1分で車を60万円値引きする裏技

セレナ(e-power)の燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!

競争が激しいミドルクラスミニバンで再び販売台数No.1に返り咲いたセレナ。

プロパイロットやe-powerなどさまざまな先進安全装備やデュアルバックドアなど目を引く装備が満載です。

そんなセレナの燃費性能はどうなのでしょうか。

ここではセレナの燃費性能について解説していきます。

セレナの燃費・実燃費

日産 セレナ

まずはセレナのカタログ燃費と実燃費の差をみていきましょう。一般的に実燃費はカタログ値の6~7割ほどと言われていますがセレナの実力はいかに。

セレナにはマイルドハイブリッドのS-ハイブリッドモデルとモーター走行できるe-powerモデルの2つのモデルがあるのでそれぞれの数値を検証です。

S-ハイブリッドモデルの燃費・実燃費

S-ハイブリッドモデルはカタログ数値は17.2km/Lです。では実燃費を見てみましょう。

燃費の種類数値
カタログ燃費17.2km/L
街乗り燃費10~13km/L
高速燃費14~17km/L

こちらのカタログ燃費の達成率を見てみると、街乗りではおよそ6割ほどを達成し、高速燃費では8割以上達成しカタログ数値に匹敵する数値です。

これはガソリンモデルとしてみると微妙な数値ですが、ハイブリッドモデルとしてみれば十分な数値です。

e-powerモデルの燃費・実燃費

e-powerモデルのカタログ燃費は26.2km/Lです。では実燃費はどうでしょうか。実際の燃費を確認してみます。

燃費の種類数値
カタログ燃費26.2km/L
街乗り燃費15~18km/L
高速燃費17~19km/L

e-powerモデルはこのような燃費となりました。カタログ数値に対する達成率はおおよそ6割ほどです。ハイブリッドモデルは6割ぐらいの達成率は普通なので悪くない数字です。

セレナは燃費の伸びにくいミニバンタイプですが、燃費数値で言えば一昔前のコンパクトカー並みの燃費性能にまで上がっています。

古いコンパクトカーから乗り換えられたりした方はガソリン代がほとんど変わらないことに驚かれるのではないでしょうか。

セレナの燃費の口コミ

セレナの燃費性能についてユーザーはどう感じているのでしょうか。ここではツイッターからセレナユーザーの実際の声を紹介していきます。

e-powerは実燃費で23.4km/Lにもなるそうです。これはライバル車のヴォクシーのカタログ燃費の数値に近いですね。(ヴォクシーの詳細は以下の記事をご参照ください。)

トヨタ ヴォクシーヴォクシーの燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!

平均燃費は良くないという話ですが、このクラスのミニバンで20km/L以上の燃費が出れば大満足ですね。

8人フル乗車で走行すると13km/Lという数値が出たそうです。フル乗車で走行した割には十分な燃費性能だと言えるのではないでしょうか。

なおセレナの口コミ・評判は以下の記事でも取り上げています。詳しく知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

セレナ 外装セレナ(e-power)の口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

セレナの歴代の燃費・実燃費

なかなか燃費の評価が高いセレナですが、歴代のセレナの燃費はどうでしょうか。ここでは歴代セレナの燃費を解説します。

C23型の燃費・実燃費

 

View this post on Instagram

 

Biondi Arfidiantonoさん(@biondiarfiarfi)がシェアした投稿

初代セレナはJC08モードには対応しておらず、10・15モード燃費で8.5km/Lという数値です。実燃費は7~9km/Lと、20年近く古いミニバンにしては良好な燃費性能といえるでしょう。

燃費の種類数値
カタログ燃費11.4km/L
実燃費7~9km/L

C24型の燃費・実燃費

 

View this post on Instagram

 

Aos Nuariさん(@aosnuari)がシェアした投稿

2代目のセレナです。カタログ燃費は初代から1割ほど改善され、12.2km/Lとなっています。

しかし実燃費は街乗りでは7~9km/L、高速では10~11km/Lと初代とほとんど変わらない印象です。

燃費の種類数値
カタログ燃費12.2km/L
街乗り燃費7~9km/L
高速燃費10~11km/L

 C25型の燃費・実燃費

 

View this post on Instagram

 

Anggoro Cahyo Baskoroさん(@delmanistimewa)がシェアした投稿

3代目セレナは外観も大きく変え、機能的になり非常に売れたモデルです。カタログ燃費は13.2km/Lと若干伸びています。

実燃費は街乗りで8~10km/L、高速で10~12km/Lと実燃費もしっかりと伸びてきています。

燃費の種類数値
カタログ燃費13.2km/L
街乗り燃費8~10km/L
高速燃費10~12km/L

C26型の燃費・実燃費

 

View this post on Instagram

 

