

残念なことにヴェルファイアの場合はそのとおりスタイリッシュなボディとは言えないデザインになっています。

ボディサイドから見ると、ガラス面が高い位置にあり外板の面積が大きく取られています。しかもプレスラインも入っているのかどうかわからないような非常に曖昧な感じで、きれいな造形とは言えません。

高い位置にあるガラスとただ広いだけの外板のせいで、重心の高い不安定なデザインを強調してしまうのでスマートだとは言い難いでしょう。

リアビューも同じでガラスとリアコンビエーションランプの位置が非常に高く、バンパーも下にすぼまっていくデザインのため宙に浮いているようなデザインになっています。

さらにこんな四角い形でありながらシャークフィンアンテナがついており、なんとなく高級車らしくするためにつけましたという雰囲気がトヨタのデザイナーの陳腐さを物語っています。これではスタイリッシュでかっこいいスタイルとは言えません。

ゴリラモチーフのフロントマスク

ヴェルファイアのフロント

”俺はお前が諦めた全てだ”と語りかけてくるゴリラのCMが印象的でしたが、まさしくヴェルファイアのフロントマスクのデザインはゴリラのような顔をしています。

トヨタの意匠デザインのキーンルックとは違うアプローチで、直線を多用したデザインで尖った感じを表現してあります。

左右のヘッドライトユニットが目のように、そしてポジションランプが眉間から眉毛の先のようなデザインで厳ついアイラインを強調しています。

しかしこのままでは直線的な細いデザインであるために下半分に大きな空白ができてしまいます。

そこを埋めるためにメッキで強調した大型のバンパーグリルのようなデザインを左右に入れています。これによって幅広感と低重心感が演出されておりエアロらしいデザインでうまく作り込まれていますね。

これは標準車とエアロタイプと見比べてもらえばわかると思いますが、標準車は上半分はヴェルファイアらしくできていますが、下半分は諦めてしまったのかな、というくらい空白の多いデザインです。

しかもその空白もわざとというよりは入れるものがなかったというような空白で、かわりにメッキ入れておけばいいか、とでも考えられたんじゃあないかと勘ぐってしまうようなデザインです。

ポイント

というわけでヴェルファイアのフロントデザインの一番特徴的なのが、これでもかというくらいに大盤振る舞いしているシルバーのメッキです。

いかつさを表現しているのか、高級感を出しているのかわかりませんが、このメッキのおかげでデザインが活きているのは間違いがありません。

高級感のある車内

ヴェルファイアのインテリア

ヴェルファイアの重要な部分というと、広くて居心地の良い車内です。ここはさすがはトヨタ、作り込んだデザインを見せてくれています。

運転席周りはダッシュボードやドアトリムが高い位置にあり、高級車らしく運転手をしっかりと包み込むようなデザインになっています。

そのほかにもシートも大きくできており、乗員をしっかりとサポートしており疲れないようなものになっています。

手の触れやすい部分にはしっかりとソフトパッドを使用していますし、目のつきやすい部分には木目調のパネルをしっかりと採用し高級感をしっかり演出しています。

高級外車のような、細部までしっかりと作り込んで素材までこだわったというようなインテリアではありませんが、パっと見ちゃんと高級車のように見えるように作り込まれているデザインはさすがトヨタだと言えるでしょう。

やりすぎなまでに派手

メッキを多用することで派手派手しく威圧感のあるフロントフェイスを作り出しておきながら、実用性一点張りで造形的な美しさのないボディスタイルになってしまったアンバランスなスタイル。

