1分で車を60万円値引きする裏技

リーフの加速性能を解説!0-100km/h加速タイムはどのくらい?

「やっちゃえ日産!」

少し前にこんなワードが流行りましたが、この時期に目立ったものといえば「リーフ」のCMですよね?

スポーツかーと短距離を勝負して、勝つという演出が物議を起こし、多方面で話題となりました。

あのCMを目にして「リーフって速いのかな?」と気になった方は、さぞ多いことでしょう。

というわけで今回は、EVのパイオニアである日産「リーフ」について、「加速性能」にフォーカスして解説していきたいと思います。

気になる0-100km/h加速タイムも紹介しましょう。

電気自動車の未来に思いを馳せながらご覧くださいね。

リーフの加速性能

日産 リーフ

EV(電気自動車)を牽引する存在として注目されている「リーフ」ですが、実は登場は2010年にまでさかのぼります。

当時のモデルも加速性能は高いと評判でしたが、モデルチェンジによって、この加速性能をさらに研ぎ澄ませました。

0-100km/h加速からわかるリーフの加速性能

まずは、単純に「どれくらい速いのか?」をイメージしていただきましょう。加速性能をイメージするのに役立つのが、発進から100km/h加速に達するタイム、通称「0-100加速タイム」です。

一気に100km/hまで加速する機会なんて、実際にはほとんどありません。ですが、非常にシンプルな指標なので、加速力をイメージしやすいですよね?

リーフの加速性能は大きくわけて2種類に分けることができます。通常の「EVモデル」とスポーツ性を高めた「NISMOモデル」ですね。それぞれの加速タイムは以下をご覧ください。

  • 通常モデル:8秒前後(オーナー実測値)
  • NISMO:6.85秒(公称値)

通常のモデルは、メーカーからは公式なタイムが発表されていません。なのでオーナーさんの実測タイムを参照しました。

実際には7秒台を出している人もいるようですが、平均的に見ると8秒くらいでしょう。

さて、NISMOが速いのはさておき、リーフの加速は通常のモデルでもこんなに速いんです…。ちょっと驚きですよね?

参考までに、トヨタ「86」が7.3秒、「アルファード」が10秒、「プリウス」が11秒くらいです。

動力ユニットの性能

リーフ EV

タイムがわかったところで、もう少し踏み込んだ話をしていきたいと思います。リーフの動力性能が気になりますよね?

EVのリーフにはエンジンがないので、モーター単体の性能を見てみましょう。というわけで、公式ページから諸元をまとめてみた。どうぞ、ご覧ください。

項目諸元
ユニット型式EM57
定格出力85kW
最高出力150PS/3,283-9,795rpm
最大トルク32.6kgf・m/0-3,283rpm
層電圧350V
総電力量40kWh
一充電走行距離400km

一応、一通りまとめたのですが、電気自動車の性能を見慣れていない人は「なんのこっちゃ?」って感じですかね…。

今回は「加速性能」にフォーカスしているので、とりあえず「出力」と「トルク」だけ見てもらえればけっこうですよ。

普通のガソリン車の感覚で見てみると、トルクが「32.6kgf・m」という点に目が行きます。これだけの数値はガソリン車に例えると「3.0L NA」並み。加速が速いわけですね。

ポイント

EVはモーターを動力源としているので、とにかくトルクが強力です。そのうえ、リーフはモデルチェンジを機に「高出力インバーター」が刷新され、より一層パワーが向上しました。

結果として、0-100㎞/h加速タイムは15%、60-100㎞/h加速タイムは30%短、先代モデルより縮することに成功。

元々、リーフは力強い加速感を備えていましたが、モデルチェンジでさらなる速さを身につけたのです。

ボディ

加速性能に重要なのは、なにもエンジン出力だけではありません。

ボディの「軽量性」「剛性」なども非常に大切なのです。パワーがあっても、ボディが重ければロスが大きいですし、ボディが弱ければパワーに負けてしまいますからね。

先代リーフは「Gグレード」で1,460㎏でした。新型となり、「Gグレード」の車重は1,520㎏に増えましたが、高出力化によってパフォーマンスは大幅に向上しました。

