レクサスといえば日本屈指の高級車ブランドですが、高級車の名に恥じない品格と値段を兼ね揃えていて、一般人には敷居が高いように感じますよね。

今回はレクサスオーナーになるための条件や年収などについて解説します。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

レクサスに年収制限はない

「レクサスを買いたい!」と思っても、真っ先に気になるのは車の値段と自分の年収ですよね。

品格の高い車なので年収が一定以上なくては購入できないのかと思いきや、実は年収の大小によって購入を制限されることはありません

レクサスで購入を制限される条件は以下の2つです。

  • 暴力団などの反社会的勢力の関係者
  • タクシーなどの用途での購入

とはいってもレクサスのタクシーもよく見かけますが、これは一般車で購入後にタクシーに改造されたか、中古で購入したかのどちらかです。

上記以外であれば、基本的にどんな人でも年収に関係なくレクサスを購入することは出来ます。

しかしレクサスのディーラーとしては購入制限はなくても、代金の支払いに使うローンの審査は別問題です。

ローンの審査は銀行や信用金庫など、レクサスとは別の金融会社が審査を行いますので、そこでは購入する車の代金に対して年収が少なければ、審査に落ちる可能性はおおいにあります。

あくまでレクサスとしては制限がないだけで、年収の大小はローンの審査で有利不利が出てくるのです。

レクサスのオーナーの年収は最低600万?!

レクサスの車はエントリーモデルのCT200hでも3,600,000円から、最上級セダンのLS600ともなると8,500,000円~10,000,000円クラスと非常に高額です。

一般的に車を新車で購入する時の年収の目安は、年収の半分の額の車が限界とされています。

当然ながら年収すべてを車の支払いには回せませんので、年収の半額を数年かけて支払う形でなければ生活との両立は厳しいということなのです。

そのため、 CT200hの新車購入を考えるなら年収6,000,000円~8,000,000円が年収の相場となり、LS600クラスでは年収20,000,000円ぐらいを考えなくてはいけません。

実際レクサスオーナーの人は年収10,000,000円以上の人が多く、中小企業の経営者や、高報酬のサラリーマンの方などが多いです。

しかしCT200hぐらいの値段であれば、一般企業のサラリーマン年収でも十分賄える程度の価格になっています。

以下のページで紹介している値引き交渉のやり方もしっかりと抑えておけば、さらに安い価格で買えます。庶民でも十分に手の届く車と言えます。

あわせて読みたい

レクサスオーナーになるには年収はいくら必要か

では実際に新車でレクサスを購入する、個々の車種でどのぐらい年収が必要なのかを実例を挙げて検討してみましょう。

対象とする車種は次の3車種です。

  • IS300h
  • LS600h
  • CT200h

なお支払いの条件としては、次の通りで計算します

  • 頭金を車両価格の1/5
  • 支払い回数60
  • ボーナス払い無し

IS300hの購入シミュレーション


IS300hはレクサスの中では中堅セダンといった位置づけで、レクサスのセダンのエントリ-モデルです。

ISシリーズには3車種ありますが、IS300hはその中でも環境にやさしいハイブリッドモデルとなっています。

今回はその中で2WD F SPORTSというモデルを例にとり、月々の支払総額を計算してみましょう。

車両本体価格 5,680,000円
頭金 1,000,000円
月々の支払額

(60回払い)

86,400円
支払総額

(実質年利4.1%)

6,184,017円

支払いのシミュレーションを行ってみると、支払総額で6,200,000円必要となりました。これよりレクサスIS300hを購入するのに必要な年収は、車両価格の倍で考えますので12,400,000円と計算できます。

年収がこれだけあれば、毎月100,000円弱の支払いもなんとかなりますので、妥当な計算結果ではないでしょうか。

LS600hの購入シミュレーション


LS600シリーズはレクサスのセダンの中で最高邦のモデルであり、レクサスのフラッグシップモデルともいえる車です。

バリエーションの中でもLS600hはハイブリッドモデルとなっており、ラグジュアリーとエコを両立した新世代の車となっています。そんなLS600hの購入シミュレーションの結果は次の通りです。

車両本体価格 12,868,000円
頭金 2,400,000円
月々の支払額

(60回払い)

193,250円
支払総額

(実質年利4.1%)

13,995,362円

LS600hはさすがに最高級セダンだけあって、支払総額は1,400,000円近くになりました。これよりLS600hを購入する場合に必要な年収は28,000,000円となり、かなりの高収入でなければゆとりを持った買い方は出来ないことがわかります。

CT200hの購入シミュレーション


CT200hはレクサスのラインナップの中では最量販モデルとなっており、レクサスのエントリーカーです。

ハッチバックの車体にハイブリッドシステムが組み込まれた車ですが、何を隠そうトヨタプリウスのプラットフォームとパワートレインを流用しているのです。

とはいってもあくまでレクサスの車として設計されていますので、プリウスとは比べ物にならない高級感と、走りの安定性、静粛性などが追及されています。

そんなCT200hですが、購入シミュレーションでは最も安いモデルで検討してみました。これが新車でレクサスを買う最低ラインと言えるでしょう。

車両本体価格 3,662,000円
頭金 720,000円
月々の支払額

(60回払い)

