1分で車を60万円値引きする裏技

デリカD:5の口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

ミニバンとSUVのクロスオーバーミニバン、デリカD:5。

ミニバンらしからぬスタイルと走破性は非常に好評で、11年たった現在も非常に人気のあるモデルです。

そんなデリカD:5ですが、評判はどうでしょうか。

ここではデリカD:5の実際の評判や口コミをあらゆる角度から解説していきます。

目次

デリカD:5の外装(エクステリア)の口コミ/評判

評価
外観(エクステリア)
(4.0)

デリカD:5の外装(エクステリア)の特徴

デリカD:5 外装

デリカD:5は多目的に使えるミニバンらしいボディスタイルと走破性の高いSUVらしいスタイルの融合した独自のスタイルを持つミニバンです。

近年の乗用車に見られるような派手なキャラクターデザインや高級感を出すメッキなどの装飾は見られません。

しかしミニバンらしい大柄なボディにSUVのようなフェンダーアーチや車高の高さとアプローチアングルをしっかり設けたデザインをしています。

派手なデザイン性はありませんが、車体の大きさから感じる迫力やひと目で使い勝手の良さや走破性の高さを感じさせるスタイルです。

フロントマスクにはジープのような縦格子デザインのグリルや大型のフォグランプ、悪路にも対応できるデザインのバンパーなどSUVらしい力強さを感じるデザインが施されています。(ジープのデザインの詳細は以下の記事をご参照ください。)

ジープ グランドチェロキー【画像】ジープはかっこいいのか?デザインについて徹底分析!

ひと目でデリカD:5のキャラクターや性能を感じさせてくれる個性的なデザインをしています。

デリカD:5の外装(エクステリア)に対する口コミ/評判の傾向

ほかのミニバンと差別化できる

無骨な外観のため、ほかのミニバンと差別化できる。また、エアロ無しとローデストがあり1台で二台分の顔がある、との意見があります。

最近のミニバンはほとんどがスポーティであったり、落ち着いたデザインという2種類のデザインばかりです。

ですがデリカD:5は無骨ながらも走破性の高いアウトドアミニバンという唯一無二の外観をしています。

なおほかのミニバンについては以下の記事で取り上げているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

エルグランド 外装エルグランドの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック! アルファード 外装アルファードの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

余計なものを省いたシンプルなデザイン

直線基調のデザインが良い。デザインは古いとは思いません。シンプルにまとまり、余計なものを省いたデザインだと思います。という意見もあります。

キャラクターデザインや極端に多いメッキ処理など見た目の華やかさはありませんが、機能性を十分に感じさせるシンプルで良いデザインです。

人気のカラーランキング

順位色/カラー
1位ウォームホワイトパール
2位ダイアモンドブラックマイカ
3位スターリングシルバーメタリック
4位アイガーグレーメタリック
5位ディープシーグリーンマイカ

デリカD:5の人気カラーは上記のようになっています。もともとカラーバリエーションの少ないモデルなので定番カラーがトップをしめています。

5位に入ってきているツートンカラーは力強さの感じるグリーンとグレーの組み合わせになっており、デリカD5の魅力をしっかり表現しているカラーです。

デリカD:5ユーザーの実際の口コミ

デリカD5は直線基調のデザインで車高も高いので、このクラスのミニバンの中でも特別でかく感じる車です。かっこいいですね。

すでにモデルチェンジがささやかれているデリカD:5。新型は今までの大人の力強さを感じるデザインから、押し出し感のある迫力の強いデザインになるようです。

デリカD:5の内装(インテリア)の口コミ/評判

評価
内装(インテリア)
(4.0)

デリカD:5の内装(インテリア)の特徴

デリカD:5 インテリア

デリカのインテリアは三菱らしい無骨で、ピックアップトラックやSUVのようなシンプルなデザインです。

最近の車のようなダイナミックさや色の使い分けによる目新しいデザインはなされていません。

このクラスのミニバンとしては標準的な質感ですが、デザインや素材の感じから一昔前のミニバンのような雰囲気の漂うインテリアです。プラスチック感丸出しのダッシュパネルなども質感が良いとは言えません。

