「世界の自動車シェアのトップ3を答えてください」

この質問に対し、「フォルクスワーゲン」か「トヨタ」の2択で迷う方が多いと思います。

実はそれ、もう古い情報なんですよ!

2017年、販売台数ランキングの勢力図が逆転し、1位フォルクスワーゲン、3位がトヨタとなりました。

2位についたのは…お察しの通り「ルノー・グループ」です!

ルノーの車はルックスがおしゃれで大人気!日本でも、8年連続で販売台数を伸ばしています。

「なぜ、ルノーはここまで伸びてきたのでしょうか?」

今回は、各国でブレイク中の欧州メーカー「ルノー」について、国産車とも比較しながら解説したいと思います。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

ルノーはどこの国の車?

ルノー カジャー

まずは、ルノーはどういった自動車メーカーなのか簡単に見ていきましょう。

創業120年を数えるフランスメーカー

ルノー(RENAULT)は1899年、フランスで誕生しました。今から数えると、なんと120年前までさかのぼるのです。

BMWが1918年、フォードが1920年、そしてトヨタが1933年創業なので、かなりの老舗であることがわかりますね。

創設者のルイ・ルノー氏が、21歳のときに自動三輪車を四輪改造したことからスタートします。この試作機が、パリで一番高い丘「モンマルトル」の坂道を登ってみせたことで、一躍有名に。

当時の車では、モンマルトルの坂道を登ることはできなかったため、さぞ驚いたことでしょう。

これを可能にしたのは、ルノー氏が考案した「ダイレクト・ドライブ・トランスミッション」の働きです。後に特許を取得し、世界中のメーカーに採用されることとなります。

これを機にルノー氏は、前身となる「ルノー・フレール社」を、2人の兄と設立しました。

1900年代初頭、ヨーロッパではモータースポーツが大流行しており、これにルノー・スレール社は積極的に参加。数々の勝利を収め、培った技術を市販車にフィードバックしていきます。

こうして、フランス中で認知されていったルノー・フレール社は、メーカーとして急成長。当時のパリの街中は、ルノー製のタクシーで溢れていたといいます。

終戦後、国の支配下に!?

1914年になると、フランスは第一次世界大戦を迎え、ルノー・フレール社にも転機が訪れます。

戦争に備え、軍で使用する戦車や戦闘機などを、大量受注するのです。これは第二次世界大戦まで続き、1945年には行政命令が下され、国有化されることとなります。

事実上、国の圧政下に置かれ、名前も「ルノー公団」へ変更されました。

そんな状況でも車作りを続け、密かに開発を進めていた「4CV」の商品化に成功します。このモデルはすぐさま大ヒットを記録、50年代の主力商品として大きく貢献。日本でも販売され、タクシーとして普及されていました。

軍備の生産から完全に手を引いたルノー公団は、本格的に車の生産を開始。「クルマのジーンズ」と呼ばれた「ルノー4」、販売台数をヨーロッパ1位に押し上げた「ルノー5」など、ヒット作を連発します。

「車を単なる移動手段ではなく、上質な居住空間として捉える」

この理念のもと、ヨーロッパ中で大旋風を巻き起こしました。

民営化を機に再スタート!

自動車メーカーとしての地位を確固たるものにしたルノー公団は、1996年に民営化され、晴れて「ルノー株式会社(RENAULT S.A.)」となります。

ヨーロッパの次に目を向けたのは、アジアやアメリカといった地域。つまり、世界市場で競争力をつけることを目指しました。

2000年になると、日本にアジアの販売拠点を展開します。ご存知の方も多いと思いますが、日産自動車と提携を果たしました。

日本への介入を皮切りに、ルーマニアの「ダチア(DACIA)」、韓国の「サムスン(SMUSUNG)」とも提携。ルノーグループとして、世界中に活動拠点を置くこととなるのです。