そして木目調のパネルとソフトパッドで高級感を出せば高級車でしょう、と言わんばかりの内装です。

フロントマスクだけにきっちり気合が入っていながら他がついてきていないため、やりすぎな派手さが悪目立ちするような形になってしまっています。

良くも悪くも日本人がイメージする高級なミニバンを形にするとこうなったというようなデザインの車です。

ヴェルファイアのかっこいい色

デザインの特徴ではやりすぎなフロントフェイスと、実用性重視のボディのアンマッチ感が目立つ車であることをお話しました。

ここではそんなヴェルファイアに似合うかっこいい色をご紹介していきます。

ブラック

ヴェルファイア ブラック

やはり高級車を謳うからにはブラックは不動のトップです。

メッキとの対比やボディの重厚感をしっかりと見せてくれるブラックはヴェルファイアにはぴったりでしょう。

下取りの際にも間違いなく高値がつくので、色で悩んだ場合はブラックを選んでおけば全く問題ありません。

ホワイトパールクリスタルシャイン

ヴェルファイア ホワイトパールクリスタルシャイン

そしてもう一つの不動のカラーと言えばホワイトパールクリスタルシャインです。

こちらも大きなボディをさらに大きく見せてくれる膨張色ですし、スマートに見える効果もあります。

こちらの場合も下取りや買取りの際には高く評価されますので、ヴェルファイアの効果を存分に発揮したい場合はこの色もおすすめです。

バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク

ヴェルファイア バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク

ヴェルファイアのコマーシャルカラーであるこのカラーは暗いところではブラックに、光の強いところでは紫に見えるきれいな色です。

一時期流行っていましたが最近はこのような色を見ることが少なくなってきました。それでもヴェルファイアならかっこよく見えるでしょう。

実物を見ることが大事

おすすめのかっこいいカラーをお伝えしてきましたが、やはり色は現物を見ずに決めると絶対に後悔します。

ベタ塗りの色、メタリックカラー、パールカラー、色の深み、色合いなどすべてが細かく違ってきますので、イメージだけで車はきめてはいけません。

ヴェルファイアの古いモデルと比較

ではここでヴェルファイアの古いモデルをご紹介します。

基本的にはキープコンセプトな車ですが、一体どのようにデザインは進化したのでしょうか。比べてみます。

20系ヴェルファイア

現行のヴェルファイアと横から見たときの窓の位置やフロントガラスの傾斜など、ボディスタイルはほぼ一緒です。

ただリアビューは現行よりもライトの位置が低く、リアバンパーも張り出し感のあるものになっており低重心なスタイルになっています。

そしてフロントマスクは現行と同じくグリルと一直線につながったヘッドライトがあり、二段に分かれているデザインは現行に踏襲されています。

ただ現行型のようにメッキを多用していないため、おとなしめのフロントバンパーになっており、高級感こそありませんがまとまったデザインになっています。

初代のほうがスマートなデザインでしっかりまとまりがあり、かっこいいといえるでしょう。

ヴェルファイアは世間的にかっこいいのか?

デザインの特徴の部分で酷評してしまったヴェルファイアですが、一般的にはどう見られているのでしょうか。

ここではツイッター上からヴェルファイアがどうみられているのか意見をピックアップしてご紹介していきます。

30系のヴェルファイアはかっこいいと感じるそうです。3台もそろうと威圧感がとてもすごいです。

ヴェルファイアのデザインに惚れ込んでいる人を発見しました。乗り潰すまで乗るつもりの方ですが、下品でかっこいいというのがシュールです。

だめな人にはダメなデザインのようです。どうダサいかはわかりませんが、受け付けない人がいるのも事実です。

とはいってもヴェルファイアは実際には非常に好調なセールスを記録しています。日本国内では非常に人気があるのも事実です。

デザインからみていくとあまりかっこいいとは言いにくいいヴェルファイアですが、世間的にはとても人気があり、かっこいいと感じる人が多くいるのが現実です。そして実際に非常に売れています。

他の車と比較

ではここでヴェルファイアと同じような価格帯及びクラスのライバルに当たる車と比較していきます。

同じLクラスミニバンのホンダのオデッセイ、日産のエルグランド、メルセデスのVクラスと比較していきます。

ホンダ オデッセイ

ホンダ オデッセイ

オデッセイはホンダのフラッグシップミニバンで、低重心なスタイルが売りの大型ミニバンです。

MEMO

ボディの造形としては背の高いステーションのようなスタイルで、プレスラインなどの造形もしっかり作られており、スポーティなスタイルのミニバンです。フロントフェイスもホンダらしい顔になっています。

インテリアは良くも悪くもホンダらしいデザインで、包まれ感のある運転席や木目調のパネルなどしっかり作り込まれています。

しかし目に見える高級感が少なく、あえてこの車に乗ろうという気持ちになれないのも現実です。

オデッセイにはかっこいいと思えるようなインパクトがなく、かといって高級感が全面に出るものでもありません。これなら少しでも飛び抜けているヴェルファイアのほうが面白いでしょう。

