1分で車を60万円値引きする裏技

ボンゴのキャンピングカー内装や値段【キャブコン】アミティ

「キャンピングカーに興味があるんだけど、種類がいっぱいありすぎてよくわからない…」

「最新のキャンピングカーってどんな設備がついてるの?」

車1台で複数の大人が寝泊まりできる、遊びに便利なキャンピングカー。

タイプがいろいろありますが、コスト・広さ・車体の大きさといったように、何を重要視するかによってえらぶ車が変わってきます。

そこで、東京キャンピングカーショー2018で展示されていた、最新モデルのキャンピングカー・アミティを紹介します。

内装や設備について写真つきで解説しますので、キャンピングカーえらびの参考にしてください。

キャンピングカーの8つのタイプ

まず、キャンピングカーには以下の8つのタイプがあります。

  • 「バンコン」
  • 「キャブコン」
  • 「軽キャンパー」
  • 「フルコン」
  • 「セミフルコン」
  • 「バスコン」
  • 「トラキャン」
  • 「キャンピングトレーラー」

この記事で紹介するエートゥゼット社のアミティは、キャブコンタイプです。

キャブコンとは、トラックやワンボックス車にキャンピングシェルを搭載した車のことです。

車体が大きいキャンピングカーなので、中がとても広くて快適に過ごせるというメリットがあります。

断熱性や防音性に優れていて、どんな場所でもまるで家にいるかのような感覚で車中泊ができます。

荷物もたくさん積めて、長期での旅行にもピッタリです。

アミティ(メーカー:エートゥゼット)の内装写真

ボンゴ アミティのフロントから

エートゥゼット社のアミティです。マツダ・ボンゴをベースにしたキャンピングカーで、主要スペックは以下のようになっています。

アミティ主要スペック
  • 乗車定員:6人
  • 就寝定員:6人
  • 全長:4,690mm
  • 全幅:1,980mm
  • 全高:2,770mm
  • ベース車:ボンゴ GL
  • 排気量:1,800cc
  • 燃料:ガソリン
  • 最高出力:102ps
  • 駆動方式:2WD FR
  • ミッション:5AT
  • 燃費:8km/l

乗車定員・就寝定員ともに6人なので、乗車定員いっぱいでキャンプに出掛けても全員が車内で寝られます。

ふつうはキャンピングカーというと乗車定員よりも就寝定員が少ない車種が多いですが、このようなタイプはわかりやすくて良いですね。

見た目はいかにもキャンピングカーといったようなルックスで、街中を走っていたら目立つことは間違いありません。

キャブコンにしては少し車体が小さいので、可愛らしさも少し感じますね。ただ、乗用車とくらべるとやはり大きいです。

それではさっそく内装を見てみましょう。

ボンゴ アミティ 出入口

アミティ、居住スペースへの出入り口です。天井が高くて乗り降りしやすい。

ボンゴ アミティ 出入口ステップ

出入り口のステップです。白い部分はつるつるしていますが、すべり止めがしっかりついているので、すべってしまう心配はありません。

ボンゴ アミティ シューズボックス

出入り口はいってすぐのシューズボックス。展示車なのでつかいませんでしたが、購入後は、脱いだくつはここに入れておけます。

ボンゴ アミティ 見取り図

車内全体の見取り図です。出入り口から入って左手がバンクベッド、正面がテーブル席、右手にシンクがあって、いちばん右手奥が2段ベッドになっています。

ボンゴ アミティ バンクベッド

まずは入って左手のバンクベッドから。寸法は幅1,420mm×長さ1,800mmとかなり広いですね。大人2人だったら広々と寝られます。

ただ、さわり心地は薄くて硬いです。実際に寝てみることはできませんでしたが、寝心地にはあまり期待できなさそう。

ボンゴ アミティ テーブル シート

こちらはテーブル席。ダイネットシートにすわってみたところ、ヘッドレストの位置が低く、頭ではなく背中に当たってしまいます。

高さ調節をしてみましたが、いちばん高い状態にしても肩甲骨に当たっている状態。正直、すわり心地は悪いですね。

シート自体もバンクベッドとおなじく、薄くて硬いです。

ボンゴ アミティ シート

テーブル席の反対側のダイネットシート。こちらにももちろん、ヘッドレストの高さ問題がつきまといます。

ダイネットシートは展開させれば幅1,280mm×長さ1,900mmのベッドになります。

大人2人でも寝られる広さですが、やはりシートが薄くて硬いので、寝心地は良くないでしょう。

ボンゴ アミティ 窓

テーブル席には窓がついています。外の景色を見ながら食事できるのは楽しそうですね。

窓はコストの安い2重ガラスです。アクリル2重窓をつかっている車種とくらべてしまうと、断熱性が悪く、冬は結露がつきやすいでしょう。

窓には両側にカーテンがついています。アミティはいかにもキャンピングカーというルックスをしているので、街中では目立ちますが、そんな興味本位の視線もカーテンを閉めてしまえば完全にシャットアウト。

