1分で車を60万円値引きする裏技

日産GT-Rの加速性能を解説!0-100km/h加速タイムはどのくらい?

日本男児として、誰もが憧れる車といえば日産「GT-R」ですよね?

国外にも数え切れないほどのファンがおり、自分好みのカラーリングを施す著名人も少なくありません。

一般層だけでなく、スーパースポーツとして世界のレースシーンで評価されており、年次改良のたびに注目の的です。

そこで今回は、みなさん気になるであろう「GT-Rの加速性能」について解説していきたいと思います。

公式データや0-100加速タイムをはじめ、TwitterやYou Tubeからも気になる情報を集めました。ライバル車とも比較してみたので、ぜひご覧ください。

GT-Rの加速性能

日産 GT-R

それでは、GT-Rの加速性能について順を追って解説していきましょう。数値から簡単にイメージしながら、読み進めてみてください。

0-100km/h加速タイムからわかるGT-Rの加速性能

まずは、単純に「どれくらい速いのか?」紹介したいと思います。

加速性能をイメージするのに役立つのが、発進から100km/h加速に達するタイム、通称「0-100加速タイム」ですね。

一気に100km/hまで加速する機会なんて、実際にはほとんどありませんが、加速性能の指標としては有効。

ポイント

GT-Rの上級スポーツモデル「GT-R NISMO」は、メーカーから「2.7秒」と発表されています。

停車時からフルアクセルで、2.7秒後には100km/hに達しているということ。これは「異次元の加速力」というほかありません…。

世界トップクラスのエンジン性能

GT-R エンジン

となれば、気になるのは「エンジン性能」ですね。公式ページから諸元を引用したので、ご覧ください。

項目諸元諸元(NISMO)
種類V型6気筒DOHCツインターボV型6気筒DOHCツインターボ
排気量3,799cc3,799cc
最高出力570PS/6,800rpm600PS/6,800rpm
最大トルク65.0kgf・m/3,300~5,800rpm66.5kgf・m/3,600~5,600rpm

左が「ピュアエディション」「ブラックエディション」などの標準モデル、右がスポーツ仕様の「NISMO」のエンジン性能です。

パッと見て「規格外」なのがわかります。出力・トルクが、普通の乗用車2~3台分の強さ…。

2007年に登場したGT-Rですが、初期のスペックは「480PS」「60kgf・m」だったので、かなりパワーアップしていますね。

「空力」を味方につけるボディ

GT-R 空力

加速性能に重要なのは、なにもエンジン出力だけではありません。とくにGT-Rの場合、強大すぎるエンジン性能を走りに昇華させるため、ボディつくりこみが重要なのです。

このレベルの車になると、空気抵抗も強大です。ゆえにGT-Rは、フロント・ルーフ・サイドからアンダーパネルにいたるまで細部を徹底的に見直し、空力を活かし切るデザインに設計。

「空気抵抗の削減」「ダウンフォースの発生」「冷却効果」…この3大要素を高次元で実現させました。

国産車No.1のPWR・TWR

加速においては「軽量性」や「剛性」も非常に大切。軽量性といっても単なる車重ではなく、重要なのはエンジン出力あたりの「軽さ」です。

出力・トルクが負担する重量を「パワーウェイトレシオ(以下、PWR)」「トルクウェイトレシオ(以下、TWR)」といいます。極端な話、この数値が小さいほど、加速性能が高いということ。

以下は、GT-R NISMOのPWR・TWRの数値です。

  • PWR:2.77kg/PS
  • TWR:26.17kg/kgf・m

国産車としては最も優れた数値なのはもちろんのこと、世界でもトップクラスに入るスペックです。ゆえに日本車では一番加速が速く、世界最高クラスということになります。

1,720kgのボディは剛性も確保されているので、強大すぎる「VR38型」エンジンのパワーにも負けません。高い剛性のでその分、190cmに迫るワイドボディのわりには室内が狭いのですが…。

実際の加速感

数字やメカニズムを解説しただけでは、いまいちピンときませんよね?

というわけで、実際のオーナーさんの投稿をご覧いただきたいと思います。TwitterやYouTubeからいくつかピックアップしてみたので、紹介しましょう。

Twitterで加速感をチェック

「あまりの加速に失神しそうになった」…非常にシンプルな一言ですね。

私も一度だけGT-Rのフル加速を体験したことがありますが、0-100km/h2秒台の加速力はまさに「別次が違う」と感じました。

スポーツカーの加速には慣れているつもりでしたが、魂が抜けるかと思いましたね…。

GT-Rなどのプレミアムカーは、大抵のお店では年齢や事故歴など、一定の信用がないとレンタルできません。1,000万円超えの車両ですから当然ですよね。

信用とはいっても敷居はそれほど高くないので、レンタルでGT-Rの試乗を試みる人も多いです。

しかし、想像を絶する加速Gを体験して、多くの人が「フル加速はよしておこう…」と感じるみたいですね。

ここまでの内容だと、暴れん坊で扱いにくい車のように思えますよね。でも、実際に運転してみるとそんなことなないんです。

アクセルペダルを浅く踏んで扱えば、加速はいたってマイルド。ブレーキも初期制動はそれほど強くありません。

車幅感覚や視認性に慣れが必要ですが、ペダルワークは意外にも難しくないんですよ。ただし、アクセルをさらに奥へ踏み込めばロケットのように「発射」しますが…。

You Tubeで加速感をチェック


こちらは、GT-Rについて短くまとめた海外の動画です。開始30秒から0-100km/h加速がスタートします。

まず目につくのは、メーターの目盛りですね。左ハンドルの海外仕様ですが、メーターは「km/h」ですので、340km/hまで表示されるということ。この時点で乗用車とは一線を画しています。

