1分で車を60万円値引きする裏技

カムロードのキャンピングカー内装や値段【キャブコン】ナッツクレアスティングエボリューション5.0XX

「キャンピングカーに興味があるんだけど、種類がいっぱいありすぎてよくわからない…」

「最新のキャンピングカーってどんな設備がついてるの?」

車1台で複数の大人が寝泊まりできる、遊びに便利なキャンピングカー。

タイプがいろいろありますが、コスト・広さ・車体の大きさといったように、何を重要視するかによって選ぶ車が変わってきます。

そこで最新モデルのキャンピングカー・スティングエボリューション5.0XXを紹介します。内装や設備について写真つきで解説しますので、キャンピングカー選びの参考にしてください。

なおこの車種についてはJAPANキャンピングカーショー2018で展示されていたのを取材しました。展示の様子は以下の記事でまとめているので、詳細が知りたい方はこちらもご参照ください。

キャンピングカーショー2018の展示JAPANキャンピングカーショー2018幕張レポート!最新車種イベントで試乗し取材してきた!

キャンピングカーの8つのタイプ

まず、キャンピングカーには以下の8つのタイプがあります。

  • 「バンコン」
  • 「キャブコン」
  • 「軽キャンパー」
  • 「フルコン」
  • 「セミフルコン」
  • 「バスコン」
  • 「トラキャン」
  • 「キャンピングトレーラー」

※種類の詳細は以下の記事をご参照ください。

キャブコンのフロントキャンピングカーの全ての種類8つを解説!特徴から価格まで!

この記事で紹介するナッツ社のスティングエボリューション5.0XXは、キャブコンタイプです。

キャブコンとは、トラックやワンボックス車にキャンピングシェルを搭載した車のことです。

車体が大きいキャンピングカーなので、中がとても広くて快適に過ごせるというメリットがあります。

断熱性や防音性に優れていて、どんな場所でもまるで家にいるかのような感覚で車中泊ができます。

荷物もたくさん積めて、長期での旅行にもピッタリです。

なおキャブコンタイプのキャンピングカーは以下の記事でも紹介しているので、こちらもあわせてご参照いただき比較してみてください。

Anthony LE 朱夏のフロントカムロードのキャンピングカー内装や値段【キャブコン】AtoZアンソニーLE朱夏 エコノライン ウィネベーゴアスペクトのフロントフォード エコノラインのキャンピングカー内装や値段【キャブコン】ウィネベーゴアスペクト

スティングエボリューション5.0XX(メーカー:ナッツ)の内装

sitng evolution 5.0xxのフロント

キャブコンタイプの最新モデル、ナッツ社のスティングエボリューション5.0XXです。

トヨタ・カムロードをベースにしたキャンピングカーで、主要スペックは以下のようになっています。

スティングエボリューション5.0XX主要スペック
  • 乗車定員:6人
  • 就寝定員:5人
  • 全長:4,990mm
  • 全幅:2,070mm
  • 全高:2,820mm
  • ベース車:トヨタ・カムロード
  • 排気量:3,000cc
  • 燃料:軽油
  • 最高出力:144ps
  • 駆動方式:2WD FR
  • ミッション:4AT

車体はかなり大きいですが、乗車人数は6人とやや少なめです。燃料は軽油で走ります。

それでは内装の写真を紹介していきます。

sitng evolution 5.0xxの入り口

入り口は車の左側、助手席のすぐ後ろです。スライドドアではなく外側に扉がひらくタイプです。

sitng evolution 5.0xxのテーブル

中に入るとテーブルがあり、二人掛けのソファーが向かい合って設置されています。

sitng evolution 5.0xxの窓

窓から外の様子が見えます。

sitng evolution 5.0xxの冷蔵庫

ソファーに座ったまま手の届く位置に冷蔵庫。

sitng evolution 5.0xxの収納

冷蔵庫のとなりは水のタンクが入った収納スペース。この上ははっきり写っていませんが、シンクです。(シンクの必要性の詳細は以下の記事をご参照ください。)

アンソニーLE 朱夏 シンクキャンピングカーのキッチン・シンクはなしでいい?必要性を考察!

sitng evolution 5.0xxの電子レンジ

シンクから上を見上げると、電子レンジがあります。両どなりは収納スペース。

sitng evolution 5.0xxの収納

テーブル席の窓の上も収納スペースです。

sitng evolution 5.0xxのテレビ

助手席の後ろにはテレビがあり、ソファーに座って見れるようになっています。

なおキャンピングカーでのテレビの視聴については、以下の記事で詳しく解説しているので、こちらも参考にしてみてください。

ファミリーモーターホーム Cタイプキャンピングカーでテレビを見る方法!アンテナ取り付けはどうする?

sitng evolution 5.0xxのベッド

車の後ろ側はダブルベッド。家庭用と同じエアコンがついていて、夏でも快適に寝られます。(エアコンの必要性の詳細は以下の記事をご参照ください。)

アンソニーLE 朱夏 エアコンキャンピングカーのエアコン・クーラーは必要か考察!夏はないと無理?!

なおキャンピングカーでの車中泊の方法や注意点については、以下の記事で詳しく解説しています。興味のある方はこちらもご参照ください。

ボーダーバンクスエボリューションのベッドキャンピングカーで車中泊はどうやる?宿泊場所についても解説!

