1分で車を60万円値引きする裏技

デリカD:5の燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!

45度の傾斜を登り切るCMが印象的なデリカD:5。

ミニバンらしい使い勝手とパジェロ譲りの圧倒的な走破性は非常に頼もしく使い勝手の良い車です。

ラリーのレースでもサポートカーとして採用されるなど、世界的にその性能は認められています。

そんなデリカD:5の燃費性能はどうでしょうか。ここではデリカD5の燃費性能について解説していきます。

デリカD:5の燃費・実燃費

三菱 デリカD:5

まずはデリカD:5の燃費を見ていきます。一般的に実燃費はカタログ燃費の6~7割ほどだと言われていますがどの程度達成しているのでしょうか。

ガソリンモデル、ディーゼルモデルそれぞれのカタログ燃費と実燃費をチェックしていきます。

ガソリンモデルの燃費・実燃費

ガソリンモデルのカタログ数値は2.0Lモデルで13.0km/L、2.4Lモデルで10.6km/Lと最近のミニバンの中ではちょっと厳しい数値です。では実燃費を確認してみます。

燃費の種類2.0L2.4L
カタログ燃費13.0km/L10.6km/L
街乗り燃費9~11km/L7~9km/L
高速燃費10~14km/L9~11km/L

実燃費はこのような数値になりました。街乗り燃費のカタログ燃費達成率は70%超えています。高速燃費の達成率は80%を超え、なかにはカタログ燃費を超えることもあります。

ディーゼルモデルの燃費・実燃費

ディーゼルモデルはカタログ数値が13.0km/Lです。2.0Lモデルの燃費の数値と同じですが、実燃費はどうでしょうか。

燃費の種類数値
カタログ燃費13.0km/L
街乗り燃費10~11km/L
高速燃費11~13km/L

実燃費はこのようになりました。こちらのカタログ燃費達成率は約80%前後で、非常に好調な数値です。高速燃費はほぼ達成するほどの数値をしています。

燃費の数値は近年のミニバンのなかでは良い数値とは言えません。しかし車体の大きさや排気量を考えると十分な燃費性能です。

なおガソリン、ディーゼルエンジンの違いの詳細は以下の記事をご参照ください。

車のエンジンガソリンエンジンとディーゼルエンジンの違い3つ!比較すると熱効率や寿命が全然違う?!

デリカD:5の燃費の口コミ

さてデリカD:5の燃費についてユーザーはどう感じているのでしょうか。ここではツイッターからデリカD:5ユーザーの実際の声を紹介していきます。

重量物であるバイクを積載して10km/Lという燃費数値です。トランポとしては十分な燃費性能と言えるのではないでしょうか。(トランポ性能の詳細は以下の記事をご参照ください。)

デリカD:5のシートアレンジデリカD:5がトランポにも使える理由2つ!使い心地まで解説!

ディーゼルモデルでもやはり燃費数値は11km/Lぐらいのようです。規格の古さもありますがもうちょっと伸びてほしいですね。

街乗りばかりではなく、高速を走ると12km/Lまで伸びたようです。

なおデリカD:5の口コミ・評判は以下の記事でもまとめているので、詳細まで知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

デリカD:5 外装デリカD:5の口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

デリカD:5の歴代の燃費・実燃費

少し燃費の改善が見られると喜ばれるデリカD:5。では歴代のデリカの燃費はどうでしょうか。ここでは歴代デリカの燃費を解説します。

ただ初代と2代目に関しては発売から40年以上経っており、古すぎて情報が出てこないのでここでは除外します。

3代目デリカスターワゴンの燃費・実燃費

 

View this post on Instagram

 

ずっきー*さん(@dsw995)がシェアした投稿

3代目に当たるデリカスターワゴンは1986年に登場した車です。

2.4Lガソリンモデル・MT仕様の燃費で7.6km/Lという数値です。実燃費は7km/L前後という意外と高い数値でした。30年近く古いミニバンにしては良好な燃費性能といえるでしょう。

燃費の種類数値
カタログ燃費7.6km/L
実燃費6~7km/L

4代目デリカスペースギアの燃費・実燃費

 

View this post on Instagram

 

K.NAKAYAMAさん(@kyousuke_nakayama_gunma_jin)がシェアした投稿

こちらは4代目のデリカスペースギアです。1994年に登場したこのモデルは走破性と使い勝手の良さで非常に人気がありました。(走破性の詳細は以下の記事をご参照ください。)

雪道走行中のデリカD:5デリカD:5の走破性を徹底解剖!オフロード・クロカン性能はいかに?!

