1分で車を60万円値引きする裏技

ステップワゴンの加速性能を解説!0-100km/h加速タイムはどのくらい?

人も乗れて荷物も積めるので、ミニバンってとても使える車ですよね。

各メーカーからさまざまなモデルが販売されており、選び放題となっています。

なかでもMクラスミニバンは取り回しやすいボディサイズに加え、価格も控えめなので、今や激戦区の一つに数えられるほど…。

今回は、そんなMクラスミニバンより、走行性能に定評のあるホンダ「ステップワゴン」について解説していきたいと思います。

「オーナーの口コミ」「0-100mk/h加速のタイム」を参考にしながら詳しく見ていきましょう。

ステップワゴンの加速性能

ホンダ ステップワゴン

ステップワゴンの加速性能について、さまざまな観点から解説していきたいと思います。

現行ステップワゴンは加速が秀逸

2017年9月のマイナーチェンジでハイブリッドモデルが追加されましたが、このモデルが想像以上に速いんです。

現行5代目ステップワゴンが登場したのは2015年のこと。実は当時、ガソリンエンジン1本のラインナップだったので、それほど人気はありませんでした。(エンジンの詳細は以下の記事をご参照ください。)

ガソリンエンジンガソリンエンジンのメリット3つとデメリット5つ!仕組みと将来性の特徴を解説!

環境性能が重視される昨今、ミニバンもハイブリッドの方が売れますからね。

こういった理由からマイナーチェンジ前は不調でしたが、ハイブリッドモデル投入後、着々と販売台数を伸ばし、瞬く間に人気車種になりました。

  • 小回りの利く5ナンバーボディ
  • 優れた燃費と安定性
  • 「1.5L VTECターボ」「2.0L i-VTEC(ハイブリッド)」の2種からなるスポーティな加速

現行ステップワゴンの武器といえば、この3つが挙げられるでしょう。

燃費の良さについては以下の記事で詳しく解説しています。興味のある方はこちらもご参照ください。

ホンダ ステップワゴンステップワゴンの燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!

0-100km/h加速タイム

加速性能を見るのに参考になるのが「0-100km/h加速」のタイムです。

発進から100km/hまで加速する機会なんて実際にはほとんどありませんが、性能の指標としては有効といえるでしょう。

最近ではメーカーが公称することは珍しく、ステップワゴンについても正式なタイムは明らかになっていません。そのため、ここではオーナーさんの意見を参考にしてみたいと思います。

Twitterで調査してみると、ガソリンモデルで9秒、ハイブリッドモデルで8秒という意見が多く見受けられました。

ミニバンとしては非常に優れた数値なのですが、「数字だけではピンとこない!」という人もいますよね?

そこで、トヨタの人気車種のタイムを一覧にしてみたので、参考にしてみてください。

車種0-100km/h加速タイム
クラウン6.9秒
アルファード10.2秒
プリウス11.0秒
エスティマ11.4秒
ヴォクシー/ノア11.6秒
ウィッシュ12.0秒
シエンタ12.2秒
ハリアー12.3秒
bB12.4秒

身近な車種と比較すると、ステップワゴンの加速がどれくらいなのかイメージできますよね。

なお上記の表のハリアーとプリウスの加速性能は以下の記事で詳しく解説しています。詳細が気になる方はこちらもご参照ください。

トヨタ ハリアーハリアーの加速性能を解説!0-100km/h加速タイムはどのくらい? トヨタ プリウスプリウスの加速性能を解説!0-100km/h加速タイムはどのくらい?

ホンダの2つの技術「i-VTEC」と「SPORT HYBRID i-MMD」

SPORT HYBRID i-MMD

ステップワゴンの加速性能の高さについて、大きな役割を担っている技術を解説しましょう。

ガソリン仕様の「VTEC」、ハイブリッド仕様の「i-VTEC」

ホンダ車を語るうえで「VTEC」は欠かせません。簡単に解説すると、エンジン回転数に応じてバルブの「開閉タイミング」「リフト量」を調節する技術のことですね。

VTECエンジンVTECエンジンとは?仕組/構造は?搭載車はバイクにもあり?!

数年前、初めてインテグラに横乗りしたとき、5,000rpmに達したVTECのサウンドにはビックリしたものです…。

VTECエンジンVTECエンジン音サウンドの特徴!切り替わり音が最高すぎる?!

