1分で車を60万円値引きする裏技

ステップワゴンの燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!

3列目収納やバックドアから乗り降りできるわくわくゲートなど、使い勝手の良いステップワゴン。

ダウンサイジングターボエンジンに続きハイブリッドモデルも登場し、魅力の多いミニバンです。

そんなステップワゴンですが燃費性能はどうでしょうか。

ここではステップワゴンの燃費性能について解説していきます。

ステップワゴンの燃費・実燃費

ホンダ ステップワゴン

まずはステップワゴンの燃費を見ていきます。一般的に実燃費はカタログ燃費の6~7割ほどだと言われていますがどの程度達成しているのでしょうか。

ガソリンモデル、ハイブリッドモデルそれぞれのカタログ燃費と実燃費をチェックしていきます。

ガソリンモデル

ガソリンモデルのカタログ数値は17.0km/Lとなかなか良い数値です。では実燃費を確認してみます。

燃費の種類数値
カタログ燃費17.0km/L
街乗り燃費10~12km/L
高速燃費14~16km/L

おおよそこのような数値になります。街乗り燃費のカタログ燃費達成率は60%超えていますが、ガソリンエンジンとしてはちょっと低めです。

ダウンサイジングターボエンジンは街乗りの燃費が苦手だと言われているからでしょう。高速燃費は8割を超え、なかにはカタログ燃費を超える人もいました。

ハイブリッドモデル

ハイブリッドモデルはカタログ数値が25.0km/Lです。ミニバンにしては燃費の数値が非常に良いですが、実燃費はどうでしょうか。

燃費の種類数値
カタログ燃費25.0km/L
街乗り燃費15~17km/L
高速燃費18~20km/L

実燃費はこの様になりました。こちらもカタログ燃費達成率は約60%前後で、ハイブリッドとしては標準的な数値です。

高速燃費は70%以上の達成率の数値をしています。こちらも標準的ですね。

燃費の数値は近年のミニバンらしい平均的な数値を出しています。大きく数値を落としていることも、大きく上回っているともない燃費性能です。

ステップワゴンの燃費の口コミ

さてステップワゴンの燃費についてユーザーはどう感じているのでしょうか。ここではツイッターからステップワゴンユーザーの実際の声を紹介していきます。

排気量の小さい1.5Lターボエンジンであっても、重いバイクを積んで走行して16.3km/Lという非常に良い燃費性能を見せてくれます。

こちらの方はなんとカタログ数値を達成しています。排気量が小さいので高速での低速走行時は非常に燃費が良くなりますね。

ハイブリッドモデルともなると20km/L近い数値が普通になってきます。恐ろしい燃費性能ですね。

ステップワゴンの歴代の燃費・実燃費

なかなか良い燃費性能のステップワゴンですが、歴代のステップワゴンの燃費はどうでしょうか。ここでは歴代ステップワゴンの燃費を解説します。

RF1型の燃費・実燃費

 

View this post on Instagram

 

Chegumunif Hondaguruさん(@chegumunif)がシェアした投稿


初代ステップワゴンはJC08モードには対応しておらず、10・15モード燃費で11.4km/Lという数値です。

実燃費は街乗りで7~9km/L、高速で9~11km/Lと、20年近く古いミニバンにしては良好な燃費性能といえるでしょう。

燃費の種類数値
カタログ燃費11.4km/L
街乗り燃費7~9km/L
高速燃費9~11km/L

RF3型の燃費・実燃費

 

View this post on Instagram

 

Joel Smithさん(@joellssmith)がシェアした投稿


こちらは2代目のステップワゴンです。カタログ燃費は初代から1割ほど改善され、13.2km/Lとなっています。

ただ実燃費は街乗りでは7~9km/L、高速では10~11km/Lと初代とほとんど変わっていません。

燃費の種類数値
カタログ燃費13.2km/L
街乗り燃費7~9km/L
高速燃費10~11km/L

RG型の燃費・実燃費

 

View this post on Instagram

 

Avant Car Craftさん(@avantcarcraft)がシェアした投稿


3代目ステップワゴンは外観も大きく変え、スタイリッシュなモデルになりました。カタログ燃費は13.2km/Lと先代と変わっていません。

しかし実燃費は街乗りで8~10km/L、高速で10~12km/Lと実際の使用環境での燃費の進化が感じられる数値です。

燃費の種類数値
カタログ燃費13.2km/L
街乗り燃費8~10km/L
高速燃費10~12km/L

RK型の燃費・実燃費

 

View this post on Instagram

 

