1分で車を60万円値引きする裏技

プリウスαがサーフィンする人に最適な理由3つ

皆さんサーフィンに行くときの車って普通どんなのを考えますか?

大型のステーションワゴンやミニバン、ハイエース、SUVなどが普通候補に上がると思いますが、ハイブリッドカーであるトヨタ「プリウスα」も結構サーフィンに使えるってご存じでしたか?

今回はプリウスαがサーフィンに向いている点についてご説明します。

プリウスαはサーフィンする人に向いているのか

プリウスαの特別仕様車

サーフィン用の車に必要な要素としては、積載量、特にサーフボードが乗せられるだけの長さが重要です。

普通のプリウスではちょっと寸足らずなのですが、ロングバージョンであるプリウスαならば十分にその役目を果たせます。

プリウスαってどんな車?

トヨタ プリウスといえばトヨタを代表するハイブリッドカーですが、そのバリエーションモデルが「プリウスα」です。

プリウスとの違いはプリウスαでは全長が長くなっており、ステーションワゴン的な使い方のできる車となっています。

普通のプリウスは大きさとしては中型セダンクラスのハッチバックカーなので、日常使いには荷物がのせられて便利なのですが、サーフィンとなると少々長さが厳しくなります。

プリウスとプリウスαのサイズを比較したのが次の表になりますが、室内長で大きな差があります。

 部位プリウスαプリウス

(4代目)

全長4,630mm4,540mm
全幅1,775mm1,760mm
全高1,575mm1,470mm
ホイール

ベース

2,800mm2,700mm
最大荷室長※2,690mm1,905mm
室内幅1,520mm1,470mm

※助手席~ラゲッジ後部まですべてを使った荷室長

それ以外の寸法はプリウスとプリウスαには大差がないのですが、もうひとつデザイン的な特徴としてプリウスは後部が低くなるスタイルなのに対し、プリウスαは天井がまっすぐなワゴンタイプになっています。

ではこれらの特徴を踏まえて、プリウスαがサーフィンに向いている点をご説明しましょう。

ちなみに普通のプリウスの荷室の広さは微妙といったところで、キャンプなどに使うにもあまり便利とは言えません。キャンプへの適性については以下の記事でも解説しているので、興味のある方はこちらもご参照ください。

プリウス キャンププリウスがキャンプに不向きな理由3つ!きつきつで無理!

サーフボードが積める室内空間

プリウスαの室内空間

サーフィン用の車に求められるのはサーフボードが載せられることですが、プリウスαはほとんどのサイズのサーフボードを室内に納めることが可能です。

サーフィンに来ている人たちの車を見てみると、屋根の上のレールにサーフボードを載せていたり、オープンカーにしてボードを立て掛けていたりとさまざまです。

しかし一番良い積み方はいうまでもなく車室内に納めることで、その方が紫外線の影響などでボードが痛むのを減らすことができます。

サーフボードには何種類ものサイズがあるのですが、主にショートボードとロングボードの2種類があり、主に次のサイズが一般的です。

  • ショートボード:~1,800mm
  • ロングボード:1,800mm~3,000mm
プリウスではショートボードはなんとか乗るもののロングボードは無理ですが、プリウスαではほとんどのサイズのサーフボードを室内にしまうことができます。

ロングボードも長いものでも2,700mmぐらいが一般的ですので、収納できないボードの方が少ないぐらいです。

さらにプリウスαは3列シートで7人乗りの車なので、助手席側をすべて荷室として使っても、運転席側を使えば最大3人が乗れる点も便利なところです。

3人分のボードと荷物を積んでワイワイ良いながらサーフィンに行けますよ。

いつでも休める広々シート

プリウスαの室内の広さはゆっくり休むのにもぴったりで、サーフィンの前や合間などに車内で寝ることもできます。

3列シートの車ですので2列目と3列目を倒せば十分横になれる長さを得られ、普通のプリウスやSUVなどよりはしっかり休むことができます。

サーフィンは短時間でも疲労がたまりますので、疲れたときにすぐ休める車というのは重宝します。

いろいろなことに使えるプリウスαの多様性はサーフィンに乗っていくのにはぴったりなのです。

注意

ここまででプリウスαがいかに広いかわかっていただけたかと思いますが、スライドドア仕様がないのには注意が必要です。

プリウスαはミニバンのような車なので、スライドドア仕様があるかと思いがちですが一切ありません。(詳細は以下の記事をご参照ください。)

トヨタ プリウスαプリウスαはスライドドアがついてる?今後つく予定は?

