「トヨタのクラウンマジェスタって、乗り心地はどんな感じ? 走行性能とか車内の広さは?」

「クラウンマジェスタを買おうか迷ってるんだけど、実際に乗ったひとの意見が聞きたい!」

車を購入するかどうか決めるときに、すでにその車に乗っているひとの意見を参考にしたいですよね。

そこで、トヨタ・クラウンマジェスタの試乗をしてきました。

クラウン マジェスタのフロント

実際に乗ってみた感想から、クラウンマジェスタの乗り心地や走行性能について、写真つきでわかりやすく解説します。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

クラウンマジェスタの乗り心地

それではさっそく、クラウンマジェスタの車内空間について解説していきます。

運転席は見た目以上に快適

まずは運転席に乗ってみます。

クラウン マジェスタの乗車

セダンなので車高はそこまで高くはないですが、身長177cmの私でも乗り降りしやすいです。

クラウン マジェスタの運転席

とくべつ広くはない運転席ですが、せまさを感じるほどではありません。

クラウン マジェスタのフロントシート

ドアを閉めると、右腕からドアまでの距離には余裕があります。また、センターコンソール(運転席と助手席を隔てる部分)の高さが低く、横からの圧迫感がありません。

ヒジ掛けがついているのも嬉しいポイントです。

クラウン マジェスタの運転席

ヘッドレストがしっかり頭を支えてくれて、運転の姿勢が崩れにくいです。

クラウン マジェスタの後部からの運転席

頭から天井までのあいだには、これだけのスペースがあります。

クラウン マジェスタの足元のスペース

ヒザやつま先がどこかにぶつかるようなこともなく、足元も広々としています。全体的に快適な運転席です。

後部座席は広くてすわりごこちも良い

つづいて後部座席に乗ってみます。

クラウン マジェスタの後部座席への乗車

後部座席ドアもヒンジドア(外側に向かって開くドア)になっていて、車高は低めですが乗り降りしやすいです。

クラウン マジェスタの後部座席

運転席の位置を身長177cmの私にちょうどいい位置にした状態でも、後部座席の足元にはかなり余裕があります。ヒザが前のシートにぶつかっていません。

クラウン マジェスタの後部座席の全体

ドアを閉めると、右腕からドアまでの距離にも余裕があります。まんなかにヒジ掛けもついているので、後部座席にもう1人乗る場合でも、自分のスペースをしっかり確保できます。

頭から天井までのあいだにもこれだけのスペースがあり、前後上下左右からの圧迫感は皆無です。シート自体のすわりごこちも良く、非常にゆったりとすわれる後部座席です。

クラウンマジェスタの乗車定員は5人なので、定員いっぱい乗る場合は後部座席に3人乗ることになりますが、ヒジ掛けを収納してしまえば大人3人でもなんとかすわれそうな広さがあります。

車体の大きさ

クラウンマジェスタの車体の大きさは、以下のようになっています。

  • 全長4,970mm
  • 全幅1,800mm
  • 全高1,460mm(グレードによっては1,475mm)
  • 乗車定員5人

全長がかなり大きいですが、実際に運転した感覚としてはそこまで長くは感じませんでした。

全幅も大きすぎず小さすぎずといった感じで、少なくとも街中を走るのに「大きすぎて運転できない」ということはないと思います。

全高は低いですが乗り降りのしやすさは問題なく、車内の天井の高さにもきゅうくつさは感じません。

乗車定員の5人乗る場合は前部座席に2人、後部座席に3人乗ることになり、先ほど解説したように大人5人でもなんとかすわれるだけのスペースがあります。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

加速は物足りないけど乗り心地がすごく良い。クラウンマジェスタに乗った感想

それでは、クラウンマジェスタに試乗した感想を解説していきます。

クラウン マジェスタの試乗のスタート

(※先ほどとボディーカラーが違いますが、おなじクラウンマジェスタです。)