就寝中も覗かれる心配がなく、安心して寝られますね。

ボンゴ アミティ 収納

ボンゴ アミティ 収納

窓の上の収納スペース。

「開けっ放しで固定できるところ」までフタを開けると、「メキメキッ!」と音がします。閉めるときもおなじくメキメキ鳴ります。

壊れるんじゃないかと心配になるような音で、安っぽく感じました。

ボンゴ アミティ シンク

ボンゴ アミティ シンク

入り口入って右手のシンクです。つかわないときはフタをしておけば邪魔になりません。

シャワーは車外に伸ばして使用することもできます。海や山で遊んで汚れてしまっても、車外で足を洗ってから車内に入れますね。

ボンゴ アミティ 窓

シンクの前の窓。こちらもガラス製で、網戸がついています。

ボンゴ アミティ 冷蔵庫

シンクの下には49L冷蔵庫。車内の外側に向かって扉が開くので、飲み物や食材を取り出しやすそうですね。

ボンゴ アミティ 収納

ボンゴ アミティ 収納

シンクの上の収納スペース。木製なので、木製家具の独特のニオイが車内に漂っています。

短時間乗っただけでもニオイが気になったので、夏の暑いなか長距離移動したら酔ってしまいそう。

MEMO

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知らないと最大60万円以上も損します。

詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。

裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

ボンゴ アミティ 収納

シンクの横の引き出しです。ここも木製なので、木製家具の独特のニオイがしますね。私のような苦手な人間にとってはつらいところ。

ボンゴ アミティ 収納

ボンゴ アミティ 収納

出入り口の上の収納スペース。こちらもおなじように開け閉めするときメキメキいいます。数年乗ったら壊れてしまいそう。

ボンゴ アミティ 収納

ボンゴ アミティ 収納

シンクの上の収納スペース。

ボンゴ アミティ ベッド

テーブル席の奥に見えるのが2段ベッドです。

アミティは車内がとても広く、立ち歩いて移動できるのですごく楽。家のなかにいるのと変わらない感覚でいられます。

足元も通路がちゃんとあって、2段ベッドまで歩いていきやすいですね。

ボンゴ アミティ ベッド

2段ベッドの上段。小窓が付いていて外の様子が見れます。

寸法は上段・下段ともに幅720mm×長さ1,840mmと、長さは充分ですが幅がかなりせまいです。大人が寝ようと思ったら身体を伸ばして寝るのは難しいですね。

こちらも実際に寝てみることは出来ませんでしたが、さわり心地は薄くて硬いです。

ボンゴ アミティ ベッド

下段ベッドの内部。下段ベッドにはバゲッジドアがついていて、外につながっています。

ベッドとしてだけではなく、収納スペースとしてもつかえるんですね。

ボンゴ アミティ バゲッジドア

バゲッジドアを外から見た様子。子どもだったらきっと「ここから乗り降りしたい」というでしょう。

ボンゴ アミティ 換気扇

天井にはマックスファンベンチレーター(換気扇)。涼しい季節なら、エアコンがなくてもこれを回しているだけである程度暑さをしのげますよ。

ちなみにこれは標準装備ではなくオプションです。

ボンゴ アミティ 電源スイッチ

車内全体の電源スイッチ。出入り口の天井付近についています。

アミティの価格と標準装備・オプション

アミティの車両本体価格は、税込みで4,162,320円です。種類が4つあるので、下の表に価格をまとめました。見てください。

エンジングレードミッション価格
1,800ccガソリン 2WDDX5速 CAT4,126,680円
1,800ccガソリン 2WDGL5速 CAT4,162,320円
1,800ccガソリン 4WDDX5速CAT4,338,360円
1,800ccガソリン 4WDGL5速 CAT4,374,000円

2WDモデルと4WDモデルがそれぞれ2グレード用意されていて、4WDモデルのほうが価格が高くなっています。

グレードの違いはベース車であるボンゴのグレード差です。具体的には、フロアマットやシートの素材が違ったりします。

キャブコンにしては安い価格設定ですね。

ポイント

メーカーのひとに話を聞いたところ、アミティの推しポイントのひとつは「ユーザーの数が多いこと」。

ユーザーの数が多いということはネット上の情報量が多く、購入後になにかあったときにパッと調べやすいんだとか。

アミティのオーナー同士で集まるオーナーズクラブという非公式団体もあり、情報交換が楽しくて便利なんだそうですよ。

標準装備として、以下のものが架装されています。

アミティ標準装備
  • FRP高断熱ボディ
  • 49L冷蔵庫(12V)
  • 網戸付きウィンドウ/ドア
  • サブバッテリー
  • 走行充電システム
  • ファン付きルーフベント
  • ガスコンロ(カセットコンロ)
  • 清/排水タンク(各10L)
  • AC外部入力コンセント
  • 室内カーテン
  • 床クッションフロア
  • バックアイカメラ
  • 集中スイッチパネル
  • サイドバゲッジドア2ヶ所
  • 補助ベッドマット
  • シンクシャワーヘッド
  • ガラス2重ウィンドウ
  • 室内LED照明

