日産 セレナは日産の稼ぎ頭とも言えるトールサイズミニバンで、長年トヨタなどと販売台数で競いあっています。

セレナは日産車のなかでも非常に人気が高いのですが、一方で故障が多いという話もよく聞きます。

今回はそんなセレナの故障率についてご説明しましょう。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

セレナの故障率

日産 セレナ

セレナはミニバンとしては結構昔からある車で、初代は1991年とかなり前に登場しました。

およそ5年~6年ごとにフルモデルチェンジを行っており、現行車は2016年に登場した5代目となります。

セレナはトールサイズの中型ミニバンとして非常にバランスよくまとまっている車で、万人受けするデザイン、室内の広さ、窓が広くて解放感が高いなど、快適性の高い車となっています。

一方でトヨタやホンダがハイブリッドを積極的に採用するなか燃費で長らく苦戦していましたが、現行車からマイルドハイブリッドが標準装備となったことでようやく燃費の面でも良好になりました。

また2018年の3月には「e-power」というモデルが追加され、これは走行をモーターのみで行い、搭載されたエンジンは完全に発電のみとするハイブリッドシステムです。

おなじ日産のノート e-powerで大好評を受けたシステムであり、モーターのみの走行なので電気自動車のような軽快な加速をもちながら、電気自動車で不安な航続距離を発電用エンジンで補うというものになっています。

当然ながら燃費も良好で、トールサイズミニバンとしてもトップクラスの燃費を誇る最新システムなのです。

このように日産独自の付加価値を搭載されて販売台数がどんどん延びているセレナですが、一方で故障についての評判はあまりよくないといわれています。

まずは実際のデータを見ながらこの点について調べてみることとしましょう。

日産は故障率が割と多い

セレナ単体の故障率のデータはメーカーが収集して所有しているのですが、このデータはメーカーの最重要機密となっているので決して公表されません。

そのため故障率を調べるもうひとつの方法として民間調査会社が公表しているデータを使用する方法があり、こちらは毎年最新のデータが公表されますので参考にできます。

米国J.D.パワー社が調査発表している「自動車耐久品質調査」では、各国市場で車のオーナーに聞き取り調査した故障の情報をもとに主要メーカーごとの信頼性ランキングを作成しており、このランキング上位なほど故障率が低いと言えます。

2017年 日本自動車耐久品質調査

ランキング メーカー スコア
1 トヨタ 59
2 レクサス 63
3 ホンダ 74
業界平均 74
4 メルセデス・
ベンツ
75
5 スズキ 79
6 三菱 80
6 日産 80
8 ダイハツ 82
8 スバル 82
10 MINI 88
11 マツダ 93

参考:2017年 日本自動車耐久品質調査

この調査では日本のほぼすべての自動車メーカー(ミツオカ除く)が調査の対象となっており、なかでもトヨタはランキングトップを獲得しており故障率の少ないメーカーという評判を証明した形になります。

次点にはレクサスとホンダがつけており、ホンダもなかなかの評価ですね。

しかし日産はもう少し下位に位置しており、三菱と同率の6位となってしまっています。

日本三大メーカーのうちの2社が上位を占める中、日産は出遅れた形です。

故障件数を表すスコアは80と業界平均は下回っていますが、トップのトヨタはともかく3位のホンダとはそこまで大きな差にはなっていません。

日産は日本車メーカーとしての信頼性はあるものの、少々劣る面もあるメーカーだということです。

セレナはマイナートラブルが多い

のちほどセレナの故障事例はご紹介しますが、全体的に見るとセレナをはじめとした日産車には細かいマイナートラブルが結構多いです。

日産は昔から電気系統が弱いと言われており、現在でも昔よりは改善したとはいえ電気系統のマイナートラブルは割と多目です。

自走できないほどの故障はまれですが、スイッチ類やセンサー類などの細かい部品のトラブルが多いことが前述したランキングに影響しているのでしょう。

また割と新技術をたくさん採用するイメージのある日産ですが、その新技術にはトラブルや初期不良が付き物であり、そういった点でも故障が多目です。

現行のセレナのハイブリッドにもそういった傾向が見られます。

車としては使い勝手がよく素晴らしいセレナですが、故障に関しては当たり外れが結構あるようですね。

中古のセレナの故障しやすさ

セレナの中古車は基本的には他の中古車と考え方は変わらず、よく言われる年式10年以上、もしくは走行距離100,000km以上の中古車は故障が激増する傾向にあります。

これは車の部品の多くがそれぐらいを保証距離として設計されているからで、ゴム部品や樹脂部品などがそれに当たります。

長年の経年劣化によってダメージを受けたそういった部品は基本的には部品交換のメンテナンスで調子を取り戻すことができ、メンテナンスさえしっかり行っていればそこまで大きなトラブルにはならないものです。

