1分で車を60万円値引きする裏技

プリウスαの前期と後期の4つの違い!年式の違いまで解説!

登場からいい具合に年数が経ち、プリウスαにもフルモデルチェンジの兆しが見えてきましたね!

一部ではウィッシュなどと統合する可能性も示唆され、次のモデルはどういった仕様になるか気になるところ…。

そして「フルモデルチェンジ!」となれば、中古相場の値下がりが予想されるので、プリウスαを安く買う絶好のチャンスとなります!

そのため今回は、少し早いですがプリウスαの前期・後期の違いについて解説をしたいと思います!

中古で狙っている方は、今のうちに目を肥やしておいて、一歩リードしておきましょう!

プリウスαの前期と後期の共通点

トヨタ プリウスα

プリウスαが登場したのは2011年のことです。ハイブリッドカーとしての地位を確固たるものにした「3代目プリウス」をベースに、実用性を高めることを目的として生まれました。

ステーションワゴン型に拡張されたボディによって「2列シート(5人乗り)」と「3列シート(7人乗り)」をラインナップし、低燃費で実用的な車として人気を博しています!

2014年にマイナーチェンジ

見出しのとおり、プリウスαは2014年にマイナーチェンジを迎えました。

そのため年式で呼び分けるなら、2011~2014年5月に販売されたモデルは「前期型」、以降に販売されたモデルは「後期型」となります。

2018年8月現在も販売されているので、現行モデルは後期型というわけですね!後期型では、このようなポイントが強化されています。

  • 意匠の変更
  • 質感の向上
  • 先進装備の充実化

簡単にいうと、ハイブリッドカーとしての「キャラクターがより強調された」ということですね!

さっそくマイナーチェンジでの変更点が気になるところですが、先に前期・後期で共通するポイントを解説したいと思います。

年式は違くても基本構造は同じですから、まずはプリウスαのおさらいをしておきましょう!

共通点① パワーユニット

プリウスα エンジン

プリウスαは前期・後期ともに、1.8L水冷直列4気筒DOHCの「2ZR-FXE型」エンジンが採用されていてます。

このエンジンはプリウス(現行型・先代型)をはじめとする、「ノア/ヴォクシー/エスクァイア」「CH-R」「オーリス ハイブリッド」といった、ミドルクラス・ハイブリッドに多く採用されているものです。

加えて、「5JM型」モーターがエンジン下に搭載され、これら2機によってパワーユニットを形成。パワーユニットの諸元は以下をご覧ください。

項目諸元
ユニット型式エンジン:2ZR-FXE型
モーター:5JM型
種類1.8L 直列4気筒DOHC +
交流同期電動モーター
排気量1,797cc
最高出力エンジン:99ps(73kW)/5,200rpm
モーター:60kW (82PS)
システム出力:100kW(136PS)
最大トルクエンジン:14.5kgf・m(142N・m)/4,000rpm
モーター:207N・m (21.1kgf・m)
燃費26.2km/L

1.8Lエンジンとモーターを最適な効率で組み合わせるので、優れた走行性能を実現しました。システム出力は136PSに達し、走り出しからスムーズに加速していきます。

もちろん、燃費性能と静粛性もトップクラス。「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定を取得するほどのCO2排出量なので、環境性能も高い水準です。

さらに、通常走行モードに加えて、3種類のモード走行が選択可能。シーンに合わせて、気分を変えて走ることができます。

  • エンジンを停止して走る「EVドライブモード」
  • 燃費をより向上させる「エコドライブモード」
  • パワフルな走行が愉しめる「パワーモード」

注目したいのは、やはり「EVドライブモード」ですね!スイッチを押すだけでモーター走行に切り替わるので、早朝や深夜のドライブや、排出ガスを抑えたい車庫入れなどで活躍します。

共通点② プラットフォーム

プリウスαは前期・後期のどちらにおいても、「新MCプラットフォーム」がベースに採用されています。

これはトヨタ自動車における、Cセグメント(ミディアムサイズ)専用のプラットフォームで、中クラスのFF車に使用されることが多いです。「MC」というのはミディアム・コンパクトの略称。

項目詳細
サスペンション前:ストラット式
後:トーションビーム式(FF)
ダブルウィッシュボーン式(4WD)
ブレーキ前:ベンチレーテッドディスク
後:ディスク
採用車種カローラシリーズ
プリウス(3代目)
ヴァンガード
RAV4(4代目)
ハリアー(3代目)
MIRAI
後継TNGA-Cプラットフォーム

新MCプラットフォームがベースのプリウスαは、量産性や実用性が高いだけでなく、安全性の高いさも特徴といえるでしょう。

衝撃吸収ボディと高強度キャビンによって、「全方位コンパティビリティ」というボディ構造を形成。

衝突安全性が極限まで高められているので、車格が異なる車との衝突においても、双方のダメージを軽減できるようになっています。

ポイント

また、衝突安全性能が守るのはドライバーだけではありません。フロント部が衝撃を緩和させるフレーム構造になっているので、「歩行者」「公共物」なども、衝突や二次被害から可能な限り保護します。

もちろん事故に遭わないことが一番ですが、万が一に備える必要はありますよね…。プリウスαのボディなら、思わぬ交通事故に遭っても、被害を最小限に留めることが可能なのです。

プリウスαの前期と後期の違い

プリウスαは、販売から3年ちょっとでマイナーチェンジを迎え、より先進性を高めた「新世代ハイブリッド」としてのキャラクターイメージを固めました。

それでは、前期型と後期型で異なるポイントについて、詳しく触れていきたいと思います!

