1分で車を60万円値引きする裏技

ヴォクシーの燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!

父と子のかっこいいミニバンというイメージを作り上げたヴォクシー。

迫力のあるフロントフェイスやモデル設定などは男心をくすぐるデザインです。

そんなヴォクシーですが燃費性能はどうでしょうか。

ここではヴォクシーの燃費性能について解説していきます。

ヴォクシーの燃費・実燃費

トヨタ ヴォクシー

まずはヴォクシーのカタログ燃費と実燃費の差をみていきます。

ヴォクシーにはハイブリッドモデルとガソリンモデルの2つのモデルがあるのでそれぞれの数値を検証です。

ガソリンモデルの燃費・実燃費

ガソリンモデルはカタログ数値は16.0km/Lです。では同じく実燃費を見てみましょう。

燃費の種類数値
カタログ燃費16.0km/L
街乗り燃費10~13km/L
高速燃費14~16km/L

ガソリンモデルのカタログ燃費の達成率を見てみると街乗りではおよそ7割ほどで、高速燃費はカタログ数値を達成する場合もあります。

ハイブリッドモデルの燃費・実燃費

ハイブリッドモデルのカタログ燃費は23.8km/Lです。では実燃費はどうでしょうか。実際の燃費を確認してみます。

燃費の種類数値
カタログ燃費23.8km/L
街乗り燃費15~17km/L
高速燃費18~20km/L

平均すると上の表のような燃費となりました。カタログ数値に対する達成率はおおよそ6~7割ほどなので悪くはない数字です。

ハイブリッドモデル・ガソリンモデルともにカタログ値の6割以上をしっかりと超えています。ガソリンモデルに関しては高速燃費はカタログ値を達成です。

一般的に実燃費はカタログ値の6~7割ほどと言われているので十分な数値がでています。

ヴォクシーは2.0Lクラスのミニバンとしては平均的な燃費ですが、一昔前のコンパクトカー並みの燃費性能にまで上がっています。

古いコンパクトカーから乗り換えられたりした方はガソリン代がほとんど変わらないことに驚かれるのではないでしょうか。

ハイブリッドとなるとさらに良い数値です。燃費優先ならハイブリッドモデルですが、ガソリンモデルでも十分に納得できるのではないでしょうか。

ヴォクシーの燃費の口コミ

さてヴォクシーの燃費についてユーザーはどう感じているのでしょうか。ここではツイッターからヴォクシーユーザーの実際の声を紹介していきます。

なんとハイブリッドモデルで20km/Lという数値を叩き出しています。ミニバンとしてはなかなか考えられない数値ですが、高速道路など走り方次第では燃費は伸びます。

ガソリンモデルでも一般道で14.3km/Lという数値を出しています。本当にうまく運転すると燃費は伸びますね。

ただ普段軽自動車を運転する人にとってはヴォクシーの燃費でも悪く感じてしまうようです。

ヴォクシーの歴代の燃費・実燃費

なかなか良い燃費性能のヴォクシーですが、歴代のヴォクシーの燃費はどうでしょうか。ここでは歴代ヴォクシーの燃費を解説します。

R60型の燃費・実燃費

 

View this post on Instagram

 

Noah_Voxy_VDKさん(@noah_voxy_vdk)がシェアした投稿


R60型は初代ヴォクシーです。このヴォクシーはJC08モードには対応しておらず、10・15モード燃費で14.2km/Lという数値です。

実燃費は街乗りで8~10km/L、高速で10~12km/Lと、現行モデルの燃費の進化が感じられる数値です。

燃費の種類数値
カタログ燃費14.2km/L
街乗り燃費8~10km/L
高速燃費10~12km/L

R70型の燃費・実燃費

 

View this post on Instagram

 

Noah_Voxy_VDKさん(@noah_voxy_vdk)がシェアした投稿


こちらは2代目のヴォクシーです。カタログ燃費はR60型と変わらず14.2km/Lとなっています。しかし街乗りでは9~11km/L、高速では10~14km/Lと若干伸びています。

