マツダは日本の中堅自動車メーカーで、規模こそトヨタやニッサンなどの大メーカーに及ばないものの独特なデザインや技術が光るメーカーです。

しかしマツダ車は信頼性の面では大メーカーと比べてどうなのでしょうか。

今回はマツダ車の故障率についてご説明しましょう。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

マツダ車の故障率

マツダ ロードスター

マツダは戦前からトラックなどの製造をしている歴史の深いメーカーですが、自動車の販売台数としては国内シェアの5%程度と決して多くはありません。

しかし近年はデザインが非常によくなり世界的な評価も高まってきたメーカーです。

マツダは日本車の名に恥じず故障の少ないメーカーとして世界的に認知されていますが、実際の故障率がどれくらいかというのはメーカーの社外秘情報なので一般には公開されていません。

しかしメーカー以外の民間調査会社などが車のメーカーごとの故障率を独自に調査しており、その中でも有名なJ.D.パワー車が公表している「自動車耐久品質調査」が参考になります。

この自動車耐久品質調査はそれぞれの国での車のオーナーから故障の件数を聞き取り調査したもので、新車購入後3年~5年のあいだに起こった故障件数が少ないメーカーから順にランキングになっています。

2017年 日本自動車耐久品質調査

ランキング メーカー スコア
1 トヨタ 59
2 レクサス 63
3 ホンダ 74
業界平均 74
4 メルセデス・
ベンツ
75
5 スズキ 79
6 三菱 80
6 日産 80
8 ダイハツ 82
8 スバル 82
10 MINI 88
11 マツダ 93

マツダの日本市場でのランキングはなんと11位とあまり高いものではなく、日本メーカーの中では最低です。

トヨタやホンダなどに比べるとスコアで1.5倍の開きがあり、海外メーカーであるベンツやMINIよりも悪くなっています。

メーカーの規模がトヨタやホンダより小さいのは確かなのですが、同じ中堅メーカーの三菱やスバルがもう少しスコアがよいことを考えると別の要因がありそうです。

マツダの故障率が高くなってしまった理由

さきほどの故障率の調査の内訳は公開されていないのですが、これにはマツダが他の日本車メーカーとは違ってディーゼルエンジンの採用を拡大していることと繋がりがあるかもしれません。

近年自動車メーカーは環境対策にとくに力を入れるようになっており、ほとんどのメーカーがハイブリッドカーや電気自動車などの環境対策車を環境対策の中心技術としています。

しかしマツダはその中においてエンジンの効率と性能を追求する方向へ舵をきっており、その中心技術がディーゼルエンジンなのです。

クリーンディーゼルと呼ばれる次世代のディーゼルエンジンは燃費もよくCO2発生量も少なく、環境対策としては一定の成果はあるものです。

マツダのディーゼルエンジン搭載車は5車種にもおよび、国内メーカーではダントツの1位です。

販売もけして悪くなく、SUVのCX-5などはほとんどがディーゼルエンジンモデルとなるほど大人気なのです。

しかしクリーンディーゼルエンジンはシステムが非常に複雑なエンジンでまだまだトラブルが多く、排気ガス浄化システムや制御コンピュータなどの不具合でリコールが何度か入っています。

マツダの故障率が悪くなってしまっているのにはこのディーゼルエンジンのトラブルが増えたことが原因のひとつと考えられます。

のちほどディーゼルエンジンの故障については詳しくご説明しましょう。

中古のマツダ車の故障しやすさ

マツダ車は90年代は国産車の中では故障しやすい車といわれてきましたが、2000年以降は品質が大きく改善しており、前述したディーゼルエンジンは別として大きく故障が多い車というわけではありません。

そのため中古車の故障についても他の日本車と大差はなく、走行距離と年式が増えるごとに故障やトラブルも増えてきます。

一般的に中古車は10年100,000kmがひとつの目安とされており、80,000kmを超える辺りからエンジン部品交換が必要な時期となってきますのでトラブルも増えてくる時期といえます。