カタログ燃費は、ガソリンモデルで7.3km/L、ディーゼルモデルで8.2km/Lとなっています。こちらも古い車体なので情報が少なく、高速燃費などはわかりません。

実燃費はガソリン、ディーゼルともに4~6km/Lと燃費がいいとは言いにくい数値です。

燃費の種類ガソリンディーゼル
カタログ燃費7.3km/L8.2km/L
実燃費4~6km/L4~6km/L

デリカは一つ一つのモデルライフが長く、モデル末期になるとどうしても性能が周りにおいていかれてしまいがちです。

現行モデルも今年で11年。新型の噂も出ていますのでさらなる進化を期待しましょう。

デリカD:5の燃費の理由

デリカD:5 エンジン

モデルライフの長いデリカですが、燃費を左右させるのはどんな理由があるのでしょうか。

効率の良いパワートレイン

デリカD:5のガソリンモデルには無段変速機のCVTが採用されています。CVTはエンジンの一番効率の良い回転数で変速・加速できるため、エンジンパワーが多少足りなくても十分加速し、走行できます。

さらに燃費性能を優先した2.0Lモデルにはアイドリングストップ機能が採用されており、信号待ちなどでの余計なアイドリングを減らすことで燃費に寄与しています。

こうした機能でストップアンドゴーの多い日本の道路環境では優れた燃費性能を発揮します。

クリーンディーゼル

デリカD:5にはクリーンディーゼルモデルがあります。ディーゼルエンジンはガソリン車に比べ効率がよく、燃費が良いのが特徴です。(詳細は以下の記事をご参照ください。)

ベンツCクラス ディーゼルエンジンクリーンディーゼル車は燃費が悪い?低燃費車を比較してランキングで紹介!

しかし排ガスの問題で長年日本では乗用としては避けられていましたが、近年見直されてきています。

それがデリカD:5のクリーンディーゼルです。パワフルで効率がよくクリーンな排ガスのエンジンと多段ATによる効率の良い変速によりとても燃費の良い走りを実現しています。

効率の良い走行をすることで燃費性能を向上させたデリカD:5。しかし規格が古いこともあり最近の燃費向上技術はあまり採用されていない印象です。

では次に悪い理由を見ていきます。

車重が重い

デリカD:5が燃費の悪い最大の原因は車重の重さがです。ライバルミニバンに比べても一回り近く重量の多い車なので燃費には確実に影響があります。

しかもミニバンは乗車人数や荷物も多く、フル乗車の状態と慣れば最大で440kgもの重量が増えます。さすがにこれだけの重量となるとエンジンへの負荷は大きく、燃費の悪化は免れません。

排気量が大きい

このクラスは2.0Lモデルのものが多く、デリカD:5の4WDはそれよりも排気量の大きな2.4Lエンジンを採用しています。

2.4Lエンジンはどちらかというと上級グレードという立ち位置のためか、アイドリングストップなどといった大衆的な雰囲気のある装備が搭載されていません。

燃費向上策が少なく、排気量が大きいため他社に比べると燃費は落ちていまします。

車体形状

デリカD:5の車体は車高の高さも相まって、正面面積が非常に大きいです。そのため空気抵抗も強く受けるため、燃費には良い影響はありません。

これらの要因により、燃費が標準的なものに収まってしまっていると思われます。

MEMO

もしデリカD:5を買おうと考えているなら、あわせて正しい値引き交渉のやり方も覚えておくといいですよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

デリカD:5の燃費改善・向上方法

デリカD:5の燃費の良し悪しの理由を解説してきましたが、今度は燃費良く走るための方法を解説していきます。

出だしはふんわり、加速はしっかり

車は出だしが一番燃料を消費します。とくにデリカD:5はCVTの特性や車体重量の影響で出だしが悪く感じやすいです。

そのためアクセルを踏みがちですが、そのときにアクセルを踏み込んでもエンジンの回転とタイヤの回転がつながらず無駄です。

ポイント

発進時は信号や周りの状況をしっかり確認し、クリープ現象で徐々に前に出ましょう。ある程度走り出してからはアクセルを3分の1から半分ほど踏み込み目的の速度まで加速します。

このとき燃費が気になるからと言ってふんわりとアクセルを踏んでいると、ポンピングロスなどの内部抵抗で逆にロスが多くなり無駄が多いです。

そして必要な加速が終わったらアクセルを緩め、できるだけ一定速度で走行しましょう。

エンジンブレーキの活用

減速時にはフットブレーキを多用するのではなく、エンジンブレーキを使いましょう。

デリカD:5はだいたい1,500回転以上でアクセルが離された状態であればエンジンブレーキがかかっています。このときエンジンへの燃料供給がカットされているので燃料の消費がなく、効率の良い減速ができるのです。

減速が弱かったり回転数が下がってきた場合にはスポーツモードやギアを一つ落とすなど適時調整し、活用しましょう。

これらの運転法は、道路状況をしっかり把握し、周りの車の流れを妨害したりあおり運転にならないように周りへの配慮が非常に大事です。車の特性をしっかり掴み低燃費な運転をしましょう。

ちょい乗りは極力避ける

ディーゼルエンジンはフィルターでカーボンや有害物質を除去しています。

そして溜まったそれらをDPF再生で焼くのですが、ちょい乗りが多い環境ではディーゼルはカーボンが溜まりやすくなります。(詳細は以下の記事をご参照ください。)

320d エンジン(クリーン)ディーゼルの煤問題とは?除去・洗浄や対策方法まで全て解説!