しかしながらセレナは歴史が長いために年式10年を越える中古車もまだまだ残っており、3代目セレナ以前の中古車は故障が多いと考えておいた方がよいでしょう。

総じてそういった車は値段が低く設定されているので、よく若者などが手を出すケースが多いです。

しかし古いものはどうしても故障や部品交換が付き物ですので、そういうセレナは維持費については結構厳しいものがありますね。

もしセレナの購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。

このやり方を知っているだけで数十万円は違います。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。
あわせて読みたい

セレナオーナーの評判

セレナに実際に乗っている人は結構故障にあわれているようで、Twitterにはいろいろな体験談が投稿されています。

中には故障なしで長年乗っているというひともおられるので、参考にいくつかご紹介しましょう。

このセレナは故障知らず

セレナは結構故障しやすいといわれる車でもあるのですが、この方のセレナはそんなことはなく100,000kmまで無故障だそうですね。

故障の多さは個体差によるものや走り方で大きく左右され、またメンテナンスをどこまでしっかりやったかでもかわります。

この方はそういったお手入れをしっかり行われたからこその無故障なのでしょうね。

色々故障も多発する

一転してこの方のセレナはスライドドアとエアコンの故障をこれまで経験されたようで、これは経年劣化によるものが大きいでしょう。

スライドドアもエアコンも車の部品としては使用頻度が高く比較的故障しやすい部分ですので、長く乗っているとどうしてもトラブルは出てきますね。

CVTはセレナの泣き所

日産の中小型車は自動変速機にCVTを数多く採用しておりセレナもその一車種なのですが、結構CVT関係のトラブルは多いのです。

のちほど詳しくご説明しますが、故障する部品が結構大きいので費用は高額になることがほとんどですね。

セレナの故障事例

それではいくつかセレナの実際の故障事例をご紹介しましょう。

CVTのトラブル

f.umeさん(@f.umem)がシェアした投稿 -

CVT(Continuously Variable Transmission)は無段変速機と呼ばれるオートマチックトランスミッションで、主要なものは金属ベルトとプーリーによって変速を行うベルトCVTです。