ステップワゴンにはガソリン仕様の「VTECターボ(L15B型)」、ハイブリッドの「i-VTEC(LFA型)」の2種類が採用されています。

VTECターボエンジンVTECターボエンジンとは?搭載車は?邪道と言われる理由は仕組みにあり!?
項目諸元
エンジン型式L15B型LFA型
最高出力150PS/5,500rpmエンジン:
145PS/6,200rpm
モーター:184PS
最大トルク20.7kg・m/
1,600~5,000rpm
エンジン:
17.8kg・m/4,000rpm
モーター:32.1kg・m
種類水冷直列4気筒
1.5Lターボ
水冷直列4気筒DOHC
16バルブ+モーター
排気量1,496cc1,993cc

※直列4気筒エンジンの詳細は以下の記事をご参照ください。

BMW 直4エンジン直列4気筒エンジンの特徴!どんな音?搭載車を日本車/外車の車種からそれぞれ紹介!

こちらがエンジン性能の詳しい諸元です。

当時のVTECのイメージからすると、幾分か物足りなく感じるとは思いますが、それでもミニバンとしては軽快な走りをしますよ。

ハイブリッドカーは中~高回転域での巡航に難がありますが、ステップワゴンなら高速道路の巡航・合流・車線変更も、ストレスなくこなせます。

SPORT HYBRID i-MMD

さらに、ハイブリッドモデルの加速性能に関しては、「SPORT HYBRID i-MMD」というパワーユニットも大きく貢献しています。

モーター単体のトルクは32.1kg・mに達し、トータルの出力は200PSを超えます。

「i-MMD」とは、車両状況を正確に判断し、状況に応じてモーターとエンジンの駆動バランスを調節する技術のことです。

広い領域でトルクを発揮するので、大排気量のようにグイグイと走り、まるで「V6エンジンを積んでいるのか?」と錯覚してしまうほど…。(V6エンジンの詳細は以下の記事をご参照ください。)

フェアレディZ V6 エンジンV6エンジンの特徴!どんな音?搭載車を日本車/外車の車種からそれぞれ紹介!

ステップワゴンの実際の加速感

それではネットに投稿を参考に、実際の加速感を紹介したいと思います。

TwitterとYouTubeから気になるものを見つけたので、ご覧ください。

オーナーさんのツイート

こちらの方はレンタカーとしてステップワゴンに乗ってことがあるようです。遠出だったのでしょうか? 定員ギリギリまで乗せて運転したご様子。

7人も人を乗せると、さすがに加速力が心配になるところ。ましてや1.5L車なのでパワーが足りないような気がしますが…加速に関してストレスは感じなかったみたいですね。

車好きの間で流行っている、「#乗ってる車名と長所と短所書いてけ」なる投稿です。気になるオーナーの反応は…。

第一に加速の速さを挙げていますね。ミニバンらしくシートのでき栄えと、さらに死角の少なさも長所として捉えていらっしゃいます。

短所はワイパーの音のみ。もはや短所らしい短所が見当たらなかったということでしょう。

こちらの投稿で挙げられているのは、某雑誌で話題になった性能テストです。

ゼロ加速性能について、注目車種を比較している内容となっています。「セレナ e-POWER」「セレナ オーテック」「N-BOX」「86 GR」など、名だたる人気車種が比較対象。

今注目の「e-POWER」は想像以上の性能ですね。スポーツクーペの86も堂々の8秒台。(実際の加速感は以下の記事をご参照ください。)

86の外観トヨタ86(ハチロク)の試乗レビュー・感想!乗り心地はいかに?!

N-BOXも軽自動車ならがら、なかなかの数値です。

ですが一番の驚きは、ステップワゴンが圧倒的なタイムをたたき出していることでしょう。86のタイムを超え、トップの数値です。

こちらの投稿主も、レンタルでステップワゴンに乗ったことがあるようです。内容からして、以前スポーツカーに乗っていた経験を予感させますね。

肝心の感想はというと…ダウンサイジングターボの性能を認めているようです。(エンジンの詳細は以下の記事をご参照ください。)

