1分で車を60万円値引きする裏技

ステップワゴンの走りは最高?走行性能を解説しつくします!

ホンダ ステップワゴンはホンダの中核的なミニバンで、トヨタや日産など競合ひしめきあう中型ミニバン市場で存在感を示している車種です。

そんなステップワゴンですが、走りの面ではどうなのかっていまいちわからないですよね。

今回はホンダ ステップワゴンの走りについて説明しましょう。

ステップワゴンの走りはどうなのか

ステップワゴン

ホンダ ステップワゴンの初期型の登場は1996年とかなり早く、当時商用バンベースのミニバンが主流のなかでいち早くFFレイアウトの乗用専用ミニバンとして登場し大人気を得ました。

そのあともステップワゴンはホンダのミニバンの代表としてモデルチェンジを重ね、2015年には現行型の5代目に進化した息の長い車種となっています。

はじめのころはあくまで利便性を重視したミニバンでしたが、3代目にモデルチェンジしたあたりからホンダの新たなコンセプトである低床・低重心ミニバンとして生まれ変わり、ミニバンとしては走りにも重点がおかれるようになりました。

現行型では走りの性能はかなり進化しており、競合車と比べても走りの面でかなりよい車です。

ではそんなステップワゴンの走りの性能について一つずつご説明しましょう。

上クラスのパフォーマンスの1.5Lエンジン

まず現行ステップワゴンの走りを支えているのは、1.5L VTECエンジンの性能にあると行っても過言はないでしょう。

ステップワゴンのような中型ミニバンのエンジンでは長らく2.0Lクラスが主流であり、競合車であるトヨタ ヴォクシーや日産 セレナなどは両者とも2.0Lエンジンです。

しかしステップワゴンはワンランク下の排気量である1.5Lエンジンを採用していますが、このエンジンはターボを組み合わせた最新のダウンサイジングターボエンジンとなっており、走行性能では競合車とひけをとりません。

次の表にステップワゴンと競合車のエンジンスペックを並べてみましたが、出力、トルクともほぼかわりはありません。

なおステップワゴンの派生車種スパーダに設定されたハイブリッドについては後述します。

ステップワゴンステップワゴン スパーダ
ハイブリッド
トヨタ ヴォクシー日産 セレナ
エンジンL15B型 1.5L 直4
DOHC VTECターボ
LFA型 2.0L 直4
DOHC VTEC+モーター
・3ZR-FAE型 2.0L 直4
DOHC(ガソリン車)

・2ZR-FXE型 1.8L 直4
DOHC+モーター
(ハイブリッド車)

MR20DD 2.0L 直4
DOHC+モーター
最高出力110KW[150PS]/
5,500rpm
エンジン
107kW[145PS]/
6,200rpm

モーター
135kW[182PS]/
5,000-6,000rpm

・3ZR-FAE型
112kW[152PS]/
6,100rpm

・2ZR-FXE型
エンジン
73kW[99PS]/
5,200rpm

モーター
60kW[82PS]

エンジン
110kW[150PS]/
6,000rpm

モーター
1.9kW[2.6PS]

最大
トルク
203N・m
[20.7kgf・m]/
1,600-5,000rpm
エンジン
175N・m
[17.8kgf・m]/
4,000rpm

モーター
315N・m
[32.1kgf・m]/
0-2,000rpm

・3ZR-FAE型
193N・m
[19.7kgf・m]/
3,800rpm

・2ZR-FXE型
エンジン
142N・m
[14.5kgf・m]/
4,000rpm

モーター
207N・m
[21.1kgf・m]

エンジン
200N・m
[20.4kgf・m]/
4400rpm

モーター
48N・m
[4.9kgf・m]

カタログ
燃費
FF:15.4km/L~
17.0km/L

4WD:15.0km/L~
15.4km/L

25.0km/L・3ZR-FAE
FF:16.0km/L

4WD:14.8km/L~
15.0km/L

・2ZR-FXE型
23.8km/L

FF:15.4km/L~
16.0km/L

4WD:13.6km/L

トヨタ ヴォクシーも日産セレナもハイブリッドがメインの車種ですが、エンジンスペックだけを見るとステップワゴンは排気量が少ないにも関わらず出力でもトルクでも負けていません。

特筆すべきはステップワゴンのトルクの出方で、ダウンサイジングターボの効果により低い回転数から最大トルクが出ています。

トルクが低い回転数から出るということはエンジンのみでも加速がよいということであり、エンジンでの走行性能はステップワゴンが一歩先んじています。

またVTECの効果で高回転域ではパワーもしっかり出ますので、ダウンサイジングターボとVTECの相性は抜群です。

ハイブリッドなどの飛び道具を使わずとも、ステップワゴンは走行性能の基本であるエンジンをしっかりと進化させており、同クラスのミニバンのなかではかなり高いレベルの性能に仕上がっています。