ルノー・ジャポン

ルノー・ジャポン

日産と提携したことで、「ルノー・ジャポン」を展開。日本に進出したルノーですが、その経営方針は何度か変更されました。

「アジア太平洋地域における、統括本部直轄の日本法人」

最初はこのような名目で、東京に本拠地を置きます。しかし、日産車への大きなメス入れを行うなかで、日産トレーディング(日産車の輸出入を行う法人)と合併し、業務を移行。

そして、日産の立て直しが成功し、2012年になると日産の完全子会社として、経営方針を変更しました。日産の子会社というポジションではありますが、当初の状態に戻ったというわけです。

現在は、横浜にある「日産自動車 グローバル本社」のオフィス内に本拠地を構えています。

日産との合同ディーラーを合わせれば、日本全国に70店舗を展開。充実したラインナップと、手厚いサービスが好評で、着々とファンを増やしています。

フランスでは大衆車として大活躍!

フランスでは、「ルノー=大衆車」という感覚。普段の足としてルノー、高級車という感覚で、ベンツやBMWの高級モデルに乗るのだそう。

ルノーは「普段使い」という点にこだわり、B・Cセグメント(日本でいう3ナンバーサイズ)の車をメインにラインナップしています。

「RENAULT -Passion for life-」といったブランドメッセージを掲げています。これは「あなたの情熱を送ってください」と日本流に解釈が可能。

ルノーは「人の生活に合った車は、人生を豊かにすることができる」と、このように考えています。車作りと通じて、人々の暮らしの質を高めることが理念なのです。

現在では一般向けラインのモデルしか生産しておらず、高級車は販売してません。

フランス人はもともと、長く使える物を好むため、丈夫で庶民的なものを愛する国民です。そのためフランス車は大衆向けモデルが非常に多い。

こちらのツイートにある通り、フランスではお金持ちの人でも、ルノーに乗っています。ルノーの車作りには、フランス人の謙虚な嗜好がよく表れていますよね。

もしルノーの購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。

このやり方を知っているだけで数十万円は違います。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。
あわせて読みたい

ルノーと国産車の3つの違い

国民の考え方や国の風土など、国によって特徴があるのが車の面白いところ。大衆車ということですが、日本車と比べるとどんな違いがあるのか、気になりますよね?

「デザイン」「エンジン性能」「乗り心地」の3つの観点から、国産車との違いを解説します。

目を惹くデザイン

トゥインゴ

フランスといえば、そうアートの国!ルノーのデザインは、フランス人の芸術センスがよく現れています。

ルノーは日本で言う3ナンバーサイズ、または5ナンバーサイズをターゲットにしています。ハッチバック、ミニバンタイプのものが多いため、パッと見は日本車にも似た雰囲気。

しかし、細部に視線を向けると、日本車に比べ「奇抜なデザイン」をしていることに気が付くでしょう。

デザインのコンセプトは「シンプル」「官能的」「温かみ」の3つ。情熱を大切にする、ルノーらしいキーワードですよね。

合理的なシンプルフォルムに加え、遊びのあるモチーフを多く採用。フロントエンドのダイヤモンド・ロゴと、流れるようなボディラインで、一目見てルノーとわかるスタイリングに仕上がっています。

また、色へのこだわりが物凄く強い!同クラスの日本車と比較すると、その差は歴然でしょう。

例えば、コンパクトカーに相当するルノー「トゥインゴ(TWINGO)」は、ポップなパステルカラーのみを採用。ブラックなネイビーなど、暗い色味はラインナップに入っていません。

日本車は、カラーバリエーションが多く、「トヨタ・パッソ」は12色も展開しているんです。トゥインゴは5色しかラインナップしていませんが、そのかわり、1つ1つがハイクオリティ。

ルノー独特のラテン調カラーで、気分が明るくなること間違いありません!