しかしSUVらしさをもっているデリカD:5なので安っぽさがまた味となり、キャラクターに助けられているデザインです。

車内レイアウトも高めのナビ位置はありますが、奥まったメーターパネルや左寄りのアクセルペダルなど運転のし安さの配慮されたデザインとは言いにくいのが正直なところです。

デリカD:5の内装(インテリア)に対する口コミ/評判の傾向

収納が中途半端

外観に合ったイメージだが、運転席周りの収納の大きさが中途半端で使い勝手が悪い。サングラス入れくらい欲しかった、という意見があります。

無骨なデザインはイメージにあっているのでそれほど問題ないみたいですが。その分もうちょっと実用性を高めてほしいところです。

高級ではないが満足

世間の声では「内装がチープだ」という声がありましたが、高級ではないものの満足いくものであると思います。という意見もあります。

この車には質感の良さやデザインの良さよりも、無骨で使い勝手がよく、道具のように使っても気にならないインテリアが似合っています。

デリカD:5ユーザーの実際の口コミ

冬の特別仕様車シャモニー。ブラックカラーのインテリアや撥水シート、ダーククロムの落ち着いた外観をしています。

しかしペダルやパドルシフトなど、ちょっとスポーティなところを取り入れているところがにくい演出ですね。

そう、このインテリアの質感はデリカD5だからこそ大丈夫と言えます。通常の乗用ミニバンとして考えると残念な気はします。

とても印象の良いデリカD:5。しかし内装がショボく感じてしまい、受け入れられなかったようです。

MEMO

もしデリカD:5を買おうと考えているなら、あわせて正しい値引き交渉のやり方も覚えておくといいですよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

デリカD:5の走行性能(走破性・安全性)の口コミ/評判

評価
走行性能(走破性・安全性)
(4.0)

デリカD:5の走行性能(走破性・安全性)の特徴

デリカD:5 タイヤ

3種類のパワートレイン

デリカD:5にはガソリンエンジンの2.0L・2WDと2.4L・4WDのパワートレインとディーゼルエンジンの2.2L・4WDの3種類のパワートレインがあります。

デリカのボディサイズでは2.0Lエンジンではパワーが足りません。価格以外でのメリットはあまりないでしょう。

デリカの走破性や加速性能など魅力を十分に感じたい場合は4WDのパワートレインを選択することが重要です。

2.4Lガソリンモデルはスムーズな走行が、2.2Lディーゼルエンジンはパワフルな走行性能でしっかりキャラクター分けがされています。

なおガソリンエンジンとディーゼルエンジンの違いについては、以下の記事で詳しくまとめています。詳細まで知りたい方はこちらもご参照ください。

車のエンジンガソリンエンジンとディーゼルエンジンの違い3つ!比較すると熱効率や寿命が全然違う?!

悪路走破性

デリカD:5は悪路走破性に定評のある三菱のミニバンだけあって非常に優れた走破性を持っています。

長年ラリーでも良い成績を収めてきたパワートレインを乗用車であるデリカに昇華しており、高いコントロール性能と悪路走破性が魅力です。

その他にも210mmもの最低地上高やアプローチアングルやデパーチャーアングルなどもしっかり確保されています。

まるでSUVのような走破性を持っており、アウトドアが趣味の人や雪のひどい地域に住んでいる人にも十分に満足できる走破性をしています。(雪道性能の詳細は以下の記事をご参照ください。)

デリカD5の雪道走行デリカD:5は雪道に弱い?雪道走行の性能について徹底分析しました!

なお走破性については以下の記事でさらに詳しく解説しています。詳細まで知りたい方はこちらもご参照ください。

雪道走行中のデリカD:5デリカD:5の走破性を徹底解剖!オフロード・クロカン性能はいかに?!

