1分で車を60万円値引きする裏技

ヴェゼルがファミリーカーとして最適な3つの理由

ホンダ ヴェゼルはコンパクトなクロスオーバーSUVで、SUVの販売台数で1位になった大人気のモデルです。

SUVというと遊びの車という印象が結構ありますが、ヴェゼルはファミリーカーとしてはどうなのでしょうか?

今回はヴェゼルがファミリーカーとして向いているのかどうかについてご説明しましょう。

ヴェゼルはファミリーカーに向いているのか

ヴェゼルの赤色

当ページ画像引用元:ヴェゼル公式サイト

ヴェゼルは車のベースがコンパクトカーのフィットであることからもわかるように、SUVとしては小型の車種です。

小型とはいえ3ナンバー枠までサイズアップはしており、ファミリーカーとしても十分な大きさを持っています。

まずはヴェゼルがファミリーカーに向いている点をご紹介しましょう。

SUVなのに燃費がよい

SUVという車種は大きなタイヤと大柄なボディが特徴で燃費の悪いイメージがありますが、ヴェゼルは燃費は決して悪くなくファミリーカーとして重要な維持費が比較的安い車です。

ヴェゼルにはハイブリッド仕様とガソリンエンジン仕様がありますが、ハイブリッド仕様の燃費がかなりよく、実際に選ばれるのもハイブリッドが圧倒的に多いです。

ハイブリッドとガソリンエンジンの燃費と価格は次の通りです。

仕様燃費価格
ハイブリッド2WD24.2km/L~
27.0km/L
2,270,000円~
2,770,000円
4WD21.6km/L~
23.2km/L
2,486,000円~
2,886,000円
ガソリンエンジン2WD19.8km/L~
20.6km/L
1,920,000円~
2,390,000円
4WD19.0km/L2,136,000円~
2,336,000円

燃費はハイブリッドが圧倒的によく、このクラスのSUVは一般的に15km/L~20km/L程度であるのに対し、ヴェゼルハイブリッドはコンパクトハイブリッドカーに近い燃費を誇っています。

これはファミリーカーとして使う場合には非常に嬉しく、人気があるのもわかるでしょう。

またガソリンエンジン車との価格差もそこまで大きくなく、200,000円程度の差ならハイブリッドを選びたくなります。

ハイブリッドは最高出力やトルクも大きく、1.5Lエンジンながらモーターのアシストで150馬力前後のパワーを発揮します。

トルクも太く普段使いでもしっかり加速してくれて使いやすいです。このハイブリッド仕様の存在こそ、ヴェゼルが大人気になっている大きな理由の一つです。

ヴェゼルの燃費の詳細は以下の記事で解説しているので、こちらもあわせて参考にしてみてください。

ホンダ ヴェゼルヴェゼルの燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!

コンパクトで取り回しが良い

ヴェゼルはSUVにしてはコンパクトなサイズで、取り回しがしやすいのも良い点です。

サイズは一応3ナンバーサイズではありますが、かなりコンパクトに作られており、SUVの印象よりむしろコンパクトカーのように感じます。

クーペスタイルで車高がそこまで高くないのもコンパクトに見える要因でしょう。

SUVなので視線の位置も高く、バンパーの角が丸くなるデザインとなっているので、前方の見切りも思ったより余裕があります。

ファミリーカーとして使いやすい大きさであり、便利で楽な運転ができるでしょう。

ただ欠点としてはSUV全般に言えることですが後方視界が悪いことです。

SUVはデザイン上リアウインドーを小さく作り勝ちな車種で、ヴェゼルもその例に漏れずリアウインドーが狭いので後方の死角が多くなっています。

駐車の時などはリアビューカメラなどもありますが、肉眼で視認できないのはちょっと不安ですよね。

SUVなのに乗り降りしやすい

ヴェゼルの乗り降り

SUVはタイヤが大きくシートの位置も高く乗り降りが大変なイメージがありますが、ヴェゼルは案外乗り降りしやすいのです。

ヴェゼルのベースはフィットですが、フィットの大きな特徴としてセンタータンクレイアウトを採用したことによる低床化があります。

車室にとっては邪魔になる燃料タンクをフロントシートの下側に納めることで全体的な床面の高さを下げる技術で、フィットは床面が低くかなり乗り降りしやすい車に仕上がっています。