これを示す指標として、「パワーウェイトレシオ(以下、PWR)」「トルクウェイトレシオ(以下、TWR)」というものがあります。

これは出力・トルクが負担する重量を表したもので、数値が低いほど優れた加速性能を示します。

以下は、リーフのPWR・TWRの数値です。

  • PWR:9.93 – 10.13kg/PS
  • TWR:45.7 – 46.6kg/kgf・m

数字だけではピンとこないと思うので、PWRが同等の数値の現行モデルをまとめてみました。どれも公式ページから算出しているので、正確なデータです。

車種排気量PWRTWR
ホンダ オデッセイ
Absolute
2.4L9.21kg/PS76.25kg/kgf・m
スバル エクシーガ
クロスオーバー7
2.5L9.36kg/PS67.5kg/kgf・m
トヨタ クラウン
Hybrid-S
2.5L9.40kg/PS76.9kg/kgf・m
レクサス IS 300h3.0L9.36kg/PS74.2kg/kgf・m
レクサス GS 300h3.0L9.72kg/PS76.9kg/kgf・m
レクサス RC 300h3.0L9.78kg/PS77.3kg/kgf・m

これを見ると、「2.5~3.0L」モデルに匹敵する出力ということがわかります。そして、トルクが圧倒的に勝っているのに驚きですよね。これがリーフの実力なのです。

実際の加速感

数字やメカニズムを解説しただけでは、いまいちピンときませんよね?

というわけで、実際のオーナーさんの投稿をご覧いただきましょう。TwitterやYouTubeからいくつかピックアップしてみたので、紹介したいと思います。

Twitterでオーナーの投稿をチェック

こちらの投稿者さんは、新型リーフに試乗した際、加速性能を体感したようですね。加速Gがあまりにすごく、驚いています。

EVであるリーフは、アクセルオンから一気にパワーを発揮します。そのため、トルクや0-100km/hのタイムから得られるイメージよりも、強烈な加速感を感じるのです。

ベタ踏みした瞬間の推進力は、まさに「シートに抑え付けられる」という言葉がふさわしいでしょう。

こちらの男性は、台車としてリーフに乗っていたようですね。運転してみた感想は…「鬼トルク」の一言。加速に関して、これ以上ないくらいの賛辞です。

この方が言ってるように、フロントにエンジンを載せていないリーフは、前後重量バランスがハーフに近いです。

よって、操舵性がかなり安定しているため、ワインディングなども得意分野。加速だけでなく、トータルの走行性能がピカイチなのです。

あとは、もっとインフラさえ整備されれば完璧ですね。

「発進は良くても、中間加速が微妙なんじゃないか?」

おそらく、こんな意見の人もいるでしょう。モーターは「最初のレスポンスがいいだけ」と思われがちです。

しかし、リーフにはそんな心配はありません。前述のとおり、ユニット性能がかなりパワーアップしているので、先代モデルで苦手としていた中間加速も見事克服しました。

60km/hからの加速だけでなく、登坂なども難なくクリアできます。車格が同じガソリン車と比較したら、走行性能はほとんどのモデルを上回ると思いますよ。

YouTubeで加速動画をチェック


こちらは、リーフの加速を室内から撮影した動画です。0-140km/hの加速が映像に残されています。

記録は0-100km/hが7.4秒、0-140km/hが14.5秒という好タイムです。簡単な計測なので正確とは言い難いですが、少なくとも7秒台は射程圏内でしょう。

14秒で140km/hへ達するのも驚きです…。


冒頭からも触れていますが、リーフといえばこのCMですよね?同社「180sx」との加速バトルが話題を呼びました。これはモデルチェンジ前なので、先代モデルです。

このCMでは、リーフが僅差で勝利していますが、実際には180sxのほうが速いです。0-100km/h加速は7秒を切ります…。

とはいえ、フルアクセルでも30mまではリーフのほうが速いというのだから驚きです。このCMの走行距離が30m以内なら、正しい描写ということになりますね。

現行モデルは、このときのリーフよりも30%速いんですからね。新しい時代の幕開けを予感させるCMであります。

他の車と比較すると

加速感についてご覧いただいたところで、続きましてライバルと呼ばれるエコカーと、その実力を比較してみたいと思います。

今回、比較対象に選んだのはトヨタ「プリウス PHV」、ホンダ「クラリティ PHEV」、BMW「i-3 アトリエ」の3モデルです。

ちなみに、リーフの価格は315~399万円なので、この中では一番安い車種となっています。参考までに。

トヨタ プリウス PHV

トヨタ プリウス PHV

世界のトヨタから販売されるハイブリッドカーといえば、「プリウス」ですよね。その中でも、プラグインハイブリッドモデルの「PHV」モデルと比較したいと思います。

販売価格は326~422万円です。それでは、諸元を見ていきましょう。

項目諸元
種類水冷直列4気筒DOHC+モーター
排気量1,797cc
最高出力エンジン:98PS/5,200rpm
モーター:103PS
最大トルクエンジン:14.5kgf・m/3,600rpm
モーター:20.7kgf・m
燃費37.2km/L
車両重量1,510kg
PWR14.7kg/PS
TWR72.9kg/kgf・m
0-100km/h10.5秒