安全装備

ただ残念なのが予防安全装備です。発売から11年、モデル末期ということもあり近年重要視されている予防安全装備は全く搭載されていません。

高い衝突安全性やサイドカーテンエアバッグなど搭乗者の安全性はバッチリですが、衝突回避のブレーキや歩行者への安全性は期待できません。

デリカD:5の走行性能(走破性・安全性)に対する口コミ/評判の傾向

巡航速度からは重さを感じさせない走り

出だしはややもたつく感がありますが、出だしからかっ飛ばす人はいないので問題はありません。巡航速度からの加速は車重を感じさせない走りです。との意見があります。

ディーゼルエンジンはターボエンジンなので出だしは多少もたつくものです。しかし圧倒的なトルクがあるので十分な走りをしてくれます。

ゴルフ ターボエンジンターボエンジンとは?仕組み/構造は?メリット2つとデメリット4つ!

安全性はトップクラス

衝突するとドライバーの命も危ないと言われる鹿と衝突しても、搭乗者スペースのコンパートメントには損傷やゆがみもなく、直せたという話があります。

車自体はフェンダーがなくなったりラジエーターが潰れたりとひどい有り様でしたが、搭乗者にはほとんどダメージがなく、エアバッグも開かなかったそうです。

当時は雪だったそうなので、それほどスピードは出ていなかったとしても、とても頼りになる衝突安全性です。

デリカD:5ユーザーの実際の口コミ

でかいボディにゆったりした室内でありながら、加速にもたつきがないとの印象があるようです。走行性能は非常に評価が高いです。

悪路の走破性はデリカD:5の見せ所です。ランクルやパジェロ譲りの走行性能は同クラスのミニバンを圧倒します。(ランクルの詳細は以下の記事をご参照ください。)

トヨタ ランドクルーザーランクルの走破性を徹底解剖!クロカン・オフロード性能はいかに?!

遊び車として活躍したそうですが、会社の体質や安全装備への対策がなされないため、デリカD:5から別の車に変えたようです。折角のいい車なのでもっと頑張って欲しいところです。

デリカD:5の燃費の口コミ/評判

評価
燃費
(3.0)

デリカD:5の燃費の特徴

デリカD:5の燃費は以下のようになっています。

エンジンの種類燃費
2.0Lガソリンモデル13.0km/L
2.4Lガソリンモデル10.6km/L
2.3Lディーゼルモデル13.0km/L

ガソリンモデルはアイドリングストップなど燃費対策が取られていますが、最近のミニバンの中ではとても低い数値です。

2.4Lモデルに関してはそういった対策はほとんどないので燃費の数値はよくありません。

ディーゼルエンジンは2.3Lエンジンとしてはそこそこの燃費性能です。燃料代も安く済むのでできればディーゼルモデルを選びたいところです。

ベンツCクラス ディーゼルエンジンクリーンディーゼル車は燃費が悪い?低燃費車を比較してランキングで紹介! ガソリン(クリーン)ディーゼルの燃料は軽油?灯油やガソリンを給油しても走れる?

デリカD:5の燃費に対する口コミ/評判の傾向

デリカD:5の実燃費は以下のようになっています。

エンジンの種類燃費
2.0Lガソリンモデル8~10km/L
2.4Lガソリンモデル7~9km/L
2.3Lディーゼルモデル9~11km/L

3種類ともそれぞれカタログ燃費を70%近く達成しており、優秀な燃費性能をしています。

カタログ燃費の達成率は60~70%ほどと言われているので十分な燃費性能を持っていると言って良いでしょう。

ただやはり古いということもあり、ライバルのミニバンに比べるとどうしても燃費性能では見劣りしてしまいます。ここは走破性とのトレードオフとして諦めるしかない部分ですね。

デリカD:5ユーザーの実際の口コミ

重量物であるバイクを積載して10km/Lという燃費数値です。トランポとしては十分な燃費性能と言えるのではないでしょうか。

ディーゼルモデルでもやはり燃費数値は11km/Lぐらいのようです。規格の古さもありますがもうちょっと伸びてほしいですね。

街乗りばかりではなく、高速を走ると12km/Lまで伸びたようです。

なおデリカD:5の燃費については以下の記事でも取り上げています。詳細まで知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

三菱 デリカD:5デリカD:5の燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!