燃費の種類数値
カタログ燃費14.2km/L
街乗り燃費9~11km/L
高速燃費10~14km/L

ヴォクシーはモデル後期で燃費改善策が取られることが多く、初期型は途中からCVTが採用され、2代目はバルブマチックエンジンに変更されています。

モデルサイクルの途中でもしっかり環境対策や燃費向上の対策をとっている、トヨタの真面目さが伺えるモデルです。

ヴォクシーの燃費の理由

ヴォクシーは一昔前のコンパクトカー並みの燃費製性能です。そこまで燃費性能が向上した理由は何なのでしょうか。解説していきます。

効率の良いパワートレイン

ヴォクシーのエンジンはハイブリッドシステムとVVT-iエンジンを使っています。

ハイブリッドシステムはプリウスで同じみの1.8Lミラーサイクルエンジンとモーターの非常に効率の良いシステムです。

ガソリンエンジンにはdualVVT-iが採用されており、ガソリンエンジンにありがちなポンピングロスの低減や出力の最適化だけでなく、有害物質の低減などさまざまな働きをしています。

構造については、話すと長くなるのでここで止めます。エンジン構造はかなり高いレベルに至っています。

アイドリングストップやCVT

今モデルからは従来のCVTを進化させたsuperCVT-iの採用だけでなく、ほぼ全車でアイドリングストップの導入をし、さらなるムダを減らすシステムになっています。

こうした技術によってクラストップレベルの燃費性能を作り出しています。ただこれだけのシステムを採用していますがそれでも燃費が悪い場合があります。

車体重量の重さ

2.0Lエンジンでは1.5tを超える車体を動かすにはやはりパワーが足りません。そのため満足行く加速のためにアクセルを踏んでしまいがちです。

CVTの制御でエンジンの効率の良いところで加速するには、ある程度のゆとりを持った気持ちが必要です。

ヴォクシーの燃費改善・向上方法

ヴォクシーの燃費の良し悪しの理由を解説してきましたが、今度は燃費良く走るための方法を解説していきます。

出だしはふんわり、加速はしっかり

車は出だしが一番燃料を消費します。とくにヴォクシーはその車体重量から出だしが悪いためアクセルを踏みがちです。

しかしそのときにアクセルを踏み込んでもエンジンのパワーがタイヤに伝わりきらず、非常にもったいないです。

MEMO

発進時はクリープ現象で徐々に前に出ましょう。そして走り出してからはふんわりアクセルではなく、アクセルを3分の1から半分ほど踏み込み目的の速度まで加速します。

このとき燃費が良いかからと言ってふんわりとアクセルを踏んでいると、ポンピングロスなどによりエンジン内で抵抗が発生し無駄が発生します。

そして必要な加速が終わったらアクセルを緩め、できるだけ一定速度で走行します。

ちなみに減速時にはフットブレーキを多用するのではなく、エンジンブレーキを使いましょう。

ポイント

車はだいたい1,500回転以上でアクセルが離された状態であればエンジンブレーキがかかっています。

このときエンジンへの燃料供給がカットされているので燃料の消費がなく、効率の良い減速ができます。減速が弱かったり回転数が下がってきた場合にはギアを一つ落とすなど適時調整し、活用しましょう。