この特徴はヴェゼルにも受け継がれており、SUV化でフィットより床面は上がっていますが、それでもSUVとは思えない乗り降りの良さを獲得しています。

さらにこの特徴が車のデザインを背の低いクーペスタイルに見せており、スポーティーな車のイメージを際立たせる役目も持っています。デザインについては以下の記事をご参照ください。

ホンダ ヴェゼル【画像】ヴェゼルはかっこいいのか?デザインについて徹底分析!

ただし高齢者や足に障害のあるかたなどは注意が必要です。

いくら低床とはいってもコンパクトカーよりは高いことに代わりはありませんので、家族にそういったかたがおられる場合にはヴェゼルは少々向いていませんね。

SUVなのにオシャレで女性にも似合う

SUVというとゴツいイメージがあり、あまり女性が好むようなデザインではないですよね。

SUVが欲しいと思っても、奥さんに「私が乗りたくないからダメ」と断られることもあると思います。

でもヴェゼルはかなりオシャレで、男性だけでなく女性にも似合うような車です。実際に以下の記事でも書いていますが、女性のオーナーも多いと言われています。

ヴェゼルの乗り降りヴェゼルに女性が乗るのはアリか?イメージを調査しました!

しかもデザインだけでなく乗りやすさ・運転のしやすさの観点から言っても、女性にはふさわしい車なのです。

女性も男性も楽しく乗れるなら、ファミリーカーに最適と言えるでしょう。

MEMO

もしヴェゼルの購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

ヴェゼルのファミリーカーに向いていない点

ヴェゼルはSUVでありながらファミリーカーに向いている車ですが、ミニバンのような完全なファミリー向け車種ではないので、いくつか欠点もあります。

次はヴェゼルがファミリーカーに向かない点についてご説明しましょう。

乗り心地が固い

ヴェゼルはタイヤが大きいこととサスペンションのセッティングから固めの乗り心地になっており、長時間乗っていると少々疲れが来る車です。

SUVは元々オフロード向けの車であり、ヴェゼルのようなクロスオーバーSUVといえども多少オフロードよりの足回りにセッティングされています。

とはいえオンロードの走行がメインの車種なので普段使いには気にならない程度の固さです。

ところが長距離運転となると話が変わってきてしまい、とくに後席はリアタイヤの真上に位置しているのでかなり固さが気になってきます。

高速道路などでもヴェゼルに長い距離乗っていると結構疲れがたまります。

リアシートはリクライニングしにくい

ヴェゼルのシート全体像

後席の欠点はもう一つあり、リアシートのリクライニングがあまりできないと言う点があります。

フロントシートはしっかりリクライニングできるものの、リアシートは構造上あまり傾けることができず、眠たくなったときなどはちょっと不便です。

角度的には10°程度なので、ほとんど傾けられていませんね。

先程の乗り心地とあわせて長距離には不向きな点がいくつかあるのです。

荷室はそれなりの広さで狭いことも

ヴェゼルの荷室

ヴェゼルのトランクルームはそれなりに広くゴルフバッグなども積める広さはありますが、ファミリーカーとしてたくさん荷物を載せるときにはちょっと手狭です。

容量的にはSUVとして一般的な広さは確保されています。

ただ、例えば家族4人か5人でキャンプに行こうとするとテントなどの大きな荷物を載せるには狭く、荷物の量や大きさを工夫する必要があります。

なかなかキャンプ用品を載せた上に大人数で1台で行くというわけにはいきません。

対処法はルーフレールなどを活用して大きな荷物は屋根の上にのせると楽でしょう。

また人数を載せないのであれば、後席を折り畳むことで広大な荷室を作ることは可能です。

ヴェゼルはシートアレンジでフルフラットな荷室が出現しますので使い勝手は良いですし、車中泊などにも活用できます。