デリカD:5の乗り心地の口コミ/評判

評価
乗り心地:
(2.0)

デリカD:5の乗り心地の特徴

デリカD:5のハンドリングは安定感がなく、操作より遅れ気味でついてくるような印象があります。

ある程度はタイヤの大きさや車高の高さなどもありますし、ミニバンなのでそこまでクイックなものは期待していませんが、もうちょっと意思疎通の取れた操作感が感じられると良いです。

足回りも収まりはあまり良くなく、もうひと工夫欲しいと感じる乗り心地です。

静粛性に関してはエンジン音がけっこう入ってくるため、良いとは言えません。規格が古いのも仕方がありませんが、もうちょっと遮音性や乗り心地に力を入れてほしいところです。

デリカD:5の乗り心地に対する口コミ/評判の傾向

運転はしやすい

車高車重があるので路面に凹凸があれば揺れるのは当然の範囲内です。アイポイントも高く運転はしやすいです。という意見があります。

デリカD:5はミニバンらしくアイポイントが高いので見晴らしが良く、意外と運転がしやすい車です。

ただ重心の高さからか、凹凸では揺れてしまいます。こればかりは仕方ないことなので、受け入れてあげましょう。

エンジンはうるさい

アイドル時、室内はうるさく感じます。スターワゴンや初代スペギのときほどではありませんが。走り出せば、ガソリン車と同じようです。という意見もあります。

デリカD:5の静粛性に関しては良い意見をほとんど聞くことがありません。高級車のような静粛性を求める人にはおすすめできない車です。

デリカD:5ユーザーの実際の口コミ

街なかでは硬めですが、高速走行時は素晴らしい乗り心地とのことです。速度が出ていればある程度は安定してくるようです。

ただやはり乗り心地は普通の乗用車並の性能を求めると苦しいようです。本当に道具としてつかう、乗り心地などを必要としない人におすすめします。

デリカD:5の広さ・居住性の口コミ/評判

評価
広さ・居住性
(4.0)

デリカD:5の広さ・居住性の特徴

デリカD:5 シート

非常に広い居住空間

デリカD:5は3ナンバーの車なので車内は非常に広いです。乗車人数は8人乗りのタイプと7人乗りのタイプがあります。

7人乗りは2列目シートがアームレストの付いたキャプテンシートになっています。シートの間には隙間があるため3列目へのアクセスもラクラクです。

8人乗りは2列目がベンチシートになっており3人乗ることができます。真ん中にはアームレストが収納されているので二人がけの場合は肘掛けにもなり使い勝手は良いです。

3列目もシートは大きく、足元の空間も十分にあるので居住性はとても良いです。全席とも広さは十分で多人数で出かける場合も、空間的には余裕の広さがあります。

これだけ広いのでキャンプなどの荷物が必要なレジャーにも最適な車といえます。(キャンプ適性の詳細は以下の記事をご参照ください。)

デリカD:5のキャンプデリカD:5がキャンプに最適な理由8つ

ひと工夫で快適な車中泊ができる

デリカD:5は3列目を格納することで荷室を寝床にすることもできます。

しかし1,600mm程度の奥行きしかできないので男性の場合は長さが足りないでしょう。このサイズで事足りる人は、このまま寝袋などで寝られるので便利です。

もう一つはシートをリクライニングさせることでフルフラットの空間を作ります。これなら1,900mmほどの奥行きができ、車中泊が可能です。

ただシートには若干の段差ができてしまうため、マットなどでそこをうまく埋めるようにしないと快適な車中泊は難しいです。

デリカD:5の広さ・居住性に対する口コミ/評判の傾向

7人乗りが快適

シートは7人乗りが快適です。通常の8人乗りにするか7人乗りにするか迷いましたが、8人乗りだと3列シートが気軽に利用できなくなるなと思い、7人乗りにしました。という意見もあります。

