ベンツのイメージは悪い?!クラスごとにイメージを徹底調査!

あ、黒いベンツが後ろから走ってきてる。早くどかなきゃ!

日本ではなぜかベンツというだけで高級車というイメージがありますし、映画などでもギャングの車やヤクザの車として黒塗りのベンツというのが出てきており、よく怖い人が出てくると言われます。

そんなベンツですが近年エントリーモデルであるAクラスがおしゃれになって登場したり、一度廃止された直列6気筒エンジンを復活させたりといろいろ変化があります。

おしゃれだったり走行性能だったりとイメージが少しづつ変わってきていますが、現在ベンツはどんなイメージで見られているのでしょうか?

ベンツのイメージをまとめていきます。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

ベンツのコンセプト

ベンツの車種

ベンツといえば丸の中の3つ星がトレードマークの大きくて高級感のあるセダンというイメージがあると思います。

しかしそれは威圧感を全面に出して周囲の車に避けてもらうためにわざと怖い車として売っているわけではありません。

ではベンツはもともとどういったコンセプトで開発されているのでしょうか?

実はベンツは安心安全をモットーとした質実剛健なメーカーなのです。

目的地まで安全に移動するための車

ベンツは世界的に見ると最初期の方に作られた古い自動車メーカーです。その頃はまだまだ自動車ではなく馬を使った交通手段がメインで、車は逆に馬を邪魔するものぐらいに考えられていた時代に創設されました。

そんな時代に遠く離れた場所へ移動するために馬を乗り継ぐこともなく、安心安全に移動できる手段としてベンツはエンジンで動く自動車を開発していました。

そういった時代背景もあり、ベンツは自動車のスポーツ性や乗って楽しいというよりは馬車のような移動のための乗り物であり、快適にそして安全に移動するという自動車の根幹にあることに開発のコンセプトを持ってきています。

そのためベンツは車の安全性や長時間座っていても疲れにくい乗り心地など、快適な移動手段を提供する自動車を作っています。

先端の技術を作り出している

今ではほとんどの車に標準装備となっているエアバッグを始めとする安全装備があります。実はこれらの多くはベンツから始まったものが多いのです。

近年標準で採用されることの多くなってきたウィンカー内臓のドアミラーや横滑り防止装置、ほぼすべての車についているシートベルトテンショナーなどはベンツが採用することによって他車がどんどん模倣していっているのです。

移動の手段として安全安心をコンセプトに真面目なクルマづくりをし、時代をリードしている車開発をしているのがベンツなのです。

the BEST or NOTHING

最善か無か。これはベンツがスローガンとする言葉です。

上記の通り移動のための手段として最高に良いものを作り、そうでないものはなくしていくという、正に質実剛健という言葉がしっくり来る開発をしているのがベンツというメーカーだったのです。

ベンツのイメージはどうなのか

ベンツのオーナー

質実剛健で安全快適をモットーとした車づくりをしているベンツ。でもなぜか日本でのイメージはコンセプトとちょっと違い、すごい高級車であったり怖いというイメージがあります。

しかし近年ベンツはAクラスなどエントリーモデルを追加し、幅広い層がベンツに乗るようになってきたため、それだけでは収まらないようなイメージにもなってきています。

現在の日本でのイメージはどうなのでしょうか?

ベンツ=高級車

ベンツは、車両価格も高く装備も良い非常に高級な車というイメージがあります。

しかし実際にはそういった高級車だけではなく大型のバンやトラック、タクシー車両など日常使いや仕事車など多くの車種を販売しています。

そのためよく見ると高速道路を走っているベンツマークのついた大型トラックやバスなどを見かけると思います。実はベンツは車の総合商社なのです。

ではなぜ高級車のイメージがついてしまったのでしょうか。

これはもともと車を輸入販売していたヤナセが作り上げたイメージなのです。当時輸入車は輸送料や関税などで国産車に比べ大きく値段が上がってしまいました。

このままではただ値段が高いだけの車となってしまい、国産車と競争になりません。そこで上級装備をたくさんつけた車を輸入・販売することにより、輸入車=高級車としてのイメージを作り上げ、値段が高くても売れるようにしたのです。

その当時のイメージの名残でベンツは今でも高級車として言われることが多いようです。

堅気じゃない人が乗っている

黒塗りのベンツからは怖い人が降りてくるから煽ったりしてはいけない。今でもだいたいの人はこの一文には同調してもらえると思います。

つまりあちらの世界の人や政界の大物など、普通の会社の社長などとは一線を画する怖い人が乗っているイメージがあります。

これに関しては、昔は自分の力を見せつけるためにわかりやすいステータスとして高級な車に乗っていることが多かったためのようです。

その中でもベンツは速さを競う走行性能などよりも快適に移動できる車であるため選ばれたのでしょう。

しかし現代ではベンツ=怖い人というわけでも無くなってきているようです。どんな車からどんな人が出てくるかはわかりませんので、煽り運転などはしてはいけません。

近づきたくない車

高速道路の追い越し車線を走行中に、後ろから大きなベンツが走ってきたら思わず道を開けてしまいます。

先程の理由もあり難癖をつけられるのも嫌ですし、もし事故の当事者になど起ころうものなら怖い人が降りてきても困ります。

そうでなくてもベンツが相手では修理代が非常に高いため、できればお近づきになりたくないと思います。

というわけで現在でもできれば近づきたくない車と言えるでしょう。

各クラスごとのイメージ

同じベンツとはいえどエントリークラスからフラッグシップまでさまざまあります。次はその各クラスごとのイメージを見ていきます。

Aクラス

ベンツ Aクラス

Aクラスはベンツの中でエントリークラスの車です。価格も300万円からあるので国産車ではスバルのレヴォーグあたりを乗るのと同じぐらいの価格帯で購入することができるため、近年普通のサラリーマンの方でも購入している方が多いです。