そして、気になる加速力ですが、針の動きがすべてを物語っていますよね…。まさしく「一瞬」で100km/hに達しています。


メーターだけでは味気ないので、多角的に撮影した動画を探してみました。こちらも海外の動画ですね。開始1分50秒から加速がスタートします。

先に後輪が駆動し始め、ボディが沈むようにしてスタート。

続くように前輪も駆動力を発揮して、4輪でゴリゴリ加速していくのが見て取れます。これが日産の「アテーサET-S」の実力です。

他の車と比較すると

加速感についてご覧いただいたところで、続きましてライバルと呼ばれるモデルと、その実力を比較してみたいと思います。

今回、比較対象に選んだのはメルセデスAMG「GT-R」、ホンダ「NSX」、ポルシェ「911 ターボS」の3車種です。

GT-R NISMOと比べると、どちらが上なのでしょうか?

メルセデス AMG GT-R

メルセデス AMG GT-R

ベンツのサブブランドである、メルセデス AMGのハイパフォーマンスカーが「GT-R」です。

スペックが異なるためか、GT-Rが名前のように扱われていますが、正式な車名は「GT」。その中の、上級スポーツモデルが「R」です。(以下AMG GT-R)

それでは、まずは諸元をご覧いただきましょう。

項目諸元
種類V型8気筒DOHC ツインターボ
排気量3,982cc
最高出力585PS/6,250rpm
最大トルク71.4kg・m/1,900-5,500rpm
車両重量1,660kg
PWR2.84kg/PS
TWR23.2kg/kgf・m
0-100km/h3.6秒(公称値)

「V型」「ツインターボ」といった共通点がありますが、GT-Rと比較すると低速領域を得意としています。

トルク性能と車重にアドバンテージありますが…0-100km/h加速で比較すると、GT-Rと1秒近く差をつけられていますね。

この大きな要因は、駆動方式にあります。加速という一点においては「FR」のAMG GT-Rに対し、「4WD」のGT-Rがはるかに優位。

ゆえに、単純な加速性能を比較するなら、GT-R NISMOのほうが上手なのです。

ホンダ NSX

ホンダ NSX

ホンダのハイパフォーマンスカーといえば「NSX」ですよね。日本のスーパースポーツシーンを牽引してきた、紛れもないライバル車です。

日本最高峰のモデル勝負、加速についてはどちらが上なのでしょうか?諸元表を見ながら比較してみましょう。

項目諸元
種類水冷V型6気筒DOHC24バルブ
ツインターボ+モーター
排気量3,492cc
最高出力エンジン:507PS/6,500-7,500rpm
モーター:37PS(F)×2基、48PS(R)
システム:581PS
最大トルクエンジン:56.1kgf・m/2,000-6,000rpm
モーター:7.4kgf・m(F)、15.1kgf・m(R)
システム:65.9kgf・m
重量1,800kg
PWR4.50kg/PS
TWR33.6kg/kgf・m
0-100km/h3.0秒(公称値)

AMG GT-Rと同じく、「V型」「ツインターボ」という点についてはNSXも共通しています。しかし、「ハイブリッド」「ミッドシップ」など、車としての味付けはまったくの別物。

トルクはシステム合計で最大「65.9kgf・m」と驚異的です。それも前後のモーターユニットによって、発進から一気に高トルクを発揮します。

これにより、0-100km//h加速も3.0秒という優れたタイムをマーク。

しかし、やはり単純な加速においてはGT-Rのほうが上でしょう。加速タイムは公称値なので、ドライバーの腕によって勝負はわかりませんが、PWR・TWRの点からもこのように評価できます。

ポルシェ 911 ターボS

ポルシェ 911 ターボS

スポーツカー好きなら一度は憧れるブランド「ポルシェ」より、代表的スポーツモデル「911 ターボS」とも比較してみましょう。911とGT-Rは、ライバル関係として比較されてきました。

現行モデル同士だと、加速性能はどちらが優れているのでしょうか?それでは、性能諸元をご覧ください。

項目諸元
種類水平対向6気筒24バルブツインターボ
排気量3,996cc
最高出力580PS/6,750rpm
最大トルク71.4kgf・m/2,100-4,250rpm
重量1,610-1,700kg
PWR2.78-2.93kg/PS
TWR22.55-23.81kg/kgf・m
0-100km/h2.9秒(公称値)

車重が軽いこともあってTWR・PWRはGT-Rを上回る実力。加えて、優れたAWD(前輪駆動)で武装しているので、0-100km/h加速は堂々の2.9秒。

ところが、わずかにGT-Rのほうが速いですね。エンジン性能も駆動方式も、911は互角かそれ以上なのになぜでしょうか?

それは「荷重バランス」に要因があります。リアエンジンの911はボディ後部が重く、フロントエンジンのGT-Rは前が重い。運動時の挙動を考えると、前に荷重が乗るGT-Rのほうが、ストレート勝負には適しているのです。

ここに文章

加えて、GT-Rのホイールベースは2,780mmと、911よりも30cm長いのも有利です。ホイールベースが長いほど、直進安定性が増しますからね。

よって、単純な直線加速ならGT-Rが上手といえるでしょう。

世界でもトップクラスの運動性能

というわけで、日産「GT-R」についての解説は以上になります。

今回、比較した3モデルは世界的に認められているスーパースポーツです。

ゆえに、どれも2,300万円超えクラスということで、価格はGT-R NISMOより500万円以上高い。にもかかわらず、加速においてはGT-Rが勝るからすごいですよね。

まさしく、名実ともに「世界トップクラス」の一台といえます。