マツダ車の中古車でもそれは変わらず、それぐらいの走行距離の中古車はしっかりしたメンテナンスが必要でしょう。

90年代のマツダ車は故障が多く中古車にもまだありますが、そもそも20年も前の古い車ですので車の信頼性の問題よりも古さでの故障が圧倒的に増えていますね。

ディーゼルエンジン車を除いてはマツダ車だからといって中古車で不安になることはあまりないでしょう。

もしマツダ車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。

このやり方を知っているだけで数十万円は違います。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

マツダオーナーの評判

マツダ車の故障についての評判はTwitterにもいくつも投稿されており、どんな故障があるのかを見るのに非常に参考になります。

今回はその中から3件ご紹介しましょう。

CX-5にトラブル続出

この方のCX-5はたぶんディーゼルエンジン車なのですが、エンジン交換が必要なほど重大な故障があったようです。

それ以外にも電気系統にもトラブルが発生しかなり大変だったようです。

ディーゼルエンジンはやはりトラブルが続出しており、マツダ車の故障率を悪くしている原因なのは間違いないでしょう。

故障知らずのマツダ車も

この方はMPVに長らく乗られていたそうですが、13年もの間故障がなかったのはすごいですね。

きっとメンテナンスを適切に行っておられたのだろうと思いますが、マツダ車の信頼性設計は基本的にはしっかりしているのです。

MPVはガソリンエンジンでしたので、エンジンの信頼性が高いことも理由でしょう。

マツダはアフターサービスがいまいち

故障したときにもっとも頼りになるのはやはりディーラーなのですが、マツダのディーラーはあまり対応が良くないようで、ディーラーのアフターサービスは不評というツイートが数多く見られました。

ディーゼルエンジンのトラブル対応はその筆頭のようで、非常に複雑なシステムなのは確かなのですが、トラブルが多いものですのでもっと頼りになるディーラーになってほしいものです。

マツダ車の故障事例

さてそれではマツダ車の故障事例としてまずディーゼルエンジンについてご説明しますが、そのほか故障が多い部位もご紹介しましょう。

クリーンディーゼルエンジンのトラブル

ぶりぃーむさん(@s_kazu_3)がシェアした投稿 -

マツダのクリーンディーゼルエンジンはCX-5への搭載により国内の人気に火がつき、CX-3、デミオ、アクセラ、アテンザなどマツダの主要車種に採用が進みました。

クリーンディーゼルエンジンは燃費のよさとCO2排出量の少なさが特徴の環境対策エンジンで、低回転から発揮される大トルクも運転しやすいと評判です。

ディーゼルエンジンというと黒煙や排気ガスの汚さのイメージがあるのですが、エンジンの制御や燃料噴射の微細化、触媒による排気ガス浄化などを組み合わせて、世界トップレベルのクリーンな排気ガスを実現しています。

しかしその実現のためにエンジンが非常に複雑なシステムとなっており、ガソリン車やハイブリッドカー以上に難しいエンジンとなっています。

そのためエンジン関係のトラブルが増えるのはある意味当然ともいえ、マツダは最近はクリーンディーゼルエンジン関連のリコールを何件も出してしまっているのです。

リコール案件からどういったトラブルがおこるのかをみてみましょう。

DPFの煤溜まり

DPFは排気ガスの黒煙の原因である煤(粒状黒鉛)を取り除くフィルターなのですが、車の運転次第でフィルターに煤が溜まり続けそのうちエンジン警告灯がついてしまうというものです。

