1分で車を60万円値引きする裏技

【画像】マツダ車はかっこいいのか?デザインについて徹底分析!

ZOOM,ZOOMやスカイアクティブなどキャッチーなコピーを展開するマツダ。

クリーンディーゼルのような環境対応車やロードスターのようなスポーツカーまでさまざまなラインナップ展開です。

近年ではCX-5などスタイリッシュなSUVで自動車メーカーとしてさらなる力をつけてきています。

ソウルオブモーションやNAGAREデザインなどデザインに関する話題も豊富なマツダですがマツダの車はかっこいいのでしょうか。

ここではマツダの車のデザインについて徹底的に分析していきます。

マツダ車のデザインの特徴

マツダ車

マツダの車のデザインというとどういったイメージでしょうか。スタイリッシュなデザインに見える反面、よく言われるのが全部同じデザインに見みえるということです。

なぜそういった風に言われるのでしょうか。そこにはどんなメーカーの意図があるのでしょうか。ここではマツダの車のデザインの特徴について解説していきます。

ラインナップで表す全体テーマ

マツダ デザイン

マツダの車デザインは、車をただの乗り物や鉄の塊として捉えるのではなく、命あるものだと感じさせることです。

ポイント

まるで人が愛馬と心を通わせるような、感情のもてるデザインをつくることで人馬一体の車作りをデザイン面でも行っています。

そのモチーフがソウルオブモーションです。マツダは全車種において躍動感のある動物的なデザインのモチーフを元に、ボディのデザインや車としての形を作り上げています。それはブランドとして統一したブランドを作るイメージテーマのような考えです。

こういった全車的なデザインの統一は、BMWやベンツなどといった欧州車で主流になっているデザイン手法です。

そうすることで車種はわからなくてもマツダの〇〇だという印象をしっかりつけることができます。

ただむずかしいのは、車種ごとのデザインが似すぎると全部同じ顔だというふうに言われてしまうことです。

マツダのデザインはとても造形がきれいですが、欧州車のような車種ごとの個性はほとんど感じられません。ここは今後の課題となっていく部分でしょう。

共通のデザイン

前述の通りマツダのデザインはほぼ共通です。ソウルオブモーションの、獲物に飛びかかる肉食獣のようなモチーフを元にこのような特徴があります。

  • 美しい車らしくロングノーズに見えるスタイル
  • 飛びかかる前足のようなフェンダーアーチ
  • スタイリッシュに張り出したボディサイドのプレスライン
  • フロントマスクには五角形の大型のグリルとハーフパイプのように囲うメッキ
  • グリルのメッキラインと一体感の強いシャープなヘッドライト

ほぼ全車種においてこういったデザインアプローチがなされています。最善のデザインを考え、それを全車種に適用することで低コストで強い印象を与えます。

必然性のあるデザイン

マツダ インテリア

マツダのデザインの特徴のもう一つが必然性のあるデザインです。

車とはエンジンがあってタイヤが4輪ついていて椅子がある、という単純なものではありません。

例えば室内を広くするために前の座席をできる限り前に出すとします。すると前輪の位置関係でアクセルペダルの位置が左にずれてしまいます。

これでは着座し自然に足を広げた位置にペダルがきません。だからといってホイールを前に出そうとすると、そこにはエンジンがじゃまになるなどレイアウトが制限されています。まるで右を立てれば左が立たないという非常に難解なパズルのようになっています。

そんな中マツダは人馬一体の操作感と高いデザインを両立させています。まずは運転する人を考え、リラックスした体制で運転できる姿勢を中心に車体を作り上げます。

そこには先程のようなさまざまな要因がありますが、徹底的に無駄を省き必要なものを取り入れるのです。

そしてソウルオブモーションというモチーフを用いた美しいデザインを作り上げています。

意味のない設計をしてしまうとまとまらなくなってしまうため、すべてのレイアウトやデザインに意味がある必然性があるデザインなのです。

こうした必然性のあるデザインが人馬一体であるかのような操作感と、愛着を持つことができるデザインを作り出しているのです。

こだわりのカラー

マツダはデザインだけでなくそれをきれいに写すカラーリングにも非常にこだわりを見せています。その最たるものがTAKUMINURIという塗装技術です。

機械で一様に仕上げた塗装ではなく、まるで職人が手塗りをしたかのような質感で艶と深みが出る仕上がりで、非常に艷やかに映し出すとても魅力的なカラーリングです。

マシングレープレミアムメタリックは光の強く当たる場所では非常に輝くが強く、そうでない場所では金属のような深い質感にみえます。

これはスタイリッシュなボディを重厚かつ躍動的に見せてくれるとても魅力的なカラーなのです。

市場に印象づけるマツダデザイン

全部同じに見えるとも言われるマツダのデザイン。これはマツダが考えた販売力の弱さをカバーし、自社の印象を強くするための最善策だったのです。

自社の最良のデザインをすべての車種に適用することで、販売台数が少なくてもマツダの車のデザインの良さや、多く走っているという印象を市場に見せることができます。

それが功を奏し、国内外で多くのカーデザイン賞を受賞しマツダ=デザインの良い車という印象をしっかり築きつつあります。

かっこいいマツダ車

デザインへのこだわりが非常に強いマツダですが、実際にどんな車がいるのでしょうか。

ここではマツダ車の中でも特にかっこいいと言われる車をご紹介していきます。

アテンザ

マツダ アテンザ

現在マツダのフラッグシップセダンを務めるのがこのアテンザです。

躍動的な鼓動デザインはもちろんのこと、マイナーチェンジにより洗練された重厚さが強調されています。

グリル周りに施されたメッキは太く、ヘッドランプはシャープになり力強さと重厚感が感じられます。

そしてサイドウィンドウにはメッキの窓枠が施されておりフラッグシップらしい高級感がしっかりと演出されています。

インテリアはもちろんリラックスした体制と視線移動が少ない運転がしやすい配置がなされています。

横のラインを基調とした広がりのあるデザインや、本木目や本革を用いた本格的な高級感をもつ非常に上質なインテリアです。この価格帯でここまで作り込まれている車はなかなかありません。