これらの運転法は、道路状況をしっかり把握し、周りの車の流れを妨害したりあおり運転にならないように周りへの配慮が非常に大事です。

車の特性をしっかり掴み低燃費な運転をしましょう。

ハイブリッドインジケーターをチェックする

ハイブリッドモデルのヴォクシーにはメーター内に回生ブレーキとモーター出力のわかるハイブリッドインジケーターがあります。

これをみながら無駄のないアクセルの踏み具合や、回生ブレーキを利かすためのブレーキの踏み具合を把握して運転するのが一番効率が良いです。

回生ブレーキを使う

ヴォクシーのブレーキは速度を電気に変える回生ブレーキと通常のフットブレーキの2つがあります。

ハイブリッドシステムはエンジンの発電だけでなく、速度エネルギーを回生ブレーキで回収し、走行に再び使うことで効率的に走ることのできるシステムです。

ですから回生ブレーキを活用し、エネルギーの無駄をなくすことも大事です。

強めのブレーキをするとブレーキパッドで減速するので、せっかくの速度エネルギーを捨ててしまいます。

それではもったいないのでチャージエリア内でのブレーキ操作を心がけ、回生ブレーキでできるだけ回収しましょう。

ヴォクシーの燃費を他の車と比較

ヴォクシーの燃費はなかなか優秀です。ではヴォクシーのライバル車たちの燃費はどうでしょうか。

ここでは比較に上がりやすい日産のセレナ、ホンダのステップワゴン、三菱のデリカD:5と比較していきます。

三菱 デリカD:5

三菱 デリカD:5

デリカD:5は三菱お得意のSUVの走破性と多目的に使えるミニバンのいいとこ取りをしたミニバンです。

ガソリンモデルだけでなくパワフルなディーゼルもあり、とてもおもしろい車に仕上がっています。

燃費性能はディーゼル、ガソリンモデル両方共13.6km/Lと、ヴォクシーの燃費数値には到達していません。では実燃費をみていきます。

燃費の種類ディーゼルガソリン
カタログ燃費13.6km/L13.6km/L
街乗り燃費10~11km/L9~11km/L
高速燃費11~13km/L10~14km/L

デリカD:5の燃費は上の通りで、ガソリンモデルのヴォクシーから2割ほど低い数値です。

デリカのSUVのような走破性の高いボディと多人数乗れるスタイルは唯一無二のものがあります。さらにディーゼルエンジンも持っているため走りもパワフルです。

燃費性能ではヴォクシーのほうが上ですが、ディーゼルモデルならば燃料代では同等ぐらいにはなりそうです。

ホンダ ステップワゴン

ホンダ ステップワゴン

ステップワゴンはバックドアが出入り口になるわくわくゲートや、1.5Lターボのダウンサイジングエンジンなどおもしろい機構の詰まった車です。現在はハイブリッドモデルも追加され、販売台数を伸ばしてきています。

燃費性能はハイブリッドモデルで25.0km/L、ガソリンモデルで17.0km/Lとヴォクシーを上回る数値です。では実燃費をご紹介します。

燃費の種類ハイブリッドガソリン
カタログ燃費25.0km/L17.0km/L
街乗り燃費15~17km/L10~12km/L
高速燃費18~20km/L14~16km/L

実燃費は上記のとおりです。ハイブリッドモデルはほぼヴォクシーと同じような数値を、ガソリンモデルは街乗りで若干ヴォクシーのほうが上回っています。

ステップワゴンのガソリンモデルは、ダウンサイジングターボエンジンなので市街地走行はそれほど得意ではありません。それでもかなり肉薄した数値になっています。

ステップワゴンはハイブリッドモデル・ガソリンモデルともにヴォクシーより走行性能に関する評判は高いです。トヨタというブランドに拘らないのであればステップワゴンのほうが魅力は強いでしょう。

日産 セレナ

日産 セレナ

セレナはプロパイロットという高速道路単一車線自動運転で一気に売り出し、現在はe-powerでさらに追い上げをかけているヴォクシーの最大のライバル車です。

カタログ燃費はハイブリッドモデルで26.2km/L、ガソリンモデルで17.2km/Lと両方共ヴォクシーを上回る数値になっています。では実燃費を見ていきましょう。

燃費の種類ハイブリッドガソリン
カタログ燃費26.2km/L17.2km/L
街乗り燃費15~18km/L10~13km/L
高速燃費17~19km/L14~17km/L

実燃費は上記のとおりです。ガソリンモデルはヴォクシーを若干上回り、ハイブリッドモデルは一進一退の状態です。

ガソリンモデルはセレナにはミラーサイクルが搭載されているため若干伸びています。しかしエンジンパワーはその分弱く、加速はよくありません。

e-powerは街なかでの走行は無駄が少なく燃費は伸びますが、高速走行はあまり効率が良くないため燃費が伸びにくいです。

単純に燃費だけで比較するならばセレナのほうが優秀ですが、走行性能などを見ていくと悩ましいところもあります。

ヴォクシーの燃費は現代のミニバンとしては普通

ヴォクシーはエアロモデルやハイブリッドモデルと選択肢が広く、さまざまなユーザーのニーズに答えられる車です。

ミドルクラスの中では古くなってしまいましたが、ガソリンモデルも十分な燃費性能を持っています。

燃費は車に合わせた走り方をすることによって大きく変わってきます。こちらで紹介した方法などを参考にして、燃費の良い走りを研究してみてください。