サーファーのお財布にも優しい良燃費

プリウスαの魅力は積載量だけではなく、ハイブリッドカーとしての燃費の良さがあります。

サーフィン向けの車には燃費の悪い車が多いので、経済性ではプリウスαに勝る車はありません。

プリウスαの燃費は26.2km/Lですが、普通のプリウスのメインモデルの37.2km/Lに比べると重量が重たい分、ハイブリッドカーとしては少々見劣りします。

しかしサーフィンによく使われるステーションワゴンやSUVなどはもっと燃費が悪く、よくても20.0km/L、悪ければ10.0km/L台の車も少なくありません。

サーフィンに行くには車は必要不可欠ですが、頻繁に行くとなると燃料代は結構かさんでしまいます。

プリウスαを使うことで燃料代を半分程度にできるのであれば、サーファーさんの財布に非常に優しく、サーフィンに行ける回数を増やすこともできるでしょう。

プリウスαは積載量も十分で、しかも経済性もよいサーフィンにもってこいの車という訳です。

MEMO

もしプリウスαの購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

サーフィンする人に向いていない点

プリウスαはサーフィンに行く車としては機能面で向いているのですが、それ以外の点で向いていない点もいくつか見られますので解説しましょう。

あまりスタイリッシュではない

プリウスαの赤

プリウスαはサーフィン向けの機能が満載といってもよい車ではあるのですが、デザイン的な面でいうとあまりスタイリッシュではなく、サーフィンにカッコいい車で行きたい人には向かない点があります。

プリウスαは3代目プリウスのデザインがベースになっており、トヨタ車にありがちな大人しい万人受けするデザインとなっています。

普通のプリウスはリアが低くなってある程度特徴あるフォルムなのですが、プリウスαは普通のワゴンボディなので余計に特徴がありません。(普通のプリウスの詳細は以下の記事をご参照ください。)

トヨタ プリウス【画像】プリウスはかっこいいのか?デザインについて徹底分析!

せっかくサーフィンにいくなら、周りの人にアピールできる力強いデザインのSUVや、もっとスタイリッシュなステーションワゴンで行きたいものです。

しかしプリウスαではそういった面では期待できず、実用性一辺倒の印象をあたえてしまうかもしれません。

砂に足をとられることも

サーフィンができる海岸は砂浜が大半で、車でそういった場所を走ることもありますが、プリウスαには4WDがないので砂浜は苦手です。

普通のプリウスには4WDがあり、後輪をモーターで駆動するe-4WDの設定があるのですが、プリウスαにはその設定はありません。

すべて前輪駆動の2WDで、舗装路は大丈夫ですが不整地走行は苦手です。砂浜を車で走るには4WDでないと厳しいことが多く、プリウスαは2WDでスタックしやすい車といえます。

とはいえサーフィンで有名なポイントには駐車場が整備してあることが多いので、実際にプリウスαで砂浜を走るシーンは少ないでしょう。

しかし、もし砂浜に入るようなところに行くのなら、プリウスαでは砂浜を走らない方が賢明です。

ひとたびスタックするとなかなか自力では抜け出せず、他の人に手伝ってもらう必要が出てきますので注意しましょう。

もし砂浜を走ることがあるようなら、4WDで走れるエクストレイルなんかがサーフィンにも最適でおすすめの車です。詳細は以下の記事で解説しているので、あわせてご参照ください。

エクストレイルの荷室エクストレイルがサーフィンする人に最適な理由6つ

プリウスαの評判

プリウスαでサーフィンに行っている人は以外に多く、その評判がTwitterに投稿されています。

今回はその中から3つの意見をご紹介しましょう。

サーフボードが4枚も!?

プリウスαで実際にサーフィンにいった人のツイートですが、なんと1台の車にサーフボードが4枚も乗るそうです。すごいですよね!

同乗者の数やボードのサイズまではわかりませんが、やはりプリウスαは機能面ではサーフィンに便利に使える車ということがわかります。

プリウスαの経済性は魅力

プリウスαの燃費の良さはサーフィンにはほしいもので、この方もプリウスαを求めておられます。

今現在の車がどんな車で燃費がどの程度かはわかりませんが、毎月20,000円もの燃料代は大きな負担です。

多分ですがプリウスαにすることで燃料代は10,000円台の前半ぐらいになるのではないでしょうか。

自転車も積めてしまうほど広い

こちらはサーフィンの画像ではありませんが、プリウスαの広さを存分にいかした使い方です。なんと自転車1台を横倒しにしてそのまま積めてしまいます。

これだけの広さがあれば、サーフィンだけじゃなくさまざまなことにも幅広く対応できます。こと機能面ではプリウスαに勝る車はそう多くはないでしょう。

プリウスαについては他に以下の記事もございますので、あわせて参考にしてみてください。

トヨタ プリウスαプリウスαの前期と後期の4つの違い!年式の違いまで解説! プリウスαプリウスαは故障が多い?壊れやすいのか故障率をもとに解説!