冷蔵庫とカセットコンロがついているので、車内で料理ができますね。

清水タンクの容量は10Lと小型なので、シャワーの水を連続使用できるのは1分程度です。

家庭用エアコンやFFヒーターは残念ながら標準装備されていません。価格が安いから仕方ないですが、このままでは夏や冬の車中泊はキツいでしょう。

また、オプションでは以下のものがつけられます。

アミティオプション
  • カヤバショックアブソーバー(81,000円)
  • LEDヘッドランプへ変更(35,640円)
  • サイドオーニング(2.6M)(115,560円)
  • リアラダー(アルミ製)(48,600円)
  • サイクルキャリア(3台積み)(61,560円)
  • フロントスポイラー(48,600円)
  • MAXファンへグレードアップ(59,400円)
  • ソーラーパネル145W(127,440円)
  • リア大型バゲッジドア(1,000mm×500mm)(43,200円)
  • 運転席フロアマット(10584円)
  • FFヒーター(216,000円)
  • リアヒーター(86,400円)
  • リアクーラー(162,000円)
  • TV・地デジチューナー・アンテナ(19インチ)(97,200円)
  • 地デジチューナー・アンテナ(51,840円)
  • TV持ち込み取り付け(16,200円)
  • リアスピーカー(サテライト式)(30,240円)
  • バックアイカメラ用モニター(27,000円)
  • ガラス蓋つき埋め込みシンク(95,040円)
  • 電子レンジ(16,200円)
  • インバーター(350W 矩形波)(10,800円)
  • インバーター(1,500W 矩形波)(86,400円)
  • インバーター(1,500W 正弦波)(162,000円)
  • バッテリーチャージャー(外部電源からサブバッテリーへ充電)(51,840円)
  • バッテリー増設(105A)(33,480円)
  • ポータブルトイレ(Porta Potti エクセレンス)(21,384円)
  • ポータブルトイレ(BI-POT 30)(11,880円)
  • キッチン延長テーブル(21,600円)
  • エントランス床板(新規架装時のみ)(16,200円)
  • テーブルカップホルダー(1ヶ所につき)(2,160円)
  • ウィンドエアコン(203,040円)
  • 発電機(Eu9i)(105,840円)
  • 発電機(Eu16i)(181,440円)

カヤバショックアブソーバーとは車体の揺れを軽減するパーツのことで、これがついているとブレーキ性能が向上したり、曲がるときにふらつきにくくなります。

サイドオーニングとは、キャンプ場で車の横に張れる大きな布幕のことです。

家庭用エアコンはオプションでも用意されていません。リアクーラーでは冷却能力としては頼りないので、夏の車中泊はアミティでは厳しそう。

FFヒーターは216,000円でつけられるので、冬の車中泊は可能ですね。

インバーターとは電気の変換機のことで、炊飯器やノートパソコンといった家電を車内のコンセントにつないでつかいたい場合に必要です。

インバーターには正弦波と矩形波の2種類があり、アミティのオプションでは両方えらべます。

矩形波は電気の安定感が悪く、一部の家電や医療機器のような精密機械は電源が入らないこともあるので、持病がある場合はとくに注意しなければいけません。

総評:見た目と中身の落差が大きいキャンピングカー

アミティの内装はズバリいえば、「見た目と中身の落差が大きいキャンピングカー」。

一見、車内は広くてベッドもあり、テーブル席やシンクといった必要な設備は一通りそろっているように見えますよね。

しかし、収納スペースの扉が開閉するごとにメキメキ鳴ったり、ダイネットシートのすわり心地が悪かったりと、つかってみるとわかる安っぽさがあります。

メーカーのひともアミティの推しポイントは「価格が安いこととユーザーが多いこと」といっていましたから、やはりそこまでコストは掛けていないんでしょう。

良かったところは車内を歩いて移動できることと、バンクベッドが広いこと。これを写真だけ見ると良いように見えますが、実際に車内設備にひとつひとつふれてみると、決して高級車ではないことがわかりますよ。

ここまで書いてきましたが、乗った感じはおなじエートゥゼット社のアレンとほぼ一緒だったので、アミティの購入を検討しているなら装備内容を比較してみてください。

この記事を読んだことで、アミティを購入するかどうかの判断材料のひとつになれれば幸いです。