54,310円
支払総額

(実質年利4.1%)

3,978,842円

さすがに最量販モデルともなると、一般家庭でも購入を検討できるレベルになってきました。必要な年収は8,000,000円となり、40代~50代のサラリーマン家庭でもレクサスは購入できるのです。

もし〇〇円の年収で購入したら

お金と車と生活

さてここまでは車両支払総額の倍額を年収の目安としてきましたが、これはあくまで豊かな生活と両立しながら支払いをする目安です。

しかし毎月の収入から支払いに充てる割合を増やしていけば、それ以下の年収でもレクサスの購入は可能です。

その分他の部分にしわよせがきてしまいますが…。年収が少ないのにレクサスを購入した場合、どんなことが起きるかを見ていきましょう。

年収3,000,000円でレクサス購入

年収が3,000,000円でレクサスを購入しようとする場合には、まず頭金の貯金が何より大事です。

頭金は最低でも支払総額の10%は必要ですので、最も最廉価のCT200hを購入する場合でも400,000円程度は頭金を作らなくてはなりません

年収の13%なので1年~2年あれば何とか貯金できる額ですね。

それに加えて月々の収入250,000円に対して、車の支払いだけで50,000円と月収の1/5が必要となります。

残り200,000円で生活費、家賃、その他もろもろ、さらに車の毎月の維持費も賄うわけで、なんとか支払いは可能でしょうがギリギリの生活になるのは仕方ありません。

もし年収がそこまでなくてレクサスを買いたいのであれば、レクサスの認定中古車から探すのをオススメします。

認定中古車であればレクサスクオリティの点検整備が入った車が新車価格の2/3程度で購入出来、CT200hであれば2,000,000円からで手が届きます。

これなら年収3,000,000円台でも少し無理をすれば十分購入できるレベルですね。

※レクサスの認定中古車について詳しく知りたい方は、下記の「実は違いが大きい?レクサスの認定中古車の5つのメリットと1つのデメリット!」の記事もあわせてご覧ください。

あわせて読みたい

年収5,000,000円でレクサス購入

年収5,000,000円台であれば、CT200hの新車購入でもなんとか生活と両立できるレベルですが、それより上の車種となると、とたんに厳しくなってしまいます。

IS300でも毎月の支払額は86,000円と、月収の1/5が車の支払いに回されてしまいます。また頭金でも最低600,000円は必要ですので、すぐに貯められる額ではありません。

独身であったり夫婦共働きで生活するのであれば、なんとか支払いに耐えられるとは思いますが、子供の養育費などが入ってくると少々生活は厳しくなります。

これぐらいの年収であればCT200hを選択するか、やはり中古車のレクサスを検討するのがよいでしょう。

年収7,000,000円でレクサス購入

年収7,000,000円台であれば、CT200hは新車で充分購入できます。しかしそれより上のグレードになると年収7,000,000円でも多少厳しくなる場合が多いです。

IS300hであれば月々の支払額86,000円は月収の15%程度なので、支払いには無理をせずなんとか対応できます。

その上のクラスとなると月々の支払いが100,000円を超えてきてしまうので、生活費を結構切り詰めなければ生活のレベルを下げざるを得ません。

頭金としての貯金は最低でも1,000,000円弱は欲しいところです。

中古車であれば年収7,000,000円で買える車は非常に選択肢が多いので、新車を無理して買うよりは積極的に状態の良い中古車を選ぶ方が、生活にゆとりが生まれるでしょう。

年収10,000,000円でレクサスを購入

年収が10,000,000円クラスであれば、レクサスの中堅どころの新車は十分射程圏内に入ります。IS300hをはじめ、SUVRXNX、スポーツモデルのRCまで、新車の選択肢は非常に広いでしょう。

しかし最上級クラスのLSシリーズや最新型のスポーツモデルのLC500などはさすがに無理があります

このクラスになると月々の支払いが200,000円近くになりますので、月収の20%以上が支払いに回ってしまうことになるからです。

年収1,000,000円ともなるとそのほかの生活費もランクの高いものとなっているので、車にそこまでかけてしまうと他の部分で切り捨てなければいけなくなります

年収10,000,000円クラスであれば頭金の貯金に1,000,000円程度貯めることはそう難しくないので、レクサスの中堅どころを新車で買うのが生活のバランスを考えると最良でしょう。

レクサスを買うには最低年収10,000,000円と言われますが、まさにその通りですね。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

佐藤茂道
佐藤茂道
某自動車メーカーのエンジン部門で開発経験あり。子供の頃から車雑誌を切り抜きし、高校ではオートバイ・車にどハマりする。就職する際に、某自動車メーカーを選び、仕事でもプライベートでも車漬けに。今は日産スカイラインR33が愛車。