1分で車を60万円値引きする裏技

購入には年収制限が?ベンツオーナーになるには年収はどれだけ必要?

輸入車と聞いて誰もが思いつく1台にメルセデスベンツがありますが、ベンツといえばステータスの証、成功者が乗っているイメージがありますよね。

そんなベンツを手に入れるためには、いったい年収がどのぐらい必要かご存知ですか?

今回はメルセデスベンツを購入するために必要な年収についてご説明します。

ベンツの年収制限はなし!誰でも買える!

高級車であるベンツを購入するためにはそれなりの年収が必要なのは確かですが、ベンツを購入すること自体には「年収がいくら以上」などの制限はなく、実は誰でも買うことはできるのです。

ベンツに限らずどの自動車メーカーでもそうですが、年収が一定以上なければ購入することができない車はほとんどありません。ちなみに以下の記事でも触れていますが、日本の高級車レクサスも年収制限はありません。

レクサスLS600h購入には年収制限が?!レクサスオーナーになるには年収はいくら必要?

きちんと支払いができるのであれば、極端な話、年収0円でも購入できるのです。

年収が問題となるのは車の購入にローンを使う場合であり、ローンを組む場合にはある一定以上の年収がなければ銀行などの審査に通りません。

しかしこの制限はあくまで銀行などの金融機関の制限ですので、自動車メーカーとしては一切制限はありません。

もし年収が少なくても、例えば貯金で支払いのほとんどをまかなえるのであれば、残りの少額の支払いはローンがくめるかもしれません。

支払い能力さえあれば、年収の大小は関係ないのです。

ベンツのオーナーの年収はどれくらい?

年収制限はないとはいえ、実際に車を買う際にはほぼローンを使うことになりますので、ある程度の年収がなければ現実的ではありません。

ベンツを所有しているオーナーさんの年収には実はけっこうバラツキがあるのですが、これはベンツも車種によって3,000,000円台の車から、最高級の車では20,000,000円台まで開きがあるからです。

一般的に車を購入するのに必要な年収は支払総額の2倍程度と言われており、それまでの生活レベルを維持しながら無理せずローンを返済する目安とされています。

これを当てはめてみると、ベンツのオーナーになるには年収7,000,000円~40,000,000円程の年収が必要ということになります。

ベンツオーナーになるには年収はいくら必要か

さて次は、ベンツの各車種についてそれぞれ必要な年収がいくらぐらいかを計算していきましょう。

今回はベンツ正規ディーラーの一つであるヤナセの販売価格をもとにシミュレーションしてみたいと思います。ヤナセをご存知でない方は、下記のページもあわせてご覧ください。

ヤナセディーラーヤナセとベンツやBMWの正規ディーラーとの違いは?詳しく解説!

なお検討する車種は、ベンツの代表的な車種である次の6車種です。

その他条件としては、すべてベースグレードでの計算となり、オプションなども付けません。

車種モデル
AクラスA180
CLAクラスCLA180
CクラスC180
EクラスE200 AVANTGARDE
SクラスS300h
GクラスG350d

※もっとほかの車種の価格についても知りたい方は、以下の記事をご参照ください。

ベンツ AMG GTベンツはいくらで買えるか?新車では?車検まで全てを解説!

Aクラスの必要年収

ベンツAクラスはベンツのラインナップのエントリーモデルとなっており、コンパクトハッチバックの取り回しの良い車です。

エントリーモデルということもあり、値段も3,000,000円台と安く、一番購入しやすいベンツです。

Aクラスのベースグレード、A180での支払い総額は次の通り。

A180金額
車両本体価格3,290,000円
諸経費178,880円
総支払額3,468,880円

この結果より、Aクラスを購入する必要年収は7,000,000円程度となります。

ベンツといえどハッチバックの車ですので、そこまで高級感のあるイメージはありませんが、それでもやはりベンツなのでそれ相応の年収は必要となっています。

このくらいの年収で買えるなら、ベンツの「高級車」というイメージが覆されますよね。この高級車かどうかについては、以下の記事でも触れています。詳しくは下記をご参照ください。

ベンツGクラスベンツは高級車じゃない?大衆車?ドイツでの価格は意外すぎた?!