さらなる走行性能のハイブリッド

さてノーマルのステップワゴンでも競合車にたいして十分なスペックを有していますが、現行ステップワゴンから念願だったハイブリッドが追加されました。

前述した表でもわかるとおり、スペックはかなり高いものがあり、とくにモーターの性能が抜きん出ています。

ステップワゴンには派生車種のスパーダがあり、フロントグリル周りが力強いデザインとなっているのですが、現在はそのスパーダのみにハイブリッドが設定されています。

追加設定されたのは2017年9月末でかなり最新型の車種です。

ホンダのハイブリッドシステムは昔からエンジンサポートがメインのシステムでしたが、ステップワゴンに搭載されたのは全く新たな「i-MMD」というシステムです。

このハイブリッドはレンジエクステンダーEVにも似たシステムで、次の3つの走行モードを使い分けています。

モーターエンジン速度域
EV走行モード走行停止低速度
ハイブリッド
モード
停止走行低速~中速
高速走行モード走行発電高速

このようにi-MMDの主体は実はモーター走行であり、エンジンは発電がメインの役割だとわかります。

エンジン走行モードはエンジンのみで走るのですが、そこからさらにアクセルを踏み込むとまたモーター走行となりエンジンは発電専用となります。

モーターがメインのシステムなので、他社のシステムよりモーター性能が高いわけですね。

燃費も25.0km/Lと競合車のなかではピカ一でもっとも進化したハイブリッドシステムのひとつでしょう。

モーターのみ、エンジンのみでも十分パワフルなユニットですが、ハイブリッド走行(高速走行時)にはシステム合計で出力が158kW(215ps)に達し、2.5L~3.0L車にも匹敵するパワーを発揮します。

このステップワゴンのハイブリッドこそ、ステップワゴン最高の走行性能を持っているといえるでしょう。

スパーダだけではなくステップワゴン全モデルの設定してほしいものです。

安定感のある低重心ミニバン

ステップワゴンのサスペンション

ステップワゴンの大きな特徴に、ホンダの主要コンセプトである低床・低重心化した車体設計があり、このお陰で走行性能としても安定性が増します。

車の重心は安定性にさまざま影響しますが、高い重心位置の車は左右にロールする量が大きくなって乗り心地が悪化する傾向にあります。

それを補正しようとサスペンションを固くすれば、その分今度は上下振動が大きくなってしまったりするのです。

ホンダはほぼすべての車種で低床・低重心化を進めており、車の重心位置が低くなるので安定性が他社車に比べて高くなります。

その分サスペンションに無理をさせなくてすむので、ステップワゴンは乗り心地も高いレベルです。

競合車の日産 セレナと比較してみてもステップワゴンは70mmも床面の位置が違い、ステップワゴンの低床化がかなり進んでいることがわかります。

走行安定性もあがりますが、車への乗降性もあがり便利にもなっています。

ステップワゴンの走行性能の高さはその基本設計の低重心化からきているのです。

もしステップワゴンの購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。

このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記のたった1分で車を60万円値引きできる裏技のページをご覧ください。

裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

ステップワゴンの走りの評価

ステップワゴンの走行性能についてはTwitterにさまざまな意見が上がっており、今回はその中から3件ご紹介しましょう。

ダウンサイジングターボはなかなか好評

ステップワゴンのダウンサイジングターボエンジンはかなり走りがよく好評のようです。

普通ミニバンの走行性能じゃジムカーナ(クローズドコースのミニレース)に使えるなんて思わないものですが、そう思わせるだけのものがステップワゴンにはあるわけですね。

ハイブリッドは3.5L級?

ステップワゴンスパーダのハイブリッド仕様を運転した方によれば、まるで3.5L車のような走りを見せる車のようです。

3.5L級というとステップワゴンより上のクラスのトヨタ アルファードや日産 エルグランドの排気量です。

中型ミニバンでここまでの性能を出せるのは、ホンダ独自のi-MMDによるものであり、高トルクのモーターの走行フィールが関係しているのでしょう。

ステップワゴンはハイブリッドの設定によって新次元の走行性能をてに入れたようですね。

ステップワゴンの足周りはミニバン以上

この方はさまざまな車を乗っておられるようですが、そんな方でも現ステップワゴンの足周りのしなやかさには驚いているようです。

サスペンションの完成度も高いのですが、やはり低床・低重心化が大きな貢献をしているようで、ワインディングロードでもしっかりした走行性能を発揮しています。

ミニバンとは思えない走りは是非一度試してみたいものですね。

ステップワゴンは買いか

ステップワゴンはミニバンとは思えない走行性能を備えているのは確実で、中型ミニバンを走りで選ぶならステップワゴンは現時点最高の車でしょう。

エンジンスペックも素晴らしく、足周りもミニバンのレベルを越えており走行性能は申し分ないレベルに仕上がっています。

なお走行性能ではありませんが、ステップワゴンの1.5Lエンジンは税金面でも競合車よりワンランク下で安くなるメリットもあります。

またスパーダだけとはいえハイブリッドの完成度は高く、動力性能、走行性能と燃費を両立させた価値の高い車になっています。

ハイブリッドはノーマル仕様に比べて300,000円〜500,000円ほど高くなりますが、それに見合うスペックは兼ね備えています。

中型ミニバンの走行性能はステップワゴンハイブリッドで新たなレベルに突入し、現時点では最高の車と考えて間違いありません。

十分買う価値のある車であり、まだ数年はステップワゴンの優勢は揺るがないでしょう。