Nanda Nugrahaさん(@nanugs)がシェアした投稿

4代目のセレナはアイドリングストップやS-ハイブリッドなど、多くの燃費向上技術が採用されたモデルです。

カタログ燃費は2割ほど伸びて15.2km/Lとなっています。街乗りでは10~12km/L、高速では12~14km/Lと大きく伸びています。

燃費の種類数値
カタログ燃費15.2km/L
街乗り燃費10~12km/L
高速燃費12~14km/L

セレナは現行モデルからS-ハイブリッドを4WDにまで拡大したり、ミラーサイクルエンジンの投入、そして最新のe-powerを導入しさまざまな技術で燃費性能を改善しました。

燃費改善のためのクルーズコントロールだけでなく、プロパイロットなどの採用により燃費と安全の両方を向上させています。

セレナの燃費の理由

現在のセレナは一昔前のコンパクトカー並みの燃費性能です。そこまで燃費性能が向上した理由は何なのでしょうか。解説していきます。

パワートレインの進化

セレナのパワートレインは燃費改善のための技術が非常に多く採用されています。エンジンの効率よい部分で加速し走行するCVTと信号待ちなどでの無駄なアイドリングを抑制するアイドリングストップ。

さらに12Vバッテリーを2つ搭載し、減速のエネルギーを回収して燃料消費の一番多い走り出しをモーターでアシストするS-ハイブリッド(マイルドハイブリッド)を採用。(詳細は以下の記事をご参照ください。)

マイルドハイブリッド(MHEV)とは?仕組み/構造は?搭載車の燃費は悪いのか解説!

現行モデルではガソリンのエネルギーを無駄なく使い切るミラーサイクルなどとさまざまな技術が投入されています。

これらの作用によってセレナの燃費は非常に良いものとなっています。

効率の良いハイブリッドシステム

セレナのe-powerはエンジンで発電しモーターで走行する構造で、大容量のバッテリーが必要ない電気自動車のような構造です。

モーターは中・低速時の効率がよく、走り出しもエンジンに比べると無駄が少なく非常に効率が良いのです。1.5t以上ある車体を軽々と走らせるこのパワートレインは、非常に魅力があります。

これだけ燃費対策がなされているセレナ。しかし他のミニバンの頭一つ抜けるようなものではありません。いったい何が問題なのででょうか。

パワーが足りない

効率の良いパワートレインなのが魅力的ですが残念ながら非常にパワーが足りません。

セレナに使われているミラーサイクルエンジンは、設定されているの排気量を下回る排気量でエンジンを回します。そのため実は2.0L分のパワーがありません。

ですので大抵の人は加速が足りず強く踏み込む人が多いのです。これではせっかく燃費がよくなる技術を投入しても無駄になります。

高速走行が苦手

さきほどe-powerは効率の良いパワートレインだという話をしましたが、実は弱点もあります。それは高速走行時です。

このときはモーターは消費電力が大きくなるためエンジンは高回転で回しっぱなしになります。これでは効率はよくありません。これが電気自動車やe-powerの弱点と言えます。

MEMO

もしセレナを買おうと考えているなら、あわせて正しい値引き交渉のやり方も覚えておくといいですよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

セレナの燃費改善・向上方法

セレナ 運転

セレナの燃費の良し悪しの理由を解説してきましたが、今度は燃費良く走るための方法を解説していきます。

エンジンブレーキを活用する

セレナはエコモードをつかうことで走り出しはエコになります。そこでさらなる燃費向上のためにエンジンブレーキを使いましょう。

車はだいたい1,500回転以上でアクセルが離された状態であれば、エンジンブレーキがかかっています。

エンジンブレーキは燃料供給をカットし、エンジンのピストン運動の負荷で減速するため、燃料の消費がありません。そして回生ブレーキによってバッテリーの充電にも繋がります。早めのアクセルオフをすることで効率の良い減速ができるのです。

ただエンジンブレーキを活用したいからといって闇雲にアクセルオフをするのではなく、道路状況をしっかり把握し、周りの車の流れを妨害したりあおり運転にならないように周りへの配慮が非常に大事です。車の特性をしっかり掴み低燃費な運転をしましょう。

街乗りが多い人はハイブリッドがおすすめ

ストップアンドゴーの多い市街地での走行が多い人は、どれだけ丁寧に走っても燃費は悪くなりがちです。

そこで市街地走行の多い人は思い切って、効率を落とさずに走れるe-powerモデルを選ぶことをおすすめします。市街地のような中低速が多い場面ではe-powerは非常に使い勝手がよくです。

とはいえ非常に気持のいい走りをしてくれるのがこのパワートレインです。いかに丁寧なアクセルワークができるかで燃費は大きく変わってきます。

ワンペダルを極める

e-powerの大事なポイントはこのワンペダル走法です。アクセルオンで加速し、アクセルオフの具合で回生ブレーキをかけるので減速エネルギーの回収が非常に効率的です。