CLAクラスの必要年収


CLAクラスはオープンカータイプのスポーツカーですが、車格はAクラスとほぼ同じであり、スポーツカーでありながら購入しやすい値段の1台です。

CLAクラスのベースグレード、CLA180での支払い総額は次の通りです。

CLA180金額
車両本体価格3,790,000円
諸経費191,380円
総支払額391,380円

この結果より、CLAクラスを購入する必要年収は8,000,000円程度となります。

ベンツのスポーツカーとしてもっとも安い価格の車ですが、国産車でいえば日産フェアレディZも視野に入る値段ですので、それと比較すればなかなか値の張るスポーツカーと言えるでしょう。

Cクラスの必要年収


Cクラスはベンツのセダンのスタンダードともいえる1台で、ベンツといえばCクラスを思い浮かべる人が多いでしょう。

実際街中で走っているベンツにはCクラスが多く、販売台数もかなりの割合に上ります。

Cクラスのベースグレード、C180での支払い総額は次の通りです。

C180金額
車両本体価格4,360,000円
諸経費205,580円
総支払額4,565,580円

この結果より、Cクラスを購入する必要年収は9,000,000円程度となります。

ベンツのセダンで最も売れ行きのよいCクラスと言えども、新車購入には10,000,000円弱の年収が必要であり、十分ステータスを感じさせる1台です。

Eクラスの必要年収


EクラスはCクラスよりもワンランク上のセダンであり、Cクラスよりも車体サイズが大きくエンジンもパワフルです。

CクラスとEクラスを比べると、Eクラスのほうが堂々としたたたずまいをしており、Cクラスよりさらにステータスを感じさせる車です。

Eクラスのベースグレード、E200 AVANTGARDEでの支払い総額は次の通りです。

E200 AVANTGARDE金額
車両本体価格6,750,000円
諸経費277,680円
総支払額7,027,680円

この結果より、Cクラスを購入する必要年収は14,000,000円程度となり、一気に10,000,000円の大台を超えてきました。

Eクラスともなるとベンツの中ではかなり格上の存在で、周囲に与えるイメージも値段相応の物が得られるでしょう。

ベンツのイメージについては以下の記事でも取り上げています。興味があればあわせてご覧ください。

ベンツの車種ベンツのイメージは悪い?!クラスごとにイメージを徹底調査!

Sクラスの必要年収


Sクラスはメルセデスベンツの最上級車であり、ベンツのフラッグシップモデルでもあります。

その高級感と質感の高さはまさにトップクラスで、セダンでありながらスポーティさも併せ持っている素晴らしいデザインをしています。

Sクラスのベースグレード、S300hでの支払い総額は次の通りです。

S300h金額
車両本体価格9,980,000円
諸経費373,880円
総支払額10,353,880円

これよりSクラスのオーナーになるための最低条件は年収20,000,000円以上となり、これでもベースグレードですから、もっと上級グレードであればさらなる年収が必要です。

Sクラスの最上級グレードであるマイバッハS600などは、総支払額で27,065,980円という高額な車。必要年収は50,000,000円以上となります。

Sクラスのオーナーになるということは、最高の車を手に入れられる年収とステータスがあることの証なのです。

Gクラスの必要年収


GクラスはいわゆるSUVやクロカンに相当する車種で、ベンツのセダンとは一線を画した直線的なデザインが特徴です。

ドイツ車の特徴である質実剛健さをデザインで体現したような1台で、オフロードも可能な走破性を併せ持ち、まさに男の車といった風体です。

Gクラスのベースグレード、G350dでの支払い総額は次の通りです。

G350d金額
車両本体価格10,800,000円
諸経費410,280円
総支払額11,210,280円

この結果より、なんとGクラスを手に入れるためには年収22,000,000円以上が必要となり、Sクラスより高年収が要求されるのです。

Gクラスはデザインこそ直線基調ですがその中にも上質感もあり、また内装はまさに高級車のそれといった感じです。

SクラスをそのままSUVにしたと言っても過言ではないので、値段的にも同じぐらいのレベルの車種です。

MEMO

ベンツであっても、正しいやり方で値引き交渉をすれば上記の金額より安く買えますよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

もし〇〇の年収で購入したら

では最後に、少ない年収からそれなりの年収まで、それぞれの年収でベンツを購入したらどうなるかを考えてみましょう。

車種としてはセダンのCクラスを例にとり、それぞれ次のローンの条件で考えてみます。

  • ローンはヤナセオートローン
  • 金利は年利4.29%
  • 支払い回数60回
  • ボーナス払いは無し

なお頭金については最低でも購入金額の10%は必要となりますので、購入前の貯金の最低額として400,000円程度は必要となります。

今回のシミュレーションでは頭金400,000円で計算しています。

C180支払総額4,565,580円
ローン支払い総額

(年利4.29%)

