「この家の人、BMW乗ってるんだ。お金持ちなんだな~。」

おそらく、多くの方がこう感じると思います。

外車って、国産車に比べて高級なイメージがありますよね。

しかし、よくよく考えてみると、BMWにも様々なタイプの車があるんです。

大型セダンは明らかに高級車の風格ですが、ハッチバックモデルやSUVモデルは、実際のところ、どんな立ち位置なんでしょうか?

そこで、今回検証してみるテーマはこちら!

「BMWは高級車なのか?それとも大衆車なのか?」

次の車にBMWを考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

BMWって高級車ブランドなの?

BMW 5シリーズ

なかには、「安い割に高級感がある」という車も多々ありますよね。中堅クラスの車でも、デザインが優れていれば、ワンランク上に見えるものです。

しかし、こういった車は、高級車とは認知されないでしょう。「高級」というからには、やはり価格の高さは重要。

とはいえ、価格が高ければ高級車、というわけでもありません。これだと極端な話、トラックやキャンピングカーも高級車に含まれてしまいます。

高級車かどうかを判断するには、メーカーが掲げるコンセプトに目を向けてください。

BMWのコンセプト

単刀直入に言いましょう。

「BMWは高級車ブランドではありません」

ポイントは、高級車「ブランド」ではない、ということ。BMWから販売される車すべてが、高級車というわけではないのです。

BMWは、1,000万円超の高級モデルを販売する一方、300万円程度の一般向け大衆車も手掛けています。

むしろ、生産台数でいえば、300~600万円の価格帯の方が多いです。このラインの車は、「小~中型のセダン」「ワゴン」「クーペ」「ハッチバック」など。

高級車を含め、幅広い車種をラインナップしているのです!

つまりBMWのコンセプトは、「大衆向けの色が強い、総合自動車メーカー」ということになります。

日本車と価格を比べると?

実際に、BMW人気車種の価格を見てみましょう。

正規ディーラーの価格は、こんな感じです。

1シリーズ ワゴン 317~618万円
3シリーズ セダン 431~872万円
4シリーズ クーペ 593~970万円
5シリーズ セダン 635~1,095万円
7シリーズ 1,095~2,520万円

BMWは、スポーツモデルやディーゼルモデルも用意しているので、同じ車種でも価格差が大きいです。上から3車種を、同クラスの日本車を比較してみましょう。

  • ワゴン:スバル レヴォーグ(282~405万円)
  • セダン:トヨタ マークX(265~443万円)
  • クーペ:日産 フェアレディZ(390~640万円)

見てわかる通り、BMWは日本車よりも高価ですね。

とはいえ、日本車でもオプションを付けると、けっこういい勝負になります。大衆車と呼ぶには高いですが、高級車というほど現実離れした価格ではありません。

なぜ、高価なのか?

BMW 3シリーズ セダン

BMWの価格については、様々な憶測が飛んでいます。ネットで検索してみると、「ぼったくり」と呼ぶ人もいるくらい。

そういった方々は「関税や輸送の関係から、日本では高く売られている」というようなことを口にしてますが、そんなことはありません。

実は本場ドイツでは、日本よりも価格が高いんです。

為替の変動などで、常にそうとは限りませんが、少なくとも「ぼったくり」ということはないでしょう。

なぜ、高価なのでしょうか?

これは簡単な話で、お金のかかった作りをしているからです。

土地柄、ドイツでは日本よりも年間走行距離が多く、1年で4、5万kmにもなるとか。制限速度も、日本よりずっと速いですよね。

ゆえに、ドイツの方が、車にとって過酷な環境といえるのです。長い時間、高速走行をするということは、エンジンを高回転で回し続けるということ。

エンジンやシャシーへの負担は、日本の比ではありません。

ドイツ車は、そんな環境に適応すべく、かなり頑丈なつくりに発展してきました。日本車よりもスポーティに感じると思いますが、これはそのため。

「重い高回転エンジン」「振動に強いシャシー」「剛性の高い重厚なボディ」…。

ドイツが、高級車を量産するのもうなずけますよね。

BMWは高級車というブランドイメージ

BMWは総合的な自動車メーカーといえど、日本車よりも高いわけですから、高級車ブランドと感じるもの無理はありません。

シャープで洗練されたデザインも、非常に魅力的ですから。

ツイッターで「BMW」と検索してみると、やはり多くの方が、ブランドイメージに高級感を感じているようです。

「キャデラック」「ロールスロイス」「フェラーリ」といったメーカーは、数種類の現行モデルを富裕層に売り、販売台数よりも、単価で勝負していく方針。紛れもない高級車ブランドです。

一方、ベンツ、BMWといったメーカーは、多くの現行モデルを幅広い層に販売しています。なかには、2,000万円を超えるような高級車もありますが、一般層向けの車も用意しているんです。

ですがメーカー自体が、高級車ブランドとして認識されるケースが多い。

車に関心の深い方は、こんな反応をしていますね。厳密には、こちらの認識が正確です。

ただ、ブランドイメージというのは価値感から生まれるものですからね。

多くの人が高級車ブランドとして認めているのなら、日本において、BMWはブランド価値を形成できていることになります。

私自身、BMWの中堅クラスに乗っていたら、少し気取ってしまうでしょう。

もしBMWの購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。

このやり方を知っているだけで数十万円は違います。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。
あわせて読みたい

本場ドイツや、その他海外での位置付け

BMW 2シリーズ グランツアラー

それでは、ドイツや他の国ではどんな位置付けなのでしょうか?