イメージ的にはブランド好きだけど身の丈にあったものを選ぶしっかりした人のように見られています。

ただやはり世間からは高級車=ベンツのイメージが有るため、高級車のエントリーカーだと軽視されがちです。

Cクラス

ベンツ Cクラス

ベンツの主力グレードのCクラスです。価格も440万円からあり、国産車ではクラウンなどが買える価格帯となっています。

大きさ的にも排気量的にも日本人には比較的乗りやすいサイズ感の車のため、人気があります。近年のイメージでは高級車にのっているというより、おしゃれな人が多いイメージです。

しかしちょっと頑張れば乗れる価格帯のベンツだからかAクラスよりさらに妬まれることが多くなります。

昔のベンツのイメージを持っている人からは、ベンツに乗って威張ってるとかベンツなのに安物に乗ってなどと言われることが多いです。

しかしそれはベンツといえば1000万円という古いイメージの人が多いためです。

Eクラス

ベンツ Eクラス

Eクラスは古くからベンツにあるグレードで、価格帯も700万円を超えます。高額な車になってきますので、需要の多くは節税対策の法人需要や一定の成功を収めている人で、会社の車や社長の車、個人の弁護士などが乗っているというイメージが強い車です。

ベンツはもともとEクラスとSクラスのみの販売だったためこのクラスからじゃないとベンツじゃないと思っている人達もいます。

Sクラス

ベンツ Sクラス

ベンツの最高峰のSクラスは1000万円を軽く超える車です。大きな病院の理事長クラスや会社の車として購入することがメインとなり、運転手付きで運転してもらう人や、お医者さんが乗る高級車というイメージです。

Gクラス

ベンツ Gクラス

Gクラスはもともとゲレンデヴァーゲンという名前からイニシャルのGをとったベンツのSUVです。そのクラシックな外観からSクラスの価格ながら人気のある車です。

どちらかというと趣味性の強い車だからか、セレブやスポーツ選手などが乗っているイメージが強いです。

ベンツは高級車というイメージはかなり強いため、妬みからCクラス辺りまでは軽んじるような言い方をされることがあります。

ベンツのイメージは実際どうなのか

ベンツのおおよそのイメージをここまで解説してきました。では世間的なベンツのイメージはどうなのでしょうか。

ツイッターからピックアップして見ていきましょう。

現在ではおしゃれなエントリーグレードも増えてきていますが、それでもやはりベンツは高級車であり、あこがれの対象のようです。

いつかはクラウンという言葉がありましたが、今はいつかはベンツという感じです。

Gクラスは確かに馬車にも見えますね。こういったデザイン部分にもベンツの持つセンスを感じます。やはりかっこいい車というイメージが強いようです。

ベンツの乗ってる人のイメージ

ベンツという車に対しては憧れであったり、かっこいいと思う人が多いようです。ではベンツに乗ってる人はどういう風に見られているのでしょうか?

こちらもツイッターからピックアップしていきます。

意外と多かったのがベンツオーナーの運転の荒さ。怖い人が降りてくるというイメージのせいもあるかもしれませんが、ベンツを運転しているとそれだけで目立ってしまうだけに荒い運転をすると非常に悪い印象が付きます。

どうしてもベンツに乗るだけで目立ってしまい、こういったイメージが付きやすいようです。

運転マナーの悪さが多く語られていましたが、実際にはこのようにベンツに乗っている人は社会的に成功している人やアイデンティティを確立しているおしゃれな人が多いと思います。

ベンツの女性からのイメージ

高級車だからベンツに乗れば女性にモテるという時代がありましたが実際はどうなのでしょうか?女性から見るベンツのイメージをツイッターからピックアップしていきます。

ベンツの大型SUVであるゲレンデはかっこいいようです。女性のSUV人気もありますがベンツのSUVはおしゃれというよりかっこいいというイメージが有るようです。

ベンツはその他の輸入車に比べて紳士的な運転の人であるイメージがついてきているようです。世間一般のイメージより女性のベンツに対するイメージのほうが良いようです。

ベンツは昔のイメージと現在のイメージで受け取り方が違う

ベンツは昔の販売方法のおかげで未だに高級車というイメージですが近年はエントリーカーも増え始め、おしゃれに乗れる車というようになっているようです。

どちらにせよベンツに乗るということは普通より目立ちやすいので、今以上に丁寧な運転を心がけると自分のイメージアップに繋がります。

つまり乗り方次第では非常に好感を持たれる車ですので、他を威圧するような運転ではなく、思いやりを持った運転をしましょう。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

田中慎二
田中慎二
小さい頃に初めて買ったスカイラインGT-Rのラジコンでスカイラインに一目惚れ。その影響から某自動車ディーラーに営業職で就職し、新人賞や2級販売士資格などを獲得するまでに成長。車の知識では社内では一目置かれる存在だった。現在の愛車は電気自動車の日産リーフ。