パワフルなエンジン

ルーテシア

エンジンのパワフルさも、ルノーの特徴です。

フランスは農業が盛んな国なので、いたる所に農道があります。そのため舗装されてない道を走る機会が多く、エンジンが発展していきました。

トゥインゴより一回り大きな「ルーテシア(LUTECIA)」を例にとり、見てみましょう。

ルーテシアの方が一回り大きいですが、同クラスの「ホンダ・フィット RS」と比較してみましょう。フィットRSとのエンジンスペックの諸元は以下のとおりです。

ルノー ルーテシア ホンダ フィットRS
排気量 1197cc 1496cc
種類 直列4気筒ターボ 直列4気筒NA
最高出力 118ps/5000rpm 132ps/6600rpm
最大トルク 20.9kg・m/2000rpm 15.8kg・m/4600rpm
車重 1220kg 1070kg
燃費 17.4km/L 19.2kmL
価格 199万円 205万円

ルノー車はトルクが大きい!

排気量、価格、エンジン出力、そして燃費においてはフィットが勝っています。一見してみると、フィットRSの方が動力性能が優れているように思えます。

「待ってください!トルクを見て何か気がつきませんか?」

そうなです。ルノーの車は、日本車に比べてトルクがかなり大きく設計されているんです。実際、走破性においては、エンジン出力よりもトルクの方が重要ですからね。

いくらターボモデルとはいえ、排気量の差でイーブンです。最高出力では劣っているのに、最大トルクが勝っているなんて、すごくないですか?

この数値は、ホンダ車のミドルクラスセダン「アコード」の中級グレードに匹敵します。

低速域で力を発揮する

さらに見てみると、ルーテシアの最高出力は「5000rpm」、最大トルクはなんと「2000rpm」で発揮されるように設計されているんです。参考までにフィットRSは、「6600rpm」「4600rpm」ですね。

「何が言いたいかというと、ルノーは日本車に比べて、低回転域で力を発揮する仕様なんです!」

低回転でパワーを出せるってことは、街乗りでかなり使いやすいってことですよね?

特に、最大トルクの「20.9kg・m/2000rpm」という数値は、日本車ではまずお目にかかれません。というか、おそらく存在しないと思います。

2000rpmっていうと、信号発進で達する回転数ですからね。もしかすると、発進スピードは国産スポーツカー並みかもしれません。

乗り心地がいい

ルノーの特徴として、欠かすことのできないのが、「シート&サスペンションの性能」です。つまり、日本車に比べて乗り心地がいいということ。

未舗装の路面は、車と人への負担が大きいです。そのためルノーは、衝撃吸収を徹底的に研究し、高性能なサスペンションの搭載に成功しました。

人によっては、「宙に浮いているようだ」と感じる人さえいます。

また、シート性能も非常に高く、同クラスの日本車は、まるで違う座り心地です。

「腰が弱い人」「長時間運転する機会のある人」は、一度乗ったら病みつきになると思いますよ。

他の外車とはここが違う

というわけで、ルノーの特徴について色々語ってきました。最後にルノーの価格について、少しお話したいと思います。

ルノーは価格帯も庶民的なのです。外車というと、日本車よりも高く、高級なイメージがありますよね。

ルーテシアとフィットの諸元表で気づいたと思いますが、ルノーは日本車とほとんど変わらない値段なんです。他国の輸入車と比較してみると、これほど差があります。

  • ルノー:200~500万円
  • メルセデス・ベンツ:300~3500万円
  • BMW:300~1600万円
  • アルファロメオ:250~1000万円
  • フィアット:200~400万円
  • シボレー:170~700万円
  • フォード:200~700万円

※スーパースポーツモデルは除く

簡単に価格とまとめてみました。イタリアの大衆メーカーである、フィアットが同等の価格帯ですね。ほぼ日本車と変わらない価格なので、外車なのにそれほど敷居が高く感じられません。

デザインも性能も優れていて、なおかつ金額も良心的なので、日本でもこれまで以上に増えていくと思います。気になるようでしたら、ぜひ日産との共同ディーラーで実物を見てはいかがでしょうか?

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

庄司憲正
庄司憲正
工学部機械系学科出身、専攻は内燃機関。大学時代のサークルは自動車部、アルバイトはガソリンスタンド。卒業後は石油タンカーで機関士として働いていた経験があり、エンジンまみれの生活を送る。インプレッサWRX(GDB-C)→フェアレディZ(Z33前期)と乗り、現在はレガシィB4(BE5-D)が愛車。