人の行き来も楽にでき、荷物も簡単に取ることができるため非常に便利なので、結果的に正解だったとのことです。7人乗りは使い勝手が良いようですね。

シートアレンジが遅れている

車両サイズの割にはほかのミニバンより広いというわけではない印象です。シートアレンジは明らかに他社より遅れてますね。

他社は必死にシートアレンジなど開発している中、三菱は時代遅れですよ。という厳しい意見もあります。

他社よりサイズの大きい3ナンバーサイズでありながらも、車内空間は大きなアドバンテージになっていません。

シートアレンジによって車内をそのまま移動することもできないので、時代遅れだとのことです。

デリカD:5ユーザーの実際の口コミ

デリカD:5はミニバンなのでSUVよりも積載性や居住性は優れています。広い車内と高い走破性の両立がしたいならSUVよりもデリカD:5ですね。

デリカD:5のリアシートの居住性は、ライバル車の上を行く居心地の良さのようです。たしかにシートが大きいので座ってても疲れにくいです。

シートをたおして遮光処理をしてしまえばそこは立派なベッドです。デリカの広い車内はとても便利な使い勝手です。

デリカD:5の実用性の口コミ/評判

評価
実用性
(4.0)

デリカD:5の実用性の特徴

デリカD:5 シート

デリカD:5は車内の幅も広くとても使い勝手が良いです。

3列目は跳ね上げ式収納ですが、収納しても荷室幅が770mmととても広く、積載の妨げになりにくくなっています。

そのため自転車も余裕で乗せることが可能ですし、7人乗りタイプであれば前輪を2列目シートの間に挟み込むことで中型のバイクでも積載可能なほどです。(トランポとしての性能の詳細は以下の記事をご参照ください。)

デリカD:5のシートアレンジデリカD:5がトランポにも使える理由2つ!使い心地まで解説!

しかしフル乗車の際は荷室が意外と狭いため積載性はあまり良くなく、多人数ので旅行のときはルーフキャリアなどの工夫が必要となってきます。

スライドドア左右両方についており大きく開くので便利です。お子様の乗せ降ろしもとても楽にできます。

ただデリカD:5の特徴である車高の高さゆえに乗り降りはちょっと大変です。お年寄りなど足腰の弱い人には辛いものがあるでしょう。

デリカD:5の実用性に対する口コミ/評判の傾向

3列目の収納が大変

3列目シートが跳ね上げ式で、小柄な女性だと重くて大変。この点だけで奥さんから却下!と言われてしまいました。という意見もあります。

他社はワンタッチ収納やバネで跳ね上げの重さを軽減するなど工夫がある点、ここはデリカD:5の弱点と言えます。

乗り降りも慣れれば楽

乗降性もはじめ気になりましたがなれれば問題なし。子供用のグリップがついているのは好感が持てます。との意見もあります。

車高の高いボディもグリップがついていたりと乗り降りに関してはしっかり対策されています。デリカD:5は他社に比べると規格のふるさと配慮の少なさは確かに感じられます。

しかし車高の広いミニバンボディと走破性の高さからくる使い勝手の良さが、デリカD5の一番の実用性だと言えるでしょう。

デリカD:5ユーザーの実際の口コミ

車内の広さ・居住性と走破性を兼ね備えたアウトドア最強の車とのことです。乗用としての実用性は微妙かもしれませんが、道具としての実用性は最高です。

固定するためのフックもあるのでデリカに自転車を乗せるのは余裕です。かゆいところに手の届く装備が満載です。

走破性が高いのでアウトドアを楽しめ、多人数での移動もできるので遠征もできる。

積載性も良いので自転車通学のお子様の送迎も便利ですし、子育て世代の家族にはデリカD:5はぴったりですね。

デリカD:5の故障・メンテナンスの口コミ/評判

評価
故障・メンテナンス
(3.0)