座席の位置とハンドルの高さを自動調整してくれる

スタートボタンを押すと、座席とハンドルが自動で動いて、私の身体にちょうどいい位置に調整してくれました。最新の車ならではの、地味に嬉しい機能です。

加速はやや物足りない

クラウン マジェスタの加速

加速は遅くもなく速くもなくといった感じで、やや物足りないです。ノーマルモードからスポーツモードに切り替えてみましたが、体感ではなにも変わりませんでした。

静粛性はガソリンエンジン車のクラウンアスリートと変わらない

試乗したクラウンマジェスタはハイブリッドカーですが、エンジン音はけっこうあり、ガソリンエンジン車であるクラウンアスリート3.5Lモデルに乗ったときとおなじぐらいの音がしました。

でこぼこ道を走行したときの揺れも同モデルとおなじ感覚で、振動はあるけど車全体がガタガタ揺れるほどではなく、シートの下がぶるぶる震えるような感じで、不快というより心地いいです。

ステアリングは軽く、ハンドルのさわりごこちが最高に良い

クラウン マジェスタのステアリング

ステアリングは、軽いです。カーブでもハンドルを回せば違和感なく曲がっていきます。

また、ハンドルのさわりごこちが最高で、無意味にさわっていたくなります。

シートが硬いけどすわりごこちがすごく良い

シートの感触が硬めなんですが、不思議とすわりごこちがすごく良いです。クラウンマジェスタの乗り心地の印象を良くしている、大きな要素だと思います。

メーターがアナログなのが嬉しい

クラウン マジェスタのメーター

メーターはハイブリッドカーによくあるデジタル式ではなく、針で表示するアナログメーターでした。

個人的にデジタルメーターはかっこいいと思えないので、これは地味に嬉しいポイントです。

実燃費は6.9km/l

15分程度の試乗でしたが、実燃費は6.9km/lでした。

今回試乗したクラウンマジェスタの燃費はメーカー発表で18.2km/lなので、実際は38%程度しか走れていないことになります。

エアコンは風量3と弱めにつけた状態だったので、風量を上げればさらに燃費が悪くなります。

一時停止や信号待ちもあり、20km/h~40km/h程度で走行した実燃費です。一般道路に近い条件での数値なので、参考にしてください。

クラウンマジェスタの価格は高い

さて、クラウンマジェスタは価格に見合った車なんでしょうか? それぞれのグレードの価格は下の表のようになっています。

(※クラウンマジェスタは2018年4月27日に新車販売が終了していますので、「年式が2年以内の中古車」の価格例を載せます。)

グレード 価格例
Four

 

4,650,000

(新車時6,577,200円)

Four

J-FRONTIER

 

不明(現在出品なし)

(新車時6,739,200円)

ベースグレード

 

4,140,000

(新車時6,426,000円)

Fバージョン

 

4,850,000

(新車時6,987,600円)

Fバージョン

J-FRONTIER

 

5,820,000

(新車時7,149,600円)

5つのグレードが用意されていて、すべてハイブリッドモデルです。私が試乗したのはFバージョンです。

4,850,000円という価格ですが、実際に乗ってみた感想からいって、この価格は高いと思います。

たしかに静粛性や乗り心地は優秀で、シートやハンドルの質感が良いのは大きなポイントです。ただ、この価格をはらってまで買いたいと思うほどの感動があったかというと、とくにありませんでした。

燃費もハイブリッドの割りには悪く、購入後もガソリン代がかさみそうです。

おなじクラウンを購入するのであれば、クラウンアスリートの3.5Lモデルのほうがおすすめです。燃費はさらに悪くなりますが、静粛性はそのままで、走行性能は試乗したかぎりあちらのほうが上でした。

ここまで書いてきましたが、クラウンは2018年6月25日にフルモデルチェンジする予定なので、現行モデルの中古車は今後ぐっと安くなる可能性があり、ねらい目です。この記事を読んだことで、クラウンマジェスタを購入するかどうかの判断材料のひとつになれることを願っています。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

パワーボム
パワーボム
元パチスロライター。車とゲームとプロレス観戦(ノアファン)が大好き。21歳で免許を取ってから、車を乗り尽くす。家から700km、四国のなかを1400km移動し、また700kmの距離を帰るツアーで、四国八十八ヶ所巡りを車で成し遂げる。