1分で車を60万円値引きする裏技

カムロードのキャンピングカー内装や値段【キャブコン】AtoZアンソニーLE朱夏

「キャンピングカーに興味があるんだけど、種類がいっぱいありすぎてよくわからない

「最新のキャンピングカーってどんな設備がついてるの?」

1台で複数の大人が寝泊まりできる、遊びに便利なキャンピングカー。

タイプがいろいろありますが、コスト・広さ・車体の大きさといったように、何を重要視するかによってえらぶ車が変わってきます。

そこで、JAPANキャンピングカーショー2018で展示されていた、最新モデルのキャンピングカー・アンソニーLE 朱夏を紹介します。

内装や設備について写真つきで解説しますので、キャンピングカーえらびの参考にしてください。

キャンピングカーの8つのタイプ

まず、キャンピングカーには以下の8つのタイプがあります。 

  • 「バンコン」
  • 「キャブコン」
  • 「軽キャンパー」
  • 「フルコン」
  • 「セミフルコン」
  • 「バスコン」
  • 「トラキャン」
  • 「キャンピングトレーラー」
この記事で紹介するエートゥゼット社のアンソニーLE 朱夏は、キャブコンタイプです。

キャブコンとは、トラックやワンボックス車にキャンピングシェルを搭載した車のことです。

車体が大きいキャンピングカーなので、中がとても広くて快適に過ごせるというメリットがあります。

断熱性や防音性に優れていて、どんな場所でもまるで家にいるかのような感覚で車中泊ができます。

荷物もたくさん積めて、長期での旅行にもピッタリです。

アンソニーLE 朱夏(メーカー:エートゥゼット)の内装

Anthony LE 朱夏のフロント
キャブコンタイプの最新モデル、エートゥゼット社のアンソニーLE 朱夏です。

トヨタ・カムロードをベースにしたキャンピングカーで、主要スペックは以下のようになっています。

    アンソニーLE朱夏主要スペック

  • 乗車定員:10
  • 就寝定員:5
  • 全長:4,960mm
  • 全幅:1,910mm
  • 全高:2,850mm
  • ベース車:トヨタ・カムロード
  • 排気量:2,000cc
  • 燃料:ガソリン
  • 最高出力:133ps
  • 駆動方式:2WD FR
  • ミッション:4AT
乗車人数は10人とかなり多いですが、就寝人数は5人だけです。10人でキャンプに行ってしまうと5人は車内で寝られなくなってしまいますので、注意してください。