Gary Orさん(@gary_or)がシェアした投稿


4代目のステップワゴンはCVTやアイドリングストップなど、燃費向上技術が大きく進化したモデルです。

カタログ燃費は2割ほど伸びて16.0km/Lとなっています。街乗りでは10~12km/L、高速では12~14km/Lと大きく伸びています。

燃費の種類数値
カタログ燃費16.0km/L
街乗り燃費10~12km/L
高速燃費12~14km/L

ステップワゴンは現行モデルからダウンサイジングターボエンジンやモーターのみの走行を実現したハイブリッドなど他社にない技術で燃費性能を改善しました。

わくわくゲートや3列目収納などステップワゴンは目の付け所がとてもおもしろいミニバンです。

ステップワゴンの燃費の理由

ステップワゴン エンジン

現在のステップワゴンはちょっと前までのコンパクトカー並みの燃費製性能をしています。そこまで燃費性能が向上した理由は何なのでしょうか。解説していきます。

パワートレインの進化

ステップワゴンは近年海外の車に燃費対策として取り入れられているダウンサイジング化を図りました。それが1.5Lターボエンジンです。

排気量が小さいので巡航時は同クラスのミニバンに比べ燃料消費が抑えられます。加速はターボエンジンの加給によって十分なパワーを持っているので走りは良いです。

ターボと小排気量エンジンの組み合わせにより非常に効率の良い走行ができる車となりました。

アイドリングストップ機構

1.5Lエンジンの燃費性能だけでなく、さらにパワートレインの無駄をなくすためにアイドリングストップが採用されています。

信号待ちなどのアイドリングを止め、燃料の消費を少しでも減らしています。

効率の良いハイブリッドモデル

ステップワゴンのハイブリッドはエンジンで発電し、モーターで走行する半電気自動車のような構造です。

モーターは中・低速時の効率がよく、走り出しもエンジンに比べると無駄が少ないので非常に効率が良いです。しかし高速時はモーターは消費電力が大きくなり、効率はよくありません。

そこで高速走行時は発電のエンジンをタイヤに直結させることで効率の良いエンジン走行に切り替えます。そのため全速度域で効率の良い走行ができるのです。

これだけ燃費対策がなされていても実燃費は標準的な燃費にしかなりません。いったい何が問題なのででょうか。

一回り重い車重

ステップワゴンは実はライバル車に比べ100kg以上重量が重くなっています。

各社燃費向上のために車両の軽量化を図る中で頭一つ抜けた車重があるため、ステップワゴンはそこまで燃費が伸びない要因となっています。

街乗りが苦手

ダウンサイジングターボエンジンは加速時にターボを使います。そのため普通の車より燃料消費が多くなる傾向があります。

街なかや市街地のようなストップアンドゴーが多いような場所では加速が頻繁に行われるため効率が悪い走りしかできません。ダウンサイジングターボエンジンの弱点と言えるでしょう。

ステップワゴンの燃費改善・向上方法

ステップワゴンの燃費の良し悪しの理由を解説してきましたが、今度は燃費良く走るための方法を解説していきます。

出だしはふんわり、加速はしっかり

ステップワゴンの1.5Lモデルは、ストップアンドゴーの多い街乗りが燃費性能的に弱いポイントです。

加速も良いため思わず踏み込んでしまいがちですが、燃費良く走るためにできるだけ走り出しの燃料消費を減らします。

まず発進時はクリープ現象で徐々に前に出ましょう。走り出してからはアクセルを3分の1から半分ほど踏み込み目的の速度まで加速します。

このとき燃費が良いかからと言ってふんわりとアクセルを踏んでいると、ポンピングロスなどによりエンジン内で抵抗が発生し無駄が発生します。

そして必要な加速が終わったらアクセルを緩め、できるだけ一定速度で走行しましょう。

街乗りが多い人はハイブリッドがおすすめ

どれだけ丁寧に走っても、1.5Lモデルはストップアンドゴーの多い市街地では燃費は悪くなりがちです。

そこで市街地走行の多い人は思い切って、そういった場面でも大きく効率を落とさずにモーターで走れるハイブリッドモデルを選ぶことをおすすめします。

日常使いの効率の悪い部分ではモーターで走り、モーターの効率の悪い高速域ではエンジンで走ることができるこのハイブリッドはとても燃費効率が良いのです。

高速での移動が多い人はダウンサイジングエンジンモデルを、市街地走行から高速走行まであらゆるシーンでの使用が考えられる人はハイブリッドモデルを選ぶことで効率の良い走りができます。