デリカD:5の故障・メンテナンスの特徴

メンテナンス

デリカD:5の整備性

デリカD:5はエンジンルームの開口部は狭く位置も高いため、バッテリー交換やオイル交換など整備はとても大変です。

そして車体重量も重く、タイヤ交換などでジャッキアップするのも大変です。傷をつけたりする可能性も高いのでご自身での整備に自身のない人はやめたほうが良いでしょう。

ヘッドライトはディスチャージヘッドライトを採用しており、LEDほどではありませんが長寿命なのでなかなか交換ということはありません。

デリカD:5の故障のしやすさ

デリカはオートスライドドアを採用しています。オートスライドドアは可動するモーターや引っ張るためのワイヤーなどといった電気関係の部分で不具合が起きることが多々あります。

その他にもディーゼルエンジンはススが溜まりやすい傾向があります、ちょい乗りが多い人はガソリン車のほうがトラブル回避にはなるでしょう。

なおディーゼルエンジンのメンテナンスについては、以下の記事で詳しく解説しています。こちらもあわせて参考にしてみてください。

メンテナンス(クリーン)ディーゼルのメンテナンスのポイント5つ!費用や水抜き、アドブルーまで解説!

デリカD:5の故障・メンテナンスに対する口コミ/評判の傾向

ブレーキオイルの漏れ

ブレーキが効かなくなり、調べてみたところどうやらブレーキオイルがすっかり抜けていてリザーバータンクも空っぽになっていました。という不具合があります。

普段ならブレーキに異常が出た時点で警告灯などがつくものですが、このときは直前まで警告灯がつかなかったとのことです。

CVTからの異音

加速するときや減速するときにエンジンルームといいますかフロア下あたりから「ウィーン」とか「ウゥーン」といったうなり音みたいな音が聞こえてくる。という話もありました。

これはCVTの不具合らしく、交換するしか解決方法はないようです。金額も相当なものになるので悩ましいところですね。

デリカD:5ユーザーの実際の口コミ

不具合ひとつなく6年間走行し、周囲の人達への”意外と丈夫な三菱”という印象をつけたそうです。こういったところから信頼は見えてきますね。

ただやはりこういったふうに三菱はすぐに壊れるイメージをもつ人もいます。これから少しずつ信頼を取り戻していってほしいですね。

なおデリカD:5の故障については以下の記事でさらに詳しく解説しています。詳細まで知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

デリカD:5デリカD:5は故障が多い?壊れやすいのか故障率をもとに解説!

デリカD:5の価格・値段の口コミ/評判

評価
価格・値段
(3.0)

デリカD:5の価格・値段

グレード価格
M 2WD240.8万円
M 4WD285.5万円
G-powerパッケージ 2WD276.1万円
G-powerパッケージ 4WD317.7万円
G-premium373.1万円
D-powerパッケージ353.4万円
D-premium405.5万円
JASPER374.7万円

デリカD5はこのクラスのミニバンとしては比較的価格が安く、購入しやすいのが特徴です。

ただし2WDと4WDではエンジンの排気量も変わってくるため、価格も大きく上がりますので注意が必要です。さらにディーゼルエンジンは基準車に比べ大きく値段が上がっています。

デリカD:5がほしいだけならばMグレードを購入することで予算は抑えることができます。

しかしデリカD:5の良さを体感できる4WDやディーゼルモデルを購入しようと思うと予算は一気に跳ね上がってしまいます。

歴代デリカの中古相場

 

View this post on Instagram

 

Land Works 4×4さん(@landworks4x4)がシェアした投稿

デリカの歴史は非常に長く、初代は1969年にデリカコーチとして登場し、なんと49年もの歴史がある車です。

そして2代目のデリカはスターワゴンと名称を変え、1979年に登場しました。ただ残念ながら中古車としてはほとんど流通しておらず、現在購入するのは困難です。

MEMO

3代目デリカスターワゴンは1986年に登場し32年が経っています。そのため中古相場は40万円から高いものでは170万円ほどと意外と高額です。

旧車のプレミア感が感じられる価格になっています。相場としては70万~100万円の個体が多く取引されていますが、個体数もけっこう少ないためほしいと思ったら即決が必要です。