ヴェゼルにはミニバンほどの収納力はないので、用途によっては不便な点が出てきます。

ヴェゼルのキャンプの適性については、以下の記事でさらに詳しく解説しています。ぜひこちらも参考にしてみてください。

キャンプ中のヴェゼルホンダ ヴェゼルがキャンプに不向きな理由4つ

収納スペースが少ない

ヴェゼルのインテリア

あまり大きな欠点ではありませんが、運転席や助手席周りの収納スペースが少ないといった点もあります。

ヴェゼルのセンターコンソール周りには標準的なラゲッジボックスやボトルホルダーなどが設定されていますが、ドア横の再度ポケットなどはちょっと小さめで使い勝手がいまいちです。

またバックミラーの上あたりにつけられるサングラスホルダーも設定されておらず、細かい収納がなくなっています。

コンパクトな車でデザイン重視の点もあるのでしかたないですが、ミニバンの便利さには一歩及びません。

ヴェゼルの評判

ヴェゼルの良い評判はTwitterにも多数投稿されています。

今回はその中から3件ご紹介しましょう。

ヴェゼルはやっぱり良い買い物

こちらの方はヴェゼルが納車されて1か月だそうで、まだまだ新車が楽しい時期ですね。

ヴェゼルの燃費は良いようで、また加速が十分というのも好印象です。(加速の良さの詳細は以下の記事をご参照ください。)

ヴェゼルのフロントヴェゼルの加速性能を解説!0-100km/h加速タイムはどのくらい?

ハイブリッド車よりトルクが少ないガソリン車でも十分となると、ハイブリッドはもっと使い勝手がよさそうですね。

悪い点として左折時の視界が狭い点があるようですが、これもSUVでは狭くなりがちな点です。

三角窓などで視界が確保してあればさらに便利な車になるでしょう。

かなり良い実燃費

この方は長距離運転した後の実燃費を投稿されており、どうやらハイブリッドのようですがかなり良い燃費を記録されていますね。

街乗りだともう少し下がるでしょうが、ハイブリッドの苦手とする高速でこれだけの燃費が出せるなら立派なものです。

この燃費のよさはやはりヴェゼルはファミリーカー向きの1台ですね。

シートを倒せば圧倒的な積載量

ヴェゼルにロードバイクが3台も乗るとはびっくりです!

後席シートを倒して荷室をフルフラットにした状態だとトラック並みの積載量を発揮できるのは、ホンダ得意の低床化のおかげです。

ホンダ以外の車では完全なフルフラットにはなかなかならないので、ロードバイクを乗せるにしても結構邪魔なでっぱりがあったりするものです。

これだけの積載量はほかにもいろいろなことに活用できるので、乗車人数を減らせるならファミリーカーのユースにも完全に対応できるでしょう。

ヴェゼルの口コミ・評判は以下の記事でもまとめているので、さらに詳しく知りたい方はこちらもご参照ください。

ヴェゼル 外装ヴェゼルの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

ヴェゼルはファミリーカーとしてどうか

ヴェゼルは性能も室内空間もファミリーカーとして十分に通用する実力をもっており、価格もそこまで高額ではないので非常におすすめできる1台です。

デザインもスポーティでカッコいいので、旦那さんも奥さんもどちらも満足できる点もファミリーカーとしては点数が高いですよね。

とはいえSUVなので一部ファミリー向けには不便な点もありますが、圧倒的に頻度の多い日常使いには全く問題にならない点ばかりです。

うまく付き合っていけば、家族全員が満足できる車になってくれるでしょう。

ヴェゼルについては以下の記事もございますので、ぜひあわせてご覧くださいね。

ホンダ ヴェゼルヴェゼルは雪道に弱い?雪道走行の性能について徹底分析しました! ホンダ ヴェゼルヴェゼルの燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!