4,407,084円
頭金400,000円
月々の支払額

(60回払い)

73,400円

ではこれをもとに、年収3,000,000円、5,000,000円、7,000,000円、10,000,000円、のそれぞれでベンツを購入したらどうなるかを考えてみましょう。

注意

なおこのシミュレーションは車の故障がないという前提でやっています。ベンツは日本車と比べたらやや故障しやすい傾向にあります。

故障したらもちろん修理などで費用がかかりますので、その点はご注意ください。ベンツの故障については以下の記事でもまとめています。あわせてご参照ください。

漆黒に光り輝くベンツ壊れやすい?ベンツは故障が多いのか故障率の実態とは?!

年収3,000,000円でベンツを買う

年収3,000,000円の人の平均月収は200,000円程度ですが、そこから税金などを引かれると手取りは160,000円程度となります。

本来であれば、その中から家賃や光熱費、食費などを支払うと手元に残るのは60,000円程度となるのですが、これではローンの支払いには全く足りていませんよね。

そうすると生活費のどこかを削るしかないのですが、最初に切り詰めていくのは食費ですね。しかし多少食事のレベルを落としたり外食を控えたりしたとしても10,000円も減らせないでしょう。

これでもローン支払いにギリギリだというのに、車に乗るには月々のガソリン代や駐車場代も必要なので、それに最低20,000円~30,000円は必要ですよね。

そうすると家賃を削るしかなくなるので、家賃相場の低いところへ引っ越したり、住居のレベルも落とす必要が出てきます

昔から安アパートに住みながらフェラーリに乗っている人などが話題になることもありましたが、年収3,000,000円でベンツを購入すると同じような余裕のない生活になる可能性が高いです。

しかし車がどうしてもベンツがよく、他の何をおいても車を優先させるのであれば、購入することは決して不可能ではないでしょう。

年収5,000,000円でベンツを買う

年収5,000,000円の人であれば、毎月の給料は手取りで250,000円程度となり、月々70,000円のローンを支払ってもまだ180,000円は残ります。

そこから月々の維持費を支払ったとしても、年収3,000,000円の人の手取りと同じぐらいは残りますので、同等の生活レベルであればなんとか維持できるでしょう。

しかし年収5,000,000円台の人となると会社でも中堅クラスとなり、結婚や子育てなどがあり、住宅ローンの支払いなども出てくるでしょう。

そうすると月々70,000円台の出費というのは一家の家計にかなり大きな負担となり、もしそれを維持するのであれば夫婦生活や子育てに影響が出てしまいます。

ベンツに乗っているのに家庭は火の車では本末転倒な感じはしますが、家族の理解が得られるのであれば、維持していけるレベルです。

年収7,000,000円でベンツを買う

Cクラスの適正年収は9,000,000円程度ですが、7,000,000円であれば多少各所を切り詰めることでなんとか生活との両立はできそうです。

年収7,000,000円での手取りは400,000円ほどですので、ローンを支払って残り330,000円が生活費になります。

これでも年収5,000,000円の人の手取りより多く残りますので、一般的な家庭を維持し続けるのであれば、なんとかベンツが買えるレベルと言ってよいでしょう。

しかし年収7,000,000円レベルの生活は得られませんので、こちらでもやはり家族の理解が重要となるでしょう。

年収10,000,000円でベンツを買う

Cクラスの適正年収よりも多い年収を得られているのであれば、基本的に生活との両立が十分にできるレベルです。

毎月の貯金額を多少減らすぐらいは必要でしょうが、他に大きな出費が無いのであれば経済的に火の車ということはないでしょう。

しかし年収10,000,000円もあると、Cクラスの車格では少々物足りなくなってくるかもしれません。

そうすると上のクラスのEクラスが視野に入ってくるのですが、CクラスからEクラスになると価格差がとたんに跳ね上がるので、なかなか年収10,000,000円では厳しくなってきます。

もしEクラスを購入したくなった場合は、十分な頭金を貯めておいて支払額を減らしたり、認定中古車のEクラスなどを探してみてもよいかもしれません。

これからベンツの購入を考えている方は、以下の記事も参考になりますよ。ぜひあわせてご覧ください。

黒いベンツ絶対的な最高の魅力!ベンツの7つの良さをわかりやすく解説! ベンツのクラシックカーベンツの中古車はなぜ安い?安価な理由はこの3つだ!