最初はなかなかこの走り方には慣れにくいとは思いますが、なれると非常にスムーズに走ることができますし、エネルギー効率も非常に良くなります。

e-powerで燃費の良い走りをしたい人はかならずこれを使いましょう。

セレナの燃費を他の車と比較

セレナの燃費はなかなか優秀ですが、ライバル車たちの燃費はどうでしょうか。

ここでは比較に上がりやすいトヨタのヴォクシー、ホンダのステップワゴン、ミツビシのデリカD:5と比較していきます。

三菱 デリカD:5

三菱 デリカD:5

デリカD:5はミツビシからでているSUVとミニバンのいいとこ取りをした、珍しいミニバンです。ガソリンモデルだけでなくパワフルなディーゼルモデルもあるところがミツビシらしい車です。

燃費性能はディーゼル、ガソリンモデル両方共13.6km/Lと、セレナの燃費数値には到達していません。では実燃費をみていきます。

燃費の種類ディーゼルガソリン
カタログ燃費13.6km/L13.6km/L
街乗り燃費10~11km/L9~11km/L
高速燃費11~13km/L10~14km/L

デリカD:5の燃費は上の通りで、ガソリンモデルのセレナから約2割ほど低い数値です。

燃費性能やスムーズな走りの良さをねらうならセレナのe-powerが、パワフルな走りと走破性を狙うならデリカD:5のディーゼルモデルが良いでしょう。

なおデリカD:5については以下の記事でも取り上げているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

三菱 デリカD:5デリカD:5の燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説! デリカD:5 外装デリカD:5の口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

ホンダ ステップワゴン

ホンダ ステップワゴン

ステップワゴンはバックドアが出入り口になるわくわくゲートや、1.5Lターボのダウンサイジングエンジンなど独自のアイディアが詰まった車です。

ダウンサイジングターボエンジンダウンサイジングターボとは?デメリット/欠点2つとメリット3つ!搭載車種も紹介

現在はハイブリッドモデルも追加され、販売台数を伸ばしてきています。

燃費性能はハイブリッドモデルで25.0km/L、ガソリンモデルで17.0km/Lとセレナに匹敵する数値です。では実燃費をご紹介します。

燃費の種類ハイブリッドガソリン
カタログ燃費25.0km/L17.0km/L
街乗り燃費15~17km/L10~12km/L
高速燃費18~20km/L14~16km/L

実燃費は上記のとおりです。ハイブリッドモデルはステップワゴンのほうが若干よく、ガソリンモデルは街乗りでセレナのほうが上回っています。

ステップワゴンのガソリンモデルは、ダウンサイジングターボエンジンなので市街地走行はそれほど得意ではありません。

しかしガソリン車の走行性能は評価が高く、ハイブリッドモデルはe-powerと同じく基本モーターで走行します。そして高速域ではエンジンで走行するため低速から高速までカバー範囲が広くe-powerより優れています。総合的に見るとステップワゴンのほうが優れていると言えるでしょう。

なおステップワゴンについては以下の記事でも取り上げているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

ホンダ ステップワゴンステップワゴンの燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説! ステップワゴン 外装ステップワゴンの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

トヨタ ヴォクシー

トヨタ ヴォクシー

ヴォクシーはトヨタの販売するミニバンで、ノアやエスクァイアとともにミニバンのスタンダードの座に君臨しています。

使い勝手の良い車内、大きな車内空間、豊富なパワートレインとわかりやすい魅力のある車です。

燃費性能はハイブリッドモデルで23.8km/L、ガソリンモデルで16.0km/Lとセレナをすこし下回る数値です。では実燃費をご紹介します。

燃費の種類ハイブリッドガソリン
カタログ燃費23.8km/L16.0km/L
街乗り燃費15~17km/L10~13km/L
高速燃費18~20km/L14~16km/L

実燃費は上記のとおりです。ハイブリッドモデルはヴォクシーのほうがよく、ガソリンモデルはセレナのほうが上回っています。

ガソリンモデルで比較するならば加速の良さはヴォクシーで燃費はセレナです。

ハイブリッドモデルはどちらも燃費は良いですがパワートレインの特性を考えると街乗りが多い場合はセレナを、高速走行が多い場合はヴォクシーがおすすめです。

e-powerは街乗りでは最適な燃費性能ですが高速では燃費が下がりがちです。さらにバッテリーが無くなると速度制限が出るなど、e-powerシステムは他の2社のハイブリッドと比べると使いにくいシステムです。

なおヴォクシーについては以下の記事でも取り上げているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

トヨタ ヴォクシーヴォクシーの燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説! ヴォクシー 外装ヴォクシーの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

セレナはS-ハイブリッドが無難な選択肢

セレナはデュアルバックドアやプロパイロット、豊富なシートアレンジなど使い勝手が非常に魅力の高い車です。

ただe-powerは加速もよく街乗りには最適ですが、高速では不利な部分が多くあり、おすすめしにくいところがあります。

燃費は車に合わせた走り方をすることによって大きく変わってきます。こちらで紹介した方法などを参考にして、燃費の良い走りを研究してみてください。

なおセレナについては以下の記事でも詳しく解説しています。興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

セレナ 外装セレナ(e-power)の口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック! 二台のセレナセレナは故障が多い?壊れやすいのか故障率をもとに解説!