モーター単体のリーフとは少し比較しにくいですが、単純な出力・パワーはリーフの方が優れていますね。

加えて、PHVは通常のプリウスよりも遅く設計されているので、リーフのほうがPWR・TWRが圧倒的に優れています。

極めつけは0-100km/hのタイムですね。もし加速勝負をしたら、発進直後から離されてしまいます。

リッター37kmという燃費は驚異的ですが、加速性能ならリーフのほうが上手だといえるでしょう。

ホンダ クラリティ PHEV

ホンダ クラリティ PHEV

2018年7月に登場した、プラグインハイブリッドのホンダ「クラリティ PHEV」。テスラやトヨタといったブランドのエコカーに対抗するため、ホンダから打ち出されたモデルです。

高い環境性能に加え、力強いEV走行性能、大人5人がゆったり座れる上質な居住空間や広い荷室スペースといった、上級セダンとしての魅力を兼ね備えています。

販売価格は588万円。まずは諸元を見てみましょう。

項目諸元
種類水冷直列4気筒DOHC16バルブ+モーター
排気量1,496cc
最高出力エンジン:105PS/5,500rpm
モーター:184PS/5,000-6,000rpm
最大トルクエンジン:13.7kgf・m/5,000rpm
モーター:32.1kgf・m/0-2,000rpm
燃費28.0km/L
車両重量1,850kg
PWR10kg/PS(モーターのみ)
TWR57.6kg/kgf・m(モーターのみ)
0-100km/h10秒

ユニットの出力・トルクはクラリティのほうが強力ですね。さすがにコストがかかってるだけあります。その分、車重は1,850kgと重いです。

システム出力・トルクが公称されていないので、今回はモーターのみでPWR・TWRで割り出しました。

この諸元表で見るとプリウスのほうが優れていますが、システム合計で比較したら勝負はわからないですね…。

ただし、クラリティの0-100km/h加速は10秒程度といわれています。万が一このタイムより速くても、リーフの発進加速には敵わないでしょう。

BMW i-3 アトリエ

BMW i-3

最後は、BMWから「i-3」を代表に選びました。価格は少し上ですが、車格が近いのでいいライバルといえるでしょう。

i-3には、航続距離を伸ばすための緊急用エンジン(レンジ・エクステンダー)を搭載したモデルも用意されていますが、今回はEVタイプのモデルを選択。

このモデルの価格は587万円です。諸元はこちらをご覧ください。

項目諸元
種類モーター
最高出力170PS/5,200rpm
最大トルク25.5kgf・m/100-4,500rpm
燃費24.7km/L
車両重量1,300kg
PWR7.64kg/PS
TWR52.6kg/kgf・m
0-100km/h7.3秒

可愛らしい見た目とは裏腹に、なかなかの高出力です。トルクでは劣るものの、出力ではリーフを20PSも上回ります。

加えて、カーボンファイバーを使用したボディは1,300kgという軽量ぶり。PWRは「7.64kg/PS」という優れた数値を誇ります。

性能としてはリーフと互角ですが、0-100km/hのタイムで見ると、わずかにi-3のほうが速いですね。

おそらく、このタイムよりも速く加速することが可能ですから、発進はi-3に軍配が上がるでしょう。中間加速を含むトータルな走行では、かなりいい勝負をすると思われます。

エコカーでもトップクラスの加速性能

というわけで、リーフの加速性能について解説してきました。

クリーンな名前と外見から、環境性能に特化したモデルに見えますが、運動性能にも目を見張るものがあります。

このように各社がどんどん競っていけば、エコカー市場も急速に進歩していくことでしょう。

リーフが牽引することで、エコカーにも「走り」が期待できるかもしれませんね。

以上、リーフの加速性能についてでした。