カーボンが溜まるとDPF再生でカーボンを焼きはじめるのですが、このときのエンジンの力で焼くので燃料の消費が多くなります。

エンジンへの負担も多くなるので、できるだけちょい乗りでは乗らない工夫も必要です。

デリカD:5の燃費を他の車と比較

デリカD:5の燃費は標準的なミニバンレベルです。ではデリカD:5のライバル車たちの燃費はどうでしょうか。

ここでは比較に上がりやすい日産のセレナ、トヨタのヴォクシー、ホンダのステップワゴンと比較していきます。

ホンダ ステップワゴン

ホンダ ステップワゴン

ステップワゴンはバックドアが出入り口になるわくわくゲートや、1.5Lターボのダウンサイジングエンジンなど独自の魅力的な装備の多い車です。

ダウンサイジングターボエンジンダウンサイジングターボとは?デメリット/欠点2つとメリット3つ!搭載車種も紹介

現在はデザインを変更し、ハイブリッドモデルも追加されて販売台数を伸ばしてきています。

燃費性能はハイブリッドモデルで25.0km/L、ガソリンモデルで17.0km/LとデリカD5二回りほど上回る数値です。では実燃費をご紹介します。

燃費の種類ハイブリッドガソリン
カタログ燃費25.0km/L17.0km/L
街乗り燃費15~17km/L10~12km/L
高速燃費18~20km/L14~16km/L

実燃費は上記のとおりです。どうひっくり返ってもデリカD:5では燃費性能では勝ち目はありません。しかしディーゼルモデルであれば燃費の差を燃料代の差で埋めることができるかもしれません。

ディーゼルエンジンやダウンサイジングターボエンジンなどどちらも独特の魅力を持つ車ですが、燃費というものさしで測るとステップワゴンの圧勝です。

なおステップワゴンについては以下の記事でも取り上げているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

ホンダ ステップワゴンステップワゴンの燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説! ステップワゴン 外装ステップワゴンの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

トヨタ ヴォクシー

トヨタ ヴォクシー

ヴォクシーはトヨタの販売するミニバンです。使い勝手の良い車内、大きな車内空間、豊富なパワートレインでミニバンのスタンダードの座に君臨しています。

燃費性能はハイブリッドモデルで23.8km/L、ガソリンモデルで16.0km/LとこちらもデリカD5より一回り上回る数値です。では実燃費をご紹介します。

燃費の種類ハイブリッドガソリン
カタログ燃費23.8km/L16.0km/L
街乗り燃費15~17km/L10~13km/L
高速燃費18~20km/L14~16km/L

実燃費は上記のとおりです。実燃費も一回りほど上回っておりデリカでは勝ち目がありません。排気量や車重も大きく違うので仕方がありませんね。

なおヴォクシーについては以下の記事でも取り上げているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

トヨタ ヴォクシーヴォクシーの燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説! ヴォクシー 外装ヴォクシーの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

日産 セレナ

日産 セレナ

セレナはプロパイロットという高速道路単一車線自動運転で一気に売り出し、現在は話題のパワートレインであるe-powerを搭載し、さらに販売台数を伸ばしている車です。

カタログ燃費はハイブリッドモデルで26.2km/L、ガソリンモデルで17.2km/LとやはりデリカD5ではかなわない数値になっています。では実燃費を見ていきましょう。

燃費の種類ハイブリッドガソリン
カタログ燃費26.2km/L17.2km/L
街乗り燃費15~18km/L10~13km/L
高速燃費17~19km/L14~17km/L

実燃費は上記のとおりです。他の車種と同じく燃費ではデリカでは勝負ができないという結果です。

ライバルの車たちはデリカD:5と比べ2世代ほど新しいモデルであり、燃費の高さを売りにした乗用のミニバンです。燃費ではデリカD:5には分が悪いようです。

なおセレナについては以下の記事でも取り上げているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

日産 セレナセレナ(e-power)の燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説! セレナ 外装セレナ(e-power)の口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

燃費より走破性・使い勝手のデリカD:5

デリカD5は規格が古いのもあり燃費性能では他のミニバンに比べ圧倒的に不利です。

しかし本格的な4WDシステムや排気量の大きなエンジンなど走行性能は非常に高く、車内の広さもあるので道具としての使い勝手は他社よりも優れています。燃費の悪さは走行性能の高さとのトレードオフといえるでしょう。

燃費は車に合わせた走り方をすることによって大きく変わってきます。こちらで紹介した方法などを参考にして、燃費の良い走りを研究してみてください。

なおデリカD:5については以下の記事でも取り上げているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

デリカD:5 外装デリカD:5の口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック! デリカD:5デリカD:5は故障が多い?壊れやすいのか故障率をもとに解説!