フィルターに溜まった煤は定期的に内部で燃やして処理するシステムなのですが、燃やすためには高温の排気ガスが必要でそれはある程度車を走らせないと発生しません。

日本では買い物などで短い距離しか車に乗らないことも多く、一般道もあまり速度をあげませんので、DPFの処理にはあまりよい環境と言えません。

そのためそういった走行を続けているとフィルターに処理されない煤が溜まり続け、最終的に警告灯が点灯する事態になるのです。

マツダもディーゼル車を走らせるときには最低30分走行させたり、煤の発生が増える急激なアクセルオンは控えるようにアナウンスしているものの、なかなか徹底はできないですよね。

DPFのトラブルの場合はディーラーなどでDPFの処理や洗浄などを含め対応が必要で、状況にもよりますが数万円程度の費用がかかるでしょう。

もしリコール案件に該当する場合には無償修理となります。

制御コンピューターの不具合

ディーゼルエンジンは煤やNOxといった排気ガスの有害物質を減らすため、エンジンの制御は非常に細かく緻密な制御が必要となります。

しかし制御はかなり難しく、リコールで何度も制御プログラムの改善が行われています。

エンジンに不具合が出るとエンジン警告灯が点灯しますが、マツダのディーゼルエンジンでは制御プログラムの問題が多く、ディーラーに持ち込めば改善するものです。

しかし放置してそのままにしておくとエンジンの回転不調でエンストに繋がるということなので警告灯が点灯したら即座に点検に出しましょう。

エンジンのノッキング

ノッキングとはシリンダー内で燃料が異常燃焼することによる異音や振動が発生する現象ですが、これも煤のたまりすぎによって引き起こされることがあるようです。

ノッキングが起こる原因はマツダでもまだまだよくわかっておらず、ノッキングが起こってディーラーに持ち込むとエンジン交換の対応をされたという例もありました。

しかしどうやらDPFの煤の燃焼(DPF再生といいます)時に起こることが多く、DPFをきれいにするとノッキングも解消したという話もあります。

いずれにしても異常な振動や変な音がエンジンからするようになったら、すぐにディーラーに持ち込むようにしましょう。

電装系の故障

Yusuke Nakamuraさん(@kyoumotoday)がシェアした投稿 -

最近はディーゼルエンジンの不具合が多く取りざたされますが、少し古いマツダの車の場合電装系が弱い車があります。

電装系といっても多数ありますが、オルタネータなどの補機類は筆頭でしょう。

補機は高回転する部品で走行距離が多くなってくると不具合が出てくる部品で、80,000kmぐらいで交換が必要な部品です。

しかしそれまでのところで異音や異常振動が起こってきた場合には修理が必要で、50,000円〜100,000円ぐらいの費用で交換となります。

また他に以外な点としてパワーウインドウのモーターがあり、こちらも経年劣化でモーターが動かなくなりパワーウインドウが下がりっぱなしになってしまうことがあります。

窓が開きっぱなしになり防犯上もよくないので、故障が発生したらすぐに修理を行いましょう。

費用的には30,000円前後でしょう。

最近のマツダ車は信頼性も上がって不具合は減っていますが、中古のマツダ車には注意が必要ですね。

マツダ車は買っても大丈夫か?

マツダ車は国産メーカーの中では故障の多いメーカーとなってしまっており、それは前述したデータでも示されています。

しかし状況を見てみるとやはりディーゼルエンジン関連の不具合が故障率を押し上げてしまっているようで、逆にガソリンエンジンやそれ以外の車体部品などについてはおおむね他の国産メーカーと遜色ない故障率のようです。

ディーゼルエンジンはマツダの環境対策の中心技術で、車としても非常に楽しく快適な車に仕上がっているだけにトラブルが多いというのは残念です。

それほどクリーンディーゼルエンジンは難しい技術だということで、技術の進歩に期待したいですね。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

佐藤茂道
佐藤茂道
某自動車メーカーのエンジン部門で開発経験あり。子供の頃から車雑誌を切り抜きし、高校ではオートバイ・車にどハマりする。就職する際に、某自動車メーカーを選び、仕事でもプライベートでも車漬けに。今は日産スカイラインR33が愛車。