とはいえ非常に気持のいい走りをしてくれるのがこのパワートレインです。いかに丁寧なアクセルワークができるかで燃費は大きく変わってきます。

ステップワゴンの燃費を他の車と比較

ステップワゴンの燃費はなかなか優秀です。ではステップワゴンのライバル車たちの燃費はどうでしょうか。

ここでは比較に上がりやすい日産のセレナ、トヨタのヴォクシー、三菱のデリカD:5と比較していきます。

三菱 デリカD:5

三菱 デリカD:5

デリカD:5はSUVの走破性と多目的に使えるミニバンの良いとこ取りをした三菱らしいミニバンです。

パワートレインにはガソリンモデルだけでなくパワフルなディーゼルもあり、他のミニバンにはない魅力がたくさんあります。

燃費性能はディーゼル、ガソリンモデル両方共13.6km/Lと、ステップワゴンの燃費数値には到達していません。では実燃費をみていきます。

燃費の種類ディーゼルガソリン
カタログ燃費13.6km/L13.6km/L
街乗り燃費10~11km/L9~11km/L
高速燃費11~13km/L10~14km/L

デリカD:5の燃費は上の通りで、ガソリンモデルのステップワゴンより若干低い数値です。

SUVのようなミニバンのデリカD:5や車内空間の自由度の高いステップワゴンと両者とも独自の魅力を持っています。

ただ走行性能や燃費を見ていくとダウンサイジングターボエンジンのパワフルさやハイブリッドモデルの走行性能の高さ、そして燃費性能の高さはステップワゴンに圧倒的なアドバンテージがあります。

この2台を比較すると、ステップワゴンのほうが優勢です。

トヨタ ヴォクシー

トヨタ ヴォクシー

ヴォクシーはトヨタの販売するミニバンで、FFミニバンの先駆者のステップワゴンに変わってミニバンのスタンダードの座に君臨しています。

使い勝手の良い車内、大きな車内空間、豊富なパワートレインとわかりやすい魅力のある車です。

燃費性能はハイブリッドモデルで23.8km/L、ガソリンモデルで16.0km/Lとステップワゴンよりすこし下回る数値です。では実燃費をご紹介します。

燃費の種類ハイブリッドガソリン
カタログ燃費23.8km/L16.0km/L
街乗り燃費15~17km/L10~13km/L
高速燃費18~20km/L14~16km/L

実燃費は上記のとおりです。ハイブリッドモデルはほぼステップワゴンと同じような数値を、ガソリンモデルは街乗りで若干ヴォクシーのほうが上回っています。

ただステップワゴンはハイブリッドモデル・ガソリンモデルともにヴォクシーより走行性能に関する評判は高いです。

トヨタというブランドに拘らないのであればステップワゴンのほうが魅力は強いでしょう。

日産 セレナ

日産 セレナ

セレナはプロパイロットという高速道路単一車線自動運転で一気に売り出し、現在は話題のパワートレインであるe-powerを搭載し、さらに販売台数を伸ばしている車です。

カタログ燃費はハイブリッドモデルで26.2km/L、ガソリンモデルで17.2km/Lと両方共ステップワゴンを上回る数値になっています。では実燃費を見ていきましょう。

燃費の種類ハイブリッドガソリン
カタログ燃費26.2km/L17.2km/L
街乗り燃費15~18km/L10~13km/L
高速燃費17~19km/L14~17km/L

実燃費は上記のとおりです。ガソリンモデルはステップワゴンを若干上回り、ハイブリッドモデルは一進一退の状態です。

ガソリンモデルで比較するとセレナのほうが燃費性能は高いですが、エンジンがこのクラスでは非常に評判が悪く、走行性能はステップワゴンのほうが圧倒的に良くできています。

ハイブリッドモデルはワンペダルなどおもしろい技術が採用されていますが、高速域では効率が悪く燃費が伸びにくいです。

その点ステップワゴンは高速域ではエンジンと直結させることで燃費の低下を抑えており、全域で効率の良い走行を可能としています。

単純に燃費だけで比較するならばセレナのほうが若干優秀ですが、走行性能なども加味してみていくとステップワゴンのほうが優秀だと言えるでしょう。

全速度域で優秀な燃費のステップワゴン

ステップワゴンはわくわくゲートや3列目収納などに話題が行きやすいですが、非常に優れたパワートレインを搭載しています。

外観などで食わず嫌いをせずに一度乗ってみることでこの車の良さがわかるでしょう。

燃費は車に合わせた走り方をすることによって大きく変わってきます。こちらで紹介した方法などを参考にして、燃費の良い走りを研究してみてください。