メルセデス Vクラス

メルセデス Vクラス

このLクラスミニバンはアルファード/ヴェルファイアの独壇場で、国産メーカーのほとんどがこのクラスから撤退してしまいました。そこで外国のミニバンはどうでしょうか。

MEMO

メルセデスのVクラスはヴェルファイアより一回り大きいサイズのミニバンです。

ボディスタイルはミニバンらしく箱型ですが、しっかりとプレスラインを操ることで車らしいホイールアーチやメルセデスらしいキャラクターラインが刻み込まれており、スタイリッシュに見えるようになっています。

フロントマスクもベンツらしい横格子の入った大型のグリルとヘッドライト内に斜めに入ったアイラインがベンツのミニバンであるということを象徴しており、いやらしさの少ない上品なマスクになっています。

インテリアは包まれ感のある運転席やシートはもちろんのこと、上質な木からパネルを切り出したかのような大型できれいな木目調パネルを使用しており非常に落ち着いたインテリアをしています。

価格の差があるのは仕方がありませんが、高級ミニバンのお手本のようなデザインのなされたVクラスにはヴェルファイアではかないません。

日産 エルグランド

日産 エルグランド

今ではライバルと言えないくらいに落ち込んでしまったエルグランドです。実はエルグランドは高級ミニバンというこの市場を開拓した車なのです。

MEMO

エルグランドは背が低いながらも箱型のミニバンになっておりスクエアなボディが特徴的です。

しかしボディサイドにはきっちりとラインが作り込まれていたり、ガラスを挟み込むようにメッキが施してあるなど、高級セダンに使われるような手法を取り入れており、高級感があります。

もともと低めの車高や、ガラスやテールランプの位置が低く設定されているので、低重心でワイドなスタイルが非常にスタイリッシュです。

車内は他車と同じようにしっかり包まれ感のある運転席や大きなシートをもっています。

そしてフロントパネルには非常に大きな木目調パネルを採用しており高級感をしっかり演出しています。

型が古いので古さは多少ありますが、すべてのデザインにまとまりがあるのでかっこよさという点ではヴェルファイアには負けないでしょう。

ヴェルファイアのカスタムはかっこいいか?

フロントマスクにインパクトがあるヴェルファイアにはどんなカスタムが似合うのでしょうか。

ここではインスタグラムからヴェルファイアのカスタムカーをピックアップしご紹介していきます。

20系のヴェルファイアにLEDの輝くオリジナルエアロパーツでカスタムしてあります。

地面すれすれまでローダウンし、ギリギリまでインチアップされたホイールも非常に目を引きますが、それ以上にギラギラに光るLEDがとても眩しいです。

横格子のグリルがちょっとした高級感を出していますが、それ以外の要素でやんちゃな雰囲気をバリバリ出しているという、ヴェルファイアらしいカスタムです。

♪YUKI♪さん(@funyu_yuki)がシェアした投稿

もともとゴツゴツしたデザインの30系ヴェルファイアが張り出し感のあるエアロで威圧感をさらに押し出しています。

ノーマルのヴェルファイアとちがい、ボディサイドやリアはエアロパーツでしっかりと張り出し感が強調されており、フロントマスクもメッキギラギラのやらしい感じではなく、押し出し感の強いマスクになっているので、とても良い感じにまとまっています。

yu-naさん(@yuu3354)がシェアした投稿

フロントマスクにダクトのついたボンネットと張り出し感の強いエアロパーツが気になる20系のヴェルファイアです。

ホワイトのボディにはっきり映るようにステッカーチューンがなされており、とてもやんちゃな雰囲気を出しています。

それをさらに強調するように大型のメッキホイールがはいっており、道路ではできれば近づきたくない雰囲気をバッチリ出しています。

ヴェルファイアはとても人気のある大型ミニバン

ヴェルファイアは正直なところかっこいいとは言い難いデザインですが、国産最大級、メッキでギラギラで目立つ、とりあえず高級感というようなわかりやすいデザインの車です。

そして一般的に見るとかっこいいという評判も多く、非常に人気があり、売れている車のデザインであることは間違いありません。