違い① エクステリアの意匠

プリウスα フロント

マイナーチェンジで変化がでる点といえば、フロントマスクの形状ですね。まずは、フロントの意匠について解説しましょう。

  • ヘッドランプの形状
  • ラジエーターグリルの形状
  • ウィンカー周りの形状
  • アンダーグリル周りのカラーリング
  • スポイラーのカラーリング

ヘッドランプは曲線的なデザインに変更され、アンダーグリル・ウィンカー周りは黒く塗り分けられているので、ずいぶんと顔つきが変わりました。

前期型はマイルドで正統派なイメージですが、後期型は黒色の占める面積が増え、エッジの効いたデザインとなっています。プリウスというよりも、現行モデルのヴィッツのような顔つきに近いものがありますね。

エクステリアの変更はリアにも及んでいます。

  • テールランプのカラーリング
  • バンパー下のカラーリング

前期型はテールランプがクリアレンズを採用していますが、後期型はレンズ内に赤いリフレクターを埋め込まれています。さらに、後期型はバンパー下も黒く塗り分けられたデザインに変更。

フロントマスクと同様に、後ろ姿もエッジの効いたデザインとなっています。

違い② インテリアの質感

プリウスα メーター

インテリアについても、マイナーチェンジでいくつか変更点があります。まずは操作パネルから解説しましょう。

  • ハンドルの形状
  • メーターの視認性向上
  • エアコン送風口の形状
  • インテリアパネルのカラーリング

機能の拡張にともなって、ステアリングホイールにボタンが追加され、メーターも表示できる情報が増しています。これはマイナーチェンジでよくある変更ですよね。

デザイン的な部分では、エアコン送風口のスリット形状が変更され、センタークラスターに幾何学模様を用いたピアノブラック色に塗装されています。これにより、格調高い内装へクラスアップしました。

さらに、後期型はシートにも変更が加えられています。

  • シートの素材に合成皮革とファブリックを採用
  • アームレストの素材に合成皮革を採用

上品なインテリアといえば、革シートが思いつきますよね?後期型はシートやアームレストに合成皮革が多用され、前期型よりもゴージャスな仕上がりになっています。

シートの変更点は素材だけではありません。新たに「電動ランバーサポート機能」が追加されているので、体格に合ったドライビングポジションが可能に。乗り心地は後期型が上手でしょう。

違い③ 先進安全技術の導入

プリウスα ヘッドライト

このマイナーチェンジでは「先進性の強調」がテーマの一つだったので、さまざまな先進安全技術が導入されまし。

  • レーンディパーチャーアラート(LDA)
  • オートマチックハイビーム(AHB)
  • Bi-Beam LEDヘッドランプ

車線逸脱を検知・警告する機能「レーンディパーチャーアラート(LDA)」、夜間走行時にハイビームを自動で放射する「オートマチックハイビーム(AHB)」などが標準装備されるようになりました。

さらに、後期型では世界初の技術「Bi-Beam(バイ-ビーム) LEDヘッドランプ」も採用。これは1灯の光源で「Lo↔Hi」を切り替えることで、省電力に貢献する技術です。

加えて、前期型で設定されていた「クルーズコントロール」「プリクラッシュブレーキアシスト」「プリクラッシュセーフシステム」などを1セットとしてオプション設定することで、後期型はより安全性に配慮されたラインナップになっています。

違い④ カラーリングの豊富さ

後期型では、前期型よりも多い「全9色」のボディカラーが設定されています。

前期型は「黒系」「白系」「グレー系」「赤系」「シアン系」が基本色です。8種類のバリエーションがあるとはいえ、色の系統が多いとはいえませんでした。

後期型では「金色系」「茶系」「紺系」「オレンジ系」などが増え、選択の幅が増えました。個性が強調されているので、車選びの楽しくなりますよね!

前期と後期をどっち買えばいいか

というわけで、前期型と後期型との違いについて解説してきました!

マイナーチェンジでは「機能の拡張」や「質感の向上」が行われているので、価格は後期型の方が数万円値上げしました。

とはいえ、相応の仕上がりにはなっているので、その金額差は感じさせないでしょう。

庄司憲正(著者)

個人的には、前期型はのっぺりした印象があるので、キリッとしたスタイルの後期型の方がかっこいいと思います。上品さも兼ね備えているので、購入するなら後期型の方がおすすめですよ!