ダウンサイジングターボエンジンダウンサイジングターボとは?デメリット/欠点2つとメリット3つ!搭載車種も紹介

さすがに「満足!」というほどではなく、低速域にもっさり感を感じたようですが、おそらく比べているラインがスポーツカーなのでしょう。

そのかわり、ミニバン特有の居住空間には大満足だったようです。

YouTubeで加速感をチェック


こちらはエンジンスタートから、ゼロ加速までを撮影した動画です。メーター付近しか映されていませんが、メーターや音で、加速感を感じられるかと思います。

まず、踏んでからのメーターの動きが素晴らしいですよね。ダウンサイジングターボの音は、スポーティさすら感じさせる感触。

メーターの数値もグングン伸びていますが、個人的には、画面右側のブースト計を見ていただきたいです。

ブースト圧の数値は1.0km/㎠を指しています!普通車としては、かなりターボのかかり方が良いですね。


こちらはハイブリッドモデルの発進加速です。ハイブリッドも10秒弱で100km/hに到達しており、i-MMDの性能がよくわかるかと思います。

ミニバン市場はハイブリッドモデルが主流となりつつありますが、これだけの加速をみせるMクラスミニバンはそうないでしょう。

MEMO

もしステップワゴンを買おうと考えているなら、あわせて正しい値引き交渉のやり方も覚えておくといいですよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

ステップワゴンの加速性能をほかの車と比較

最後に、同クラスの車種と加速性能を比較してみましょう。

ステップワゴンのライバル車にあたる「ヴォクシー」「セレナ」の性能について、簡単にまとめてみました。

トヨタ ヴォクシー

トヨタ ヴォクシー

まずは、ミニバンのラインナップが豊富なトヨタより「ヴォクシー」について解説しましょう。姉妹車にあたる「ノア」「エスクァイア」も同等の性能といえます。

男性的なキャラクターが人気で、ラインナップは「2L ガソリン」と「1.8L ハイブリッド」の2モデルです。

無難にまとめられた性能がトヨタらしいヴォクシーですが、加速性能についてはどうでしょうか?

項目ガソリンハイブリッド
最高出力152PS/6,100rpmエンジン:
99PS/5,200rpm
モーター:82PS
最大トルク19.7kg・m/3,800rpmエンジン:
14.5kg・m/4,000rpm
モーター:21.1kg・m
種類直列4気筒直列4気筒+モーター
排気量1,986cc1,797cc

こちらは、メーカーより引用したヴォクシーのエンジン性能表です。

数字を見る限り、出力・トルクともにステップワゴンの方が上回っていることが見て取れますね。

0-100km/h加速は11.6秒といわれているので、加速性能はステップワゴンの方が上手といえるでしょう。

なおヴォクシーについては以下の記事で口コミ・評判をまとめているので、興味のある方はこちらもあわせてご参照ください。

ヴォクシー 外装ヴォクシーの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

日産 セレナ

日産 セレナ

日産のハイブリッド技術「e-power」を搭載した「セレナ」はMクラスミニバンとして大人気です。

走行性能の高いハイブリッドモデルとしても注目されていますが、ステップワゴンと比較するとどうでしょうか?

項目ハイブリッドハイブリッド
(e-power)
最高出力エンジン:
150PS/6,000rpm
モーター:2.6PS
エンジン:
84PS/6,000rpm
モーター:136PS
最大トルクエンジン:
20.4kg・m/4,400rpm
モーター:4.9kg・m
エンジン:
10.5kg・m/3,200~5,200rpm
モーター:32.6kg・m
種類直列4気筒
DOHC+モーター
水冷直列3気筒
DOHC+モーター
排気量1,997cc1,198cc

※直列3気筒エンジンの詳細は以下の記事をご参照ください。

日産 NOTE 直3エンジン直列3気筒エンジンの特徴!どんな音?搭載車を日本車/外車の車種からそれぞれ紹介!

こちらは、メーカーより引用したセレナのエンジン性能表です。

オーナーの間では、セレナの0-100km/h加速は8秒強といわれているので、発進加速はステップワゴンの方がわずかに速いですね。

さらに、i-MMDはe-powerの上位互換とも評され、中~高速域での運動性能もステップワゴンの方が上手。

「ステップワゴンの方が登坂や追い越しで力強い」

「セレナより加速のストレスが少ない」

このように意見するセレナオーナーさんもいるくらいなので、間違いないでしょう。

まとめると、ステップワゴンはクラストップの加速性能を備えているということですね。以上、ステップワゴンの加速性能についてでした。

ステップワゴンについては、ほかにも以下の記事で取り上げています。興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

ステップワゴン 外装ステップワゴンの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック! ステップワゴンの走りステップワゴンの走りは最高?走行性能を解説しつくします!