ベルトがかかる一組のプーリーの開き具合をコントロールすることで、普通のステップATのようにギア段数を変えることなく変速が可能となります。

ステップATには付き物の変速ショックがなく、また変速がスムーズで加速の切れ目がないのが特徴です。

変速効率もよく燃費も改善されるため、とくに日本のようなストップアンドゴーの多い道路環境にマッチしたシステムです。

日本メーカーでは日産やホンダが採用に積極的で、ハイブリッドを推し進めるトヨタなどはあまり採用していません。

そんなCVTですが、長年使っているといくつかトラブルが起こりやすい箇所があり、それが高額修理の原因ともなっています。

CVTのジャダー

ジャダーとはCVTから発する異音や異常振動のことを指し、走行中や停止しようと減速するさいに「ガガガガッ」というような音や、変な振動が起こることを指します。

ジャダーも原因は後述するトラブルがもとで起こることがあるのですが、それよりもっと基本的な点としてCVTフルードの劣化があります。

CVTでは変速の制御を油圧バルブなどによって行っており、内部に駆動および潤滑、冷却などのためにCVTフルードというオイルを入れてあります。

ジャダーが起こりやすくなって来る場合まずはCVTの劣化による問題を考える必要があり、CVTフルードの交換で改善することもあります。

CVTフルードは長年使っていると熱による変質、金属粉やゴミの混入などで少しずつ劣化していきます。

劣化が進むとプーリーとベルトの接触に不具合が生じ、それがジャダーの原因になったりします。

対策はCVTフルードを新品に交換することであり、費用的には10,000円〜20,000円ぐらいで行えるので、比較的メンテナンス費用は少ないです。

CVTフルードにはさまざまな種類が販売されており、また添加材などもあるのですが、基本的にはメーカー推奨のオイルにすることをおすすめします。

添加材で改善したという話も聞きますが、逆に悪化する場合もあり効果がよくわからないからです。

メーカー推奨オイルは設計段階でのさまざまなテストをクリアしたオイルですので、余計なトラブルを抱えるより無難な選択でしょう。

油圧回路のトラブル

CVTの変速制御は複雑な油圧回路で行っており、電子制御のソレノイドバルブとそれを納めるバルブボディで成り立っています。

CVTフルードの劣化によってバルブ系統にも金属粉やゴミがつまることがあったり、またソレノイドバルブ自体の故障などもあったりと、経年劣化による故障が起こります。

バルブ系統にトラブルが起こると変速の制御が適切に行えなくなるので、これがもとでジャダーが起こる可能性は高いです。

また電子系統のトラブルの場合は変速ができなくなるギア固定のトラブルとなり、この場合はなんとか自走できれば修理工場に持ち込めます。

バルブのトラブルの場合、基本的にはバルブボディ全体の交換となることが多く、費用は100,000円〜150,000円ぐらいになります。

前述のツイートにある故障事例は費用を見るとこれではないかと思います。

またバルブを分解して内部の清掃を行うことでも改善することがあり、その場合は工賃ですむので数万円程度でしょう。

CVTベルトの滑り

CVTのもっとも重たいトラブルは心臓部とも言えるベルトとプーリーにあり、正常では決して滑りがないベルトとプーリーが滑ってしまうトラブルが起こります。

この原因のひとつにもCVTフルードが関係しており、劣化したオイルでベルトとプーリーを駆動していると少しずつ滑りが発生してきます。

また付加の大きい走行が増えてくるとCVTの熱量が増加し、さらにベルトとプーリーの摩擦が限界に達することでも滑りは起こります。

一度ちょっとしたベルト滑りが起こると、そこを起点として症状がどんどん悪化していくことがあり、最終的にはベルトとプーリーが激しく滑ってもはや変速できな事態となります。

こういった事態に陥る前にはやはりジャダーなどが起こることが多く、そこで修理を行えば軽微な修理で済む場合もあります。

しかし症状が重いとベルトとプーリーを交換しなければならないこととなり、それはもはやCVTの載せかえと同義語です。

CVTの載せかえとなると費用は200,000円〜400,000円もの非常に高額なものとなります。

中古やリビルドのCVTなどがあればもう少し費用は抑えられますが、これだけの高額費用がかかるなら乗り換えを選択する人も少なくないのです。

セレナは昔からCVTを採用しているので古くなった車では起こりやすいトラブルであり、ジャダーが少しでも出始めたらすぐに対処することが重要です。

ラジエーターファンの故障

日産車は電気系統の故障も多いといわれているのですが、セレナで起こりやすいのは電動のラジエーターファンの故障です。

以前はFRなどエンジンが縦置きの車が多く、エンジンの前側についているファンをエンジンで回してラジエーターを冷却していました。

しかしセレナなど主要車種がFFとなってからはエンジン向きが90°違うので、エンジンで車の前側にファンを回すことはできません。

そのため主流なのはラジエーターのすぐ後ろに電動のラジエーターファンを設置する方式で、現在ではFRも含めてほぼすべての車がこの形式です。

ラジエーターファンは基本的に冷却水温度が上がってきた時に稼働するものですが、日本のような高温多湿の環境では使用頻度は多いです。

電動なのでモーターによって稼働していますが、古くなってくると経年劣化によってモーターが停止してしまい交換が必要となります。

交換費用は80,000円程度と、結構な高額修理となります。

ラジエーターファンが故障するとラジエーターの冷却性能が落ちますので、車の冷却水温度が上がりぎみになります。

水温計が高めになっていたらこのトラブルの可能性があるので、すぐに修理工場に見てもらった方がよいでしょう。

あまり放置していると冷却水温度がどんどん上昇し、最悪エンジンのオーバーヒートになってしまいます。

ハイブリッドシステムの故障

Katsu- Tさん(@katsu_max818)がシェアした投稿 -

セレナの故障事例はスライドドアの故障などほかにもあるのですが、今回は先代セレナのマイナーチェンジで追加され、最新のセレナには標準で搭載されているハイブリッドシステムについてご説明します。

現行のセレナにはハイブリッドシステムが標準装備されていますが、このシステムは「マイクロハイブリッド」と呼ばれるもので他のハイブリッド車のようにモーターで積極的に車を駆動するものではありません。

その代わりスターターとオルタネーターを合体させた「スタータージェネレータ」という部品を新たに搭載して、この部品で回生発電を積極的に行ったり、アイドリングストップの頻度をあげることで燃費を向上させています。

他社のハイブリッドシステムよりかなり簡易なのでマイクロと呼ばれているのですが、このシステムの心臓部であるスタータージェネレータには負荷が多くかかるのでやはり故障は多いようです。

先代セレナの場合だと部品交換には150,000円もかかる高額部品となっており、一度故障するとなかなか厳しい部品です。

現行セレナはまだ新しいのでトラブルの可能性は少ないですが、今後古くなってくると同様のトラブルは出てくるでしょう。

セレナは買っても大丈夫か?

セレナはミニバンとしては非常に使い勝手がよく、ファミリーカーの選択肢としてはベストな車の1台でしょう。

しかし故障はトヨタ車などに比べると若干多く、とくに古くなってくると経年劣化によるトラブルは増える傾向にあります。

それによって乗り換えをする人も結構おられますが、次もセレナにする人もいて人気の高さがわかりますね。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

佐藤茂道
佐藤茂道
某自動車メーカーのエンジン部門で開発経験あり。子供の頃から車雑誌を切り抜きし、高校ではオートバイ・車にどハマりする。就職する際に、某自動車メーカーを選び、仕事でもプライベートでも車漬けに。今は日産スカイラインR33が愛車。