それでは内装の写真を紹介していきます。

Anthony LE 朱夏のドア

入り口は車体左の後ろ側です。スライドドアではなく外側に扉がひらくタイプです。

Anthony LE 朱夏の収納

入り口はいってすぐに二段式の収納スペース。

Anthony LE 朱夏のソファ

テーブルと向かい合わせに二人掛けのソファーが2つ。

Anthony LE 朱夏のテーブル

テーブルと少しスペースを空けて、大人3人ぐらい座れそうなソファーがあります。

Anthony LE 朱夏のエアコン

家庭用と同じタイプのエアコンが、テーブル席に向けて設置されています。

Anthony LE 朱夏の収納

エアコンのとなりに収納スペース。

Anthony LE 朱夏のシンク

収納スペースの真下(大人3人用ソファーのとなり)にシンクがあります。

Anthony LE 朱夏の電子レンジ

テーブル席の後ろ、やや高い位置に電子レンジ。

Anthony LE 朱夏の冷蔵庫

レンジの下は冷蔵庫です。

Anthony LE 朱夏のベッド

車の前方、運転席より少し後ろの位置にロフト式ベッド。

Anthony LE 朱夏の収納

ベッドから手を伸ばせば届く位置にも、収納スペースがあります。 

Anthony LE 朱夏のトイレルーム

車の後ろ側の様子。左の半開きの扉のなかはトイレルームとして利用できます。

Anthony LE 朱夏の外装

外装を横から見た様子。かなり車高が高いです。

MEMO

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知らないと最大60万円以上も損します。

詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。

裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

アンソニーLE 朱夏の価格と標準装備・オプション

アンソニーLE 朱夏の車両本体価格は、税込みで6,242,400円です。

標準装備として以下のものが架装されています。

    アンソニーLE朱夏標準装備

  • FRP高断熱ボディ
  • 85リットル冷蔵庫(12V
  • 網戸付きウィンドウ/ドア
  • サブバッテリー
  • 走行充電システム
  • バッテリーチャージャー
  • MAXファン
  • ガスコンロ(カセットコンロ)
  • 電子レンジ(100V
  • /排水タンク(20リットル/20リットル)
  • AC外部入力コンセント
  • 室内カーテン
  • 床クッションフロア
  • バックアイカメラ
  • 集中スイッチパネル
  • サイドバゲッジドア
  • 補助ベッドマット
  • シンクシャワーヘッド
  • アクリル2重窓
  • 室内LED照明
FRP高断熱ボディを採用していることで、万が一交通事故を起こしても衝撃を全体で受ける構造になっていて、ボディが壊れにくいので乗員の安全性が高いです。

MAXファンとは換気扇のことで、とくに夏に車中泊する際は車内の湿気を取り除くのに役立ちます。

AC外部入力コンセントがついていることで、オートキャンプ場やRVパークで用意されている外部電源を利用することができ、車内のコンセントで電子レンジや炊飯器といった家電がつかえるんです。

窓は2重になっていて、断熱性が高く、冬でも結露がつきにくいです。

また、オプションでは以下のものがつけられます。

    アンソニーLE朱夏オプション

  • サイドオーニング3M115,560円)
  • アルミ製リアラダー(48,600円)
  • サイクルキャリア(3台積み)(61,560円)
  • ソーラーパネル145W127,440後付けの場合は149,040円)
  • FFヒーター(216,000円)
  • リアクーラー(324,000後付け不可)
  • クレクール(100V専用クーラー)(194,400後付けの場合は216,000円))
  • 運転席側の外部収納庫発電機収納庫へ変更(86,400円)
  • 19インチテレビ・地デジチューナー・アンテナ(97,200円)
  • 地デジチューナー・アンテナ(51,840円)
  • テレビ持ち込み取り付け(16,200円)
  • リアスピーカー(30,240円)
  • インバーター350W(矩形波)(10,800円)
  • インバーター1,500W(矩形波)(86,400円)
  • インバーター1,500W(正弦波)(162,000円)
  • バッテリー増設(105A)(33,480円)
  • カセットトイレ(129,600円)
  • Porta Potti エクセレンス(ポータブルトイレ)(21,384円)
  • BI-POT 30(ポータブルトイレ)(11,880円)
  • キッチン延長テーブル(21,600円)
  • エントランス床板(16,200後付け不可)
  • テーブルカップホルダー(1ヶ所につき2,160円)
  • Eu9i(発電機)(105,840円)
  • Eu16i(発電機)(181,440円)
アルミ製リアラダーとは、屋根の上にのぼるためのハシゴのことです。ハシゴをのぼって屋根の上まできれいに洗車しておくことで、たまったホコリが雨で下に流れてくるのを防げます。

サイクルキャリアとは自転車を積むための設備で、オプションでつければ3台まで積むことが可能です。

インバーターは車内で家電をつかうための電気の変換機ですが、「正弦波」と「矩形波」の2種類があります。

矩形波のインバーターだと電気の安定感が悪く、一部の家電や医療機器のような精密機械は電源が入らないこともあるので、持病がある場合はとくに注意が必要です。

正弦波は安定していて、たいていの家電はつかえるので、つけるなら正弦波のほうがおすすめです。

ここまで書いてきましたが、JAPANキャンピングカーショーにはアンソニーLE 朱夏のほかにもさまざまなキャンピングカーがあり、私が写真つきで紹介しています。この記事を読んだうえで、ぜひほかの車とも比べてみてくださいね。