4代目はデリカスペースギアとして1994年に発売しました。こちらもプレミア価格なのか安いものは13万円からですし高いものでは170万円ほどと、古い車とは思えない価格がついています。こちらは流通量が多く、相場として80万~180万円で取引されています。

現行モデルは2007年に発売され、発売から11年も経過しています。そのため価格はさまざまで、下は約30万円ぐらいから、高いものとなると440万円程になります。相場は70万円から350万円となっています。

MEMO

なお正しいやり方で値引き交渉をすれば、上記の価格よりも安くデリカD:5を購入できますよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

デリカD:5の価格・値段に対する口コミ/評判の傾向

2WDなら激安

2WDに関しては激安です。というストレートな意見がありました。他社のミニバンと比べても価格は安く、更に値引きがでかいためとにかく安くなるそうです。

お買い得感は高い

価格は高いが、クリーンディーゼルなら免税で10数万円お得、減税還付、消費税アップの予定、お買い得感は高いですね。という意見があります。

クリーンディーゼルであれば税制で優遇を受けられるので、燃費などを加味しても最終的にはお得かもしれません。

なおクリーンディーゼルの中古を買う際には少し注意点があるので、中古を買おうと思っている方は以下の記事もあわせて参考にしてみてください。

デミオ 中古車クリーンディーゼル車を中古で買う際の注意点5つ!おすすめの車種はこれ!

デリカD:5ユーザーの実際の口コミ

ディーゼルモデルは見積もりでかなりいい値段になります。いくらランニングコストが下がると言われても高いものは高いです。

デリカD:5はそのよくできたパッケージングのおかげで非常に人気が高いです。そのためなかなか中古相場も下がりません。

すでに新型の話も出てきていますので、現行モデルを買われる方は在庫処分の今の時期を狙うのも良いかもしれませんよ。

デリカD:5の維持費・税金の口コミ/評判

評価
維持費・税金
(3.0)

デリカD:5の維持費・税金の特徴

車 維持費

デリカD:5の維持費を下記の条件で計算します。

  • 年間走行距離約1万キロ程度
  • 旅行で1,000キロほど高速をつかう
  • 車検及び整備の見込み費用として16万円

デリカD:5は排気量2,300cc、重量2.0トン未満のミドルクラスミニバンです。自動車税、重量税、自賠責などかかる税金を年計算でだしてみると毎年74,315円が税金として請求されます。

税金以外でかかる費用はガソリン代、高速代や整備費そして任意保険を計算すると306,400円ほどになります。

先程の税金と合わせると年間維持費は380,715円です。ここに駐車場やローンの場合は車両の価格が上乗せされる形になります。D-premiumは、60回ローンで月々82,000円程となります。

ですから維持費と合わせると月々が約113,700円で維持することが可能です。

上記はディーゼルモデルで計算しましたが、他にガソリンモデルもあります。

車両価格はガソリンモデルのほうが安い傾向がありますが、維持費という面で見ていくと燃費性能や燃料代で優れたディーゼルモデルのほうがおすすめです。

ガソリン、ディーゼルエンジンの違いは以下の記事でも取り上げているので、こちらもあわせて参考にしてみてください。

エンジン「クリーンディーゼル」vs「ガソリンエンジン」の違い8つ!燃費や維持費まで比較!

デリカD:5の維持費・税金に対する口コミ/評判の傾向

維持費はディーゼルが安い

維持費を考えるとディーゼル以外の選択肢はない、という意見もありました。

10年ほど乗ることを考えると走行距離などにもよりますが、ディーゼルのほうが圧倒的に安くなるようです。

リセールバリューが良い

デリカD:5は三菱の中で唯一リセールバリューが高い車なので、多少高くても大丈夫、という意見もあります。

デリカD:5はとても使い勝手が良い車なので維持費などが多少かかってもリセールが高いため、結果的に損は少ないかもしれません。

デリカD:5ユーザーの実際の口コミ

使い勝手や維持費、そういったものを加味するとただのSUVよりも使い勝手の良いデリカD:5のほうが良いという結論になるようです。

昔のスカイラインは燃料はハイオクで燃費もガソリンをばらまいてるんじゃないかと思うくらい悪かったです。それと比べるとデリカD:5サイズの車でも年間で10万も燃料代が浮くそうです。