スティングエボリューション5.0XXの価格と標準装備・オプション

スティングエボリューション5.0XXの車両本体価格は、税込みで8,096,112円です。

MEMO

もっと安く購入したいなら、あわせて正しい値引き交渉のやり方も覚えておくといいですよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

標準装備として以下のものが架装されています。

スティングエボリューション5.0XX標準装備
  • 高断熱アルミコンポジットパネル
  • アクリル2重窓
  • ハータル製エントランスドア(集中ドアロック付き)
  • マックスファンベンチレーター
  • ディープサイクルサブバッテリー(100A×3)
  • デジタルバッテリー残量計
  • 急速走行充電システム
  • 外部充電システム(45A)
  • 外部電源(10M延長コード付き)
  • インバーター1,500W
  • ACマルチコントローラー
  • サブバッテリーカットスイッチ
  • メインバッテリーAC充電システム
  • ジャンプスタートシステム
  • セカンドシート後ろ向き専用固定
  • サードシート(3点式シートベルト付き)
  • 室内DCコンセント(1ヶ所)
  • 室内ACコンセント(2ヶ所)
  • 室内LED照明
  • 家庭用エアコン(走行用リアクーラーレス)
  • FFヒーター
  • シューズBOX&テレビ台
  • 左右天井キャビネット
  • テーブルセット
  • 折りたたみアシストテーブル
  • 耐熱ガラスふた付きシンク+カセットガスコンロ
  • 給排水タンク(19L)
  • 90L冷蔵庫(1WAY)
  • 電子レンジ(ヘルツフリー)
  • スライド式バンクベッド(最大 長さ1,550mm×幅1,900mm×高さ490mm)
  • リアダブルベッド(ウッドスプリング付き)
  • 室内アルミラダー
  • カーテン(8ヶ所)
  • バックカメラ
  • レインガード付きLEDエントランス灯
  • アンダーバゲッジ
  • バゲッジドア(ダブルレッド付き。3枚)

ジャンプスタートシステムがついていることで、メインバッテリーが上がってしまったときでもサブバッテリーをつかってエンジン始動できます。

1WAY冷蔵庫とは、家庭用と同じように電気のみをつかって冷やす冷蔵庫のことで、ものを冷やすのにもっとも適したタイプです。

1WAYのほかに3WAY冷蔵庫というものも存在し、こちらは電気とガスをつかって冷やしますが、冷却機能はあまり強くありません。

バンクベッドとは、2段ベッドのことです。室内アルミラダーは、ベッドにのぼるためのハシゴです。

また、オプションでは以下のものがつけられます。

スティングエボリューション5.0XXオプション
  • インバーター400W(正弦波)(17,000円)
  • 温水キット(ラジエターボイラー22L・混合栓AC付き)(115,000円)
  • 60L給排水タンク(※ACボイラー装着時に必要)(87,400円)
  • シャワーキット(シャワーヘッド&シャワーカーテン)(56,300円)
  • レンジフード(55,200円)
  • 19インチ液晶テレビ(100Vのためインバーターが必要)(45,000円)
  • リア用テレビ地デジアンテナ(43,700円)
  • BSアンテナ全国版(304,700円)
  • コンセント追加(1ヶ所につき11,500円)
  • リアサテライトスピーカー(28,700円)
  • メイン/サブ切り替えスイッチ&RCA配線(34,500円)
  • CDデッキ(32,200円)
  • 電動カセットトイレコンパクト(124,200円)
  • ポータブルトイレ(25,300円)
  • バンクベッド落下防止ネット(1,500mm)(28,700円)
  • カップホルダー追加(1個につき2,300円)
  • サイドオーニング3M(手動)(124,200円)
  • サイドオーニング3M(電動)(181,700円)
  • キャンプルーム3M(サイドオーニング3M用)(126,500円)
  • 100Wクラスソーラーチャージャー(120,000円)
  • 200Wクラスソーラーチャージャー(※2枚まで)(177,500円)
  • 収納扉追加(1枚につき46,000円)
  • FIAMMA社製サイクルキャリア2台積み(69,000円)
  • 追加サイクルキャリア(※2台まで)(1台につき11,500円)
  • 折りたたみリアラダー(69,000円)

レンジフードとはキッチンの上部につけるカバー付きの換気扇のことで、カセットガスコンロをつかって料理するときに煙を外へ逃がしてくれる便利アイテムです。

リアサテライトスピーカーは、壁や天井につけられる音楽用のスピーカーです。高音質で音楽を聴きたい場合に取り付けます。

メイン/サブ切り替えスイッチ&RCA配線は、電源をメインバッテリーとサブバッテリーのどちらから取るかを切り替えるスイッチです。

エンジン停止後はサブバッテリーを使用するように切り替えれば、「テレビや照明の使いすぎでメインバッテリーが上がってしまい、エンジン始動できなくなる」といったトラブルが避けられます。

キャンプルームとは、サイドオーニングにつける壁です。この壁をつけることによって、サイドオーニングだけで使うよりも虫よけやプライバシー保護に役立ちます。

ここまで書いてきましたが、JAPANキャンピングカーショーにはスティングエボリューション5.0XXのほかにもさまざまなキャンピングカーがあり、私が写真つきで紹介しています。この記事を読んだうえで、ぜひほかの車とも比べてみてくださいね。

なおキャブコンタイプのキャンピングカーは以下の記事でも紹介しているので、こちらもあわせてご参照いただき比較してみてください。

ジル520 クルーズ フロントエルフのキャンピングカー内装や値段【キャブコン】ジル520クルーズ ボンゴ アミティのフロントからボンゴのキャンピングカー内装や値段【キャブコン】アミティ