価格なども参考にしながら、分析してみましょう。

ドイツでは、やはり大衆車の認識

実際に、ドイツで暮らした経験を持つ方は、こんな発言をしています。

日本のイメージとは、ずいぶんと違いますね。本場だけあって、やはり広く一般的に使われている車のようです。

もっと詳細を知るべく、ドイツと日本の2017年における、新車登録台数の国内シェアをまとめてみました。

順位 ドイツ 日本
1位 フォルクスワーゲン(21.8%) トヨタ(30.7%)
2位 ベンツ(9.3%) ホンダ(13.3%)
3位 アウディ(8.2%) 日産(10.2%)
4位 BMW(7.2%) スズキ(9.8%)
5位 フォード(6.6%) ダイハツ(9.3%)
6位 オペル(6.6%) マツダ(3.8%)
7位 シュコダ(5.9%) スバル(3.2%)

8位以下は省略させていただきました。

BMWはドイツでは4位、実に7.2%の割合を占めています。日本でいうところの、「スズキ」「ダイハツ」並みのシェア。

新車登録なので厳密には違いますが、イメージとしては、ドイツでは「ジムニー」や「スイフト」と同じくらい見かけるということですね。

そう考えると、親近感が湧いてきます。

販売価格からみる、BMWの位置付け

各国のBMW公式サイトから、販売価格を割り出してみました。

ドイツはユーロ、アメリカはドル表記なので、それぞれ「132.7ユーロ/円」「107.3ドル/円」で換算しています。

車種 ドイツ アメリカ 日本
1シリーズ ワゴン 333万 × 317万
2シリーズ クーペ 402万 374万 515万
3シリーズ セダン 443万 374万 431万
4シリーズ クーペ 545万 480万 593万
5シリーズ セダン 642万 655万 635万
6シリーズ クーペ 826万 874万 1,100万
7シリーズ 1,171万 897万 1,093万

※すべて円表記

ドイツでは大衆車

クーペモデルは、日本仕様のオプションに設定されているので、若干の差異があります。他のモデルに関しては前述の通り、ドイツの方が高いですね。

これには国民性が反映されています。

物価は日本とほぼ変わりませんが、平均月収が40万円弱と、日本(30万円強)よりも給与が高いです。

ですが、ドイツ人は、衣・食・住にあまりお金をかけません。その分、必需品の車にお金をかけます。需要と供給のバランスというやつですね。

価格帯は高いですが、その分収入が多いので、日本よりも安い感覚でBMWを購入しているのです。それこそ、トヨタ車やホンダ車に乗る感覚なのでしょう。

タクシーとして、BMWが一般的に利用されているようですよ。

アメリカでも高級車というイメージはない

一方アメリカでは、驚くべき安さで販売されています。

この価格を見たら、「海外では、なぜこんなに安いんだ!日本はぼったくられている!」と不満に思うのも理解できます。

しかし、この価格差も、アメリカと日本の環境の違いから生まれます。

日本では、1家庭につき1~2台の車を所有するのが平均的ですが、アメリカでは1家庭ではなく、「1人何台」のレベルで車を所有しています。

ドイツ以上に車が必需品であるアメリカは、消耗品のごとく車を使用する文化が根付いているのです。

また、ドイツ人とは違い、アメリカ人は衣・食・住へ豪快に投資します。そのため、ドイツ人や日本人ほど、車にブランド価値を求めません。

日本人はオプションを付けたがりますが、アメリカ人はオプションを気にしないようです。

こういった経緯から、海外メーカーがアメリカ市場に参入する際、安価に設定するようになりました。

ですから、アメリカ人から見れば、BMWは高級車というほどではないのでしょう。

BMWは高級車ブランドと呼べる?

BMWのイメージが少し変わりましたか?

ブランド価値を見出すのは土地の人間ですからね。日本人の多くが高級車として見ているのなら、その認識も間違いではないと思います。

とはいえ、今回のテーマに対し、あらゆる視点から結論付けるとこうなります。

「BMWは高級車ブランドではなく、総合自動車メーカーである」

ですが、BMWの車は、高級車に匹敵する「質感」と「機能性」を備えています。スポーティ&ラグジュアリを求めているのなら、BMWという選択、私はアリだと思いますよ。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

庄司憲正
庄司憲正
工学部機械系学科出身、専攻は内燃機関。大学時代のサークルは自動車部、アルバイトはガソリンスタンド。卒業後は石油タンカーで機関士として働いていた経験があり、エンジンまみれの生活を送る。インプレッサWRX(GDB-C)→フェアレディZ(Z33前期)と乗り、現在はレガシィB4(BE5-D)が愛車。