デリカD:5のグレード・仕様の口コミ/評判

評価
グレード・仕様
(3.0)

デリカD:5のグレード・仕様の特徴

デリカD:5 フロント

デリカD:5は2.0Lと2.4Lのガソリンモデルと2.2Lディーゼルモデルの3種類のパワートレインです。

ガソリンモデルはそれぞれ2.0Lが2WD、2.4Lが4WDと選べるものが限定されています。ディーゼルは4WD一択となっており、2WDを選ぶことはできません。

ポイント

パワートレインは両者ともキャラクターのはっきりしたパワートレインで、安定した性能とスムーズな加速が魅力のガソリンモデル、パワフルで高い走破性を持つディーゼルモデルとなっています。

他にもグレードを選ぶ際に気をつけないといけないのが、乗車定員です。デリカD:5は7人乗りと8人乗りのモデルがありますが、MグレードとJAPERには8人乗りしか設定はありません。

グレード体系は複雑なので、購入する際には自分に必要な仕様を相談して、確認したほうが間違いがありません。

デリカD:5のグレード・仕様に対する口コミ/評判の傾向

デリカD:5の人気グレードは圧倒的にディーゼルモデルのD-powerパッケージです。

価格は確かに高めですが、スタイリングや装備、そしてこの車の魅力など必要十分な装備が揃っていることが一番人気の理由のようです。

逆にあまり人気がないのがMグレードです。デリカD:5の魅力である走破性という部分が弱くなってしまうためのようです。

デリカD:5ユーザーの実際の口コミ

デリカD:5はローデストというエアロパーツのついたモデルも有りました。

現在はラインナップからは落ちていますがデリカD:5の大きく見えるボディが迫力を増し、カッコいいモデルでした。

デリカD:5は人気のある特別仕様車が多いのも特徴です。現在ラインナップされているJASPERも非常に人気のあったグレードです。

デリカD:5はその唯一無二の存在から、中古相場もなかなか下がらない優秀なモデルです。

総評

ではデリカD:5の総評をしていきます。

デリカD:5の評価
外装(エクステリア)
(4.0)
内装(インテリア)
(4.0)
走行性能(走破性・安全性)
(4.0)
燃費
(3.0)
乗り心地
(2.0)
広さ・居住性
(4.0)
実用性
(4.0)
故障・メンテナンス
(3.0)
価格・値段
(3.0)
維持費・税金
(3.0)
グレード・仕様
(3.0)
総合評価
(4.0)

デリカD:5は3ナンバーサイズで車高が高いボディのため、見た目から非常に迫力を感じるスタイルです。

最近流行りのプレスラインやメッキでギラギラといったデザインではなく、キャラクター性をしっかり感じさせるよくできたデザインで作られており、とても魅力的な車です。インテリアなどちょっと作りがチープに感じる部分もこのキャラクターでカバーできています。

走行性能はライバル車の中でも軍を抜いてすばらしく、ミニバンらしからぬ走破性で色んな用途に使えます。しかしその分車高の高さがあり乗り心地や荷物の積載、乗り降りなどは若干大変です。

ポイント

登場から11年たっており、じっくり作り込まれたこの車は故障や維持費といった不安なポイントは少なくなっています。

使い勝手や走行性能が高いのでさまざまな人におすすめのできるミニバンです。

三菱の車だからといって候補から外すのではなく、積極的に試してみると魅力を感じることのできるモデルです。

デリカD:5については以下の記事でも取り上げているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

三菱 デリカD:5デリカD:5の燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説! 雪道走行中のデリカD:5デリカD:5の走破性を徹底解剖!オフロード・クロカン性能はいかに?!