CX-5

マツダ CX-5

マツダをデザインで持ち上げたのがこのCX-5です。

スポーティな印象のあるソウルオブモーションはSUVに採用することで非常に力強いボディデザインになっています。

こちらもアテンザと同じく洗練された重厚さがデザインに加えられており、非常に力強い印象になっています。フラッグシップSUVのCX-8にも見劣りしないデザインです。

インテリアはアテンザと同じ運転がしやすい配置はそのままです。しかし縦に広いダッシュパネルや太めのセンターコンソールがSUVらしい力強さが見られます。

乗用車とSUVでしっかりキャラクターが分けられている印象です。躍動感と力強さが混在するスタイリッシュなSUVです。

ロードスター

マツダ ロードスター

マツダの中でもひときわ異彩を放っているのがロードスターです。

ソウルオブモーションのモチーフを取り入れながらもフロントマスクはその他の車種とデザインが異なり、プレスラインもそれほど多用されていません。

それはできる限りコンパクトで人馬一体に近いボディを作るために大きく無駄を省いた結果がこの形です。

ボディは非常に綺麗な曲面の連続で、光の明暗でスタイルを魅せる非常に綺麗なスタイルです。

四隅からはバンパーではなく張り出したタイヤが力強く写り、スポーツカーなんだということを彷彿とさせます。

インテリアは他車と同じく広がりのあるデザインを使用し、スエード調のパネルやエクステリアと同色のパネルを使用するなど質感をしっかりと満たしています。

それだけでなく目の前に広がるメーターはスポーティにシフトレバーは短くクイックに入るデザインでスポーツカーらしいスタイルも忘れていません。

極限まで無駄を省き、スタイリングだけで車の美しさを表現した芸術作品のような車です。

マツダ車はかっこいいのか?

自らも車に命を吹き込むデザインといっているマツダですが、世間的にはどう見られているのでしょうか。

ここではマツダ車に対する印象をツイッター上からピックアップしご紹介していきます。

マツダのデザインは常に最先端を言っている印象があるようです。欧州車と並べてもトップレベルだと感じる人もいるようです。

確かに国産車の中ではトップクラスのデザインではあると思うので、日本車らしさという雰囲気を含めると欧州車と並べるかもしれません。

マツダの作り上げるフォルムが素晴らしいと感じているようです。

近年はメッキパーツで無理やり高級感や迫力を醸し出している日本車が多い中、スタイリングで勝負している車はマツダとスバルだけでしょう。

全部同じに見えて面白くないという意見もやはりあります。

統一されたデザインはたしかに美しく面白いのですが。もし車種ごとの個性が見えるようになってしまうと国産車では敵なしになりますね。

マツダ車のカスタムはかっこいいか?

世間的にも評価の高いマツダのデザインですが、そんな車をカスタムするとどうでしょうか。

ここではインスタグラム上からカスタムした画像ピックアップしご紹介していきます。

 

View this post on Instagram

 

S5さん(@s5_8877)がシェアした投稿

ホワイトボディのCX-5をボンネットやホイールをブラックに塗り分けることで、コントラストのハッキリした迫力のあるカスタムです。

ローダウンしたボディにナイトスポーツの迫力のあるエアロバンパーとグリル。そしてアイラインカバーやフェンダーのエアダクトによってとてもスポーティに仕上がっています。

 

View this post on Instagram

 

Onukiさん(@onu_photo)がシェアした投稿

真っ赤なボディにブラックのリップスポイラーやルーフがかっこよく見えるアテンザです。

地面すれすれの車高やハの字に広がったホイールがVIP仕様のようですが、アテンザの落ち着いた雰囲気がうまく中和しています。

重厚で落ち着いた雰囲気に見える不思議なカスタムです。

 

View this post on Instagram

 

emiさん(@emi_emi_s_e)がシェアした投稿

ローダウン&インチアップという王道カスタムのデミオです。

全身レッドのボディに張り出し感のあるスポイラーでとてもスポーティに仕上がっています。シンプルなカスタムでも十分にかっこよく見えますね。

 

View this post on Instagram

 

yutoさん(@yuto_7737)がシェアした投稿

大型のリップスポイラー&サイドスカートでスポーティに仕上がっているロードスターです。

ツライチに仕上げたホイールの存在感がロードスターの魅力を十二分に引き出しています。

とてもかっこいいです。

マツダのデザインはとてもかっこいい

明確なデザインモチーフ、ブランディングされたフロントフェイスでかなり高い次元で作り込まれているマツダの自動車たち。

他メーカーに比べ販売台数が少なくても、チーム全体で高い水準のデザインを共有しているためマツダの車=かっこいいというイメージがしっかりできています。

CX-5もフルモデルチェンジし、ソウルオブモーションも二週目に突入しました。土台ができつつあるマツダデザインのさらなる進化が期待されます。